Lz3tzoefz8r2jsvg7hs5

旅行・お出かけ

CATEGORY | 旅行・お出かけ

プールでコンタクトは大丈夫?学校・遊びに行くとき別に解説!ゴーグルが安心!

2019.05.02

最近コンタクトをつけ始めたばかりだと言う人にとっては、今年が初めての夏を迎えるのかも知れません。海やプールに遊びに行きたいけどコンタクトを使用したままで大丈夫なの?学校のプールの時はみんなどうしてるの?そんな疑問を解説します。おすすめの度付きゴーグルの紹介も。

  1. プールでコンタクトを使っても大丈夫なの?
  2. プールでコンタクトがダメな理由①衛生面が心配
  3. プールでコンタクトがダメな理由②目を傷つける危険がある
  4. プールでコンタクトがダメな理由③紛失の恐れがある
  5. プールでコンタクトを使いたい場合はどうする?
  6. プール【遊び】でコンタクトを使う場合はここに注意!
  7. プール【遊び】でコンタクトを使う時①使い捨てタイプにする
  8. プール【遊び】でコンタクトを使う時②2回分用意する
  9. プール【遊び】でコンタクトを使う時③目を休ませる
  10. プール【学校】では度付きゴーグルの使用が便利!
  11. プール【学校】でおすすめ度付きゴーグル①度付き ゴーグル 水泳 度付きゴーグル
  12. プール【学校】でおすすめ度付きゴーグル②スイミングゴーグル 度付きレンズ 水泳 ゴーグル 競泳 くもり止め加工
  13. プール【学校】でおすすめ度付きゴーグル③SWANS スワンズ【度付きスイミングゴーグル】FCL-X1 大きめレンズ
  14. プール【学校】でおすすめ度付きゴーグル④スポルディング 度数付きスイミングゴーグル FO-1 FCL-2 度入り・度付き
  15. プール【学校】でおすすめ度付きゴーグル⑤水中ゴーグル(度付きセット)SPALDING-FO-1
  16. まとめ:大切な目を守るために万全の対策を!
海やプールに入る時には、基本的にはコンタクトの着用はおすすめできません。とは言え、おしゃれ目的のカラコンならともかく、視力が悪くてコンタクトを付けていると言う人にとっては外すと周りが見にくくなって困ってしまいますよね。みんなはどうしているのでしょうか。
学校のプールの授業と遊びに行く時とでも対策は異なるようですが、まずは海やプールにいく時にコンタクトをしない方が良い理由から見ていきましょう。
コンタクトは元々、涙を吸収して形を保持するように作られているため吸水力が強くなっています。そのため、コンタクトを付けたままで海やプールに入ると、塩素や水中での不純物を引き寄せやすくなってしまいまうのです。
入っている間ももちろんですが、海やプールから上がった後もそのままのコンタクトを使い続ける場合は特に、水中で引き寄せてきた菌や不純物を付けたまま生活を続ける事になり、目の病気や炎症を引き起こす可能性も高くなってしまいます。

関連記事

学校のプールの授業などで飛び込みをする場合など、水圧で目を傷つけてしまう恐れもあります。また、遊びに行くだけで潜ったりしないから大丈夫だと思っていても人が多い場所ではうっかりと人にぶつかったりして傷つけてしまう事も。
ただでさえ菌や不純物を引き寄せやすい場所で目に傷をつけるような行為は危険です。自分は顔を水に付けないから大丈夫だと思っていても、周りの人の水しぶきなどがかかる場合もありますので絶対はないと思っておきましょう。水中でのウォーキングを目的にジムのプールに通う時も同様です。
学校の授業で顔をつけて泳ぐときはもちろんですが、何かの拍子にコンタクトが外れて紛失してしまう可能性も大いに考えられます。 安い買い物ではありませんので、単純に「無くさないため」と言う意味でも外しておく方が無難だと言えます。

関連記事

それでもやっぱりコンタクトを外してしまうと何も見えなくなって不安だと言う人も多いはず。どうにかしてコンタクトをはめたままプールを楽しみたい場合にはどうすれば良いのでしょう。
この場合、学校のプールの授業の場合と遊びに行く場合とでも対策方法が異なるようです。学校のプールと遊びに行く場合、それぞれコンタクトを使いたい時の対策方法を見てみましょう。
まずは恋人や友達と海やプールに遊びにいく場合の対策方法です。 せっかく友達や恋人との楽しい時間を過ごすのに周りが見えないと言うのも寂しいですよね。とは言え、学校のプールのようにゴーグルで目を守るのもせっかく買った可愛い水着には似合いません。こんな時は、お手軽なワンデータイプのコンタクトを使うのがおすすめです。

