Aoothijwfj7mvoxfkner

旅行・お出かけ

CATEGORY | 旅行・お出かけ

マナティーに会える水族館おすすめ厳選!関東からでも行けるのは?【日本】

2019.03.27

これまでにマナティーを実際に見たことありますか?実は日本の水族館でも会うことができるんですよ!今回は可愛いマナティーに会えるおすすめの水族館を日本は関東から沖縄までご紹介してまいります。ぜひご旅行などのご参考にしてみてください。

  1. 日本の水族館でも会える「マナティー」ってどんな動物?
  2. マナティーとジュゴンって違うの?
  3. 日本国内でマナティーに会える水族館はどこ?
  4. なぜ日本でマナティーに会える水族館が少ないの?
  5. 日本の水族館で会えるマナティーの種類をご紹介!
  6. 日本でマナティーに会えるおすすめの水族館① 熱川バナナワニ園
  7. 日本でマナティーに会えるおすすめの水族館② 鳥羽水族館
  8. 日本でマナティーに会えるおすすめの水族館③ 新屋島水族館
  9. 日本でマナティーに会えるおすすめの水族館④ 沖縄美ら海水族館
  10. まとめ
Tu1gcmrhemo7ghmydehr
引用: https://www.instagram.com/p/Bkmj5VGlpZa/
マナティーはカイギュウ目・マナティ科に属する草食ほ乳類で、種類はアメリカマナティー・アマゾンマナティー・アフリカマナティーなどが有名です。
生息地域はカリブ海からアフリカまでの大西洋全域と言われており、穏やかな性格で人間をあまり恐れない性格だそうです。 寿命は50年ほどで、体長は300cm~400cm、体重は300kg~500kgが平均ですが、中には体重が1tを超えるかなり巨大なマナティーも存在します。
他にもマナティーの泳いでいる姿を見て昔の人々が、上半身が人間で下半身が魚の人魚が泳いでいると勘違いした「人魚伝説のモデル」としても有名です。
マナティーとジュゴンの姿を写真で見ただけでは2種は別の生物であると判別できない方も多いかもしれません。 ここではマナティーとジュゴン共通点と異なる点についてそれぞれご紹介してまいります。

共通点

マナティーもジュゴンもどちらとも同じカイギュウ目の仲間です。

異なる点

この2種は生息域に大きな違いがあります。
それぞれの生息域はマナティーは大西洋でジュゴンは太平洋ということで明確に分かれています。 そのため、先ほど挙げた人魚伝説のモデルですが西洋人にとってはマナティーで、東洋人にとってはジュゴンがモデルだとも言われています。
また、細かい違いですが、尾びれの形も少し異なります。 まずは、マナティーの写真をご覧ください。
Q1cbouxzdtl6kcvrtjcy
引用: https://www.instagram.com/p/BurJsCSAqKL/
次にジュゴンの写真をご覧ください。
Irhtyq1qzdw05fwglt3l
引用: https://www.instagram.com/p/BeMN696HiEx/
マナティーはうちわのような角が丸い形をしているのですが、ジュゴンはイルカのような角がある形をしています。 マナティー好きな人にとっては顔も違うようなのですが、1度見ただけではなかなか判別が難しいので2種に会える機会があったらぜひよ観察してみてください。

関連記事

P6dfz2v4nmzgabnkfov2
引用: https://www.instagram.com/p/BubJnIQneOp/
現在日本国内でマナティーに会える水族館は非常に限られており、範囲も関東から沖縄の間だけで、関東で1か所、関西で1か所、四国で1か所、沖縄で1か所の計4か所のみです。 関東から近いところから、
1 / 4