Bmi35zgp6hjlkjrvfjcp

アイシャドウ

CATEGORY | アイシャドウ

涙袋アイシャドウおすすめの色は?白以外にブラウンやピンクも!【アディクション等】

2019.03.27

皆さん、涙袋といえば白色のアイシャドウとばかり思っていませんか。実は、涙袋にはブラウンやピンクの色もおすすめです。今回はおすすめのアイシャドウを人気のアディクションなどのデパコスの商品やプチプラアイテムまで、ご紹介していきますね。

  1. 【涙袋におすすめのアイシャドウの色】涙袋の魅力♡
  2. 【涙袋におすすめのアイシャドウの色】①アディクション ザ・アイシャドウ
  3. 【涙袋におすすめのアイシャドウの色】②ルナソル メルティングカラーアイズ EX02 Nuance
  4. 【涙袋におすすめのアイシャドウの色】③スリー ウィスパーグロスフォーアイ 05
  5. 【涙袋におすすめのアイシャドウの色】④キャンメイク ジュエリーシャドウベール
  6. 【涙袋におすすめのアイシャドウの色】⑤マジョリカ マジョルカ シャドーカスタマイズ
  7. 【涙袋におすすめのアイシャドウの色】⑥キス エッセンスクリームアイズ
  8. 【涙袋におすすめのアイシャドウの色】⑦ちふれ グラデーション アイ カラー
  9. 【涙袋におすすめのアイシャドウの色】⑧セザンヌ ツーカラー アイシャドウ ラメシリーズ
  10. まとめ

別名「ホルモンタンク」とも呼ばれる涙袋

どんなシーンでも重要になってくる第一印象。目元は、人の印象を決める、とても大切なパーツです。特に、大きく潤んだ瞳の女性は、女の子らしくとても可愛いですよね。涙袋は、別名「ホルモンタンク」と呼ばれるぐらいに、女性を可愛らしく、印象的な顔に見せるのに重要なパーツです。
Ypsnepnhiqfrvolblg7t
引用: https://www.instagram.com/p/BveZYgGntZ1/

涙袋はメイクで作れる!

涙袋があるのとないのとでは、他人に与える印象も変わってきます。愛嬌のある笑顔の素敵で明るい女性を演出するのに、涙袋は重要な役割を果たしてくれます。
「そんな事を言われても、涙袋なんでないよ、、。」という方も安心してください。涙袋はメイクで作れちゃうんです。今回は、涙袋に使うおすすめのアイシャドウをデパコスやプチプラのアイテムまで、ご紹介してきますね。涙袋用のアイシャドウの定番は白色ですが、実は白色以外にも、ピンクやブラウンもおすすめなんですよ。
こちらは、大人気のデパコスブランド「アディクション」から発売されている、その名も「ザ・アイシャドウ」です。なんとこちらのアイシャドウは、全99色の展開がされており、とにかくカラーバリエーションが豊富なのがポイントです。メイク好きには堪らないですよね!
そんな今注目されているデパコスブランド「アディクション」のアイシャドウの中から、特におすすめのアイシャドウを3色を厳選してご紹介しますね!

①♯31 TinyShell(タイニーシェル)

数あるアディクションのアイシャドウの中から、まずは「31番のTinyShell(タイニーシェル)」です。こちらは、肌への馴染みがとても良く、パールがやや他のアイシャドウに比べて少し控えめなので、オフィスメイクにも使うことができます。ブラウン系のメイクをよくされる方に、おすすめのアイシャドウです。

②♯85 ShanghaiBreakfast(シャンハイブレックファースト)

F67vpeib0y2dhqwsigms
引用: https://www.instagram.com/p/BuGdEf9nEOE/
こちらのカラーは、アディクションの公式ホームページでは「ゴールドとレッドがつやめくモーブ」と紹介されている、アディクションマニアの間では大人気のカラーです。
ぱっと見では、一見濃いめのピンク色に見えますが、どちらかと言えばブラウンよりでもあるので、ピンク系で甘くなり過ぎるのに抵抗がある方にもおすすめのカラーです。ほんの少し涙袋にのせるだけで、色っぽいメイクが完成しますよ。また、涙袋だけでなく、アイホールにもおすすめです。

③♯21 LoveAffair(ラブアフェア)

