Ibuqjhxlvcaw0w0owl0h

子供

CATEGORY | 子供

縄跳びの技20選【子ども〜大人】かっこいい技を難易度別に動画でマスター!

2018.07.07

子どもの頃学校でも自宅でも遊んだ縄跳びですがそれほど知られていない難易度の高い技がまだまだあるんです。大人もそんな技を見たら懐かしくなりマスターしたいとハマること間違いなしのかっこいい技動画を調べてみました。子どもから大人までみんなで縄跳びを楽しみましょう。

  1. 子どもから大人までかっこいい縄跳びの技難易度別に動画でマスター①【初心者〜上級者】おすすめ縄跳び
  2. 子どもから大人までかっこいい縄跳びの技難易度別に動画でマスター②【初心者】みんな知ってる簡単技
  3. 子どもから大人までかっこいい縄跳びの技難易度別に動画でマスター③【初心者】縄跳び競技公認検定技
  4. 子どもから大人までかっこいい縄跳びの技難易度別に動画でマスター④【中級者】みんな知ってる簡単技
  5. 子どもから大人までかっこいい縄跳びの技難易度別に動画でマスター⑤【中級者】縄跳び競技公認検定技
  6. 子どもから大人までかっこいい縄跳びの技難易度別に動画でマスター⑥【上級者】みんな知ってる上級技
  7. 子どもから大人までかっこいい縄跳びの技難易度別に動画でマスター⑦【上級者】縄跳び競技公認検定技
  8. 子どもから大人までかっこいい縄跳びの技難易度別に動画でマスター⑧子ども向けかっこいい注目技
  9. 子どもから大人までかっこいい縄跳びの技難易度別に動画でマスター⑨大人向けかっこいい注目技
  10. 子どもから大人までかっこいい縄跳びの技難易度別に動画でマスター⑩まとめ
引用: https://tshop.r10s.jp/loupe-studio/cabinet/i-dbk/dbk-0405.jpg?fitin=700:700
軽いので始めたばかりの初心者や幼稚園児の子どもでも軽くて使いやすく縄跳びが上達したとの口コミが多数ありました。インターネットでもダントツ人気一位の商品です。大人用もあるのでお子様と同じシリーズで使えるのが嬉しいですね。
引用: https://tshop.r10s.jp/spo-i-land/cabinet/fitness/91-230_n1.gif?fitin=700:700
カラーが豊富で子どもは選ぶのも楽しくお買い物できそうですね。見た目が可愛いだけでなく使い心地の点でも一番飛びやすかったとの意見も多数見受けられたので安心して使っていただけると思います。グリップも滑りにくく出来ており子どもでも握りやすく出来ているそうです。
引用: https://tshop.r10s.jp/uchiyama-sports/cabinet/sonota/asi-91-121-a_1.gif?fitin=700:700
縄跳びとしては少し高級なお値段ですが、競技用に季節を通して安定した飛びやすさを追求されているそうです。本気で縄跳びを始められる方や競技なども視野に入れ始めた方はもちろん、飛びやすさや技のマスターが後一歩のところで出来ない方も試されてみると良いかもしれません。

