Nemspj9fhomatk857smn

注意点

CATEGORY | 注意点

マフラーを洗濯したい!おすすめ方法まとめ!簡単なのに綺麗?頻度や注意点も!

2018.10.28

毎日使うマフラーは、汚れやすいアイテムですね。今回は毛糸や繊維のマフラーを簡単で綺麗に洗濯する、おすすめの方法や頻度、注意点についてまとめました。洗濯時の毛玉や型崩れもなく、失敗しない洗濯方法を厳選!これからおすすめの、マフラーの洗濯法をご紹介します。

  1. マフラーを自宅で綺麗に洗濯するおすすめの方法が知りたい!
  2. マフラーを簡単で綺麗に洗濯するおすすめの方法①洗濯可能か表示を見る
  3. マフラーを簡単で綺麗に洗濯するおすすめの方法②カシミヤ
  4. マフラーを簡単で綺麗に洗濯するおすすめの方法③ウール
  5. マフラーを簡単で綺麗に洗濯するおすすめの方法④アクリル・ポリエステル
  6. マフラーを簡単で綺麗に洗濯するおすすめの方法⑤マフラーの臭いを取る
  7. マフラーを簡単で綺麗に洗濯するおすすめの方法⑥マフラーのシミ抜き
  8. マフラーを簡単で綺麗に洗濯するおすすめの方法⑦マフラーの洗い方
  9. マフラーを簡単で綺麗に洗濯するおすすめの方法⑧マフラーのアイロン仕上げ
  10. まとめ
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ea/ea850a58ea8194ab6d87e3b35b4f6677_t.jpeg
マフラーは秋冬になると外出時にはなくてはならない必需品です。マフラーは、毎日洗濯するものではないため、汚れが蓄積していることが多いのも事実ですね。今回は、マフラーを自宅で簡単で綺麗に洗濯する方法についてご紹介します。マフラーは、毛糸や素材により洗濯の方法が異なり、取り扱いに注意しなければならない難しい面があります。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/84/84c1f394786072f70b42f8f1d07b5375_t.jpeg
ウールやカシミヤなどの毛糸や素材は、洗濯すると型崩れを起こしたり、毛玉ができたりと綺麗に洗い上がらない場合があります。マフラーの洗濯に失敗しないにはどのようにしたら良いのか?また、洗濯の頻度はどのくらいが良いのかについても、これから厳選してご紹介します。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/3e/3e7c594b448fef2421bb2c0db1a6171a_t.jpeg
マフラーは、上質のウールやカシミヤなどの素材の場合、自宅での洗濯が不可でクリーニングを表示している物もあります。まず、自宅で洗濯ができる素材かどうかについて、一番はじめに確認をしましょう。「水洗い不可マーク」が表示されていたら、クリーニング店に依頼するしかありません。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/86/86a52d4b34339d503812da58cd6f6c47_t.jpeg
クリーニングしか不可能のマフラーは、残念ながら自宅では洗濯をできません。クリーニング店に持って行きましょう。手洗いや洗濯機での洗濯が可能のマフラーは、綺麗に型崩れや毛玉などの失敗もなくこれからご紹介する方法で洗濯をしてみましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/3c/3cec680a158efb87921c550a12f2a3fd_t.jpeg
マフラーと一言にいっても、素材により洗濯方法や注意点が違います。天然のウールやカシミヤ100%の物などは、型崩れや毛玉ができやすく、洗濯時には注意が必要になってきます。失敗のない洗い上がりに仕上がるように、代表的な素材による洗濯方法の違いや注意点についてご紹介しましょう。

カシミヤ山羊

引用: http://www.periodistadigital.com/imagenes/2018/04/05/ecologiablog_560x280.jpg
カシミヤは、高級品の代表格と言っていい素材で、本物志向の方たちに人気があります。インドのカシミール地方の首都スリナガールで、白く長い美しい毛皮のカシミヤ山羊の毛から作られた毛糸や繊維のマフラーです。素材の特徴としては、手触りがとてもしなやかで柔らかく、保温力に優れています。洗濯時には、30度以下の水温でやさしく手洗いをしましょう。水の中に長時間浸らせることが苦手な素材ですので、手洗いやすすぎの時間は短めに素早く洗い上げることがベストです。洗濯頻度は、月に一度程度が良いでしょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f7/f79e5c0c269cd15b62421adbdcdb3fc9_t.jpeg

