J8wmphtegppqfunrbkyq

恋愛

CATEGORY | 恋愛

共感必至!?彼女に強く束縛されたい男子の意外な心情とは?

2018.04.21

彼女の束縛が強すぎると悩む男性が多い……そんな風説に驚くあなた。束縛系彼女の特徴をチェックしてみると……あれ? これ僕の彼女のことじゃない? 束縛って普段のあれやこれのことだったの? むしろそこが好きなんだけどなぁ。彼女に強く束縛されたい男子の意外な心情とは?

  1. 束縛系彼女に悩まされる男性が世の中にはいるらしい……。
  2. 【束縛系彼女の特徴】その1.常に連絡を取りたがる
  3. 【束縛系彼女の特徴】その2.スケジュールを常に把握したい
  4. 【束縛系彼女の特徴】その3.嫉妬心が強い
  5. あれ、それって僕の彼女のことじゃない? 
  6. 僕は僕で、幸せなんですけど? 
  7. 【彼女からされて嬉しい束縛】その1.ちょっとぼやく
  8. 【彼女からされて嬉しい束縛】その2.独占欲
  9. 【彼女からされて嬉しい束縛】その3.出かける時に行き先を聞かれる
  10. 【束縛系彼女を持った男性の心理】なぜ、束縛を嬉しいと感じるのか
  11. 【束縛系彼女を持った男性の心理】愛されていると実感する
  12. 【束縛系彼女を持った男性の心理】彼女から束縛されることに憧れていた
  13. 【束縛系彼女を持った男性の心理】彼女の気持ちを独占したい
  14. 【束縛系彼女を持った男性の心理】束縛されることで付き合っていると実感できる
  15. 【束縛系彼女を持った男性の心理】束縛される自分がかっこいいと思っている
  16. 【束縛系彼女を持った男性の心理】こんなに女の子から好かれるの初めてだ! 
  17. 【束縛系彼女を持った男性の心理】彼女には俺しかいないんだな
  18. 【束縛系彼女を持った男性の心理】やきもちかな、かわいいな
  19. 束縛彼女であるあなたへ
  20. 束縛を嬉しいと感じるのは悪いことではありません。でも……
束縛系彼女に悩まされる男性が世の中に入るらしい……。確かに、四六時中行動を監視されていたり、いつどこで何をしたのか報告義務を課せられたりするのは嫌だよなぁ。でも待てよ? 束縛系彼女って、イメージでしかないんだけど、具体的にどんな彼女のことを言うのだろう? よく知らないな。
束縛系彼女怖いなぁ、けどどんなのが束縛系彼女なのだろうと思っているあなた。束縛されるのでも、相手が美人だったら案外嬉しいものだったりして、なんて能天気なことを思っているあなた。以下に簡単に束縛系彼女の特徴をまとめます。

