Dmofezsmxpypydz1exnf

ダイエット

CATEGORY | ダイエット

腹筋は毎日やるべき?頻度や効果的なやり方紹介!女性にダイエットにも!

2018.10.24

ダイエットや筋トレを目的として腹筋を毎日行う人も多いことでしょう。しかし、毎日なのか適切な頻度や回数、やり方があるのかと迷う人がいます。腹筋には実は正しい頻度ややり方で行うことでより効果が表れます。このページでは女性でも毎日簡単にできる効果的な腹筋を紹介します。

  1. 頻度的に毎日腹筋をやるのは効果的!?
  2. 【腹筋は毎日やるべき?頻度や回数、効果的なやり方】1.毎日やるのもアリ
  3. 【腹筋は毎日やるべき?頻度や回数、効果的なやり方】2.超回復を利用する
  4. 【腹筋は毎日やるべき?頻度や回数、効果的なやり方】3.注意点とは
  5. 【腹筋は毎日やるべき?頻度や回数、効果的なやり方】4.頻度を増やすだけじゃ無駄
  6. 【腹筋は毎日やるべき?頻度や回数、効果的なやり方】5.有酸素運動の頻度も増やす
  7. 【腹筋は毎日やるべき?頻度や回数、効果的なやり方】6.腰を痛めないやり方をする
  8. 【腹筋は毎日やるべき?頻度や回数、効果的なやり方】7.クランチ
  9. 【腹筋は毎日やるべき?頻度や回数、効果的なやり方】8.レッグレイズ
  10. 【腹筋は毎日やるべき?頻度や回数、効果的なやり方】9.リバーストランクツイスト
  11. 【腹筋は毎日やるべき?頻度や回数、効果的なやり方】10.週に3回を1セット10回から15回
  12. 【腹筋は毎日やるべき?頻度や回数、効果的なやり方】まとめ
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAKU6350_TP_V1.jpg
ダイエットや筋トレで体の体型を維持する為にジムなどに行き、腹筋を鍛えている人は女性でも男性でも多くいます。しかし、腹筋は気になるお腹まわりをスッキリする為に良いとはわかっていてもなんとなく昔ながらの方法でやってしまったり、特に頻度や効果的なやり方、回数も知らずにやっている人も多いのではないでしょうか。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAKU6283_TP_V1.jpg
実は腹筋はただ何も考えずにやっているやり方と効果的なやり方では成果も大きく違います。今までやっていた腹筋ではなかなか続かなかったのに、効果的な腹筋をすることで女性でも簡単に続けられるということもあるので、試してみてはいかがでしょうか。 今回はそんなダイエットや筋トレには欠かせない正しい腹筋のやり方から効果的な腹筋の頻度や方法を紹介していきます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/Yuu171226IMGL0015_TP_V1.jpg
おおまかに言えば腹筋を毎日やること自体は無駄ではありません。 腹筋を毎日することで少なからず、ウエスト周りは引きしまてきますし、効果は出るでしょう。実際にスポーツマンの方なども腹筋を毎日行っています。 しかし、具体的に言えば腹筋は毎日やるのも良いですが、さらにベストな方法でより簡単に鍛えられる方法もあります。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAKU6329_TP_V1.jpg
どんな努力をするのにも言えることですが、ただひたすらに努力するだけではなく、正しいやり方で努力しなければ結果は出ません。 最悪の場合は無茶な努力をして失敗に終わることもあります。 なので、腹筋を毎日やること自体は良い事ですが、より効果的で簡単な方法もあることもこの記事を読んで知りましょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/BO151030535008_TP_V1.jpg
あなたは「超回復」という言葉を聞いたことはないでしょうか。 ダイエットや筋トレをするにあたって腹筋をするというのは、非常にオーソドックスな方法です。その考え自体は素晴らしいでしょう。 ですが、先ほども紹介したように効果的にやる方が素晴らしい結果が出ます。 筋肉というのは一度破壊されて、それが修復されることで強くなります。
筋肉痛の時が、その筋肉が破壊されている状態というわけです。 なので、腹筋をすれば初めは筋肉痛に襲われることでしょう。 そこで毎日やるのも良いですが、筋肉痛になったら休むのがおすすめです。 ここで「超回復」の出番となります。 超回復は筋トレをして傷ついた筋肉がさらに前よりも大きくなることを言います。 破壊して、修復してという流れを繰り返すことで大きくなっていくのです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OOK784s4_TP_V1.jpg
その超回復は48時間〜72時間かかると言われています。 なので、2日か3日開けて腹筋をすることで一番効率的かつ効果的な筋トレになるといわけです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/IMGL0695_TP_V1.jpg
ここまでは腹筋をするのに毎日すべきかどうかということと超回復について紹介しました。 では、腹筋を行う際に何か注意すべきことはあるのでしょうか。 腹筋をしても無駄なことをしていたのでは意味がありません。 具体的な注意点を紹介していきます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/amaG0I9A8314045135013_TP_V1.jpg
