Cbaoicn4d4jsszwtshh2

飲み会

CATEGORY | 飲み会

ダンス【洋楽】2018クールで盛り上がる!文化祭や飲み会の余興に最適!

2018.06.24

文化祭や飲み会の余興といえば、やっぱりダンス。洋楽のダンスミュージックを選べば、会場をクールに盛り上げることができますよね。今回は、2018年おすすめの文化祭や飲み会の余興に使える、かっこいい洋楽をご紹介します!ノリのいい楽曲をリストアップしてみました!

  1. 【ダンス(洋楽)2018クールで盛り上がる!文化祭や飲み会の余興に最適!】クールで盛り上がるダンスミュージック!
  2. 【ダンス(洋楽)2018クールで盛り上がる!文化祭や飲み会の余興に最適!】①Uptown Funk ft. Bruno Mars - Mark Ronson
  3. 【ダンス(洋楽)2018クールで盛り上がる!文化祭や飲み会の余興に最適!】②Cups (Pitch Perfect) - Anna Kendrick
  4. 【ダンス(洋楽)2018クールで盛り上がる!文化祭や飲み会の余興に最適!】③Stay - Zedd, Alessia Cara
  5. 【ダンス(洋楽)2018クールで盛り上がる!文化祭や飲み会の余興に最適!】④Galway Girl - Ed Sheeran
  6. 【ダンス(洋楽)2018クールで盛り上がる!文化祭や飲み会の余興に最適!】⑤New Rules - Dua Lipa
  7. 【ダンス(洋楽)2018クールで盛り上がる!文化祭や飲み会の余興に最適!】⑤Finesse Feat. Cardi B - Bruno Mars
  8. 【ダンス(洋楽)2018クールで盛り上がる!文化祭や飲み会の余興に最適!】⑥Havana ft. Young Thug - Camila Cabello
  9. 【ダンス(洋楽)2018クールで盛り上がる!文化祭や飲み会の余興に最適!】⑦Solo feat. Demi Lovato - Clean Bandit
  10. 【ダンス(洋楽)2018クールで盛り上がる!文化祭や飲み会の余興に最適!】⑧Wait ft. Loote - Martin Jensen
  11. 【ダンス(洋楽)2018クールで盛り上がる!文化祭や飲み会の余興に最適!】⑨This Is America - Childish Gambino
  12. 【ダンス(洋楽)2018クールで盛り上がる!文化祭や飲み会の余興に最適!】⑩Psycho - Post Malone Feat. Ty Dolla $ign
  13. 【ダンス(洋楽)2018クールで盛り上がる!文化祭や飲み会の余興に最適!】まとめ
文化祭や飲み会の余興で盛り上がる余興といえばダンス!せっかくなのでかっこいい洋楽でクールに盛り上げましょう!洋楽を知らない人もいるので、初めて聴く音楽でもノリがよく、踊りやすい楽曲をリストアップしてみました。踊っている方も見ている方も楽しいパフォーマンスに仕上げてくださいね!

