Ofdjhuyhnpautowcd8by

趣味・アウトドア

CATEGORY | 趣味・アウトドア

簡単手品!子供でもできる【トランプ・コイン】マジック!【飲み会・余興でも】

2018.06.23

簡単にできる手品をできますか?簡単にできる手品を1つか2つ持っていると、何かの余興や場を盛り上げる時など色々なところで役に立って便利ですよね。トランプ、コイン、ハンカチを使った子供でもできる派手で簡単な手品をまとめてみましたので、覚えて使ってみてくださいね。

  1. 簡単な手品ができるようになろう
  2. 簡単な手品:トランプ編
  3. 簡単な手品①みんなびっくりトランプ手品
  4. 簡単な手品②テクニック要らずのトランプ手品
  5. 簡単な手品:コイン編
  6. 簡単な手品①コインを一瞬で消す手品
  7. 簡単な手品②コインが移動する手品
  8. 簡単な手品:ハンカチ
  9. 簡単な手品①子供や女性におすすめハンカチ手品
  10. 簡単な手品②一発芸にも使えるハンカチ手品
  11. 簡単な手品まとめ
余興や場が盛り上がる手品。いつも見るばかりの人や興味はあるけど手品をしたことがない人は、意外に多いですよね。今回は、子供でもできる定番のトランプ、コイン、ハンカチを使った簡単で派手な手品を集めてみましたので、覚えてみんなの前でぜひ、披露してみましょう。
Rhosyf9l1byjgvn4vawq
手品で使われる道具として多いトランプですが、トランプ手品のイメージとしては、選んでもらったトランプを見ないで当てたり、選んでもらったトランプがトランプの一番上にあがってきたりなどではないでしょうか?そんなトランプ手品のの中でも簡単で派手さのある手品を見ていきましょう。
Fr5mratjj9u6kn2j4xue
トランプの簡単な手品1つ目は「みんなびっくりトランプ手品」です。この手品は、選んだトランプカードを一番上に持ってくる手品になります。選ぶカードも枚数も自分のお好みで選んで下さい。トランプ手品準備①トランプのカードを選ぶ(ハート1,2,3、)
②選んだ3枚のカードを重ねて1枚のトランプカードを上に重ねてケースに入れておく。やり方①トランプケースからトランプをだします。②選んだカードを上に持ってくる説明をしてカードを切っていきます。この時、トランプカードの1番上のカードをカードを持った手の人差し指でしっかりと抑えます。
そして、トランプカードの2枚目以降の束を取って上に持ってくると選んだトランプカードが1番上にくるようになります。③1番上のトランプカードを見せて選んだトランプカードが来ていたら成功です。このトランプ手品はとても簡単で、子供にもおすすめです。
トランプカードの切り方にコツが要りますので、動画で確認しながら練習して覚えてくださいね。できたら、さっそく周りの人に試してみましょう。周りの人の驚く顔が楽しみですね。
トランプの簡単な手品2つ目は「テクニック要らずのトランプ手品」です。この手品は、前もって自分で選んでいたトランプカードを他のトランプカードと混ぜ合わせて裏表とバラバラにしていき、最後は、選んだカード誰が表にきて残りのトランプカードは全て裏になってしまうという手品になります。
やり方は①4枚のトランプカード(キング4枚)を選びます。②選んだトランプカードだけ表向きにして、その上に1枚だけ違うトランプカードを重ねます。③トランプカードをテーブルにずらっと並べます。この時、選んだトランプカードが見えないように気をつけましょう。
④再度トランプカードを合わせてカードがバラバラだと確認してもらいます。⑤トランプカードを半分に分けて、それを重ねてテーブルに、ずらっと並べたら、選んだカードだけが表向きになっていれば完成です。このトランプ手品は、子供から大人まで誰でも簡単のいできますので、さっそく試してみてください。