筋トレを毎日やること自体は良い事だということを紹介しました。 しかし、超回復があることからも毎日やるよりも2日や3日に一回のペースで腹筋をやる方がより効率的とも言えます。 また、腹筋というのは他の筋トレに比べるとやりやすく、比較的たくさんの回数ができてしまうものです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OOK160214090I9A8054_TP_V1.jpg
ダイエットや筋トレ目的でやる場合などは、自分ができるかできないかのギリギリくらいの量をやる方が効果が出ます。 そのため、たくさんの回数が出来てしまう腹筋は時間もかかってしまいます。 毎日やってしまうと飽きやすくもなりますし、忙しい方は時間を確保するのも難しくなるので毎日ひたすら腹筋をするだけというのはよしましょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/161007-180_TP_V1.jpg
毎日筋トレだけでは簡単な分飽きが来やすいですし、時間がかかってしまうということも紹介しました。さらに、超回復をする時は腹筋をしない方がいいので、その間は他の運動をした方が良いでしょう。 そこでおすすめなのが有酸素運動です。有酸素運動というのは水泳やジョギング、縄跳びなどが代表的です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/shiosio_kasdfjk_TP_V1.jpg
有酸素運動は筋肉を増強させる目的ではなく、代謝をよくする目的の時に効果的です。女性でも簡単にやれるものも多いですし、バリエーションも豊富なので、日にちごとに水泳をしたりジョギングにしたりと変えるのも良いでしょう。水泳は特にダイエットにも向いているのでおすすめです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ookawaIMGL2425_TP_V1.jpg
腹筋は間違ったやり方をすると腰を痛めてしまうので注意が必要です。腰を痛めてしまう腹筋のやり方というのが、最も一般的で有名な「シットアップ」というやり方です。 シットアップは学生の頃などやった人も多いと思いますが、頭などに手を当てて、足を抑えてもらいながら腹筋をするやり方です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAKU6471_TP_V1.jpg
このシットアップのやり方は非常に腰を痛めやすくする方法なので、止めた方がいいでしょう。また、シットアップでは腹筋ではなく「腸腰筋」という股関節周りの筋肉を鍛えているので、ダイエットでお腹周りをスリムにしたい女性などには特に向いていません。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/161007-227_TP_V1.jpg
まず、一つ目に紹介する正しい効果のある腹筋のやり方は、「クランチ」です。 クランチは、腹直筋を鍛えるやり方で腰を痛める心配がないので安心です。 やり方は台などを使って、膝と股関節が90°になるように足を乗せます。
そして、背中をしっかり丸め、肩甲骨が離れるようにゆっくりと体を起こします。これをゆっくりと行うことで効果があります。 女性にもやりやすく簡単で初心者向けです。
次に紹介する正しい効果のある腹筋のやり方は、「レッグレイズ」です。 レッグレイズは、腹直筋と腹横筋が鍛えられます。 やり方は簡単で、仰向けになった状態で足を垂直に上げます。 そして、ゆっくりと足を床に付くように下げて、ギリギリのところで耐えます。 この時に背中が反らないようにお腹を凹ますように意識しましょう。
最後に紹介する正しい効果のある腹筋のやり方は、「リバーストランクツイスト」です。 リバーストランクツイストは、腹斜筋から腹直筋、腹横筋と腹筋の幅広い部分に聞くおすすめの腹筋方法です。やり方はこちらも簡単で仰向けになった状態で両腕を左右に行開きます。
そして、両膝を軽くまげて両足を上げます。その両足をゆっくりと左右に倒すことで鍛えられます。きついですが、効果もあり、ウエストが気になる女性にもおすすめです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/161007-222_TP_V1.jpg
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAKU6300_TP_V1.jpg
腹筋をやる頻度は先ほども紹介したように超回復を利用した方が効率的に筋トレやダイエット効果があることから週に2回から3回で2日から3日ごとにやるのがおすすめです。 また、その日のうちにやる腹筋の回数というのはその人の筋力のレベルにもよりますが、1セット10回から15回をできるようにすると初めのうちはいいでしょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/cc0160160836_TP_V1.jpg
正しい腹筋をすればそれだけでも十分な筋トレやダイエットにもなります。 特に女性の場合は筋力がない人も多いので、最初は無理しすぎない方が良いでしょう。 続けることに意味があるので、慣れるまでは1セット15回程度にして徐々に増やしていきましょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/LGTM_dandananohana_hi-hi-_TP_V1.jpg
今回は腹筋の正しいやり方や頻度について詳しく紹介しました。腹筋を正しいやり方で適切な回数行えばおのずと良いスタイルに変わっていきます。 年を取ってくると自然と運動しなくなる人が増え、あっという間に太ってしまいます。 腹筋のやり方自体は簡単で女性にも始めやすいものばかりなので、やってみてはいかがでしょうか。

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAKU6283_TP_V1.jpg