H2btiqtv9c3xfvtvgnmu

カット

CATEGORY | カット

髪を伸ばすにはカットが近道?!理由と効果!ダメージをケアして綺麗に伸ばす!

2018.06.19

髪を伸ばすときは途中でカットをした方が良いといわれています。せっかく伸びてきたのに切るのはもったいない…でも、伸ばしっぱなしの状態は、髪にダメージを与えてしまうのだとか。そんな髪を伸ばす途中でカットする理由や効果など詳しく紹介していきたいと思います♪

  1. 髪を伸ばすなら、途中でカットすべき!?
  2. 髪の伸ばすときの疑問
  3. 髪を伸ばす途中でカットするのがおすすめな理由
  4. 髪を伸ばす途中でカットする効果メリット
  5. 髪を途中でカットするタイミング
  6. 髪をカットせずに綺麗な状態で早く伸ばすポイント① 頭皮や髪に優しいシャンプーを使う
  7. 髪をカットせずに綺麗な状態で早く伸ばすポイント② パーマを減らす
  8. 髪をカットせずに綺麗な状態で早く伸ばすポイント③ カラーリングを減らす
  9. 髪をカットせずに綺麗な状態で早く伸ばすポイント④ ドライヤー・ヘアアイロンは短時間のみ
  10. 髪をカットせずに綺麗な状態で早く伸ばすポイント⑤ 紫外線から守る
  11. まとめ
髪を伸ばす途中にカットは必要だと思いますか?単に、髪を伸ばすことだけを望むならカットはしなくても当然伸びますよね。でも、伸ばすなら綺麗に伸ばしたいと思う人が多いのではないしょうか。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-Yq8LUdCnU0Y/V8VE7cft2RI/AAAAAAAA9VM/litljnB5EFsorJ6DiEN7svoig0bePfcFgCLcB/s400/biyoushi_syaberu_komaru.png
「ダメージを避けて綺麗に髪を伸ばしたい」ということであれば、途中でカットをした方が良いといえます。伸ばしっぱなしでは、傷みも出てパサつき・まとまらないなどの悩みも発生するでしょう。せっかく伸びてきたという気持ちはあっても、途中でカットした方がダメージを軽減しケアしながら綺麗に伸ばすことが叶います。
髪を伸ばすときに、よくある疑問として「どのくらいで伸びるだろう」「途中で切らない方が早く伸びるよね」という2つがあると思います。この2つの疑問について、それぞれ見ていきましょう!
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/DI_IMG_5780_TP_V.jpg

①「1カ月でそのくらい伸びるのか?」

髪の毛の伸びる長さは、平均すると1カ月で約1.5㎝前後と言われています。これには個人差があるので、伸びるのが早い人なら2smという場合もありえます。また、均等に必ず伸びるわけではなく、生え方の部位によって多少のバラつきも考えられるでしょう。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-a7qvCzueBeY/UOFKGwH64aI/AAAAAAAAKEM/vEpJzDbfDB4/s400/bunbougu_measure.png

②「途中でカットしない方が早く伸びるのでは?」

最初に少し触れたように、伸ばすだけなら途中でカットしない方が当然早く伸びると言えますよね。但し、レイヤーを入れたりして髪の分量を調節し、全体のシルエットを完成させている場合も多いです。
そのまま伸ばすとシルエットが崩れるのはもちろんですが、全体のバランスも変化していくのは明らか。結果、毛先がバラバラになりダメージが出てしまうという状況が考えられます。ブラッシングの通りも悪くなったり、まとまりが悪くなってくるのを感じるかもしれませんね。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-r21P-6AmfdU/USNoKbe1DUI/AAAAAAAANSA/NOXNnI_ojp8/s400/cafe_money.ai2_54.png

関連記事

どうして髪の伸ばす途中でカットした方が良いのか。すでに述べている内容からも察しがつくと思いますが、髪のダメージを解消しながら綺麗に伸ばすことが出来るからです。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-lON01Ty9PyQ/V6nYPxQNaUI/AAAAAAAA9Co/fMzeUrc2li4Ult0-ujm2MQOumYsb2xmIACLcB/s400/biyoushi_woman_cut.png
髪を綺麗な状態で伸ばすたみに大切な理由と効果について詳しくみていきましょう。

