Dxw9pzmulhm4elejtbbk

DIY・ハンドメイド

CATEGORY | DIY・ハンドメイド

タイルデッキをDIY!後悔するの?タイルデッキの価格もご紹介!

2019.01.25

理想の庭作りにタイルデッキをDIYしたいと思っている皆さんへ。タイルデッキのDIYで後悔しないためにタイルデッキのメリット・デメリットを把握しておきましょう。今回はタイルデッキのDIYについて、メリットやデメリット、作り方、そして価格をご紹介します。

  1. タイルデッキをDIY!後悔しないためには?
  2. タイルデッキのメリット
  3. タイルデッキのデメリット
  4. タイルデッキのDIYは後悔する?向いている環境は?
  5. タイルデッキをDIY!作り方まとめ
  6. タイルデッキをDIY!作り方①計画
  7. タイルデッキをDIY!作り方②枠組み
  8. タイルデッキをDIY!作り方③砕石を入れる
  9. タイルデッキをDIY!作り方④タイル貼り
  10. タイルデッキのDIYにかかる価格はどれくらい?
  11. タイルデッキDIYで理想の庭に!
Rndockijrdh1twdtfwvs
引用: https://www.instagram.com/p/BtAQ4Rdn9AF/
一戸建ての家を建てる時や庭のリフォームの際にデッキを作りたいと考えている人は多いのではないでしょうか。お子さんのいる家庭だと子供の遊び場としてタイルデッキが欲しいという人も多いと思います。タイルデッキは業者に頼むのが確実で安心ではありますが、外構工事やエクステリアの知識を持っている人ならタイルデッキをDIYしてみるのもおすすめです。価格の面では業者に頼むよりもDIYのほうがかなり安く済みます。
Lmhqwdzpqy0jcckuldy9
引用: https://www.instagram.com/p/BqGjN03ljvn/
とはいえ、いざタイルデッキをDIYしてみて後悔することは避けたいですよね。タイルデッキについて色々と調べているうちに、タイルデッキのDIYは後悔するかも?と思い始めるかもしれません。タイルデッキのDIYで後悔しないためにもタイルデッキのメリット・デメリットを把握しておくのがポイントになります。
Nzsyhmgodvxwieaiue0e
引用: https://www.instagram.com/p/BszyMnug8g3/
まずタイルデッキのメリットについて解説していきます。デッキを導入する際に比較されるのがタイルデッキとウッドデッキですが、タイルデッキはウッドデッキに比べて掃除がラクというメリットがまず挙げられます。タイルデッキの掃除は高圧洗浄機があれば簡単にでき、デッキで子供が遊んで汚したりバーベキューなどをして汚れても掃除をすれば汚れを落とすことができます。一方でウッドデッキの場合は飲み物や食べ物の汚れ、雨などでもシミになりやすく掃除が大変です。
Bhz0qvykzfceemwukkj7
引用: https://www.instagram.com/p/BskixpEHp0F/
タイルデッキのメリットは見た目の印象にもあります。ウッドデッキは木調カラーが基本ですが、タイルデッキはモダンな印象で高級感ある仕上がりになります。タイルの種類も豊富で、見た目の印象にもこだわりたいという人にタイルデッキが人気があります。
また子供の遊び場としてタイルデッキを作りたい人も多いですが、タイルデッキならお子さんが裸足で歩き回った場合でもささくれの心配がありません。ウッドデッキは木材なので裸足で歩き回るとささくれになる心配があり、対策が必要になります。
Km9a4idwmty8cl5p4lbt
引用: https://www.instagram.com/p/BpOA2YNHG3r/
タイルデッキは雑草や虫の対策が不要なのもメリットです。庭にタイルを敷き詰めることで太陽光を遮断し、雑草が生える隙間を与えません。

関連記事

Ijnjuuujhf8htvjemkcx
引用: https://www.instagram.com/p/BtBGKwVHzqj/
タイルデッキDIYで後悔しないために把握しておきたいのがタイルデッキのデメリットです。タイルデッキのデメリットで挙げられるのが、ウッドデッキに比べて夏場は照り返しがきつくなるということ。ウッドデッキも夏場は熱くなりますが、タイルデッキは更に熱くなるため対策が必要です。照り返しの対策としてはオーニングやテラス屋根と組み合わせる、デッキを設置する方角を工夫するなどする必要があります。
Yxnble0g0fvjaoggdbpe
引用: https://www.instagram.com/p/BiQHbufn1iL/
またタイルデッキは雨や雪で濡れた場合滑りやすくなるのもデメリットとして挙げられます。滑って転んでしまうと怪我に繋がるので注意しなければいけませんが、タイルデッキは乾きやすい素材なので濡れた場合は雑巾で表面を拭いたりデッキブラシで雪を払いのけるようにすれば安心です。タイルが濡れていない場合でも転ぶと怪我をしてしまうので、特にお子さんのいる家庭では気を付ける必要があります。
Sqz43is7vbcnbzzfndy1
引用: https://www.instagram.com/p/Bq023CTn4sf/
タイルデッキのDIYで後悔しないために、タイルデッキの設置に向いている環境についても確認しておきましょう。タイルデッキとウッドデッキではデッキの高さとデッキ下の構造が違い、ウッドデッキの場合は掃き出し窓の高さに合わせて施工される場合が多くなっています。そのためデッキ自体の高さがあるためお子さんのいる家庭では柵を付けないと転落の危険性があるんです。 タイルデッキは掃き出し窓よりも低い位置に設置する場合が多いため、デッキ自体の位置が低く柵を付ける必要がありません。つまりお子さんのいる環境ではタイルデッキのほうが向いていると言えるでしょう。
Jhuxmbt1ygeoftdjlr5w
引用: https://www.instagram.com/p/BqY9m07ly0Z/

