Ihawiipqr0uuudzrq3cs

コーディネート

CATEGORY | コーディネート

クールビズのジャケットのおすすめ3選!涼しげできちんとした印象に

2018.06.06

夏が近づいてくると「クールビズ」を取り入れる企業が一般的にも認知されるようになりました。クールビズはやはりジャケットがおすすめ。涼しく着られるジャケットできちんとした印象を与えるおすすめポイントやシーンに適したスタイル、押さえておくべき必要ポイントも特集!!

  1. クールビズって何?
  2. 「クールビズ」はジャケットスタイルがおすすめ!?
  3. クールビズもジャケットできちんとした印象を与えるのがおすすめ
  4. クールビズのジャケットおすすめポイント① テーラード
  5. クールビズのジャケットおすすめポイント② ボタン付き
  6. クールビズのジャケットおすすめポイント③ 色と柄
  7. クールビズのジャケットおすすめポイント④ 素材
  8. クールビズおすすめジャケット①【ユニクロ】ドライストレッチジャケット(コットンライク)
  9. クールビズおすすめジャケット②【ユニクロ】感動ジャケット(ウルトラライト・コットンライク)
  10. クールビズおすすめジャケット③【ユニクロ】リネンコットンジャケット(スリム)+EC
  11. まとめ
「クールビズ」という言葉は聞いたことがあるけど、あまり良く知らないという人もいるかもしれませんよね。簡単に説明してみると次の通りです。
クールビズは、環境省が中心となり環境対策などを目的としている衣服の軽装キャンペーンです。ノーネクタイ・ノージャケットが基本でポロシャツ着用もOKとする企業もあります。「クールビズ」を取り入れる企業も増えて広く認知されるようになってきました。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/suzu201606080I9A6744_1_TP_V.jpg
クールビズは、ノーネクタイ・ノージャケットが基本だからジャケットは必要ないのでは?と思っている人も少なくないはず。確かにジャケット不要なシーンもあると思いますが、カジュアル過ぎるスタイルは印象が良くない場合もあります。
やはり大人のスタイルとしては、ある程度きちんとした印象を与える必要がありますよね。ジャケットは、きちんとした印象のスタイルにしたいときに最適なアイテム。
引用: https://img5.zozo.jp/goodsimages/312/30019312/30019312B_18_D_500.jpg
ノーネクタイでもジャケットを羽織るだけで、きちんとした印象が出せます。また最近はクールビズに対応する涼しさを感じられるジャケットも販売されているので、おすすめです。
きちんとした印象を与えることがビジネススタイルの基本。クールビズ期間中もジャケットを必要とするシーンには、涼し気に見える素材や色などを選ぶのもおすすめです。
引用: https://img5.zozo.jp/goodsimages/995/29981995/29981995B_b_15_500.jpg
基本は、ビジネスで許容される範囲に基づいた色や素材のジャケットを選ぶことが必要。おすすめのジャケットスタイルをいくつか見ていきましょう♪

関連記事

クールビズジャケットは、「テーラード型」を選ぶのがおすすめ。ノーカラーやショールカラーに比べてビジネス向きで「きちんと感」が出ます。
引用: https://img5.zozo.jp/goodsimages/253/29162253/29162253B_16_D_500.jpg
上襟と下襟が分かれていて、胸前で折れ返っているラペルタイプのテーラードジャケットが良いですね。ラペルが細すぎるデザインは、カジュアルな印象になりがち。ある程度ラペル幅があるタイプを選ぶのが◎
ジャケットにボタンが付いているデザインを選ぶ必要があります。2つボタン・3つボタンのどちらかを選ぶのがベスト。4つボタン以上はVゾーンが狭くなるため、カジュアルな印象になってしまいます。きちんとしたビジネススタイルには不向きです。
引用: https://img5.zozo.jp/goodsimages/253/29162253/29162253B_b_09_500.jpg
色と柄は、ビジネススーツに準じることが必要です。ブラックは暑苦しく見えがちなので、涼し気に見える「ネイビー」「グレー」がおすすめ。ベージュやカーキなどはカジュアル寄りになるので、あまりおすすめできません。
柄は、職種にもよるので一概には言えませんが無地かストライプを選ぶのが安心です。チェックも色や柄デザインの入り方によってはOKですが、あまり自由度を上げてしまうのはNG。
引用: http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/407707/item/04_407707.jpg
クールビズ期間中は、蒸し暑い季節ですよね。移動中などはジャケットを脱いで持ち歩き、必要に応じて着用する人も多いはず。シワになりにくく小さく丸めて持ち歩けるタイプを選ぶのも良いですね。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/suzu201606080I9A6765_1_TP_V.jpg
また涼し気に見える素材を選ぶことも必要です。素材選びのポイントは、少し詳しく続けて見ていきましょう。
引用: https://img5.zozo.jp/goodsimages/312/30019312/30019312B_b_13_500.jpg

