Tb09sjo5jqsqqnunqhgn

やり方

CATEGORY | やり方

1日断食から得られる効果、注意するべき点|正しいやり方を知って痩せる!

2018.09.27

ファスティングで結果を出したいなら正しいやり方を知ることが注意したいポイント。まずは1日断食が効果を出しやすく初心者にもおすすめ。今回は、1日断食の正しいやり方の水分や痩せに関する注意ポイントや得られる効果などご紹介してみたいと思います。

  1. 1日断食の正しいやり方とは?
  2. 正しいやり方の1日断食で得られる効果
  3. 1日断食で痩せる効果を出すために注意すべきポイント
  4. 1日断食で痩せる効果を出すために注意すべきポイント①前日の夕食は早めに
  5. 1日断食で痩せる効果を出すために注意すべきポイント②こまめな水分補給
  6. 1日断食で痩せる効果を出すために注意すべきポイント③軽い運動
  7. 1日断食で痩せる効果を出すために注意すべきポイント④身体を温める
  8. 1日断食で痩せる効果を出すために注意すべきポイント⑤マッサージ
  9. 1日断食で痩せる効果を出すために注意すべきポイント⑥辛いときはアロマ
  10. 1日断食で痩せる効果を出すために注意すべきポイント⑦復食はヘルシーに
  11. 1日断食はハードルが高い人には夕食抜き断食もおすすめ
  12. まとめ
引用: https://4.bp.blogspot.com/-x1wpk9HRedI/UICmyfbj1KI/AAAAAAAAGbA/ARFlXgvHqE4/s400/medicine_cup_water.png
「断食」は、基本的に水や白湯などの水分以外は摂取しないことです。期間中、固形物は一切摂りいれません。自宅で週末などを利用して行うプチファスティング「1日断食」が注目を集めています。簡単に出来る1日断食ですが、正しいやり方で行う注意が必要です。

1日断食の正しいやり方

正しいやり方で行う1日断食は、水や白湯だけをとります。目安としては、1日に1.5〜2リットルくらいです。タイミングとしては、1日中自宅でゆっくり出来る週末などの休日に行うのがベスト。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-R6XFB59rFy0/UUhH63l9q-I/AAAAAAAAO5c/xa-LPMTzgpE/s400/bousai_water.png

関連記事

1日断食を正しいやり方で行うと得られる効果が気になりますよね。痩せると言われていますが、実際はどうなのでしょう…効果は出るのでしょうか。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-LY4Kfg2tu4E/U32NpRT8uzI/AAAAAAAAgzc/hivb3uzEaWc/s400/onaka_heru_woman.png

正しいやり方の1日断食で得られる効果①痩せる

断食することで食事の摂取量が減少するため、摂取カロリーも減少し自然と痩せる効果が期待出来ます。但し個人差がありますので、必ず○キロ痩せるとは断言はできません。平均すると1キロ程度の減少結果があります。
何度か継続することで、さらに痩せる効果が期待出来る可能性は高いでしょう。また有害物質や老廃物が排出されるため、代謝が良くなり脂肪が燃焼しやすい痩せる体質への変化も期待出来ます。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-M4s-kw3pnK4/VVGU_vRA5ZI/AAAAAAAAtgc/gurhjQK24X0/s400/diet_after_woman.png

正しいやり方の1日断食で得られる効果②デトックス

毎日の食事を通して、体に良い物質だけでなく悪い物質(有害物質)も体内に摂取されます。本来なら排出されるべき物質が体内に残って老廃物になり、肌荒れやむくみを引き起す原因にも。これも3食欠かさず摂取することで、排出の機能が滞ってしまうからです。
1日断食を行うことで、食事の摂取量が減り排出の機能改善にも繋がるため、有害物質や老廃物を体内から除去するのにも効果的。身体のデトックスを結果として得られると言えます。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-ShrgeGxj7_Q/WUJG12HnrTI/AAAAAAABE0U/g_u1DmVC4aEM5QedFGSfqomO0jYnikQogCLcBGAs/s400/mukumi_woman.png

