Opcg1tun4zxd9rz0prsf

筋トレ

CATEGORY | 筋トレ

毎日筋トレして大丈夫?効果が出る適切な頻度やメニューを紹介!ダイエットにも!

2018.11.03

筋トレは毎日しても大丈夫なのか。この記事では筋トレで効果が出る頻度やメニューについて紹介します。筋トレを毎日行う事での効果や適切な頻度とメニューを詳しく紹介していきます。さらに、筋トレ後の回復やダイエット、目的や部位、自重についても紹介します。

  1. 毎日筋トレして大丈夫?効果が出る適切な頻度やメニューを紹介!ダイエットにも![筋トレ]
  2. 毎日筋トレして大丈夫?効果が出る適切な頻度やメニューを紹介!ダイエットにも![毎日筋トレしても大丈夫なのか?]
  3. 毎日筋トレして大丈夫?効果が出る適切な頻度やメニューを紹介!ダイエットにも![効果が出る適切な頻度]
  4. 毎日筋トレして大丈夫?効果が出る適切な頻度やメニューを紹介!ダイエットにも![効果が出る適切なメニュー]
  5. 毎日筋トレして大丈夫?効果が出る適切な頻度やメニューを紹介!ダイエットにも![筋トレ後の回復]
  6. 毎日筋トレして大丈夫?効果が出る適切な頻度やメニューを紹介!ダイエットにも![筋トレとダイエットの関係]
  7. 毎日筋トレして大丈夫?効果が出る適切な頻度やメニューを紹介!ダイエットにも![筋トレをするなら目的を持って]
  8. 毎日筋トレして大丈夫?効果が出る適切な頻度やメニューを紹介!ダイエットにも![鍛えたい部位を意識する]
  9. 毎日筋トレして大丈夫?効果が出る適切な頻度やメニューを紹介!ダイエットにも![自重の程度]
  10. 毎日筋トレして大丈夫?効果が出る適切な頻度やメニューを紹介!ダイエットにも![まとめ]
Ayttvrdhpf7ob01cml0o
引用: https://www.instagram.com/p/Bpt-tuahO14/
筋トレは体を動かすには最適な運動方法になります。男女問わず多くの人が筋トレを行なっている最近は、筋トレの方法や室などが高く求められています。筋トレの情報などは幅広く広まっていますが、情報がありすぎてどの情報を信用したらいいのか分からないということがあります。
Vqirq9yakfg1somlwste
引用: https://www.instagram.com/p/Bpt-p2zh0Xy/
そして、今回の記事では筋トレの頻度や最適なメニューについて紹介します。どの情報を信用したらいいのか分からないという人は是非この記事を参考にしてください。筋トレは効果が出やすい適切な頻度やメニューが確実に存在しています。
筋トレをやっているが効果があまり見られないという人は、筋トレの頻度やメニューを見直す必要があります。また、筋トレの回復や目的、部位や自重についても紹介するので、筋トレに興味のある人は是非この記事を読んでみてください。
Ukarxn5rfrztb360gzfd
引用: https://www.instagram.com/p/Bpt-WjUlWK5/
筋トレをやっている人が率直な疑問を持つのが毎日筋トレをしても大丈夫なのかということです。筋トレは筋肉を壊しながら新しい筋肉を作っていくという仕組みなので、毎日筋トレをすると体に負荷がかかり過ぎるのではと筋トレを日課にしている人はそう自然と疑問を持ちます。結論から言うと筋トレは毎日しても大丈夫です。
Mclnpmzb31gzppeq70xn
引用: https://www.instagram.com/p/Bpt9nkUBFqL/
しかし、あまりおすすめはしないです。筋トレはアスリートではない限り週3日ぐらいやれば十分だからです。最初に話したように筋トレは筋肉を壊して新しい筋肉を作る仕組みなので、毎日筋トレを行うと新しい筋肉の構築をしっかり出来なくなってしまうからです。
特に徹底的に筋トレを行う人にとっては毎日筋トレをするとなると適切なメニューが必要になります。ちなみに筋肉が壊れていると実感できるのは筋肉痛になります。筋肉痛は筋肉が壊れた状態にあるということです。
Hc02zbgdd2s84u0jnihv
引用: https://www.instagram.com/p/Bpt844WjXEF/
筋トレは毎日行なって良いですがその分筋トレで得られる効果はあまりないです。筋トレを行うと筋肉が破壊をされて新しい筋肉になるのに時間がかかります。つまり筋肉の回復時間です。この回復時間は基本的には24時間以上は必要になります。24時間となると最低でも1日は休まないと筋トレで得られる効果は薄いということになります。
Kkv6gjp6maqmvp7ypumx
引用: https://www.instagram.com/p/Bpt8dw2n0kj/
J1gopeq1dax4e6cccqih
引用: https://www.instagram.com/p/BmV0R1zgZ_E/
筋トレの適切な頻度としては週3日が最適になります。週3日と言っても連続で筋トレを行うのではなく、1日空けながら筋トレを行うことになります。筋トレを普段していない人でも週に1回は筋トレをすることをおすすめします。
筋トレはやればやるだけ効果が出ると勘違いしている人が多いので、この記事をキッカケにしてその考えを改善してくださいね。筋トレは回復時間に時間がかかりますがやらないよりかはやった方がいいので、筋トレを普段やっていない人も少しは筋トレをしてみてください。
Lmurzp9pxpodvcosa1tx
引用: https://www.instagram.com/p/BmfmevzglQs/
筋トレは回数をこなせば効果が出ると勘違いをして1つの筋トレに100回や200回などの回数をようしている人が多い傾向にありますが、筋トレは回数をこなすよりも少ない回数で質の良い筋トレをする方が効果が出やすいです。どれだけ筋肉に負荷をかけてもやっている筋トレの質が良くなければ効果は薄いです。
効果が出る適切なメニューは、1つの筋トレの回数を10回から20回に抑えて3セットや5セットなどセット毎に筋トレを行うメニューが一番効果の出やすいメニューになります。1セットやったら少し休むというように回復時間を設けながら筋トレを行うと質の良いl筋トレをすることが出来ます。
これまで回数を重視して質を全く気にしていなかったという人は、この記事を良い機会にして筋トレのメニューを改善することをおすすめします。
Nptnalntiqb4lfb5lsd3
引用: https://www.instagram.com/p/BpWZP7vArC7/
筋トレ後は筋肉が回復するまで休むというのが一番筋トレには良い方法です。回復時間は24時間以上必要とするので、筋トレ後は最低1日は休むことをおすすめします。1日休むくらいなら筋トレをしていたいという人はたくさんいますが、そこは我慢をする必要があります。
Og4gjvoddbi0xoeuiuse
引用: https://www.instagram.com/p/BprBKPLg-Xi/
回復時間を待たずに筋トレをしても効果は薄いので、それなら筋トレではなくウォーキングなどの軽い運動をすることをおすすめします。回復に1日を要する場合は、あくまでも回復を目的としながら筋肉にあまり負荷がかからない軽い運動ならしても大丈夫です。
筋トレはダイエットに繋がるのかという疑問ですが、結論から言うと筋トレでダイエットは出来ます。しかし、筋トレの場合体重を減らすというよりも見た目をスッキリさせると言った方が正しいです。筋トレはあくまで筋肉を強化するための運動なので、体重を減らす目的で筋トレをするのは目的が違います。むしろ筋トレでつけた筋肉によって体重が増える可能性の方が大きいです。
Ay0aftq8bzlogercvsxz
引用: https://www.instagram.com/p/Bpt99jYhkNM/
しかし、筋トレをして体重が増えたとしても見た目が太ったようになる訳ではないです。むしろ痩せている印象になります。ダイエット目的で筋トレをしようとしている人は、体重を減らすことにはあまり向いていないので、体重を減らしたいなら普通にランニングをすることをおすすめします。
筋トレをするなら目的を持って筋トレをすることをおすすめします。目的とはなぜ筋トレをするのかということです。筋トレをただ何も考えずにやっているという人は少ないです。それぞれ何かしらの目的があって筋トレをしている人がほとんどになります。筋トレは何か目的を持って取り組んだ方がモチベーションも上がりますし、何より筋トレを継続的に行うことが出来ます。
目的がないまま筋トレをやっても継続的に筋トレを出来る人はほとんどいないです。筋トレをする以上は何かしら目的を持って取り組んでください。目的は何でも構わないです、良い体になってモテたいでも良いですし、運動不足だから筋トレをしようという目的でも構わないです。とにかく何でも良いので目的を持って筋トレに取り組んでください。