関連記事

コインの手品と言えば、コインが消える手品やコインが移動する手品をイメージする人が多いですね。実際にコインを消せる手品やコインが移動する手品ができるようになりたいですよね。そんなコインの手品を見ていきましょう。派手さはないですが、みんなが知っている手品なので、ぜひ覚えて披露したいですね。
コインの簡単な手品1つ目は「コインを一瞬で消す手品」です。この手品は、手のひらに置いた100円玉をペンでたたくと一瞬にして消える手品になります。準備するものは、100円玉1枚とペンです。
やり方は①手のひらの100円玉をペンでたたくタイミングに合わせて100円玉をペンを持っているほうの手に移動させます。この時、ペンに100円玉が当たらないようにペンは短く持つようにしておきましょう。②100円玉の移動が気づかれなかったら成功です。
練習を少しすれば、出来るようになるコインの手品です。派手な手品ではありませんが、子供がすれば学校で人気者になること間違いなしですし、大人が、ちょっとした時に披露するとワーとなって盛り上がること間違いなしです。
コインの簡単な手品2つ目は「コインが移動する手品」です。この手品は、100円玉を3枚使って、右手から左手にコインを移動する手品になります。準備するものは、100円玉3枚です。
やり方は①3枚の100円玉を手のひらに縦に並べて置きます。この時、一番上の100円玉を人差し指と中指の境目の所に置くようにします。②3枚の100円玉を反対の手に移す時に、1番上の100円玉を人差し指と中指で挟さみます。この時、移動した100円玉は2枚だけになります。
③両手を広げて100円玉が1枚と2枚に分かれて入れば成功です。100円玉を移動する時に、人差し指と中指に100円玉を挟むだけの子供もできる簡単手品です。動画を見て練習してみてくださいね。
外出する時は、必ず持っているハンカチですが、そんなハンカチを使った手品は、初心者向けで女性や子供にも簡単にできる手品です。ハンカチ手品は、視覚に訴えるため派手さもありますので、手品に挑戦してみたい方は、先ずは、ハンカチを使った手品を覚えましょう。
ハンカチの簡単な手品1つ目は「子供や女性におすすめハンカチ手品」です。この手品は、ハンカチからペンをだす手品になります。準備するものは、ペン1本と大きめのハンカチ1枚です。やり方は①ペンを右手で見えないように持ちます。この時、ペンを持っている手を見ないように注意しましょう。
②左手でハンカチを広げて、ハンカチを人差し指と中指で挟んで真ん中に持ってきます。③同時にペンを持っている右手も真ん中に持ってきて右手の親指と人差し指でハンカチを挟みます。④左手を上に持っていき、はずします。
⑤外した左手を下におろして右手に持っているペンをハンカチの上から包み込むように握ります。⑥左手てしっかり握ったら右手を外してペンがでてきて成功です。視覚的に訴える派手で簡単な手品ですので、初心者、女性、子供におすすめです。
ハンカチの簡単な手品2つ目は「一発芸にも使えるハンカチ手品」です。この手品は、ハンカチの結び目が一瞬でほどける手品になります。準備するものは、大きめのハンカチです。やり方①ハンカチを三角に折ります。②折ったハンカチの端と端を2重に強く結びます。
この時、周りの人に強く結んでもらってもいいですね。③結び目を持って強く引っ張ると一瞬で結び目がほどけます。結び方のコツを掴めば簡単ですし、周りの人も参加できるので派手な手品です。一発芸としても使えますので、覚えておきたいですね。

関連記事

子供でもできる簡単なトランプ、コイン、ハンカチを使った手品をご紹介しました。飲み会や余興などから場を盛り上げる時などに使える手品を1つ2つ知っておくと、突然のリクエストにも答えることができて評価が高まること間違いなしです。
練習する時間がない人は、テクニック要らずの手品を覚えたらいいですし、周りを参加させたい人は、視覚に分かりやすい派手な手品がおすすめです。子供から大人まで嫌いな人はいない手品をぜひ、覚えて披露できるようにしておきたいですね。