M5mnivrjkxtjnrogmc7m

料理

CATEGORY | 料理

バナナの健康に良い食べ方!食物繊維たっぷりで美容やダイエットに効果的?

2018.07.18

食物繊維など栄養素が豊富で、美容効果にもダイエット効果にも良い健康食材のバナナ。そんな美味しいバナナですが、良い食べ方や注意点はあるのでしょうか?今回は、朝ご飯にもおすすめの魅力的なバナナの健康的な食べ方などご紹介します!

  1. 【健康に良い美味しいバナナの食べ方や注意点!美容・ダイエット効果も?】バナナの健康パワー
  2. 【健康に良い美味しいバナナの食べ方や注意点!美容・ダイエット効果も?】バナナに含まれる栄養素
  3. 【健康に良い美味しいバナナの食べ方や注意点!美容・ダイエット効果も?】バナナに含まれる主な栄養一覧
  4. 【健康に良い美味しいバナナの食べ方や注意点!美容・ダイエット効果も?】バナナを食べ過ぎてはいけない理由
  5. 【健康に良い美味しいバナナの食べ方や注意点!美容・ダイエット効果も?】糖質の高い食生活は身体に悪影響を及ぼす
  6. 【健康に良い美味しいバナナの食べ方や注意点!美容・ダイエット効果も?】バナナはエネルギー補給にも良い
  7. 【健康に良い美味しいバナナの食べ方や注意点!美容・ダイエット効果も?】時間帯別!バナナを食べるメリット
  8. 【健康に良い美味しいバナナの食べ方や注意点!美容・ダイエット効果も?】バナナを食べるときに気をつけること
  9. 【健康に良い美味しいバナナの食べ方や注意点!美容・ダイエット効果も?】一工夫!おいしいバナナの食べ方
  10. まとめ
引用: https://fishingjapan.jp/cmsimg/tpc3158-main.jpg
安く手に入り、手軽に食べられて甘くて美味しい上に、栄養豊富なバナナ。子どもから大人まで食べられる定番フルーツですよね。そんなバナナには、実はもの凄い効能があるのです!食物繊維も多く、ダイエットや美容にもとても効果のあるパワーフルーツのバナナ。今回はそんなバナナの魅力を存分にご紹介します。
引用: https://dietplus.jp/ui/contents/100/article/2017/0112/4513_1.jpg
糖質・脂質の代謝を助けてくれるビタミンB群や、ビタミンC、カリウム、マグネシウムやカルシウムなど、人間に必要なミネラルが豊富に詰まっています。食物繊維もたっぷり含まれています。体に欠かせない栄養群を手軽に摂取でき、たくさん栄養を摂れるので、健康維持や美容のケア、ダイエットにうってつけの果物です。
バナナ一本当たり(約100g)に含まれる栄養素をご紹介します。

たんぱく質1.1g(生しいたけ約2個分)

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/b7/b772dc160fe2d6a89d27c4694d325a1f_t.jpeg
人間の身体に特に必要な三大栄養素のひとつ。体重の1/5を占めるたんぱく質は、血液や筋肉など身体をつくる主要成分です。身体つくりの基本となる栄養素なので積極的に摂りたい栄養素です。

カリウム360mg(りんご約3個分)

引用: https://food.foto.ne.jp/free/img/images_big/fd400997.jpg
免疫機能を健全に保つために必要な栄養素です。むくみの予防にも効果的があります。女性は背局的に摂りたい栄養の一つですね。

マグネシウム32mg(キウイ約3個分)

引用: https://cdn.fresh.lawson.jp/skmd/img/item/0132/2500025000132/20140404192459349/2500025000132_1_500.jpg
骨や歯の形成に必要な栄養素です。エネルギーの代謝を助けてくれるため、ダイエットにも重要になってくるウィ用の一つです。

ビタミンB6 0.38mg(納豆約3パック分)

引用: http://tensukejapan.com/images/detailed/4/1669.jpg
筋肉や血液などが作られる時に働く重要な栄養素です。貧血予防にもなるため、女性の方には普段から摂ってもらいたい栄養成分です。

葉酸 26μ(ピーマン約3個分)

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/49/49ee76c223610e7bec812130b612d08c_t.jpeg
ホウレン草などの緑黄色野菜に多く含まれる水溶性ビタミンのひとつです。貧血予防や免疫機能アップに役立つため、鉄分と合わせて摂りたい栄養です。

食物繊維 1.1g(レタス約1/4個分)