関連記事

基本の前飛びが出来るようになったら挑戦したい「あやとび」です。慣れれば初心者でも簡単に飛ぶことが出来て達成感も得られるためお子様のステップアップにおすすめの技です。
「あやとび」の応用編が「交差飛び」です。手のクロスの仕方や手首の回し方をマスター出来るので次の技に進む前にぜひチャレンジしてみてください。
次に「かえしとび」です。手首の返し方や縄の扱い方をマスターすることが出来ます。このあたりまでは誰でも見たり聞いたことのある技だと思います。次に紹介する技はあまり知られていない初級者向けの簡単技です。
このあたりの検定は少し練習を重ねればすぐに出来るようになりそうですね。縄跳びに興味を持ち始めた方は挑戦してみるのも刺激になりさらに上を目指したくなるキッカケになるかもしれないですね。
「あやとび」の後ろ飛びバージョンです。これも練習を重ねれば初心者でもすぐに出来るようになりそうな簡単縄跳び技の応用編ですね。
これは少しコツのいる技なので練習を重ねる必要がありそうです。でもこのあたりはまだ初心者でも練習すれば簡単にこなせそうな技ですね。
「かえしとび」の逆バージョンです。かえしとびが出来る方なら少し練習すれば簡単に出来るようになれる初心者から中級者向けの技です。
「二重とび」は脚力が必要になるため小さいお子様はかなり練習が必要になるかもしれません。大人の方は少し練習すれば感覚を掴むことが出来ると思いますので、ぜひお子様と一緒に挑戦してみてください。
後ろ向きになるだけで簡単にはいかなくなります。意外と縄を後ろに回すのは手首の柔軟さやコツが必要になるんですよね。練習を積んでぜひチャレンジしてみてください。
このあたりになるとかなりコツを掴むまでの練習が必要になります。しかし練習を積めば小学生のお子様でもできるようになれる技だと思いますので練習してみてください。
このあたりからは跳躍力と腕の器用さが必要なので努力が必要だと思います。しかし達成感はその分増しますよね。これからの夏休みに時間をかけてチャレンジしてみるのも楽しいかもしれませんね。
「二重とび」が完全にマスター出来たらチャレンジしてみてほしい技です。これが出来れば小学生は注目の的になること間違いなしです。
さらに上を目指したい方におすすめなのが「三重とび」です。連続でとんで跳躍力をさらに鍛えてみてください。
腕の速さと跳躍力を鍛えるためにかかせない技が「はやぶさ」です。小学生でも出来る技なので大人なら練習を重ねればすぐに出来ると思います。
このあたりになるとかなり複雑になりますね。絡まない競技用の少し良い縄跳びが必要だと思います。ここまで来るとかなり縄跳び上級者だと言えるのではないでしょうか。
さすが1級の技ですね。なかなか普通の方にはこなすのが難しいと思います。小学生のお子様をお持ちのパパなら挑戦することでカッコ良いとヒーローになれそうです。
さすが優勝競技ですよね。縄跳びというよりブレイクダンスを見ているような楽しくて素晴らしい縄跳び上級技です。
公認検定技15級でもご紹介しましたが、小学生でこの技が出来るとかなりの上級者と言われ周りから歓声を浴びるのではないでしょうか。ぜひ二重とびやはやぶさが出来て目標が見えなくなったお子様にチャレンジしてみてほしい技です。
お子様は少し周りに誰もいないところで気をつけながら言い聞かせる必要がある技ですが、子どもたちの前でこんな技を披露したらかなり注目されてカッコ良いと憧れの眼差しを浴びそうです。
いろんなパターンがありますがジャンプの途中に入れることで難易度が増し、よりかっこよく仕上がっています。

関連記事

縄跳びは小さい頃に何度かはする機会がある運動競技ですよね。しかしこんなにたくさんの技や競技があるなんて知っている人は少ないのではないでしょうか。競技にチャレンジすることでさらに縄跳びへの集中力ややる気が高まり身体能力アップにもつながりそうです。ぜひ興味がある方は挑戦されてみてはいかがでしょうか。
普通の縄跳びでは出来なかった技も専用の縄跳びなら簡単に出来てしまったとの声も多かったため、真剣に始めてみようとお考えの方は少し良い縄跳びを購入して始められるのがおすすめです。
これから夏休みに入るのでたっぷり時間があるお子様も多いかもしれません。親子で楽しく縄跳びを始めてみるのはいかがでしょうか。集中してチャレンジすることはお子様にとっても、夏休みで忙しいお母様にとってもたくさんメリットがあると思います。
水分補給と炎天下で日差しを浴びすぎて熱中症にならないようにご注意しながらぜひ難しい縄跳び技にチャレンジされてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://2.bp.blogspot.com/-qXa4awIZaJQ/Ul5qS2-ULEI/AAAAAAAAZC4/iKjNmyafR80/s800/nawatobi.png