Zrqahtlg3r8u1amsujvk

TV

CATEGORY | TV

DVDレコーダーおすすめランキング【2018】人気で安い選び方!一人暮らし向け

2018.07.17

2018年BD・DVDレコーダーの安い低コスパランキングを比較してご紹介します。一人暮らし向けなど使用用途での選び方やメーカーからの選び方などもざっくりまとめているので初心者にもおすすめです。2018年でおすすめのBD・DVDレコーダーランキングも!

  1. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング!選び方~人気メーカー比較やランキングまで!
  2. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング【選び方①:まず自分が何がしたいのかを明確に】
  3. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング【選び方②:メーカーで比較する】
  4. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング【人気メーカー比較①:パナソニックの特徴】
  5. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング【人気メーカー比較②:ソニーの特徴】
  6. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング【人気メーカー比較③:シャープの特徴】
  7. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング【コスパの良さランキング第1位:DMR-BRW1020】
  8. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング【コスパの良さランキング第2位:BDZ-ZW1500】
  9. 2018年のおすすめBD・DVDレコーダーランキング【コスパの良さランキング第3位:BD-NW1200】
  10. まとめ
Aidiwkjfae6iksyrooso
バラエティやテレビドラマのファンやTVユーザーとして最大の魅力があるガジェットと言えばBD・DVDレコーダーではないでしょうか。レコーダーというのは録画できる機能を持ったAV機器ですね。仕事中やどこか旅先でTVが見れない時に録画できるレコーダーはTVファンにとっては心強い味方ですよね。
Kqdzeqvzfbmbzpdgye9c
バラエティ番組を録画、ドラマを録画、音楽番組を録画したい人は多くいると思います。近年では録画機能は充実していて、映像が美麗で、wifiやLANケーブルを使ってネット接続をしスマホなどで遠隔録画したりすることもでき、機能が充実しています。しかし、ガジェットというのは便利な分素人には専門用語が多すぎて、機械音痴だとなおさらちんぷんかんぷんで選び方も難しいのがデメリットですよね。
Tt8ywjqsqfl3iamnnf3s
そこで今回はBD・DVDレコーダーを選ぶのが苦手な人にざっくりと選び方を教えます。よくあるのが一人暮らしをしているにも関わらず変な機能をつけすぎてオーバースペックを選んでしまうといったことがあるようですね。BD・DVDレコーダーで実売りデータを集計している「BCNランキング」から比較的安すくてコスパがよく初心者入門に良さそうなレコーダー製品を個人的な主観でランキング形式で紹介していきます。ちょっとした選び方とメーカー別の比較をしていきます。メーカーには様々な特徴があるのでそれを知った上で選ぶというのも選択肢の一つになるでしょう。

関連記事

Vvm4y2bruk1h70gqukz1
まず自分がBD・DVDレコーダーで何がしたいのか明確にしましょう。例えばBDとDVDを再生したいだけであればレコーダーではなく再生機を買えば良いですよね。一人暮らしなら同時録画機能のチューナー数は少ない数でいいですよね、といった具合に絞っていきます。

内蔵ハードディスクの容量での選び方【バイト数】

G5gy6fiem9bv09sfntgg
容量での選び方では「自分はどのくらいTV番組を録画したいのか」とかで考えると良いでしょう。多めなら保存容量が多いものを選べばいいですよね。最近では500GB~7TBレベルの容量が多い物が存在ます。ただし、容量が高くなっていく分値段も比例して高くなります。ここ最近では、メーカー製だと500GBが一番少ない容量が多いですね。

機能面での選び方

Edxckykfvh4j3f3jgrdk
機能面での選び方としては、「別にBDいらねえしDVDだけでいいや」とか考えている人もいるかも知れません。「BDやDVDともに録画できるものがあればいいな」などや「ダビング機能の有無は?」などと明確に絞っていきましょう。録画機能なら外出先からスマホ一つでwifiを使って録画できる機能があったら便利ですよね。自分がスマホやインターネットユーザーで動画再生サービスなどを使いたいとなったらそれも確認することがおすすめです。

レコーダーの利用頻度を考える【チューナー数】

レコーダーを買った時にそのレコーダーを利用する人数や利用頻度で選ぶのもありですね。例えば自分が一人暮らしなら「5番組同時録画」とかいらないですよね。この同時録画数は"チューナー数"とも呼ばれます。
Tnmbhkbcs7huclufwmmp
自分が一人暮らしならチューナー数は少なめにとかにしてもいいでしょう。家族と録画がかぶる可能性がいくつかあればチューナー数は多めでといった感じですね。チューナー数が少ないともちろん値段も安いです。しかし、チューナー数が高くなるにつれ値段が高くなります。
Ug6tdgrfppgwpsiavcwt
選び方のもう一つはメーカーで比較するのもありです。当然メーカーごとにファンがついていますよね。「ここのメーカーはチャンネル操作が分かりづらいから嫌だ!」「ここのメーカーの筐体かっこよくて好きなんだよなぁ」とか個人的に思っていることでしょう。そういった方面の選び方もありです。それに人気メーカーを比較するとそれぞれ特徴も存在するんですね。
パナソニックのモデルと言えば「ディーガ(DIGA)」が有名ではないでしょうか。初心者でも機能や操作が使いやすいということを売りにしている人気メーカーの一つです。そしてレスポンスの早さですね。もちろん機種にもよりますが、使いやすくてレスポンスが早いという口コミがいくつかありました。
使いやすさ、機械のレスポンスの良さはかなり良いです。