【コットン】

コットン(綿)は、天然繊維の代表として広く知られていますね。古い時代から日本でも衣服に欠かせない素材で親しまれています。洗濯しても丈夫なところも季節を問わず好まれている素材。優しい肌触りで、高い吸水性があり、冬は暖かく夏は涼しいという特徴があります。
引用: http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/405194/sub/405194_sub5_popup.jpg

【リネン】

昔から日本では、リネン(麻)素材は涼しくて着心地も良いと好まれてきました。暑い季節の衣服には定番素材のリネン。風通しが良いので蒸れにくく、ハリがあるので肌に張り付かない、触った感触が冷たくひんやりするのが特徴です。
引用: https://img5.zozo.jp/goodsimages/312/30019312/30019312B_b_15_500.jpg

【サマーウール】

サマーウールは、夏スーツの定番素材といえます。生地の折り方や暑さの違いで夏に着用できるように涼しさを追求して出来た素材です。生地が軽くて通気性が良いので涼しいのが特徴。但し、シワになりやすいので、折れ目などが付きやすい点もあります。
引用: http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/18956900001/item/03_18956900001.jpg

【COOLMAX】

COOLMAX(クールマックス)という素材を知っていますか?最近はジャケットの素材として使われることが増えているんです。繊維構造そのものに快適な機能が備わっており、体温調節機能によって体表温度の上昇を抑えて、より涼しい着心地を与え快適にしてくれるのが特徴です。
引用: http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/407707/sub/407707_sub4_popup.jpg

関連記事

引用: http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/189569/item/69_189569.jpg
【ユニクロ】ドライストレッチジャケット(コットンライク)素材:100% ポリエステル
引用: http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/189569/sub/189569_sub5_popup.jpg
汗が乾きやすいドライ&動きやすいストレッチ素材を使い、快適な着心地のジャケット。短めの着丈や見返しにAir dotsのスレキを使っていて清涼感のある着心地が感じられる1枚。
引用: http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/189569/sub/189569_sub4_popup.jpg
スリムフィット&細めのラペルが、着こなしをコンパクトに見せてくれます。イタリアンメイドを意識した、低めの袖山でセットアップとしてもおすすめ。
BLACKとNAVY2着購入。ビジネスシーンやカジュアルにも使えそうです。生地もすばらしく軽くてスリムでカッコいいです。某ブランドに同じようなジャケットがありましたが値段が5倍程してました。暖かくなる季節が楽しみです。オススメです。

引用: http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/405194/sub/405194_sub3_popup.jpg
【ユニクロ】感動ジャケット(ウルトラライト・コットンライク)素材:100% ポリエステル
動きやすさはキープしながら、すっきりとした袖と肩まわりに変更されたユニクロのジャケット。フロントポケット下の縫い目をなくしたことで、よりクリーンな見た目に進化しています。
引用: http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/405194/sub/405194_sub4_popup.jpg
軽やかでお手入れも簡単なポリエステル100%素材です。ストレッチがきいているので動きやすいのが特徴。東レ㈱と共同開発した超軽量、超伸縮、超速乾の高機能素材を使用したジャケット。
引用: http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/405194/sub/405194_sub6_popup.jpg
引用: http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/406038/item/69_406038.jpg
【ユニクロ】リネンコットンジャケット(スリム)+EC 【素材】表地: 55% 麻,45% 綿/ 裏地: 100% ポリエステル
引用: http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/406038/sub/406038_sub5_popup.jpg
より動きやすく、より美しいフィットに進化したジャケット。リネンコットン素材の特性をいかし、無駄のない設計に変更されました。肩・袖・身頃・襟のバランスをミリ単位で追究して進化しています。
夏の季節の通勤用ジャケットとして購入しました。 軽くて通気性が良いので、汗かきの私にとっては愛用の一着となりました。 購入後少しして、カラー違いを購入しようとしたら、既に私のサイズは売り切れていました。 残念です。

引用: http://im.uniqlo.com/images/jp/pc/goods/406038/item/64_406038.jpg
いかがでしたでしょうか?夏の蒸し暑い季節には、ジャケットは出来るなら着たくないところ。クールビズとはいっても必要に応じて、きちんとした印象を与える必要があるのがビジネススタイル。
ジャケットひとつ羽織るだけで、きちんと感が出せるのは便利ですよね。夏の暑さに適した涼し気な素材やシャツの襟など選び方でも印象は変わってきます。
最近は、ジャケットそのものが涼しく心地よいタイプも販売されています。購入を考えている人は、実際に試着して着心地や見た感じなどチェックして自分の身体に似合う1枚を選ぶのも良いですね。クールビズもビジネスシーンで失礼のないスタイルには、ジャケットがおすすめです。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://img5.zozo.jp/goodsimages/312/30019312/30019312B_b_05_500.jpg