Bcdoh1hqev4nh7ttj6j9

オイル

CATEGORY | オイル

クレンジングリキッドを比較!2018おすすめはコレ!オイルとの違いや使い方は?

2018.10.08

サラサラしたテクスチャーでしっかりメイクが落とせるクレンジングリキッド。オイル・ジェルとの違いや使い方、2018年おすすめのクレンジングリキッドを比較してご紹介します。オルビスやちふれ、マツエクにもおすすめのリキッドを比較して自分に合ったクレンジングを。

  1. クレンジングリキッドの特徴は?オイル・ジェルとの違い
  2. クレンジングリキッドの正しい使い方
  3. クレンジングリキッドを比較!2018おすすめは?ちふれなどプチプラも!
  4. クレンジングリキッドを比較!2018おすすめ①オルビス クレンジングリキッド
  5. クレンジングリキッドを比較!2018おすすめ②ちふれ 化粧落としリキッド
  6. クレンジングリキッドを比較!2018おすすめ③ロゼット ライスリリース クレンジングリキッド
  7. クレンジングリキッドを比較!2018おすすめ④ドゥーオーガニック クレンジングリキッド
  8. クレンジングリキッドを比較!2018おすすめ⑤シュシュモア クレンジングリキッド
  9. クレンジングリキッドを比較!2018おすすめ⑥ビオレ うるおいクレンジングリキッド
  10. クレンジングリキッドを比較!2018おすすめ⑦KOSE ソフティモ マイルドクレンジングリキッド
  11. 自分に合ったクレンジングリキッドを見つけよう
サラサラとした水のようなテクスチャーが特徴の「クレンジングリキッド」。オイルフリー、または油分の配合量が少なめのクレンジングリキッドは「マツエク」にも使えるクレンジングとして利用する人も増えています。クレンジングリキッドはオイルよりもサラサラした質感で、濃いめのメイクもしっかり落とせて洗い上がりもべたつきやヌルつきが少ないのが魅力。さっぱりした使用感がお好みの方におすすめのクレンジングです。

クレンジングオイルとの違い

クレンジングの種類の中でも特にクレンジング力が高いのがオイルタイプとリキッドタイプです。オイルタイプとリキッドタイプではどのような違いがあるのかというと、まずベースとなる基剤が「オイル」か「水分」かの違いがあります。リキッドタイプは油分の配合量が少なく、油分の代わりに界面活性剤の割合を多くすることで強力なクレンジング力を発揮しているんです。
またオイルタイプとリキッドタイプではテクスチャーの違いもあります。オイルタイプは肌の表面でとろけるように伸び、リキッドタイプはみずみずしいサラサラのテクスチャーです。リキッドタイプは化粧水のような感覚でメイクを落とすことができますが、サラサラしている分メイクを落とそうと手に力が入ってしまう傾向にあります。その摩擦により色素沈着やくすみなど肌トラブルの原因になることもあるのでリキッドタイプを使用の際は肌を擦らないように優しくクレンジングすることが大切です。

クレンジグジェルとの違い

クレンジングリキッドとクレンジングジェルはどちらも水性のメイク落としで成分的にも似ています。ジェルタイプのクレンジングはリキッドをゼリー状に固めたもので、液状なのかジェル状なのかという違いがあります。またクレンジグ力の違いもあり、リキッドは強いクレンジング力でメイクや汚れを一気に溶かし、ジェルは弱いクレンジング力でじわじわ溶かすといった違いがあります。ハードメイクを落とすのにはジェルは向いていません。

使い方のポイント①摩擦に注意

クレンジグリキッドの使い方ですが、注意しなければいけないのはクレンジング時の力加減です。オイルとの違いでも触れましたが、リキッドタイプはサラサラしたテクスチャーのためメイクを落とそうと手に力を入れがちになってしまいます。使い方のポイントとしては、摩擦を起こさないように優しく行うことが大切です。小さな円を描くようなイメージでクレンジングリキッドをメイクになじませ、メイクがなじんだらすぐに洗い流しましょう。

