Kgbzkwqfzjod9duucbo3

レシピ

CATEGORY | レシピ

サングリアの白が夏にピッタリ!泡でも作れる飲みやすくて美味しいカクテル

2018.07.07

白のサングリアは夏に飲みやすい美味しいアルコール飲料。スパーリングワインや炭酸の泡をプラスする作り方もおすすめです。本記事はサングリアの白の作り方をおすすめのレシピで紹介。泡や子供でも飲めるアルコール度数0のレシピも紹介したので好みの美味しい作り方を探してください。

  1. サングリアの白・白泡の作り方:サングリアって何?
  2. サングリアの白・白泡の作り方:基本の作り方
  3. サングリアの白・白泡の作り方:どんなフルーツが合うの?
  4. サングリアの白・白泡の作り方:泡・ロック・ホットなど飲み方はいろいろ
  5. サングリアの白・白泡の作り方:レシピ①「サングリア 白ワインで簡単!乾杯!超簡単」
  6. サングリアの白・白泡の作り方:レシピ②「サングリア(トロピカル)」
  7. サングリアの白・白泡の作り方:レシピ③「夏に☆簡単白ワインのサングリア」
  8. サングリアの白・白泡の作り方:レシピ④「ノンアルコールサングリア風」
  9. サングリアの白・白泡の作り方:レシピ⑤「みんなが好きなサングリア」
  10. まとめ
あるアンケートによると、女性のワインカクテルのなかで最も人気があったのはサングリア。甘いお酒が好きな人にぴったりですし、見た目もお洒落でインスタ映えもしそうです。
サングリアはポルトガルやスペインなど、気温が高い土地で飲まれているフレーバーワインです。スライスした果実や果汁を入れ、甘味料も加えます。また、フレーバーのためにブランデーまたはシナモンなどのスパイスを使います。
ポルトガルやスペインでは赤ワインでつくるサングリアが一般的。サングリアの名前は「Sangre(サングレ)=血」という言葉が由来です。そのため、白ワインのサンガリアはサングリア・ブランカと区別して呼んでいます。ちなみに「ブランカ=白」ですよ。

関連記事

Rttxv8abmtmpimr4ayul
引用: https://www.instagram.com/p/BkwF_PEAGwT/?tagged=%E7%9C%9F%E5%A4%8F
サングリアの作り方は簡単。好みのフルーツを刻んで、ワインに入れるだけです。果汁も好みで加えましょう。日本では、爽やかで酸味がある白ワインのサンガリアは特に夏に人気が出る飲み物です。
サングリアに馴染みのない人は、どんなフルーツを選んだら美味しいサングリアが作れるのかと迷うところですよね。でも、飲みやすい・美味しいサングリアにぴったりのフルーツを紹介する前に、酒税法についてもチェックしておきましょう。

酒税法にご注意を!

「サングリアを作って何が悪いの?梅酒だって毎年作ってるし!」と思う方は多いでしょうが、梅酒の場合に使われているのはホワイトリカー。ホワイトリカーはアルコール度数35%が一般的なので「家庭で作る場合、20度以上の酒に漬ける」という条件を満たしています。しかし、ワインはアルコール度数が20度もありませんから、普通に作ったら法律違反となってしまうのです。
ただし、飲む直前に果物を入れれば法律違反にはなりません。サングリアを作り置きすることはできないので、その都度作りましょう。
ここでは、特に白のサングリア、白泡(炭酸)のサングリアにぴったりのフルーツを紹介していきます。

キウイ

キウイを加えると美味しいサンガリアを作ることができます。また、緑の色のフルーツという点でも魅力。例えば、イチゴやオレンジなどの色の中にキウイが加わると華やかな色合いになります。

柑橘類

レモン、オレンジ、ライムなどの柑橘類は白のサングリアにぴったり。爽やかな酸味が加わり、飲みやすくいサングリアになります。特に、夏にはぴったりなのが柑橘類と言えるでしょう。ワインが苦手な人も飲みやすいので一度試して見てはいかがですか。

その他

Lpzbyvxv9wo74ccwqahe
引用: https://www.instagram.com/p/BjrupsZHkz2/?hl=ja&tagged=%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%A2
その他、赤のサングリアにも白のサングリアにも両方使われているのが、リンゴやバナナ。フルーツポンチでも良く使われるフルーツですが、白のサングリアでも美味しいですよ。
また、桃やパイナップルもおすすめ。甘味があるので、甘い飲み物が好みの人にとっては飲みやすいサングリアが作れますよ。イチゴやバナナなども赤白兼用で良く使われます。旬の果物を使えばさらに美味しいサングリアとなるでしょう。
サングリアの飲み方はいろいろあります。