正しいやり方の1日断食で得られる効果③便秘改善

1日断食すると胃腸が休息出来て胃腸の働きも活発にする効果も期待出来ます。これが結果的に、便秘改善にもつながります。便秘気味で太りやすいと感じている人にも1日断食はおすすめなんです。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-eOe6V5Cxw_o/U6llWvmPl7I/AAAAAAAAhvg/hJYmziPm3C8/s400/benpi_geri_woman.png

正しいやり方の1日断食で得られる効果④内臓機能の活性化

現代の人は食べ過ぎで栄養過剰になっているとも言われています。1日3食しっかり食べ続けることで、内臓が疲れてしまって機能低下の可能性も考えられます。1日断食により、内臓を休ませることで機能が活性化すると免疫力の向上にも効果的。結果として芯から強い身体づくりにも繋がっていきます。
引用: https://2.bp.blogspot.com/-rZ2hCEZqfek/Wb8f-3Mup0I/AAAAAAABGtk/xmyJTo5W9CMwYyzUIijuA2-dhb-ZGCn3gCLcBGAs/s400/body_icon04_i.png
身体本来の機能を回復させることに繋がるので、ダイエット目的だとしても結果的に健康面にも良い効果をもたらします。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-sx9AaY-icb4/U82wueBemiI/AAAAAAAAjCo/DXhbaY2nMHE/s400/body_i_good.png

関連記事

1日断食を正しく行うことで、痩せる効果やデトックス、便秘改善などの結果につながる可能性が期待出来る。ということは、美肌や美髪にもなり健康的に綺麗に痩せることが出来るとも言えるでしょう。そのためには、ただ1日水だけで食べなければ良いわけではありません。
正しいやり方で結果を出すためには注意したいポイントがあります。具体的にどんなことに注意すればよいのか見ていきましょう。
1日断食を行うことを決めたら、決行するのは週末など休日の朝から開始します。その前日の夕食に注意が必要!なるべく早めの時間に済ませて胃腸を休ませるようにしたいところ。脂肪分の少ない軽めの和食がおすすめです。またアルコールや刺激物、喫煙も避けることが大切。
断食中に体に摂取して良いのは「水」「白湯」だけにするのがベスト。こまめに水分補給することも大切。水分と言っても基本的に水以外は禁止です。1.5~2、5リットル程度を目安に1日の間に摂取します。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-OLN2lBQewaE/WASJESdGJNI/AAAAAAAA-8s/5hicZPC9Cu0UEGqo3zcQsRPDc6UEuZpKQCLcB/s800/amount_water_glass3.png
普段、何気なく食べている食事には、汁物以外でも1リットル近い水分が含まれてます。断食中はその分も含めて、1日1.5~2.5リットルの水分を摂るのがおすすめです。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-AzrKKukOKDM/VvKY5MhHxxI/AAAAAAAA5EE/cUU6R2kLEW85KieSUFUevj4hq5mmfuaPw/s400/drink_sayu.png
断食の最中は、食事誘発性熱産生と呼ばれる消化吸収で得られる熱エネルギーが体内で作られません。そのため、冷えを感じる人も見られます。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-S_-sHpovi70/V5jHjmJig9I/AAAAAAAA80o/GsJYbKMFi40h1qIaMXeB3A_YiPpj0ZluwCLcB/s450/walking5_woman.png
断食中は、散歩やストレッチ体操程度の軽い運動を行うことも結果につながります。身体を動かすことで内臓機能の動きも活発になってくれる効果も。但し、あくまでも軽い運動でジョギングなど激しい運動は避けるべきです。
引用: https://2.bp.blogspot.com/-ndD2rVzn3qw/Vq89CkbdoXI/AAAAAAAA3k8/3LtmUO2l9QY/s400/junbiundou_kata.png
身体を温めることも内臓活性化には大切です。冷え性の人が便秘になりがちということにも結び付きます。断食中は、出来るだけ身体を冷やさないようにしたいところ。入浴は欠かせません。シャワーではなく湯船につかって芯から温めましょう。のぼせたり湯冷めには注意。
引用: https://1.bp.blogspot.com/-tQaEa6GtRFg/VUIJ6lJH4tI/AAAAAAAAtbo/01j6kuglYdc/s400/ofuro_atatamaru.png
運動が苦手な人は、軽くマッサージをすることもおすすめです。リンパの流れを良くすれば内臓機能の活性化にも役立ちます。断食中だけでなく入浴後などに継続していけば美容効果も◎
引用: https://1.bp.blogspot.com/-_lXjb0y27zU/WerKdfYqzCI/AAAAAAABHoU/3dCpsg3wxlg_FTvzinLTJqXnYeGxj9FxwCLcBGAs/s400/biyou_bigan_roller_woman.png
個人差もありますが、断食の時間経過につれて空腹を感じて吐き気などの症状が出る場合も。徐々におさまるのがほとんどですが、気になる場合にはグレープフルーツやバニラの香りアロマがおすすめ。心を落ち着かせてくれるはずです。
引用: https://3.bp.blogspot.com/--dLcnqvkzSY/Vw5VkVwBeHI/AAAAAAAA5vk/iZC6VOFIeYgJfgUJqAcJTKZn55_hC4fkACLcB/s450/aroma_diffuser.png
断食後の翌朝に食べる食事を「復食」とも呼びます。◎1日水分のみしか摂取していませんので、急に固形物を身体に入れるのは危険です。おかゆや具のないみそ汁、ヨーグルトなど水分が多いヘルシーなものがおすすめ。固形物は避けましょう。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-u3ylH31N8BM/Wat2iHASemI/AAAAAAABGY8/e6haZZT1HXouOh00R8QgZKppUxyyUAleACLcBGAs/s400/food_rice_okayu.png
その後は徐々に慣らしていく感じで、水分の多いヘルシーなものから固形物を増やしていく流れで通常の食事に戻していくことが大切です。出来れば断食後2日目の夜が通常の食事量の半分になるのが良いペースと言えます。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-B3wtDqb3FNA/Wfg078RwH4I/AAAAAAABH1w/nqPvAOcNH-sSovBI7LwcV86JSMIyHXEugCLcBGAs/s400/gaman_okashi.png
1日断食するのは難しいという人もいるのではないでしょうか。そんな人には、気軽にチャレンジしやすい「夕食抜き断食」もおすすめです。食事の流れは次の通り。