関連記事

Gy1a0uxedb6wqo1omcox
引用: https://www.instagram.com/p/Bs-bG_KneRr/
それではタイルデッキをDIYするにあたって知っておきたい作り方のポイントを動画付きでご紹介したいと思います。タイルデッキのDIYは先に触れたように外構工事やエクステリアの知識をある程度持っていることが前提となりますし、専門の機械が必要になる場合もあります。外構工事やエクステリアの知識がある人はぜひ動画を参考にしてタイルデッキのDIYに挑戦してみてください。
Dv4gu4s9olv52el3dlfd
引用: https://www.instagram.com/p/BQKbk_XgLy-/
タイルデッキをDIYするとなったらまずは計画を立てることから始まります。上の動画でも計画の様子が紹介されていますが、庭のどこにタイルデッキを作るのか設計図を書いてから作業に入るようにします。どのようなタイルデッキにするのかイメージして設計図を書いてください。

関連記事

Tyk7i4iyse1h1zxzbv3o
引用: https://www.instagram.com/p/Bpl8b0InaWA/
計画が立ったらンクリートブロックで枠組みを作っていきます。水平器、水糸を使って水平を出しブロックの高さを調節していきます。目安の高さになったらブロックをよけ、モルタルを作ってブロックを置いていきます。
モルタルの作り方はこちらの動画を参考にしてみてください。モルタルを作ったら決めた位置にモルタルを敷き、高さを調節しながらブロックを置いていきます。
ブロックで枠組みを作ったら砕石を入れていきます。砕石を入れたらしっかり踏み固めます。 この時に水平器を使い、砕石を調節して平らになるようにしてください。

関連記事

砕石を固めてセメントを塗ったらタイル貼りの作業に入ります。タイルを貼る際はイメージとして並べ、線を書いて貼る場所を決めていきます。モルタルを敷いたらクシコテでならし、タイルを貼っていきます。目地埋めをしたらタイル貼りの作業完了です。タイル貼りについては下のリンク先も参考にしてみてください。
Dzgotbuajl2waezn9rca
引用: https://www.instagram.com/p/BsiWcMEFWSj/
タイルデッキのDIYですがどれくらいの価格がかかるのかも知っておきたいですよね。業者に頼むより安い価格で済むと一般的に言われていますが、どのくらいの価格が必要になるのでしょうか。
タイルデッキのDIYの価格は4万円~10万円程度が一般的とされています。使用する材料によって価格が変わってきますが、タイル、ブロック、砕石、セメント、その他道具など揃えて数万円ほどでDIYすることができます。上の動画では予算4万円でタイルデッキをDIYしていますね。

タイルデッキのリフォームにかかる価格は?

Lfs0l3zcg3axkbubf6bz
引用: https://www.instagram.com/p/Bss8PgxgLGn/
ちなみにタイルデッキのリフォームにかかる価格はどれくらいなのかというと、 7平方メートル程度のタイルデッキを施工する場合で10万円~15万円、 10平方メートル程度のタイルデッキを施工する場合で15万円~20万円、 12平方メートル程度のタイルデッキを施工する場合で18万円~25万円程度となっています。 またグレーチングを取り付ける場合や、タイルデッキに屋根を取り付ける場合にはそれぞれ15万円程度の追加費用がかかります。

関連記事

Kujbyn4pjjrhgp6flsl0
引用: https://www.instagram.com/p/BU4JOMdlHar/
タイルデッキのDIYについて、タイルデッキのメリット・デメリット、そしてタイルデッキの作り方をご紹介しました。タイルデッキのDIYで後悔しないよう、メリットとデメリットを把握して理想のタイルデッキに仕上げるよう計画を立ててみてください。タイルデッキDIYで理想の庭作りに挑戦してみてくださいね。

タイルのDIYについてもっと知りたい方はこちら

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BshEKc3Hu-L/