O9xugsd8ii1zlizujhfb

ガーデニング

CATEGORY | ガーデニング

桜の盆栽の育て方講座!剪定方法や種類の紹介も!【挿し木・肥料・土など】

2018.12.19

今回は桜の盆栽の育て方や、剪定の方法を紹介していきます。盆栽の種からの育て方や剪定の方法以外にも、桜の盆栽を室内で育てることができるのか、肥料の与え方や土の種類まで紹介していくので、是非参考にしてください。まずは盆栽に向いている桜の種類から紹介します。

  1. 桜の盆栽の育て方講座!剪定方法や種類の紹介も!【挿し木・肥料・土など】盆栽に向いている桜の種類①:旭山
  2. 桜の盆栽の育て方講座!剪定方法や種類の紹介も!【挿し木・肥料・土など】盆栽に向いている桜の種類②:ヒカンザクラ
  3. 桜の盆栽の育て方講座!剪定方法や種類の紹介も!【挿し木・肥料・土など】盆栽に向いている桜の種類③:御殿場桜
  4. 桜の盆栽の育て方講座!剪定方法や種類の紹介も!【挿し木・肥料・土など】種から盆栽を育てる方法は?
  5. 桜の盆栽の育て方講座!剪定方法や種類の紹介も!【挿し木・肥料・土など】どんな盆栽を購入したらいいの?
  6. 桜の盆栽の育て方講座!剪定方法や種類の紹介も!【挿し木・肥料・土など】盆栽の置き場所は?
  7. 桜の盆栽の育て方講座!剪定方法や種類の紹介も!【挿し木・肥料・土など】水やりの頻度は?
  8. 桜の盆栽の育て方講座!剪定方法や種類の紹介も!【挿し木・肥料・土など】肥料はどうする?
  9. 桜の盆栽の育て方講座!剪定方法や種類の紹介も!【挿し木・肥料・土など】剪定の頻度は?
  10. 桜の盆栽の育て方講座!剪定方法や種類の紹介も!【挿し木・肥料・土など】どんな土が良い?
  11. まとめ【桜の盆栽を育ててみよう】
引用: https://www.instagram.com/p/BftqIXgAzS3/
まず最初に、盆栽にするのに適している桜の種類を紹介していきます。桜の種類は沢山ありますが、盆栽にすることに適している種類があることをしていましたか?それぞれの種類の特徴も紹介していくので、是非参考にしてください。まず最初に紹介する盆栽に適している桜の種類は、旭山です。旭山は八重咲きでとても華やかな花を咲かせてくれることが特徴になります。さらに成長が遅く、枝の伸びもゆっくりなので、盆栽にした後も剪定がしやすいのです。華やかな旭山の桜を盆栽に仕立てて、ご家庭でも桜の花を楽しんでください。
引用: https://www.instagram.com/p/BhLNPuzBqRB/
引用: https://www.instagram.com/p/BgS8-lDhn1_/
次に紹介する盆栽に適している桜の種類は、ヒカンザクラです。ヒカンザクラは中国や台湾に広く分布している桜で、日本の本州でも3月に花を咲かせてくれます。鮮やかな緋紅色の花を咲かせるのが特徴です。花や葉が小ぶりで盆栽にも仕立てやすい上に、比較的剪定に強い桜の種類でもあります。桜の盆栽を家でも気軽に楽しみたい!という方におすすめです。
引用: https://www.instagram.com/p/BftAvV2FIz3/
引用: https://www.instagram.com/p/BSUd86vjTF1/
次に紹介する盆栽に適している桜の種類は、御殿場桜です。御殿場桜は可愛らしい淡いピンク色の花を咲かせてくれる差kらの種類になります。御殿場桜は繁殖がとても容易で、手入れがしやすいという特徴も持っています。さらに上の画像のように小さな木でも沢山の花を咲かせてくれることも御殿場桜の魅力です。桜の盆栽に興味を持っていただけましたか?挿し木ではなくても、種からも桜の盆栽を育てることができるので、次の段落では種から桜の盆栽を育てる方法を紹介します。
引用: https://www.instagram.com/p/BjBZZl5lPIL/
引用: https://www.instagram.com/p/Bh2_Y_bFoIq/
このように挿し木で売られていることが多い桜の盆栽ですが、種から育てる方法もあります。アマゾンなどでも種から咲く裏の盆栽を育てることができるキットも売っているので、興味がある方は是非チェックしてください。種から育てるので、花が咲くまでには4年ほどかかるということを覚えておきましょう。
聖新陶芸 染付小紋盆栽栽培セット 桜 GD-45202
価格 ¥ 1,080
種から桜の盆栽を育てる場合、種を自然環境と同じ経験をさせるために、1~3カ月の間冷蔵庫の中で冬眠させる必要があります。冷蔵庫から出したら鉢にラップをかけて室内の明るい場所に置いて、土の表面が乾かないよう時々霧吹きをかけて世話をします。その後も様々な世話を経て、盆栽として花を咲かせてくれるようになるのです。種から育てる場合はとても手間がかかってしまいますが、手間がかかるからこそ愛着も湧きやすくなります。
引用: https://www.instagram.com/p/BhDBOOEBvjr/