関連記事

イギリス出身のDJ マーク・ロンソンと世界中で人気のヒットメーカー ブルーノ・マーズがタッグを組んだ楽曲。2014年11月10日にリリースされたパーティーソングです。聴くと踊りたくなる音楽なので、余興ダンスにはぴったり。「イカしたファンクがお前らをアゲるぜ」「俺って超ホットだせ」と女性を誘っているノリノリのダンスナンバーなので、思い切りノリノリに踊ってください!
Anna Kendrick(アナ・ケンドリック)主演の映画「ピッチ・パーフェクト」で主人公ベッカがカップを鳴らしながら歌を披露したシーンが話題を集め、Music Videoが制作されました。楽曲の元ネタは、1931年に発表されたThe Carter Family「When I’m Gone」。カップと手拍子だけで行う演奏スタイルなので、少し変わった余興をみせることができますね。
2017年にリリースされた人気DJ Zedd(ゼッド)とYouTubeから生まれた新世代の歌姫Alessia Cara(アレッシア・カラ)がコラボした楽曲「Stay」。少し切ない内容の歌詞ですが、Zeddが作りだす音楽にのせると、思わず体を動かしたくなる1曲になっています。曲自体を知らない人でもノリやすいキャッチーな曲だと思います。
Ed Sheeran(エド・シーラン)の「Galway Girl」は、アイルランド・ゴールウェイ出身の女の子と1夜を過ごしたという内容の歌詞。「Galway Girl」のMusic Videoは、エド・シーランの視点で物語が進んでおり、エド本人が撮影したそうです。エド・シーランの曲は、何回聴いても飽きないメロディなので、余興でも盛り上がること間違いなしです。
Dua Lipa(デュア・リパ)は、2015年にデビューしたイギリス出身のシンガーソングライターです。「New Rules」で世界的に大ブレイクしました。ハスキーボイスでパワフルな歌声に合ったかっこいいメロディは、特に女性から支持されるでしょう。クールかつセクシーなダンスでキメてくださいね!
世界的ヒットメーカーのブルーノ・マーズと女性ラッパーであるカーディ・Bがコラボした楽曲です。90年代ニュージャックスイング調のメロディなので、上の世代の人も馴染みがある曲調だと思います。クールなメロディで盛り上がること間違いなしの1曲!派手な動きをしなくても、音楽にノるだけで最高のパフォーマンスに仕上がります。
フィフス・ハーモニーを脱退しソロ活動をスタートさせたカミラ・カベロの楽曲です。自身のルーツを表現するラテンカルチャーを大きく取り入れた曲です。Music Videoでセクシーなダンスをみせてくれています。また、ドラマ仕立てになっているMusic Videoなので、カミラの真似したいですね!
イギリス出身のクリーン・バンディットとデミ・ロヴァートがタッグを組んだ楽曲。デミが得意とするラテン・ポップと、クリーン・バンディットのメロディがミックスされ、クールな楽曲に仕上がっています。悲しい歌詞ですが、EDM調の陽気なビートで盛り上がる曲になっています。
デンマーク出身の新人DJであるマーティン・ジェンセン。マーティンの楽曲は、爽やかでテンポが良い曲が多く、何度も聴きたくなってしまうほど中毒性があります。まだデビューしたばかりですが良い楽曲が多いので、他の曲も聴いてみてくださいね。まだまだ知らない人も多いと思いますので、「これ誰の曲?」と話題になるかもしれません。
俳優でありコメディアンであるドナルド・グローヴァーは、チャイルディッシュ・ガンビーノという名でラッパー、シンガーとしても活動されています。現在、新曲「This Is America」のMusic Videoが公開され、全米中に衝撃が走っています。アメリカの銃社会、差別社会を「これがアメリカ」と痛烈に表現しています。このMusic Videoは、東京出身の映像監督であるHiro Muraiさんが手がけています。
社会的メッセージが強い楽曲ですが、ノリのいいメロディなので、体を揺らしながら聴いてもらえると思います。少し変わったパフォーマンスをしたい人におすすめの1曲です。
白人ラッパーのポスト・マローンとタイ・ダラー・サインがコラボした楽曲「Psycho」。ポスト・マローンの独特なサウンドは、一度聴くと病み付きになってしまいます。この作品もポスト・マローンらしいスローテンポの楽曲。ポスト・マローンを真似して歌ってみても面白いですよね。

関連記事

引用: https://geinou-news.jp/wp-content/uploads/2018/04/72b78a929b779a51cefb159dfd3e6217_t.jpeg
文化際や飲み会の余興で盛り上がる洋楽をまとめてみましたが、いかがでしたか?誰もが知っている有名な曲で盛り上がってもいいですし、知る人ぞ知るクールな曲で、観客の視線を釘付けにしましょう!振り付け動画もたくさんアップされているので、ぜひダンスを真似してみてくださいね!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/75/6d/39/756d3965916d8a7455399f9ba104b81f.jpg