Cvjyzr1hqizqznoqseby

レシピ

CATEGORY | レシピ

疲労回復レシピ!夏バテをふっとばす豚肉鶏肉野菜簡単メニュー

2018.07.20

楽しい夏を元気に過ごすには夏バテは避けたいものですよね。夏の疲労回復に良い食材を使ったメニューで、厳しい暑さを乗り切りませんか?簡単なレシピだから忙しいときでも大丈夫です。今回は夏バテに負けないための疲労回復メニューの簡単レシピをご紹介!家族のお弁当に!

  1. 夏バテに豚肉・鶏肉・野菜がおすすめな理由は?
  2. 夏バテをふっとばす疲労回復レシピ【豚肉メニュー】①冷しゃぶサラダ
  3. 夏バテをふっとばす疲労回復レシピ【豚肉メニュー】②豚バラトマト巻き
  4. 夏バテをふっとばす疲労回復レシピ【豚肉メニュー】③豚肉と夏野菜のそうめん
  5. 夏バテをふっとばす疲労回復レシピ【鶏肉メニュー】①棒棒鶏
  6. ■夏バテをふっとばす疲労回復レシピ【鶏肉メニュー】②チキンカレー
  7. 夏バテをふっとばす疲労回復レシピ【鶏肉メニュー】③酢鶏
  8. 夏バテをふっとばす疲労回復レシピ【野菜メニュー】①ラタトゥイユ
  9. 夏バテをふっとばす疲労回復レシピ【野菜メニュー】②オープンオムレツ
  10. 夏バテをふっとばす疲労回復レシピ【野菜メニュー】③ゴーヤチャンプルー
  11. 豚肉・鶏肉・野菜を上手にメニューに取り入れて夏バテをふっとばそう
夏の厳しい暑さで体に疲れがたまり、体調不良や食欲不振を招く、いわゆる「夏バテ」に悩む方は多いのではないでしょうか?疲労回復のために食べなくては、と思ってもなかなか食事が喉を通らない…そんな夏バテを防ぐのにぴったりなおすすめ食材、それが豚肉・鶏肉・野菜です。
豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれています。このビタミンB1は代謝を促し、疲労回復のはたらきがある栄養素です。また、同じく豚肉にはナイアシンという成分も含まれており、こちらは脂質や糖質の代謝を活発にするはたらきがあります。疲労回復や効率よくエネルギーに変換してくれる栄養は、夏バテ防止には欠かせません。
次に鶏肉です。鶏のむね肉にはイミダペプチドという疲労回復のはたらきがある成分が豊富に含まれています。また、たんぱくであっさりとした鶏肉は、食欲がないときでも食べやすい食材であるため、夏バテ防止の食事に取り入れるとよいでしょう。
そして旬の夏野菜は鮮度が高く美味しいだけでなく、夏の暑さでほてった身体を冷やしてくれるはたらきがあります。このように、豚肉・鶏肉・野菜には夏バテを防ぐためのよいところがたくさんあるのです。夏場の家族の食事やお弁当メニューにうまく取り入れましょう。