夕食抜き断食の流れ

昼食…普段より軽めにする。夕食…固形物は避けて水分のみにする。(早めの時間に済ませる)朝食…おもゆ、おかゆ少量など固形物は避ける。昼食…固形物は控えめに消化の良いものにする。量は軽め。翌夕食…通常通り又は控えめにする。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-myd6TLxv3GU/Wat2iDgLrHI/AAAAAAABGZA/4eNWiAtYuLUgo5pC17-lSRImZ5sw0NBjwCLcBGAs/s400/food_rice_okayu_omoyu.png
引用: https://1.bp.blogspot.com/-siq91_HZG2I/UO-b4-3n80I/AAAAAAAAKsE/J8RvmO3Bqpw/s400/diet_before_after.png
いかがでしたでしょうか?断食というとハードでムリという印象をお持ちの人もいるかもしれませんよね。でも、最近はファスティングという親しみやすい言葉で呼ばれるようになり、半日や1日断食を行うプチファスティングが人気です。
やり方は、いたってシンプル。施設などで本格的に行うことも出来ますが、自宅でも簡単に実行が可能です。まずは、ゆっくり自宅で過ごせる1日を選んで計画を立てましょう。計画実行の前日夜から内臓を休息させて、当日朝から丸1日水のみ。断食翌朝からも少しづつ食事を調整して元に戻すことが結果を出す成功ポイント。
断食中はこまめな水分補給と身体を温めることを意識。1回で効果がハッキリ出ない人もいますが、月1回を目安に継続していくうちに太りにくい痩せる身体を作り、美容効果も期待出来ます。1日もハードルが高いと感じる人は、半日からなど試してみませんか♪
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/CRI_IMG_6009_TP_V.jpg