使い方のポイント②短時間で行う

界面活性剤が多いクレンジングリキッドはなるべく短時間でクレンジングすることも大切なポイントです。界面活性剤は肌に触れている時間が長いほど皮脂を奪ってしまうので、メイクをなじませたら手早く洗い流すことが重要です。洗い残しがあると皮脂の詰まりや毛穴汚れの原因になってしまうので、クレンジング剤や汚れが残らないよう丁寧に洗い流してください。
ここからは2018年おすすめのクレンジングリキッドを成分や特徴、値段など比較してご紹介していきます。定番のオルビスやプチプラのちふれなど、口コミでも人気のクレンジングリキッドを集めましたのでぜひクレンジング選びの参考にしてください。
クレンジングリキッドの定番としてSNSや口コミで人気の「オルビス」クレンジングリキッド。オイルカットで洗い上がりはスッキリなのに保湿成分30%以上でクレンジグ後のうるおい感は抜群。「メイク落ち」と「快適な洗い上がり」を叶えるアクアクレンジング成分を採用し、美容液のようにとろみのあるテクスチャーで肌への負担も少なくメイク落としができます。マツエクにも使用OKで、濡れた手でも使えるのが嬉しいポイントです。値段も1,334円とプチプラでコスパも良しです。
プチプラで人気の「ちふれ」。ちふれのクレンジングリキッドはダブル洗顔不要で、さっぱりとした使い心地で洗い流し後もつっぱり感がありません。手や顔が濡れた状態でも使え、お風呂でのクレンジングもOK。オルビスと比べると保湿力では劣りますが、さっぱりした使用感がお好みの方にちふれのクレンジングリキッドはおすすめです。値段は200mLで700円とプチプラなので、リキッドタイプのお試しとしても使いやすいです。
うるおい成分としてライス由来成分を配合の「ロゼット」ライスリリースクレンジングリキッド。日本の伝統的食材である「ライス(お米)」の美容効果を取り入れたのが特徴的で、ライス由来成分がメイクや角栓をすっきりと落しながら肌のうるおいをキープしてくれます。とろみのあるリキッドが肌への摩擦を軽減し、毛穴の奥のメイクを素早く浮かせてみずみずしくなめらかに洗い上げます。マツエクにも使え、値段も嬉しいプチプラです。
ライスリリースクレンジングリキッド
価格 ¥ 775
原産国:日本 内容量:200ml 全成分:DPG、水、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、グリセリン、コメヌカエキス(RICEO-EXTM、ライストリエノールTM)、コメ発酵液、加水分解コメエキス、BG、セテス-40、クエン酸Na、クエン酸、フェノキシエタノール スキンタイプ:ノーマル
国産オーガニックスキンケアブランド「ドゥーオーガニック」のクレンジングリキッド。植物由来の洗浄成分で、敏感肌の方やオーガニックにこだわりたい方におすすめのクレンジングリキッドです。落ちにくいメイクや毛穴汚れまでしっかりとオフし、スピーディに洗い上げうるおいと透明感のある肌へ導きます。ダブル洗顔不要で、マツエクにも使用可能です。値段は2,800円で、オーガニックのクレンジングリキッドを使ってみたい方におすすめ。
オイル級のメイク落ちを叶える「シュシュモア」クレンジングリキッド。 オーガニック成分を配合した贅沢美容液クレンジングリキッドで、素早く肌に伸びるテクスチャーでメイクなじみが抜群です。肌への負担を軽減しながら優しくクレンジングでき、ダブル洗顔不要で角質ケアもこれ1本でOK。マツエクにも使用できるタイプです。値段もプチプラでコスパ優秀です。
シュシュモアクレンジングリキッド 390g
価格 ¥ 1,620
商品サイズ (幅×奥行×高さ) :58mm×58mm×215mm 原産国:日本 内容量:390ml
ドラッグストアやスーパーなどで手軽に買える「ビオレ」クレンジングリキッド。「スピーディクリア処方」でウォータープルーフマスカラにも素早くなじみ、美容液成分40%配合で洗い上がりの肌はしっとり。リキッドなのにオイルのようなクレンジング力の高さで、ハードメイクのクレンジングにおすすめです。成分にオイルが含まれているのでマツエクへの使用は向きません。値段がプチプラで、脂性肌の人やニキビ肌の人におすすめ。
ビオレ うるおいクレンジングリキッド 230ml
価格 ¥ 1,350
商品サイズ (幅X奥行X高さ) : 7×4.6×18.4 パッケージのデザイン変更に伴い、掲載画像とは異なったデザインの商品が届く場合がございます。あらかじめご了承ください。
こちらも市販で手軽に入手できる「KOSE」ソフティモのクレンジングリキッド。美容液40%配合のとろりとしたリキッドがメイクを優しくするんと落とします。肌に優しく、洗い上がりもツッパリ感無くしっとりした素肌に導きます。オイルが配合されているのでマツエクへの使用はおすすめできません。肌のうるおいをしっかりキープしてくれるので乾燥肌の方に向いています。値段もプチプラでコスパも良いクレンジングリキッドです。
KOSE コーセー ソフティモ クレンジングリキッド (ハニーマイルド) 230ml
価格 ¥ 521
商品サイズ (幅×奥行×高さ) :72mm×43mm×185mm 原産国:日本 内容量:230mL

クレンジングが気になる方はこちら!

クレンジングリキッドの特徴や使い方、そしてオルビスやちふれなど2018年おすすめのクレンジングリキッドをご紹介しました。クレンジングリキッドはマツエクに使用できるタイプも多く、マツエク中でも使えるクレンジングを探している方にもおすすめです。テクスチャーや洗い上がりはリキッドタイプでも商品によって異なるので、比較して自分に合ったクレンジングリキッドを見つけてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BiZja2KBODH/?hl=ja&tagged=%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%89