ストレート

ストレートは、白ワインと果物がダイレクトに味わえる美味しい飲み方です。夏などに冷えたサングリアを飲みたい場合には、氷などで味が薄まってしまうとせっかくの味が台無しになってしまうので、冷蔵庫で良く冷やしておきましょう。よく冷やすことで、白ワインの渋みが嫌いな人でも飲みやすいサングリアとなるでしょう。

泡・炭酸割り

白のサングリアはスパーリングワインで作ることもできます。また、炭酸飲料で割ることもできます。泡が入ることによって、夏に飲みやすいアルコール飲料となるでしょう。また、甘い味が好みという人には、糖分が入った炭酸飲料で割るのがおすすめです。

ロック

女子力の高いサングリアですが、ロックは男性に人気の飲み方です。時間が経ち、氷が溶けるとアルコール度数も下がるので、飲みやすいと感じます。おしゃれなロックグラスに注いで、氷が奏でる涼しげな音はまさに夏にぴったりのアルコール飲料と言えるでしょう。

ホット

ホットのサングリアは冬の寒い日におすすめです。ただし、ホットにするとフルーツの酸味が強調されすぎるきらいがあります。温度を上げ過ぎないように気を付けるか、はちみつなどで甘味をプラスして好みの味に調えると飲みやすいサングリアとなりますよ。
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4687922/280/a96980a28b7d97a3236912e4aa3c9201.jpg?u=15126895&p=1504052862
安いワインがとってもゴージャスに変わるレシピです。時には、安いワインでハズレを引いてしまうこともありますよね。そんなときには美味しい・飲みやすいサングリアを作ってしまいましょう。白のサングリアにぴったりのキウイを使っています。ミントを加えれば、夏のサングリアとしてぴったりですよ。シロップで好みの味に整えてください。
引用: https://img.cpcdn.com/steps/23120546/136/363f46683888750fecde03a0e9e0179e.jpg?u=15126895&p=1504053385
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/5136739/280/4d46d16e1c43a0c25505f38f9950bab6.jpg?u=17437450&p=1529757622
マンゴーとカットパインを使ったサングリアのレシピです。「ジュースのようなお酒を目指しました」とレシピ考案者の言葉にあるように、サングリアはお酒が苦手な人も飲みやすいのが魅力のひとつです。果汁などを加えれば、アルコール度数も調整できるので、アルコールは苦手だけど今日は飲みたいという日に作ってみてはいかがでしょうか。
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4354938/280/2f19a41c4a3eabfbed2525d48488bd2b.jpg?u=8610303&p=1487072850
ライムとミントが入った白のサングリアは暑い夏で特に美味しく感じられます。パイナップル、バナナ、桃缶などフルーツも好みのものをたっぷりと入れましょう。最後にトロピカーナの桃ジュースで甘味を整えていくのが、簡単に好みの美味しいサングリアが簡単につくれるコツなのだそうです。アルコール度数も同時に整えられますよ。
引用: https://img.cpcdn.com/steps/20654855/136/d99a99f79f98032321a6d44b424714d4.jpg?u=9205851&p=1476097291
サングリアは見た目も子供が大好きそうな飲み物ですよね。目を離した隙に飲まれないように注意しなくてはなりません。そんな心配も無用で、ハロウィンパーティなどで使えるレシピが「ノンアルコールサングリア風」です。アルコール度数0なので、子供やお酒が飲めない人にもおすすめですよ。
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4908373/280/236828bbd46b4ee599fdd0f4da50f185.jpg?u=7310995&p=1517295661
白ワイン、スパーリングワイン、赤ワインをブレンドした飲みやすいサングリアです。フレーバーとしては本場でも好まれているシナモンを使っています。やはり、サングリアといえばシナモンなので、はずせないところですよね。「1日後から飲み始められます」とレシピにありますが、本記事で紹介したようにアルコール度数が20%以下のお酒でサングリアを作って保存するのは法律違反なので気を付けましょう!

関連記事

お酒の苦手な人にも飲みやすいサングリア。今回は白のサングリアの飲み方、おすすめのフルーツ、レシピなどを紹介してきましたが、いかがでしたか。サングリアを作ったことのない人も、夏にぴったりの飲み物なので、今年はぜひ作ってみてはいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BjUmufuF85i/?tagged=%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%A2%E7%99%BD