ソニーの人気レコーダーでは2018年に最新モデルが発売されましたね。それが「BDZシリーズ」です。こちらは最新モデルになっていて「Ultra HD Blue-ray」対応のモデルです。機能では"おまかせ録画機能"といった機能があるモデルになります。他にはスマホやタブレットで録画状況を確認できる機能といったのもの搭載している機器もあります。特徴的には機能面が充実しているのがソニーの特徴になりますね。機能が充実していることから、ガジェットに慣れている玄人向きかなと思いました。
「AQUOS」ユーザーならシャープがいいかも知れません。なぜなら、例えば「ホームネットワーク機能」などを利用してHDDなどに録画した番組を他のAQUOS機器にも連動できて鑑賞することが可能になるからです。連動できる対応のAV機器があればシャープのAQUOSを選ぶのもいいかも知れませんね。シャープのAQUOSシリーズは一人暮らしより家族兼用のほうが使い勝手が良いでしょうね。※ただし、連動するには対応機種だったり、色々とルールがあったりするようですね。
ホームネットワーク機能を利用して視聴できるのは1台のみです。同時に複数台の機器で視聴することはできません。「スカパー! プレミアムサービスLink(録画)」とホームネットワークとの同時動作はできません。※1 視聴年齢制限のある番組や録画不可の番組は送信できません。放送番組転送に対応したホームネットワーク(プレーヤー機能)機器が必要です。2015年9月現在、対応機器はホームネットワーク(プレーヤー機能)対応の液晶テレビAQUOSやスマートフォンの他、「ネットワークアダプター」〈VR-NP1〉も対応しています。

パナソニック 1TB 2チューナー ブルーレイレコーダー 4Kアップコンバート対応 DIGA DMR-BRW1020
価格 ¥ 41,581
BD・DVDレコーダーコスパの良さランキング1位はパナソニックの「DIGA DMR-BRW10」です。このレコーダーは4kでアップコンバート対応になっており、鮮明でとにかく映像が綺麗です。しかも値段も四万円代と超安いですね。チューナー数は2チューナーで容量が1TBです。チューナー数は3TBまで増量可能で、容量はこれ以上は増やせませんが一人暮らしなら十分可能ですね。値段も安いので、一人暮らしでBD・DVDレコーダー入門にいいでしょう。3チューナーでもやり方によっては家族でも使えるでしょうね。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61DWZ0vntfL._SL1500_.jpg
「BCNランキング」では堂々たる1位を獲得しています。Amazonレビューは200ほどあるので、気になる方は確認してみてもいいのではないでしょうか。
Vo9w4vhwwqnevahkijhp
「BCNランキング」で機種別1位に輝いたのは、メーカー別シェアでトップを走るパナソニックの「DIGA DMR-BRW1020」だ。

ソニー SONY ブルーレイディスク/DVDレコーダー 1TB 2チューナー 2番組同時録画 外付けHDD対応 無線LAN内蔵モデル BDZ-ZW1500
価格 ¥ 46,569
この「BDZ-ZW1500」は安いわりに機能が優秀です。性能的にも「4k Hi-Rezs」対応となっており、音質がかなり高いです。スマホ予約が可能となっています。「リモコンでぽちっとな!」で開閉0.5秒とレスポンスが非常に高いんですね。録画ヒストリーも一発表示できます。wifi機能もついてます。この機能で四万円代とコスパ的にも安いですね。こちらは2チューナー3TBまでAmazonでは選ぶことができます。
シャープ AQUOS ブルーレイレコーダー 1TB 2チューナー BD-NW1200
価格 ¥ 39,187
コスパの良さランキング第3位はAQUOSのブルーレイレコーダー「BD-NW1200」です。こちらの売りは"ドラ丸"といった機能です。これは新作の連ドラが自動でお録りおきができるすぐれものです。ドラマファンにはたまらないのではないでしょうか。連ドラは「予約いらず」、「空き容量の心配いらず」、「最終話まで全話録れる」といったことが強みですね。検索方法もスムーズでカテゴリから絞り込んでサクッと検索できます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/716AeBtcTGL._SL1000_.jpg
さらにAQUOSのタイムシフト機能で、ドラマを見ている最中急に来客が来ていいところでってなったときってありますよね。「あっちょっと待って」という感じで録画し、大事な部分を遡って再生することが可能です。ドラマが好きでちょっと離れることが多い奥様におすすめです。値段も四万円を切って安いですし、家庭の負担も少ないでしょう。AQUOS入門としても良いのではないでしょうか。「BCNランキング」では5位という位置づけになっています。

関連記事

Grvglqpx1johvpbkmi6x
今回はBD・DVDレコーダーのランキングを紹介しました。「BCNランキング」からできるだけ低コスパで安い順に並べてみました。基本安いのでそれほど機能はついていませんが、一人暮らしならこのランキングの商品で十分ですね。後は好きなメーカーがある人ならそのメーカーの物を買えば良いでしょう。大体機能は似ているので問題ないかと思います。検索システム、wifiシステム、スマホ等後はメーカーごとに特色があるようですね。
もっと安く済ませたいなら、最安値、Amazonのタイムセール、楽天オークションなどを狙ってみても良いかもしれません。ハードオフなどの場所も狙い目です。