Xgpfm1gpdursds7scg8v

旅行・お出かけ

CATEGORY | 旅行・お出かけ

プールの持ち物リスト!女子・男子・子連れ別に解説!便利グッズもご紹介!

2019.04.04

子供も大人も楽しみなプールは忘れ物なく行きたいところです。今回はプールを楽しみ尽くすために、女子・男子別だけではなく子連れのときの持ち物を説明していきます。ジムなどのプールも持ち物はきちんと揃えたいところですね。便利グッズもご紹介していきます!

  1. プールを楽しみ尽くすために持ち物チェックをしよう!
  2. プールの持ち物リスト!女子①水着
  3. プールの持ち物リスト!女子②濡れても大丈夫なバッグ・ポーチ
  4. プールの持ち物リスト!女子③着替え用の下着
  5. プールの持ち物リスト!女子④バスタオル・フェイスタオル
  6. プールの持ち物リスト!女子⑤ビニール袋
  7. プールの持ち物リスト!女子⑥日焼け止め
  8. プールの持ち物リスト!女子⑦日傘
  9. プールの持ち物リスト!女子⑧ラッシュガード
  10. プールの持ち物リスト!男子①水着
  11. プールの持ち物リスト!男子②着替え用の下着
  12. プールの持ち物リスト!男子③バスタオル・フェイスタオル
  13. プールの持ち物リスト!男子④ビニール袋
  14. プールの持ち物リスト!男子⑤日焼け止め
  15. プールの持ち物リスト!子連れ①水着
  16. プールの持ち物リスト!子連れ②濡れても大丈夫なバッグ・ポーチ
  17. プールの持ち物リスト!子連れ③着替え用の下着・服
  18. プールの持ち物リスト!子連れ④バスタオル・フェイスタオル
  19. プールの持ち物リスト!子連れ⑤ビニール袋
  20. プールの持ち物リスト!子連れ⑥日焼け止め
  21. プールの持ち物リスト!子連れ⑦ラッシュガード
  22. プールの持ち物リスト!子連れ⑧浮き輪
  23. プールの持ち物リスト!子連れ⑨絆創膏
  24. プール便利グッズ5選①日よけテント
  25. プール便利グッズ5選②クーラーボックス
  26. プール便利グッズ5選③エアーポンプ
  27. プール便利グッズ5選④防水スマホケース
  28. プール便利グッズ5選⑤ジップロック
  29. まとめ
引用: https://www.instagram.com/p/BvyGFBZAxm7/
夏の楽しみと言えば、子供も大人もプールという人は多いでしょう。今回はそんなプールで忘れ物をして困ったりしないように女子・男性・子連れの3パターンで持ち物リストを紹介していきます。ぜひお出かけ前にチェックして役立ててくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/Bvu8_g8HZQk/
プールに行くのなら基本中の基本です!水着は絶対に忘れないようにしましょう。プールに行くときは、服の下に水着を着ていくと着替える手間も省けるのでおすすめですよ。ジムでプールに入るときは、ビキニよりもおとなしめな水着がいいかもしれないですね。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BlhhIfDFYzU/
財布などの貴重品は出来る限り、ロッカーに入れるのをおすすめしますが、プールによってはプールサイドで飲食が出来たりすることもあるので、財布やスマホも持ち歩く必要があるときもあります。そんなときは、濡れても大丈夫なビーチバッグなどを持っていけば安心です。特に女子は荷物も多いので、バッグは用意しておきたいものです。ジムのプールに行くくらいであれば必要ないことが多いです。
引用: https://www.instagram.com/p/BveHO4lhEUF/
自宅から下に水着を着ていったときに忘れがちなの、帰りに着て帰る下着です!!この下着忘れは本当に多くて、時には下着を忘れて下着なしで自宅に帰る人も出てくるくらいです。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/Bvu3gxdgQkB/
プールに行くのならバスタオルとフェイタオルを最低でも1枚ずつは用意しておきたいところですね。プールやジムによっては売っていたりすることもありますが、お金ももったいないので持参したいところです。
引用: https://www.instagram.com/p/BS021mYlH37/
濡れた水着やタオルを持って帰るのにビニール袋は必須ですね。バッグが濡れないようにビニール袋は持っていきましょう。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BvrPlxDhFVk/
屋外のプールで遊ぶのなら日焼け止めも忘れないようにしましょう!ジムのプールに行く場合は、基本的には屋内で紫外線が入ってこないところが多いので必要ないですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BvVSUK5HiHp/
屋外プールは日陰は少なく、日なたは非常に多いので日焼け止めだけではなく日傘もあったほうがいいですね。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/Bvq8bIuAgUT/
日焼けを避けたい場合は、日焼け止めや日傘と一緒にラッシュガードも持っていきたいところです。屋内プールでも紫外線を浴びる場合は、ラッシュガードを着用するのがおすすめです。それに体型を隠したいときなどにもいいですよね。
引用: https://www.instagram.com/p/Blkcw00F0oK/
男性ももちろん水着は忘れたらダメですね。男性はジムのプールを使うときも多いと思いますが、急遽思い立ってジムに行くことがある場合は、日ごろから水着を持ち歩いておけば完璧ですね。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BtfbhNAgjre/
男性はいざとなれば、下着なしで服を着て帰ればいいかもしれませんが、それでも下着はあったほうがいいですね。下着は本当に忘れがちなので、持ち物を用意するときに最初に入れておきましょう。
今日は子供達を連れてクアタラソ津田へ。プールサイドで突然泣き出した娘を見たら、初めての抜歯。大人の階段を一歩登ったようです。そして着替えのパンツを忘れた父は、ノーパンにジーンズで帰宅。いい思い出が出来ました。

