Wblzleuokdyyd8qq87hj

健康

CATEGORY | 健康

ヨガは自律神経を整える効能が!寝る前にやれば安眠効果も!

2018.04.19

みなさんはヨガをやったことはありますか?ヨガには自律神経を整える効果があります。そして自律神経がととのうことで、さまざまな効果を生みだします。今回はヨガのさまざまな効果をご紹介していきます。ヨガをやっている方は、効果を知った上でさらに効果を実感してくださいね!

  1. ヨガは自律神経を整える?
  2. ヨガの自律神経を整える効果①
  3. ヨガの自律神経を整える効果②
  4. ヨガで自律神経を整えることで生まれるさらなる効果①
  5. ヨガで自律神経を整えることで生まれるさらなる効果②
  6. ヨガで自律神経を整えることで生まれるさらなる効果③
  7. 自律神経を整える特におすすめのヨガ①陰ヨガ
  8. 自律神経を整える特におすすめのヨガ②ハタヨガ
  9. 自律神経を整える特におすすめのヨガ③アロマヨガ
  10. ヨガで体と心を整えよう
引用: https://www.balancedknowledge.com/wp-content/uploads/2017/08/shutterstock_557795095-320x320.jpg
最近多くの方がやっている健康法でもあるヨガ。女性から男性まで、そして妊婦の方も、さまざまな年齢層の方がヨガをしています。ヨガには体や心に、良い効果がたくさんあります。長く続けることで、さらに心や体に良い効果が出るそうです。今回はその効果の中でも、自立神経に着目してみました。
Slqwdretbgi0uyanw4qx
引用: https://media.istockphoto.com/photos/young-yogi-attractive-woman-in-one-legged-king-pigeon-pose-picture-id667293732?k=6&m=667293732&s=612x612&w=0&h=5vt6DWUxNE-sSiQ5AdIfCKuzNfLO_1oBtoJ-kb8cKXs=
それではヨガは、どういったことから自立神経とつながっていて、良い効果を生み出しているのでしょうか。詳しくご説明していきます。
引用: https://www.asomadetodosafetos.com/content/uploads/2017/07/shutterstock_557795137.jpg

