Sx1ehfzgqj4vompj17fh

旅行・お出かけ

CATEGORY | 旅行・お出かけ

ラッコのいる水族館おすすめ厳選!日本で会えるラッコ画像満載!【2019】

2019.03.16

おなかを出してお食事するかわいいラッコの姿は見る人を癒してくれますよね。今回はラッコのいる水族館のおすすめ【2019】をご紹介します。日本の水族館にいるかわいいラッコに会いに行きませんか。ラッコのいる水族館のおすすめ【2019】を是非チェックしてみてください。

  1. ラッコのいる水族館おすすめ2019厳選!
  2. ラッコのいる水族館おすすめ【2019】ーラッコとは?ー
  3. ラッコのいる水族館おすすめ【2019】①新潟市水族館マリンピア日本海
  4. ラッコのいる水族館おすすめ【2019】②のとじま臨海公園水族館
  5. ラッコのいる水族館おすすめ【2019】③鳥羽水族館
  6. ラッコのいる水族館おすすめ【2019】④神戸市立須磨海浜水族園
  7. ラッコのいる水族館おすすめ【2019】⑤アドベンチャーワールド
  8. ラッコのいる水族館おすすめ【2019】⑥マリンワールド海の中道
  9. かつてはラッコがいた水族館
  10. まとめ 水族館にかわいいラッコを見に行こう!
Mw6kfzultn5cnvk2zv6m
引用: https://www.instagram.com/p/Bu-NI9yFR6q/
おなかの上で貝を割る姿がかわいいラッコは水族館で大人気です。日本にはかわいいラッコがいる水族館がたくさんあります。 今回はラッコのいる水族館のおすすめを厳選してご紹介します。是非参考にしてみてください。
Unirlybqjqcvekd3eyhw
引用: https://www.instagram.com/p/Bu7UxXrFHeP/
ラッコはイタチ科のラッコ族に分類される食肉類です。 イタチ科の中で水棲に進化したのがカワウソであり、その中でも海洋に進出して陸に依存せずに生きることができるのがラッコとされています。

ラッコの生態

ラッコは海洋の沿岸部の中でも、主に岩場が近くにあり海藻が繁茂した環境に生息しています。 ほとんど陸上に上がることはありませんが、悪天候の際には上がることもあります。 昼行性で夜になると波のない入江などで、海藻に掴まるか海藻を身体に巻き付けて海流に流されないようにして休みます。 主に貝類、甲殻類、ウニ類などを食べます。

関連記事

H9k0pbrtjl0azsxzqnwj
引用: https://www.instagram.com/p/BX2oH5nDR2o/
ラッコのいる水族館おすすめ、まずご紹介するのは新潟市水族館マリンピア日本海です。 新潟市水族館は新潟県新潟市にある水族館で、愛称はマリンピア日本海です。1964年に発生した新潟地震の復興と新潟港の開港100周年を記念して1967年に開館しました。 新潟市水族館は本州日本海側最大級の水族館で、450種、2万ひきの生き物を飼育しています。

新潟市水族館のラッコ

S4ikwibotj2mobjycukn
引用: https://www.instagram.com/p/Be_1JxzHJcj/
新潟市水族館にいるラッコは「クータン」という名前のオスのラッコです。 のとじま水族館で生まれ、数か所の水族館で飼育された後、新潟市水族館にやってきました。 新潟市水族館では毎日4回、ラッコの餌やりタイムがあり、餌を食べるかわいいラッコの姿を見ることができます。
Jy6w0uewb7wvegclg3xg
引用: https://www.instagram.com/p/BnREGSJghpB/

新潟市水族館の概要

【住所】新潟市中央区西船見町5932-445 【営業時間】9:00~17:00(発券は16:30まで) 【入館料】大人(高校生以上) 1500円 /小人(小・中学生) 600円      幼児(4歳から) 200円 /乳児(3歳まで) 無料
1 / 5