理由①毛先からダメージが広がるのを防ぐ。

髪のダメージとなる原因は様々です。「パーマやカラーリング」「日常のシャンプー」「ドライヤーやヘアアイロンの熱」「紫外線」などで、毛先を中心にダメージが出てきます。
引用: https://2.bp.blogspot.com/-apahJ-YLkP4/WIHlbiH8zoI/AAAAAAABBPE/uiR-s4eODWE3-6m1hPbnfzk549eI-wxiQCLcB/s450/hair_character_bad.png
ダメージが進むと切れ毛や枝毛になり、さらに悪化すると髪の表面を守る「キューティクル」が壊れてしまうことも。髪の水分やタンパク質が流れ出て切れ毛や枝毛となって、ダメージが人がっていきます。これらを防ぐには伸ばす途中のカットが有効なのです。

理由②毛先のパサつきや広がりを抑える。

ダメージが進んだ毛先は、水分が少なく乾燥した状態です。パサついた毛先やうねりがひどいと感じる場合は、この水分不足が原因といえます。伸ばす途中にカットをしなければ、早く伸ばすことは出来ます。但し、綺麗な髪を保ちながら伸ばすことは難しいでしょう。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-6ppD1EltHGs/VOsJajbBgpI/AAAAAAAArnY/ugqNZjWS68w/s400/kusekke_hair.png
髪を伸ばす途中でカットしないとダメージが進んでしまうので、カットするのが良いという理由は分かりましたよね。では、カットでケアしたら効果はどうなのかも気になるところです。少し詳しく見ていきましょう♪
引用: https://3.bp.blogspot.com/-dACt3fnAmv0/WOsvzQyjPpI/AAAAAAABDs4/0QUXM3Ie-T44tkqKm3xeVO6Fl1YaMNQIgCLcB/s400/job_hair_biyoushi_woman.png

効果①髪のダメージが解消

髪のダメージとなる原因はカラーやパーマの他、日々のシャンプーでの摩擦や紫外線など色々なものがあります。長くカットをしないまま伸ばした髪の毛先にはダメージが蓄積することに。放っておくと、伸びた後の髪が綺麗にならないのはもちろん、伸ばす途中も毛先がまとまらない状態に。
引用: https://2.bp.blogspot.com/-YsE9qUK3NiU/VfS6QTJOiLI/AAAAAAAAxOw/6Xovg6TNcqI/s400/hair_edage_kansou.png
その状態でドライヤーやヘアアイロンを長時間当ててブローしてまとめる。さらにダメージが進むという負ループに陥ります。カットのケアが、ダメージ解消に効果的なんです。

効果②髪のボリュームを調整

髪を伸ばしっぱなしにすると、バランスも崩れて見た目が悪くなります。また髪のボリュームが増えてしまうので、シャンプーやドライヤーにも時間がかかることに。
引用: https://2.bp.blogspot.com/-6ulo-9MtaqU/UPzH9EKo-kI/AAAAAAAAK0M/Lq0iE4HtGig/s400/hair_drier.png
伸ばす途中に髪をすく量に気を付けないと伸びるのが遅くなりますが、ある程度はボリューム調整をする必要があります。調整しながらカットすることで、髪がまとまらないなど苦労するのを減らすことも出来ます。