関連記事

夏バテをふっとばす疲労回復レシピ、豚肉を使ったメニューの1つ目は「冷しゃぶサラダ」です。しゃぶしゃぶは家族で食べるにも人気のメニューですよね。このしゃぶしゃぶを暑い夏に合うよう、アレンジして食べやすいサラダにしましょう。
作り方はとっても簡単です。まずレタスやきゅうり、トマトなどの野菜を食べやすい大きさに切っておきます。そして鍋に熱湯を沸かし豚ばら肉をしゃぶしゃぶして火を通します。火が通ったら肉をざるにとって冷まし、野菜と一緒に盛り付けましょう。ポン酢をかければ完成です。お好みであさつきなどの薬味を散らしてください。
夏バテをふっとばす疲労回復レシピ、豚肉を使ったメニューの2つ目は「豚バラトマト」です。こちらもとっても簡単なので、家族の食事であと1品欲しいときや、お弁当のおかずなどにぴったりです。
トマトをくし切りにし、豚バラ肉を巻いて、熱したフライパンで焼きます。豚肉に火が通ったら、塩こしょうで味付けすれば出来上がりです。なお、お弁当に入れるときは、トマトをミニトマトにアレンジしてもいいですね。
夏バテをふっとばす疲労回復レシピ、豚肉を使ったメニューの3つ目は「豚肉と夏野菜のさっぱりそうめん」です。食べやすいそうめんに豚肉を加えることで、ボリュームをアップしましょう。簡単ですぐにできますし、1つのメニューで立派な食事になるので、家族のお昼ご飯などにおすすめです。
豚バラ肉となすを適当な大きさに切り、フライパンに油を熱して炒めます。火が通ったらお皿にとって少し冷ましましょう。水で薄めためんつゆに冷ました豚肉となすを入れ、茹でたそうめんにかければ完成です。お好みで大葉などの薬味をトッピングしてください。
夏バテをふっとばす疲労回復レシピ、鶏肉を使ったメニューの1つ目は「棒棒鶏」です。あっさりした鶏むね肉とシャキシャキのきゅうりで食べやすさピカイチのメニューです。
きゅうりは千切りに、トマトはくし切りか輪切りにします。白練りごま・砂糖・みりん・・酢・ごま油・ラー油を混ぜ、ごまダレを作っておきます。酒を入れた水を沸騰させ、鶏むね肉を茹でます。火が通ったらお湯から取り出し、細かく割きます。割いた鶏肉をきゅうり・トマトの上にのせて、ゴマダレをかければ出来上がりです。簡単なのにメインにもできるメニューなので、夕飯などにぜひどうぞ。
夏バテをふっとばす疲労回復レシピ、鶏肉を使ったメニューの2つ目は「チキンカレー」です。家族皆が大好きなカレー、鶏肉と野菜がゴロゴロ入れて作りましょう。カレーはそれだけで食事として成り立つので、手間がかからずおすすめです。
大ぶりに切った鶏肉をフライパンで炒め、次に切った野菜を入れさらに炒めます。野菜はにんじん・玉ねぎ・じゃがいもといったカレーの王道野菜もいいですが、そのほかの夏野菜を入れてもいいですね。また、トマトを入れると酸味のきいたさっぱりめの味になります。具材をよく炒めたら、水を入れ煮込みます。具材が柔らかくなったところで市販のカレールーを入れ、とろみがついたら完成です。
夏バテをふっとばす疲労回復レシピ、鶏肉を使ったメニューの3つ目は「酢鶏」です。豚肉の代わりに鶏肉を使ったおもしろメニューです。お弁当に入れてもよさそうですね。酢に含まれているクエン酸も疲労回復のはたらきがあり、夏バテ防止にぴったりです。
鶏肉に酒・醤油・しょうがで下味をつけ、片栗粉をまぶして焼きます。鶏肉を取り出して、乱切りにしたにんじん・ピーマン・玉ねぎなどの野菜を炒めます。野菜に火が通ったら鶏肉を戻して炒め合わせ、酢・砂糖・醤油・ケチャップ・水・片栗粉を混ぜた甘酢あんを絡め、とろみが出たら出来上がりです。
夏バテをふっとばす疲労回復レシピ、野菜を使ったメニューの1つ目は「ラタトゥイユ」です。具材を切って煮込むだけの簡単メニューです。
なす、トマト、ズッキーニ、パプリカなどの野菜を用意し、1口台にカットします。鍋にオリーブオイルとにんにくを入れ、野菜も入れて炒めます。ローリエ、塩、水を加えて煮込み、塩こしょうで味付けしたら完成です。
汁気が少ないので、お弁当のおかずにしてもいいですね。野菜の甘みがたっぷり出て美味しいですよ。また、冷蔵庫に保存して家族の常備食にしてもいいでしょう。
夏バテをふっとばす疲労回復レシピ、鶏肉を使ったメニューの2つ目は「オープンオムレツ」です。見た目がカラフルなので、家族の朝食や昼食に登場させたら喜ばれそうなメニューですね。
作り方はとっても簡単。トマトやパプリカ、ブロッコリー、玉ねぎなど好きな野菜とウインナーを小さめに切ります。フライパンでそれらの具材を炒めて塩こしょうで味付けしたら、溶いた卵を流し入れます。蓋をしたり、ひっくり返しながら両面を焼けば完成です。色の強い野菜を入れるととてもきれいです。カットして、お弁当に入れてもGOODです。
夏バテをふっとばす疲労回復レシピ、鶏肉を使ったメニューの3つ目は「ゴーヤチャンプルー」です。有名な沖縄料理の定番です。ゴーヤは疲労回復や体を冷やすはたらきがあり、まさに夏バテ防止にうってつけの野菜なのです。
フライパンで豚肉を炒め、火が通ったら薄切りにしたゴーヤを入れます。さらに水切りした木綿豆腐を入れ、塩・めんつゆ・ごま油で味付けをします。溶き卵を回し入れ、卵に火が通ったら鰹節を入れてざっくり混ぜ合わせて完成です。
優しい味付けとゴーヤの苦みがマッチして箸が進みます。食事でもお弁当でも、夏場のいろいろな場面で活躍させられそうなメニューです。

関連記事

暑い夏は夏バテで食も細くなりがちですが、食べずにいるとさらに体力が落ちていってしまいます。豚肉や鶏肉、野菜など、夏バテ防止に良い食材を取り入れた簡単メニューであれば、調理の手間も時間もかからず、美味しく夏を乗り越えられそうですね。
家族の食事やお弁当を夏バテ防止メニューにして、暑い夏も元気に楽しみましょう。