引用: http://shop.tokyu-bell.jp/store-contents/shop/000/commodity/01025026.jpg
食物繊維は人の消化酵素では、消化することができない食べ物の中の成分です。腸内の毒素などを輩出してくれるため、便秘予防や生活習慣病の予防に役立つとも言われています。食物繊維は特に意識して食品から摂取しなければなかなか必要量が摂れない栄養素です。積極的に食物繊維を摂るように心がけましょう。
引用: https://happy-teacher-singing.com/wp-content/uploads/2018/05/28ae3ff87a464e97cda1e51316675ca5_s.jpg
バナナ一本(100g)あたりのカロリーは約80kclと抑えめですが、特に気にしなければならない成分が「糖質」です。成分表には炭水化物と表記されている部分で、バナナには22.5gも含まれています。炭水化物は糖質と食物繊維から構成されていますが、上記でご紹介したように食物繊維は1.1gです。単純に計算して21.4gもの糖質がバナナヰ一本に含まれていることになります。
引用: http://macrobiotic-daisuki.jp/cms/wp-content/uploads/%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%EF%BC%BF%E7%B3%96%E8%B3%AA%E9%AB%98%E3%81%84-450x300.jpg
現在長期にわたって、日本人の死因第1位になっている癌となっています。この癌を発症する原因のひとつとして、糖質が影響していると言われているのです。糖質の多い食事は、癌細胞の増殖を促すと言われています。様々な諸説がありますが、糖質の摂取を控えることでガンの発生リスクを減らすことができるかもしれません。
癌以外には肥満、老化、高血糖、糖尿病、うつ病などが挙げられます。このように、糖質は様々な病気を引き起こす危険因子になる可能性が高いです栄養です。くれぐれもバナナの食べ過ぎには注意しましょう。
引用: https://media.gettyimages.com/photos/closeup-of-a-woman-wearing-a-sweat-towel-and-holding-a-peeled-banana-picture-id57440623?b=1&k=6&m=57440623&s=612x612&w=0&h=0-6k3uCM6TloIm5WBV4S7skG3m8V2qW4eBAkUWrWLVg=
人間が身体を動かす時にエネルギーとなる糖分。バナナにはこの糖分がブドウ糖と果糖、ショ糖と3種類も含まれています。消化の早いブドウ糖や果糖がエネルギーに変わり、ゆっくり消化されるショ糖は後からエネルギーに変わります。バナナにはこの時間差のおかげで食べてすぐパワーの源になるのはもちろん、その後もパワーが持続するというメリットがあります。
また、バナナに豊富に含まれているカリウムは運動中に筋肉の痙攣を防ぎ、ケガや故障を予防します。さらにマグネシウムも多く含まれているため、疲労回復にも効果が期待できます。
引用: https://jouhou123.net/wp-content/uploads/2015/01/image8.jpg

朝にバナナ

引用: https://cdn.amanaimages.com/preview640/11007036325.jpg
人間の身体を作る約60兆個もの細胞を養う大切な栄養が、ブドウ糖です。運動時だけではなく、体が一番省エネ状態の睡眠中にもこのブドウ糖が必要です。例えば7時間の睡眠をとる人は、約60〜70gものブドウ糖を寝ている間に消費します。また、寝汗と一緒に大切なビタミンやミネラルも体外へと流れ出てしまいます。寝起きの身体は意外とエネルギー不足です。
そこで活躍するのが朝バナナです。ビタミンやミネラルはもちろんのこと、他の果物に比べてブドウ糖が豊富なバナナは、睡眠中に失われた栄養を補うのにぴったりなフルーツです。時間がない朝にも手軽に食べられるのでおすすめです。

昼にバナナ

引用: https://www.sesame123.jp/gladee/mamapege/0341.jpg
バナナにはブドウ糖だけではなく、果糖やショ糖といった3種類もの糖分が含まれています。それぞれ吸収されていく時間に差があるため、脳や身体にすぐエネルギーを補給可能、加えてゆっくり吸収された糖分は後からエネルギーとなるので、エネルギー補給に事欠きません。
お昼は、脳も体もまだまだ活発に活動をつづけている途中。お昼にバナナでエネルギーを補給して、しっかりと午後の活動に挑めるようにしましょう!

夜にバナナ

引用: https://assets.media-platform.com/cafeglobe/dist/images/2018/07/03/20140805_banana_1-w960.jpg
過剰な興奮や不快感を鎮めてくれるセロトニンは、癒しホルモンとも呼ばれています。バナナにはセロトニンとその材料となる必須アミノ酸のトリプトファン、その生成を助けるビタミンB6までが豊富に含まれています。精神を安定させてくれるマグネシウムもたっぷり含まれており、1日の疲れやストレスがたまっている夜に食べるとリラックス効果を得られます。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/yukawanet/imgs/0/6/06dbc687.jpg

注意点①

身体を冷やす効果があるため冬に食べるときは量に気をつける。夏の暑い季節に食べる分には効果的ですが、いずれにせよ食べ過ぎ注意です。

注意点②

重度の冷え性の方は、栄養素を摂るために食べても身体の冷えを悪化させる恐れがあるのでなるべく控えるようにしてください。

注意点③

バナナだけで栄養素を摂ろうとしないように気をつけましょう。主食、副菜をベースにしたバランスの良い食生活にプラスする程度にするのがおすすめです。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20180104/06/kohironaga831/c4/8b/j/o0610040014104891105.jpg

バナナケーキ

引用: https://img.cpcdn.com/recipes/5167262/280/fdd54ce213e2c8370f7551e965a9f020.jpg?u=7214489&p=1531523295
満足感がありお腹にしっかりたまる健康スイーツで、はちみつとマッチしたバナナの味わいを存分に味わうことができます♪焼いてからしっかり保存すれば数日はもつので作り置きにもおすすめです。

バナナジュース

引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4805976/280/6e7c7805b50e96c92f980a28f5585a6b.jpg?u=17494985&p=1510758699
スムージー感覚で楽しめる濃厚バナナジュースです。時間のない朝でもパパッと作れてすぐに飲める手軽さ。バナナの栄養を余すことなく摂ることができます。

関連記事

引用: https://rassic.jp/wp/wp-content/uploads/2018/02/banana6.jpg
いかがでしたか?栄養満点、バナナの健康効果は計り知れないです。ダイエットや美容にも良い栄養がたっぷり含まれているので、積極的に摂りたいところですが、食べすぎも禁物。ほどほどに、健康フルーツのバナナを食生活に取り入れてあなたも健やかな生活を送りましょう♪
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.sumifru.co.jp/img/trivia/panel02-img02.jpg