効果③見た目が良くなる

髪は平均すると1.5㎝前後伸びますが、正確に同じペースで全ての髪の毛が伸びる訳ではないのが現実。1本1本の伸びる速度が違うことから、伸びた髪の長さも差が出てくるといえます。
伸ばしっぱなしの状態では、毛先の長さがバラバラで見た目が悪くなるのは明らか。途中で髪をカットすることで見た目も綺麗な状態でケアすることが出来るのです。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-l-7ysQWfwKI/V9vCXANanCI/AAAAAAAA99U/gv0nwxbdxYYN3YxfEExIKCRlbiB1IEb2wCLcB/s400/hair_tsuyatsuya.png
髪を途中でカットするには、どのくらいの頻度が良いのかも気になりますよね。理想的なペースは、1ヶ月半〜2ヶ月に1度がベストです。カットの時はダメージが、ひどくなければ毛先を揃えて毛先のダメージを取り除くために5mm程度のカットでOK。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-TQ5bv_C0mIQ/U-8HAn_M1wI/AAAAAAAAk9o/lBR1CJQCt-8/s400/biyouin_sukihasami.png
そのときの髪型やバランス、ダメージ具合によっては美容室に行くたびに必ずカットが必要な訳ではありません。5mm程度のカットでも定期的に途中で繰り返していれば、毛先の痛みを取り除くには十分ケア効果が期待できます。
引用: https://1.bp.blogspot.com/-JZVGmWirIow/WvQHx2mPbHI/AAAAAAABL9g/ZqBXGAkty4M3qaM5OHlG4XVvBGkE9piQQCLcBGAs/s400/ofuro_shmapoo_silicone_free.png
シャンプーは、配合成分によって頭皮や髪にダメージを与えてしまう恐れもあります。洗浄力のカギとなる「洗浄成分」がアミノ酸系で、性質は弱酸性のシャンプーを選ぶのがおすすめ。
引用: https://1.bp.blogspot.com/-__ZvakijQK8/U5hUPeS0o0I/AAAAAAAAhGg/IZ-5h66L3sg/s400/hair_shampoo_woman.png
髪を伸ばす途中だと、肩につくとハネやすくなるのでパーマをかけて扱いやすくしたいところ。でも、繰り返しパーマをかけることでダメージが蓄積してしまいます。そのため近い未来、パーマをかけた部分を切る羽目になることも考えられます。
引用: https://3.bp.blogspot.com/-IHUKjJDgpoA/VbNBI6Yl5oI/AAAAAAAAv-0/Om-qYQS8HK8/s400/hair_curler.png
どうしてもパーマをかけたいなら、ハネやすい時期を選んでかけることをおすすめします。また、何度も繰り返しかけるのを避けることが必要です。
引用: https://1.bp.blogspot.com/-zG1GfIvsXcE/UWgWhaV19SI/AAAAAAAAQFE/zDrf40aDaOc/s400/perm_hair_woman.png
パーマ同様にカラーも髪にダメージを与える原因となります。特にブリーチなどのハイトーンカラーは、ダメージが大きくなってしまいがち。色味の強くないカラーなら不安要素は少ないですが、ダメージが大きいカラーは控えるのがおすすめ。
引用: https://2.bp.blogspot.com/-n9icdRKj8Mw/U-8FibvUDCI/AAAAAAAAktY/FryKf_9vVIA/s400/shiraga_zome.png
また、美容室に行くたびにフルカラーではなく、根元だけ「リタッチカラー」にするのも◎髪にかかる負担を出来るだけ減らすことを意識しましょう。
引用: https://2.bp.blogspot.com/-UiVBJHmqGw8/V4whQrVEisI/AAAAAAAA8Vs/gA7aLLSF-FAPT0baXgirE6pVokBRJMbCACLcB/s400/hair_dryer_woman.png
ドライヤーの温風やスタイリングに使うヘアアイロンの熱も髪にダメージを与える元です。ドライヤーをするときは、髪から少し離して、長時間の使用は避けることが必要。また、ヘアアイロンも必要な箇所だけに使うなど使用は少ない方が良いです。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-Qq71BhrqV04/UV1JFXn8e9I/AAAAAAAAPSo/Dd1UcO_vws4/s400/hair_iron_woman.png
紫外線は肌だけでなく髪の毛にもダメージを与えます。髪の紫外線対策には、スプレータイプがおすすめです。出かける前に髪にスプレーするだけでOK。日傘を使うのも良いですね。紫外線から守ることも綺麗な髪を保つケアになります。
引用: https://4.bp.blogspot.com/-ng-oiG0OOB8/UqmPZ2YI9FI/AAAAAAAAbjM/w3kBTmG5xmI/s400/higasa_woman.png

関連記事

引用: https://3.bp.blogspot.com/-54vMd3HpFOc/U-8GQgwNmVI/AAAAAAAAk1s/ZCMMYNxWk3M/s400/building_biyouin.png
いかがでしたか?髪を伸ばすなら、綺麗な状態を保って伸ばしたいですよね。そのためには、髪のダメージを防ぐことが大切。髪にダメージを与えてしまう原因には様々あり、カットが効果的な理由も紹介してみました。
伸ばしっぱなしの状態で髪を伸ばすとダメージが蓄積されていきます。かえって伸びたときにダメージを取り除くには、長さをカットする羽目になることもあり得るのです。
出来るだけ途中でカットする回数を減らして、綺麗に伸ばすには…理想のペースで美容室に行くこと。痛みが出ている部分は早めにカットすることで、ダメージを減らしケアしながら伸ばすことが出来ます。伸ばす予定がある人は、参考にしてみて下さいね♪
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/yuka522056_TP_V.jpg