Omqv95ymkaa8wjl0waib

カルチャー

CATEGORY | カルチャー

季語・12月編!俳句・ビジネス文書で使える時候の挨拶と結び!【上・中・下旬】

2018.09.16

俳句で欠かせないのが季語。俳句と関係ないビジネスシーンでも、この伝統が役に立ちます。慌しくなる12月、ビジネスでも時候の挨拶文を書く機会が増えます。時候に出てくる季語は、12月も上旬・中旬・下旬と使い分けをします。今回は、時候の挨拶で役立つ季語・結びのご案内です。

  1. 俳句の季語ってどんなもの?
  2. 俳句で使う12月の季語、ビジネス文書にも利用できる①「12月の季語」
  3. 俳句で使う12月の季語、ビジネス文書にも利用できる②「12月上旬の時候の挨拶」
  4. 俳句で使う12月の季語、ビジネス文書にも利用できる③「12月の中旬の時候の挨拶」
  5. 俳句で使う12月の季語、ビジネス文書にも利用できる④「12月の下旬の時候の挨拶」
  6. 俳句で使う12月の季語、ビジネス文書にも利用できる⑤「12月全般に使える時候の挨拶」
  7. 俳句で使う12月の季語、ビジネス文書にも利用できる⑥「お歳暮と一緒に出す送り状」
  8. 俳句で使う12月の季語、ビジネス文書にも利用できる⑦「年賀状の書き方やマナー」
  9. 俳句で使う12月の季語、ビジネス文書にも利用できる⑧「時候の挨拶12月の書き出し」
  10. 俳句で使う12月の季語、ビジネス文書にも利用できる⑨「時候の挨拶12月の結び」
  11. 日本の伝統が現在のビジネスシーンでも使えます
俳句を作っていく上で、約束事としてあるのが「季語を入れる」ということです。 俳句というのは、17音の定型中に季語が入ることで成立しています。 季語とは、「春・夏・秋・冬・新年」の5つの季節を表すことのできる言葉です。 12月は、1年の終わりの月。何かと忙しい季節ですよね。 クリスマスや大掃除、年賀状作成や大晦日の準備など、12月を表す季語もたくさんあります。 更には、12月の時候の挨拶に相応しい言葉も。 今回は、俳句の季語に関してまとめてみました。
季語は以下の九項目に分類されます。 時候:季節の気候。例えば、春の季語である『春分』など。 天文:天候、気象に関すること。例えば、秋の季語である『秋雨』など。 地理:山・川・海・陸地に関すること。例えば、夏の季語である『青田』など。 人事:生活に関すること。例えば、冬の季語である『こたつ』など。 行事:年中行事。例えば、春の季語である『卒業式』など。 忌日:有名な人の忌日。例えば、松尾芭蕉の忌日である芭蕉忌は10月12日で秋の季語となります。 動物:季節によって姿を現す動物、昆虫など。例えば、秋の季語である『鈴虫』など。 植物:季節によって姿を現す植物全般。例えば、冬の季語である『葉牡丹』など。 食物:季節によって旬となる食べ物全般。例えば、夏の季語である『スイカ』『かき氷』など。

関連記事

【ビジネス文書でもよく使う挨拶文、時候や結びの言葉に俳句の季語が利用できます。12月の季語も、上旬・中旬・下旬で変化します。】12月において、時候の挨拶をする時のポイントを、チェックしましょう。12月を表す季節の言葉には、 「初冬・初雪・季冬・孟冬・師走・寒気・大雪・歳晩・歳末・年末・忙月・新雪・寒冷・極月・霜夜」などの言葉が挙げられます。1ヶ月は、上旬・中旬・下旬の3つに分けられるのですが、上記の季語は1ヶ月を通して使用できます。
季節の言葉のあとには「~の候、~のみぎり、~の折」を付ける。 例:師走の候、寒冷のみぎり、大雪の折など

【ビジネス文書でもよく使う挨拶文、時候や結びの言葉に俳句の季語が利用できます。12月の季語も、上旬・中旬・下旬で変化します。】12月上旬における、時候の挨拶に使用する季語としては、「初冬・初雪・季冬・孟冬・師走」などが挙げられます。初雪や孟冬などは、11月でも使われている季語ですね。季語には時期がかぶっている言葉もあるようですね。文章にする際、「師走の候~、師走を迎え~、寒気いよいよ厳しき折~」などのような書き方をします。
いよいよ師走、何かと忙しい12月が始まりましたね。 12月は一年の締めくくりとして家庭でも会社でも何かと手紙を出す機会も増えます。 そして、12月上旬(1日~10日)のやるべきことリストの上位に来るのが、お歳暮の手配ですよね。 お歳暮を贈る時の添え状や、お歳暮をいただいた時のお礼状に使える時候の挨拶を確認していきましょう。

【ビジネス文書でもよく使う挨拶文、時候や結びの言葉に俳句の季語が利用できます。12月の季語も、上旬・中旬・下旬で変化します。】12月中旬における、時候の挨拶に使用する季語としては、「寒気・大雪」などが挙げられます。文章にする際、「大雪の折~、はや一年の締めくくりの月を迎え~、初霜の知らせを耳にする今日この頃~」などのような書き方をします。
1 / 3