筋トレに興味がある方はこちら!

筋トレの効果を上げるためのコツとしては鍛えたい部位を意識しながら筋トレをすると効果が出やすいです。つまり、脳に鍛えたい筋肉を伝えることで、その筋肉を中心に鍛えることが出来るということです。このコツは、筋トレにおいてとても大切なコツになるのでしっかり覚えておいてください。多くの人が部位を意識しても意味がないと思っています。
しかし、効果をしっかり実感したいなら騙されたと思って部位をしっかり意識しながら筋トレをやってみてください。部位を意識するというのは言葉では簡単ですが、実際にやるとなると結構キツいということが分かります。しかし、部位を意識せずに筋トレをやっていた時に比べて確実に効果は出やすくなっています。
筋トレで自重はとても重要になります。自重によって筋トレの効果も大きく変わってきます。自重とはダンベルなどの道具を使わずに自分の体のみで体に負荷をかけるという意味になります。自重トレーニングで有名どころと言えば腹筋や腕立て伏せになります。
このように重りなどを一切使わずに筋トレをする方法を自重トレーニングと言います。自重トレーニングは、筋トレの基礎にあたる方法なので、しっかりトレーニングをすればそれだけ良い結果を得ることが出来ます。
今回の記事では、筋トレの頻度やメニューについて紹介しましたが、筋トレはしないよりはした方が良いので、筋トレをする際はこの記事をしっかり参考にしながら効果的な筋トレを行なってください。また、毎日筋トレをやっていた人もこの記事を良い機会にして、筋トレの頻度やメニューなどを改善してみることをおすすめします。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OOPAKU6485_TP_V.jpg