引用: https://www.instagram.com/p/BTBk6axjc4r/
種から盆栽を育てるのはやっぱり大変そう…という方には、最初から苗木になっている盆栽を購入することがおすすめです。桜の盆栽を購入する場合は、どんな盆栽を購入すると良いのでしょうか?桜の盆栽を購入する場合は、以下の点に注意してください。まず最初に注意することは、姿の良いものを購入する、ということです。さらに丈夫なものを選ぶために、きちんと根が張っているかどうかも確認しましょう。さらに、つぎ木のつぎ口のところも傷などが付いていないかチェックしてください。何年も愛でながら世話をしていく盆栽なので、是非よいものを選びましょう。次からは桜の盆栽の置く場所を説明していきます。
引用: https://www.instagram.com/p/BqkRf2yjyE6/
引用: https://www.instagram.com/p/BqrUU7gH002/
綺麗な花を咲かせてくれる桜の盆栽は、健康に育てるために置き場所にも注意する必要があります。ときには室内に入れて世話をする必要もあるので、特に盆栽が小さい内には十分置き場所にも気を付けてください。まず春と秋には春と秋の盆栽の置き場所について紹介します。春と秋には、桜の盆栽を日当たりの良い場所に置いて世話をするようにしましょう。夏には春に置いて置いた場所から、桜の盆栽を西日の当たらない場所へと移動させてください。秋になったら春と同じ場所に戻し、冬には霜に一度当ててから室内へと盆栽を移動させましょう。冬の間は盆栽の土が凍らない所に保管してください。さらに週に1度は室内から外に出して土がどの程度か湧いているか確認しましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BqL85KeFNXV/
引用: https://www.instagram.com/p/BpHunN1no29/
桜の盆栽は、こまめに水やりをする必要があります。特に夏の暑い時期には土が乾燥しやすくなっているので、土の乾き具合を見て、1日に2回水をあげることも必要です。 桜は根が細い植物なので、乾燥が原因で傷んでしまうと中々元のようには回復してくれません。鉢の表面が乾いてくるのを見たら、たっぷりと水をあげてください。ですが、水の与えすぎにも注意が必要です。水を与えすぎると、葉が茂り過ぎる、枝の伸びする、さらに桜の花付きが悪くなるということにも繋がります。冬で室内に入れているときにも盆栽に水をあげる必要がありますが、水の与えすぎには注意してください。
引用: https://www.instagram.com/p/BoVVUSngiQK/
引用: https://www.instagram.com/p/BkvAhGonpBX/
桜の盆栽にはどのように肥料をあげるのが良いのでしょうか?小さな鉢で育てる盆栽には肥料が不可欠です。しかし肥料を与えすぎると逆に栄養が多すぎて木が枯れてしまうことにも繋がるので、注意してください。特に病害虫で桜の木が弱っている場合や、植え替えをした後の1ヶ月ほど肥料の与えすぎに注意して、肥料を控えめにしてください。肥料を与える頻度は、置き肥の場合は1ヶ月に1回、液肥の場合は10日に1回が目安です。花が咲き終えてから7、8月の間は肥料を与えず、冬にも肥料は与えないようにしてください。
引用: https://www.instagram.com/p/BhJQQCAn5P9/
引用: https://www.instagram.com/p/Bi5zuu9FHoT/
桜の盆栽の美しい姿を整えるために必要になるのが、剪定です。桜の盆栽の剪定は、花が咲く前の2月です。2月に剪定を行わなかった場合は、花が咲き終わってから剪定をしてください。太い枝を剪定したら、桜の木が病気になってしまわないようにきちんと癒合剤(ゆごうざい)を塗布して、その後もしっかり様子を見ることが大切です。癒合剤はアマゾンなどでも購入することができるので、桜の盆栽を剪定する前に用意しておきましょう。
住友化学園芸 トップジンMペースト 100g
価格 ¥ 589
桜の盆栽を育てるときには、土の手入れも知っておきましょう。土の手入れに関しては詳しくYouTubeで紹介されているので、そちらも参考にしてください。桜の盆栽が元気に育って綺麗な花を咲かせてくれるように、土についても必要なことを知っておきましょう
引用: https://www.instagram.com/p/Bi1ykAogj8g/
引用: https://www.instagram.com/p/Bixpm__BlSH/
いかがでしたか?今回は桜の盆栽を育てるうえで必要になる知識について紹介してきました。今では苗木からではなく、種からも桜の盆栽を育てることができます。盆栽に向いている桜の種類も紹介しているので、自分が好きな桜を選んで、盆栽を楽しんでください。

盆栽についてもっと知りたい方はこちら