やはり着替えの下着を忘れるのはプールあるあるですね。ノーパンで帰ることにならないように注意したいところです。

引用: https://www.instagram.com/p/Bvu3gxdgQkB/
男子がプールに行くときも欠かせないのは、バスタオルとフェイスタオルですね。やはり各1枚ずつは最低でも持っていきたいところです。プールやジムによっては、その場で買うことができる場合もありますが、やはり持参していくのがいいですね。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BS021mYlH37/
濡れた水着などを持って帰るために必須となるのが、ビニール袋です。常備されているプールも稀にありますが、基本的には持ち物リストに入れて持参するべきでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BvvA0fAHja1/
屋外プールに行くときに忘れないようにしたいのが、日焼け止めです。屋根がなかったり、日陰が少ないプールに行くときは日焼け止めは持っていくようにしたいですね。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/Bvow4-Wjmhh/
子供の場合は、水着を下に着て行ってもプールについたらトイレなどで結局脱いじゃうということが多いです。そのため、子連れでプールに行くときは、子供の年齢にもよりますが、水着は着ていかないで持っていくようにしたほうが良いかもしれないですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BvJuBiKHgPQ/
子連れでプールに行くときに必須となるのが、ビーチバッグなどの濡れても大丈夫なバッグですね。子供のちょっとした小物や、タオルや財布、スマホなどを入れておくのにぜひ持っていきたいものです。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BuqB9TIHsPf/
子連れの場合も、着替えの下着は必須です。更に、服も汚れる可能性があるので着替え用の服も持っていくのがおすすめですよ。
引用: https://www.instagram.com/p/Bvu3gxdgQkB/
子連れでプールに行くときに必須で多めに持っていく必要があるのがタオルです。バスタオルは各自1枚あればいいかもしれませんが、フェイスタオルは多めに持っていくといざというときも安心ですよ。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BS021mYlH37/
子連れでプールに行くときは、ビニール袋は多めに3~4枚くらいはあると安心です。
引用: https://www.instagram.com/p/BvvGNVljAav/
子供といえども、日焼け止めはあったほうがいいですね。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BiTZHeYAkpL/
屋外のプールのときは、子どもにもラッシュガードを着用させるのがおすすめです。ただし、フード付きのラッシュガードは着用不可となっているプールもあったりするので注意が必要です。紫外線を避けるためだけではなく、子供がプールサイドで転んだときなどの怪我防止にも有効ですよ。
引用: https://www.instagram.com/p/BvuhC1DpRPN/
子連れでプールに行くのなら、浮き輪も持っていきたいところです。浮き輪はほとんどのプールが有料での貸し出しになっているので、持っていくのをおすすめします。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BvfvWNFlGpD/
プールに入って体が濡れると、ちょっとしたことで傷ができたりします。特に子供はあちこち走り回ったりするので、傷ができちゃうことが多いんです。そんなときのために、絆創膏などの簡単な救急セットは持っていくといいですね。
引用: https://www.instagram.com/p/Bn2RlPqlhPV/
屋外プールでプールサイドが広いところに行くのなら、日よけのために簡易テントを持っていくといいですよ。物置場所にもなるので、テント一つで大助かりという場面が出てきます。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BvtbhhCAcO1/
ビールやジュースなどを冷やしたまま持っていきたい場合は、クーラーボックスがおすすめです。プールで販売されていることもありますが、少し高めという場合があるので持っていける場合は持っていくのがおすすめです。持ち込みNGの場合もあるので、気になる場合は事前に確認しましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bt2SShYgxPs/
画像は電動のエアーポンプですが、楽に空気を入れることができるのでおすすめです。 プールによっては、無料・有料で貸し出しを行っている場合もあるので、事前に調べておきましょう。

関連記事

引用: https://www.instagram.com/p/BjHWTCdF8fZ/
防水スマホケースがあるとプールで濡れたときも安心して使えます。おすすめはケースに入れたままスマホのタッチ操作ができるタイプのものです。
引用: https://www.instagram.com/p/Bvov8_7lMkA/
袋タイプのジップロックは濡れたら困る財布や、小物類を入れておくのにとても助かります。水が少しかかるくらいなら問題ないので安心できますね。

関連記事

ここまでプールに行くときの持ち物をまとめて紹介していきました。女性と男性だけではなく、子連れの場合に必要なものも紹介したので家族で行くときもぜひ参考にしてくださいね。

プールについてもっと知りたい方はこちら