関連記事

引用: http://www.estilopunta.com/wp-content/uploads/2017/03/meditando.jpg
自律神経と呼吸は深いつながりがあります。ヨガは、意識的に深くゆっくりとした呼吸を行うことで、ゆっくりとしたリズムで呼吸をすることを促し、副交感神経というリラックスしている状態の神経を優位にさせる効果があり、自律神経に良い効果が生まれるのです。
普段、生活の中でストレスを感じ自立神経が乱れてしまっている方は、交感神経が優位になっている時間が圧倒的に多いそうです。人はストレスを感じたりして緊張状態だと、浅く早い呼吸を無意識にしてしまっているので、ヨガで意識的に腹式呼吸をすることで、自立神経を整えます。
引用: http://fujitakoumei.info/wp-content/uploads/2018/03/%E3%83%A8%E3%82%AB%E3%82%99.jpg
引用: http://suhada.avene.co.jp/wp-content/uploads/2016/05/B5-34_p1-640x480.jpg
深くゆっくりとしたヨガの腹式呼吸は、血流を促進する効果があります。また、緊張状態で硬くなっている筋肉をほぐすことで、全身の巡りが良くなり、酸素が体の隅々まで行き渡りやすくなります。酸素が行き渡るということは、体内にある細胞がじゃ活性化することにつながります。
体のコリや滞りをほぐして、細胞ひとつひとつに良い栄養を送り届けるという気持ちで、呼吸や巡りを感じながらヨガを行い、しっかりと腹式呼吸で血液を流してあげましょう
Mjbwnctk0dsqsolcbz8q
引用: https://media.oncologynurseadvisor.com/images/2014/02/20/ona_survivorship_yoga_0214app_553781.jpg?format=jpg&zoom=1&quality=70&anchor=middlecenter&width=320&mode=pad
引用: https://sobertimes.com/wp-content/uploads/2017/07/shutterstock_324427688-e1500918841493.jpg
自立神経の乱れは、さまざまな心身の不調につながります。その中でも特に女性に大きく関係してくるのがホルモンバランスです。自律神経の乱れは、同時にホルモンの乱れに繋がってしまうのです。そして、ストレスで自立神経が崩れてしまっていると、生理が遅れたり生理が早まってしまったり、また火照りや発汗などとさまざまな症状があります。
ヨガの腹式呼吸は、自律神経に良い効果を生み出しますので、自立神経が整えられることでホルモンバランスまで良い効果が生まれます。また、ヨガの適度な運動も、自律神経の乱れに良い効果を生み出すのです。
引用: http://momoka01.com/wp-content/uploads/2016/10/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9.jpg
引用: http://www.valyaeva.ru/wp-content/uploads/2011/04/9667165_l-1024x682.jpg
自律神経が乱れると、イライラしたり頭痛が起こったり、めまいや眼精疲労、肩こり、胃痛、睡眠障害などが起こったりします。皆さんもストレスを感じた時に、そのような症状が現れたことはなかったでしょうか?それは、ストレスで自律神経が乱れていまったことで起こる体の症状なのです。
自律神経を整えるということは、同時にストレス発散にもなっているということです。ヨガの自分と向き合うゆっくり流れる時間や、適度な運動、ストレッチ効果などが、体と心のバランスが悪くなっていることで起こる症状を軽減して、改善に導くのです。ですので、自律神経がが乱れている方に推奨されるほど、ヨガと自律神経は深い関係になります。寝る前などにヨガをする時間を作ることで、心身のバランスも保ちやすくなります。
引用: http://cdn2.salud180.com/sites/default/files/styles/gallerie/public/field/image/2013/08/tecnicarespiracion1.jpg
引用: https://nagomiyoga.jp/wp-content/uploads/2017/02/61267716_m-770x260.jpg
自律神経が乱れていると、呼吸が浅くなったり、動機を起こしたり、睡眠が浅くなったりの症状も出てくることがあります。また、呼吸が浅くて動機がするから眠れなかったりと、全てが悪循環に回ってしまいます。ヨガは、酸素の巡りを良くし、腹式呼吸という深くゆっくりとした呼吸をすることで、副交感神経というリラックスしている際の神経を優位にさせます。
ですので、寝る前などにヨガをすることで、呼吸を整えて睡眠をとれる体の状態に導いてくれるのです。そして副交感神経を優位にさせて自律神経を整えることで、睡眠自体の質もよくなります。ストレスで体の不調が現れている方などは、ぜひ寝る前にヨガをして、リラックスする時間を作ってみてください。
引用: http://i.epochtimes.com/assets/uploads/2014/06/1303130932221778.jpg
Vtajanqgc6yj58aj2uqb
引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRPL70X5TFC0ahy-56RyZhMieSlgwWQdayLeHhgg_nB-dkJVipN
陰ヨガとは、体の柔軟性を向上させることに特化したヨガで、なるべく力を抜いて脱力状態にし、体の奥深くまで働きかける種類のヨガです。ポーズなどがシンプルでやりやすい物が多いので、初心者の方や運動が苦手な方、高齢者の方にもおすすめのヨガです。
陰ヨガは他の種類のヨガに比べるとセラピー要素が強く、高いリラックス効果を感じることができます。精神的に乱れている時や、忙しい日常の中で、心を穏やかに落ち着かせる鎮静作用があります。心も体も落ち着かず、緊張状態になっているのを緩めてくれるので、自立神経を整え、さまざまな心体の改善に導きます。
ご自宅でも簡単にできて、初心者のかたでもすぐ始めやすいので、ぜひ試してみてくださいね!
引用: http://natureworks.net/wp-content/uploads/2014/01/When-you-stretch-ease-your-body-into-position-until-you-feel-the-stretch-and-hold-it-for-about-25-seconds.-Breathe-deeply-to-help-your-body-move-oxygen-rich-blood-to-those-sore-muscles.-Dont-bounce-or-force-your.jpg
ハタヨガは古くからある歴史の長いヨガの種類で、多くのヨガの元となっています。現代のヨガの元祖になっているもので、もともとは心を無にすることを目的としていたようですが、そこからポーズと組み合わせてヨガとして考案されたものだそうです。
ハタヨガは、姿勢と呼吸法を使って自分の心と体にゆっくりと向き合い自律神経の乱れやバランスを整えることを目的としたヨガです。自律神経失調症やうつ病などの精神的なストレスからくることにも効果があると言われています。ハタヨガの中でも初心者のかたでもできるようなポーズもあるので、慣れてきたらステップアップをしてさらなる効果を出していきましょう。ハタヨガも、寝る前に行うのもおすすめです。
引用: http://lovefornippon.com/wpdir/wp-content/uploads/2017/01/News_20170116_2.jpg
アロマヨガは、その名の通りアロマをキャンドルなどで焚きながら、リラックスできる環境でヨガをします。アロマの種類にもよりますが、体のストレッチ効果や深呼吸、香りのリラックス効果で、体と心に働きかけ、自律神経を整えます。アロマの種類によっては、ホルモンバランスを整えたり、脂肪燃焼を促したりなど、さまざまな効果を出すことができます。寝る前に行うことで、睡眠の質を上げる効果もあります。
アロマの香りで鼻呼吸を意識的に行いやすくなり、脳を刺激して自律神経をはじめホルモンバランスや免疫反応に良い効果をもたらします。また、アロマキャンドルなどであれば、揺れるキャンドルの光も視覚的リラックスにつながるため、寝る前などに特におすすめです。
引用: http://www.yoga-hb.jp/wp-content/uploads/2016/04/0012.jpg

関連記事

引用: http://recipegeek.com/sites/default/files/cover_photos/recipegeek-food_talk-5_foods_that039ll_help_you_get_stronger.jpg
いかがでしたか?ヨガと自律神経の深いつながりはわかっていただけたでしょうか。ヨガは、激しく運動してダイエット!などという即効性や発汗性はないですが、ゆっくりとした時間の中で深い呼吸をとり自分自身と向き合うことで、自律神経やホルモンのバランスを整えてくれます。
そして人間は、生きているうちの3分の1は睡眠時間をとります。その生活の中で、どのような質の睡眠を取っているかで、昼間の活動力や集中力、そして美容面や健康面、精神面なども左右してきます。寝る前にストレスや体の滞りを少しでも解消し、体をリラックスさせることで、睡眠の質もよくなり、心も体も健康的になり、良い方向へと向かうのです。
とくにストレスが絶えないこの世の中ですので、自分なりに心や体のバランスの保ち方を見つけ、気持ちに余裕のある生活を奥送るためにも、ヨガはおすすめです。簡単に始められる種類や、ジムなどで道具を使って行う種類もあるますので、楽しく、そして気持ちよくできるヨガを見つけてくださいね。
引用: http://m.dnevno.hr/wp-content/uploads/2017/08/joga.png
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1523781266/nz1h872mxyraaixvhuwm.png