こちらは、ピンク系の中でも高い人気を誇る「LoveAffair(ラブアフェア)」です。ベースのカラーとしては、ローズピンクで輝くパールが大人の女性にぴったりのカラーです。
デパコスとして人気の高いアディクションですが、こちらの「ザ・アイシャドウ」はお値段も2000円ほどと他の高級ブランドと比べても高くないのが、嬉しいポイントです。
引用: https://kao-h.assetsadobe3.com/is/image/content/dam/sites/kanebo/www-kanebo-cosmetics-jp/lunasol/details/pointmake/p0102020/p0102020.jpg?wid=640
こちらは、デパコスで有名なブランドの「ルナソル」から、今年発売された新商品の「メルティングカラーアイズ」です。全5種のカラー展開がされており、ブラウン系・ピンク系・オリーブ系のカラーなどから選ぶことができます。
こちらの「EX02 Nuance」は、ナチュラルな目元を演出する際におすすめのカラーです。クリームアイシャドウのようなツヤ感を出せるこちらアイテムは、涙袋にのせた際に、自然体な潤んだ瞳を作り出すことができます。
お値段は3000円です。
こちらもデパコスで有名なブランドの「THREE(スリー)」から発売されている「ウィスパーグロスフォーアイ 05」です。ほんのりとピンクがかったブラウンカラーが特徴で、ツヤ感を作り出せるのが特徴です。
今年の秋冬はツヤ感のあるメイクがトレンド入りしていますので、要チェックなアイテムです。お値段は、3300円ほどです。
引用: http://www.canmake.com/images/item_eye074.jpg
こちらは、プチプラコスメの定番でもある「キャンメイク」から発売されている「ジュエリーシャドウベール」です。肌への馴染みのいいゴールドをはじめ、涙袋にはやっぱり白いアイシャドウがいいという方におすすめのシルバーカラー、女性らしさを演出してくれるピンク系の全3色展開されています。
こちらのアイシャドウの特徴は、異なる大きさのラメがセットになっているということです。皆さんのお好みや、その時の気分によってラメの大きさを変えることが出来るのは、魅力的ですよね。また、お値段も600円と、さすがは、プチプラの代表とも言えるキャンメイクです。
引用: https://www.shiseido.co.jp/mj/assets/img/items_main/eyeshadow_002_04.jpg
こちらは「マジョリカ マジョルカ」から発売されている「シャドーカスタマイズ」です。全12種のカラー展開がされており、涙袋の定番カラーでもある白色も3種類展開されています。「OR481マリー」のカラーは、特におすすめです。こちらは、白色ではありませんが、オレンジ色をしており、涙袋を作る際に使用すると、ふっくらと膨らんで見えます。
自然体ながら、ふっくらとした涙袋を作りたい方は、ぜひ試してみてください!お値段は、500円と嬉しいプチプライスです。お気に入りが見るかると、いくつか揃えてみてもいいですね。
引用: https://www.kiss-cosmetics.com/products/eyes/EssenceCreamEyes/img/main.jpg
こちらは「kiss(キス)」から発売されている「エッセンスクリームアイズ」です。こちらのアイテムは、繊細な輝きに濡れたようなツヤ感が特徴です。特にハイライト効果のある「05 Blanc Moon」は涙袋を作るのにおすすめです。お値段も1200円とデパコスに比べてもプチプライスなので、試す価値がありますよ!
引用: https://img.hadalove.jp/wp-content/uploads/2018/01/0794381f164f403b6e1f82172c7fc390-506x380.jpg
こちらは、プチプラながら高品質のものが多く揃っている「ちふれ」から発売されている「グラデーション アイ カラー」です。ちふれは今年で50周年を迎えており、長年に渡って多くの方に愛されていることが分かりますよね。
こちらは、ややオレンジがかったブラウンですので、ふっくらとした涙袋を作るのに最適ですよ。580円と嬉しいお値段も魅力的ですね。
引用: http://www.cezanne.co.jp/lineup/eyeshadow/img/eshadow-item_006.jpg
こちらはプチプラ でお馴染みのセザンヌから発売されている「ツーカラー アイシャドウ ラメシリーズ」です。全6種のカラー展開がされており、好みにあったカラーを選ぶことができます。また、上品なラメが特徴で、涙袋に使用すると、大人の品のある女性ながら、可愛い印象を与えることができます。お値段は400円です。

涙袋についてもっと知りたい方へ

いかがでしたか。今回は、涙袋を作るのにおすすめのアイシャドウをデパコスから、プチプラブランドまで、 一挙おすすめをご紹介していきました。涙袋は白色のアイシャドウもおすすめですが、ご紹介したように、実は白色以外も、案外いけちゃうんです。
涙袋を作ることで、老若男女みんなから愛される目元を作り出すことができますよ!ぜひ、明日からのメイクで、涙袋を作ってみてくださいね!最後まで読んでくださって、ありがとうございました。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BoG7Xq9gQjl/?tagged=%E3%82%B6%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%89%E3%82%A6