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c3/c3d4bbfc13d90c5281e963488d1eb91d_t.jpeg
ウールは、羊毛から作られた毛糸や繊維のマフラーです。暖かく毛糸製品のアイテムに、多く使われています。マフラーとしては、洗濯をすると縮みやすい特徴があります。型崩れをしやすいですので、手洗いでそっと押しながら汚れを落としていきましょう。水温が低いとさらに縮みますので、ぬるま湯で洗うように注意をします。ウールは、洗い上がりが難しく、型崩れや毛玉などの失敗をしやすい素材です。ウール専用の洗剤を使うなど、注意をしながら手洗いを行いましょう。洗濯頻度は、月に一度ほどが良いです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/27/2784c29478ba47ee9fae53749372d1cb_t.jpeg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/89/8986807570b21dab43e0e61a907e11c5_t.jpeg
アクリルやポリエステルは、科学繊維で作られた毛糸や繊維のマフラーです。とても丈夫で、型崩れもしにくいので洗濯機で洗うことができます。取り扱いはしやすい素材で、洗濯の頻度もウールやカシミヤに比べて頻繁に洗濯をしても大丈夫です。ただ、マフラーの編み方として、ふんわりと編まれているものが多いので、ソフトに洗い洗濯ネットには必ず入れてから洗濯機で洗うように注意をしましょう。毛玉もできやすいので、毛玉取りも忘れずに。洗濯頻度は、週に一度くらいは洗えます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ec/ec473a1f4e94efbdde038d82adae5927_t.jpeg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/78/783711db9a399774f9ad28b78c85f753_t.jpeg
マフラーは洗濯の頻度があまり多くないアイテムです。それゆえに、マフラーに臭いがついて取れない場合があります。臭いというのは、洗濯をしてもなかなか取り除くことは困難なしろものだと言えます。そのような場合には、洗濯の前に、液体スプレータイプの消臭剤で臭いを取り除いてから洗濯をしてみましょう。マフラーについていた嫌な臭いが、簡単に取れてしまいます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/5f/5f874fa4a4c096b33c3dbbeb1ec7846c_t.jpeg
洗剤や柔軟剤に香料は入っていても、臭いの元を取り除かないかぎりは、無臭にはもどりません。洗濯前の一手間で、失敗なくマフラーを洗い上げることが可能です。なかなか洗う頻度が増やせない、デリケートなアイテムのマフラーは、このような手間暇をかけて洗濯をしてみましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/57/5730b9f609e989242eeedfc8479433cf_t.jpeg
マフラーの洗濯前に行いたいこととして、強い部分汚れを落とすことも忘れてはなりません。食べこぼしのシミや汗染み、ファンデーションやリップなどのシミがある場合は、シミ抜きをしてから洗います。毎日のような頻度の多さで洗えないマフラーは、汚れも染みこんでいる場合がほとんどです。では、部分洗いについて見て行きましょう。
マフラーについた汚れは、おしゃれ着用の液体中性洗剤の原液を、シミや汚れの部分に直接かけて揉み込みます。毛糸や繊維を傷めないように丁寧に扱いましょう。しばらく湿布して、汚れを浮き上がらせてから洗濯に取り掛かりましょう。だいたいの部分汚れは、これで落とすことができます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/718PRTs-aTL._SL1000_.jpg
マフラーを外出先で、コーヒーやソースなどで汚してしまった場合には、携帯用の衣類用シミ落としシートで落としましょう。スーパーやドラッグストアなどで、手軽に購入ができます。放っておくと、食べこぼしなどのシミは、毛糸や繊維の奥深くに入り込み落とせなくなってしまいます。汚れたそのときに、すぐにこのようなシミ落としシートで汚れを落としましょう。とても簡単にすぐシミを落とせて便利です。マフラー以外の衣類にも、おすすめします。
衣類のシミ落とし
価格 ¥ 324

洗濯機洗いの場合

マフラーの洗濯機OKの場合の洗い方は、まずおしゃれ着用の液体中性洗剤を用意します。マフラーを、洗濯ネットにマフラーのフリンジが内側になるように折りたたんで入れて、洗濯機の手洗いコースやドライコースで洗濯をします。柔軟剤もセットして、ふんわりと柔らかく仕上げましょう。脱水は1分程度にして、あまり強く水分を絞らないように注意をします。マフラーの型崩れの原因にもなり、洗濯が失敗に終わります。
干すときは、型崩れが心配な場合は、平干しネットの上に寝かせて形を整え干します。型崩れの失敗なしに、綺麗にマフラーを干し仕上げることができます。
引用: https://mykaji.kao.com/wp-content/uploads/2013/11/4916_002-1.jpg
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/life-static-production/wp-content/uploads/2016/11/10150631/0f61416c3f3a63ad49bb837bb3c3e1e6-500x375.jpg
また、通常は、ハンガーや物干しワイヤー2本に、M字になるようにゆるくかけて日陰干しで干しましょう。

手洗いの場合

引用: https://lidea-assets.s3.amazonaws.com/uploads/block_page_image/file/8329/13_c_s.jpg
マフラーが手洗い表示の場合は、洗面器などに水かぬるま湯を入れ、おしゃれ着用の液体中性洗剤を加えて洗浄液を作ります。マフラーは、フリンジが内側にくるように綺麗に折りたたみ、洗濯ネットにいれましょう。洗濯ネットに入れたマフラーを洗浄液に入れ、押し洗いを数分間して汚れを落とします。つけ置き洗いの場合は、約15分~20分くらい洗浄液につけ。その後軽く押し洗いをします。
そして、脱水を15秒程度かけ、洗面器のきれいな水ですすぎまた15秒脱水、またきれいな水ですすぎ脱水をします。次に、柔軟剤を加えた水に浸し、仕上げの脱水を15秒行い干します。干すときは、先の干し方と同じように干しましょう。
マフラーを干し終えたら、シワ伸ばしや形を綺麗に整えるために、アイロンをかけることもおすすめです。マフラーを傷めないように、あて布をしてからスチームアイロンで優しくアイロンをかけましょう。
毛玉取りブラシなどで、マフラーの毛玉を取り、繊維の乱れもブラシできちんと整えます。フリンジは、マフラーの付け根から先に向かって伸ばすようにアイロンをかけます。これで、マフラーの洗濯は、すべて完了です。

マフラーについてもっと知りたい方はこちらへ

Ckhq9wihsntdwj57aqv1
引用: https://www.instagram.com/p/BpY4buBBd44/?tagged=%E3%83%9E%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%BC
マフラーは、秋冬のシーズンには欠かせない必須アイテムです。毎日外出時には使用しても、洗濯の頻度は多くなく、綺麗に使いたいアイテムでもあります。普段から、消臭剤やシミ落としシートなどでお手入れを欠かさず、洗濯のときには手間取らない努力も必要です。風邪などから守ってくれるアイテムのマフラーを、大事に扱い優しく洗濯をしてみましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/a049f0046c4f2eb255ce8c73865d875f/5C5105DE/t51.2885-15/sh0.08/e35/s640x640/41560105_688193334893751_1782979462369546181_n.jpg