関連記事

恋人や友達と海やプールに遊びに行く時にはワンデータイプの使い捨てのコンタクトが便利です。万が一途中で無くしてしまっても使い捨てタイプならそんなに気にせずにすみます。
海やプールでたっぷりと遊んだあとは一度使っていたコンタクトを処分して新しいものと交換できるように2回分以上を用意しておきましょう。こうする事で、海やプールの中から引き寄せてきた菌や不純物をいつまでもつけておくと言う事もなくなります。

関連記事

海やプールで遊んだあとの目はとてもデリケートになっています。コンタクトを付けたまま遊んでいたのだとなおさらですね。目の病気を防ぐために、海やプールから上がった後は少し目を休ませてから新しいコンタクトを付けるようにしましょう
海やプールに遊びに行く場合はあまり使用する事がありませんが、学校のプールの場合目が痛くなるのを防ぐためにゴーグルを使いますよね。
この場合も、使い捨てのワンデータイプのコンタクトとゴーグルを併用する方法でも大丈夫なのですが、ゴーグルを使用していても目に全く水がかからないと言うわけではありませんので、目の安全性を高めるには度付きのゴーグルを使用する方が安全です。
使っている人の口コミでは「もっと早くに購入すれば良かった」と言う意見が目立ちますよ。視界がクリアになり、泳ぎに集中できるのだとか。学校のプールで使うのがおすすめの度付きゴーグルを紹介します。

関連記事

自分に合った度数を選んで注文できます。UVカットレンズで屋外での使用でも安心です。3種類の鼻ベルトから自分に合うサイズが選べるので、小学校高学年から大人まで使えます。
引用: https://tshop.r10s.jp/mizugihonpo/cabinet/other/vc511.jpg?downsize=280:*
届いた後は組み立て方も簡単で、ベルトの長さも簡単に調整できます。レンズがずれない様に2重ベルトになっているのも嬉しいですね。
引用: https://image.rakuten.co.jp/mizugihonpo/cabinet/other/d-vc511-1.gif
ミラー加工がないゴーグルですので室内プールでも水の中が見やすくて安心です。紫外線を99.9%遮断するUVカットレンズですので屋内での使用ももちろん大丈夫。カラーはブルーとブラックから選べます。
引用: https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/bestmatch_c01972

関連記事

大きめレンズで安心です。ぼやけていた視界がくっきり見え、タッチやターンの時の距離が掴みやすいので安心してスタートできます。レンズの色が2色、ベルトの色が3色から選べます。
引用: https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/swans-web/cabinet/fclx12018-rrrrr.jpg
交換レンズは-1.50~-6.00までは0.50刻み、-6.00~-8.00までは1.00刻みで選べます。左右で違う度数や片目だけ度付きでの注文もできるので自分仕様カスタマイズできますね。
引用: https://image.rakuten.co.jp/thats/cabinet/06-axe/fo1-fcl2-2.jpg
カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいところです。水着に合わせて選んだり、人とは違うものを使いたいと言う人にもおすすめです。
引用: https://image.rakuten.co.jp/thats/cabinet/06-axe/fo1-fcl2-10.jpg

関連記事

豊富な10色のカラーから好みのものを選べます。サイドバンドと鼻部分のバンドの長さ調節が可能で、小学校低学年の子から成人男性まで幅広く使えます。
引用: https://image.rakuten.co.jp/megane-douraku/cabinet/img62042457.jpg
コンタクトなしで海やプールに行くと周りが見えなくて不安なようですが、目の病気を防ぐためにはコンタクトを外して行く方が安全ですね。
どうしても不安でコンタクトを使いたいと言う時にはワンデータイプの使い捨てコンタクトにすれば大丈夫。その場合も、海やプールからあがったらすぐに外して十分に目を休ませてから新しいコンタクトを使うなど十分な配慮をする事で目の病気を引きおこす可能性を低くする事もできます。
学校やジムなどで水泳をする場合には度付きのゴーグルを使うのが安全です。大切な目を守るためには万全の対策をして海やプールを楽しみましょう。

プールをもっと楽しいたい方はこちら