関連記事

「仕事終わったら連絡して」「飲み会終わったら連絡して」など、束縛系彼女は常に電話やLINEで連絡を取りたがります。下手をすると仕事の最中や人付き合いの最中にまで連絡をよこすことを強制してくるようになるでしょう。大好きな彼と繋がっていないと不安になるのでしょうね。うっかり電池が切れていた、出先でやむを得ずスマートフォンの電源を切っていた。そんな時に大量の連絡履歴が残っていたりしたら(電話やLINEなどの履歴が大量に残っているようだったら……)それは束縛系彼女です。注意しましょう。
次の束縛系彼女の特徴は彼氏のスケジュールを把握したがるということ。仕事のスケジュールはもちろんですが、彼氏のプライベートのスケジュールまで、ばっちり把握しておきたいというのが束縛系彼女の特徴。いつオフになるのか、いつ飲み会があるのか、いつ友達と遊ぶのか。その根底にあるのはスケジュールが開いた瞬間に会いに行きたいという心理だとのことなので、嬉しいと言えば嬉しい気もするのですが、しかしさすがにスケジュール管理アプリ並みにこちらの予定を把握されるとちょっと重たいもの。彼女がこちらのスケジュールを事細かに把握したがるようでしたらそれは束縛系彼女です。注意しましょう。
続いてご紹介する束縛系彼女の特徴は嫉妬心が強い。同僚の女の子のことや、クラスメイトの女子のこと、同じクラブ活動をしている女の子のことなどを話すとすぐに「その子のこと気に入ってるの?」だとか「楽しそうに話すね」だとか「そういうのがタイプなんだ」だとか茶々を入れてくるのが具体的な特徴です。彼氏に女の子の話をして欲しくないんでしょうね。メラメラと対抗心が燃え上がってしまうのかもしれません。束縛系彼女の疑いがある時はちらりと知り合いの女の子の話をしてみてください。その女の子に対して妙に対抗心を燃やすようであれば、それは束縛系彼女です。注意しましょう。
頻繁に連絡を取りたがる。確かにしょっちゅうLINEはしてるな。スケジュールを把握したがる。いつ飲み会があるのかとか知りたがるな。嫉妬心が強い。他の女の子の話は基本的にNGだな。あれ? 僕の彼女のことじゃない? そう思ったあなた。そうなんです。意外と多かったりするんですこのタイプの女性。束縛系彼女に悩まされている男性たちからしたら、また哀れな子羊が一匹増えてしまったか、と思われるかもしれませんが、ちょっと待ってください。
まるで束縛系彼女を持ってしまったことが不幸だとでも言いたそうなここまでの話。いやいや待て待て。そんなことはない。束縛系彼女を持っても嬉しいと思えることはたくさんある。何より、大好きな人を独占したいと思うことは誰でもあることじゃないか! そう思ったあなた。実は、最近束縛系彼女に束縛されることが嬉しいと感じる人が増えてきているのです。
えー、束縛が嬉しいって何? 頭おかしいの? そう思う人もいることでしょう。しかし世の中には「嬉しい束縛」と「嬉しくない束縛」とがあって、束縛系彼女の中にもその「嬉しい束縛」をしてくる彼女と「嬉しくない束縛」をしてくる彼女とが存在するのです。前者の方に属したあなたはきっとこう思っているはず。「束縛系彼女にもいいところはあるんだ!」
以下に、されて「嬉しい束縛」をご紹介していきます。
まずご紹介するされて嬉しい束縛は「ちょっとぼやく」というもの。例えば、仕事が忙しくてなかなか会えなかった時、急な飲み会が入って会えなくなった時などに「寂しかった」などとぼやかれるというものです。確かに、この程度の束縛なら独占欲の一環としてかわいく受け止めることもできるかもしれませんね。逆に不人気だったのが、責め続けられる、というもの。例えば、先述の通り仕事や飲み会で会えなかった時に四六時中「寂しい、寂しい」と言い続けられるのは嫌だ、ということになるのでしょう。
続いてご紹介するされて嬉しい束縛は独占欲、です。例えば、「あなたは私のもの」という雰囲気全開でいくのはOK、ということになるでしょう。逆にこの独占欲がNGになる瞬間はと言えば、独占欲が支配欲に変わった瞬間、ということになるでしょうか。例えば、何をするにも逐一報告しなければならない、というような状況はあまり歓迎されないようです。確かに、飲み会の度に報告しなければならないような彼女はちょっと面倒くさいかもしれませんね。
続いてご紹介するされて嬉しい束縛は「出かける時に行き先を聞かれる」というもの。飲み会や友達付き合いなんかで出かける時に「どこに行くの?」と聞いてくる。まぁ、確かにこの程度ならただ単純に行き先を答えればいいだけなので楽かもしれません。逆にNGなのは「探りを入れてくる」というもの。例えば、「友達と飲み会だよ」と答えているのにもかかわらず「友達って女友達?」などと聞いてくるのはNGということになるのでしょう。質問の度合いによって束縛の度合いも変わってくる、というところでしょうか。
多くの皆さんは束縛されることの何が嬉しいのか、疑問に思われることでしょう。束縛とは自分の行動を制限されるもの。決していいものではありません。しかし束縛を喜ぶ男性からすればその行動の制限にも魅力を感じる部分というものがあるそうです。続いて束縛系彼女を持った彼氏の心理についてご紹介していこうと思います。
まずご紹介する束縛系彼女を持った男性の心理は「愛されていると実感する」というもの。何度も繰り返し書いていますが好きなら相手を独占したいと思うもの。その愛情の表れとしての束縛なら喜んで受け入れるぜ、というのが束縛系彼女を持った男性の心理のようです。束縛を嫌なこととしてではなく愛情表現の一環として見ているのでしょうね。束縛を嬉しいこと、として受け入れているようです。例えば飲み会の帰りは何時か聞かれるというケースをとってみても、愛妻が自分の帰りを待ってくれているという風に変換できてしまえば涼しいものなのかもしれません。
続いてご紹介する束縛系彼女を持った男性の心理は「束縛されることに憧れていた」というもの。自分が束縛されるということはそれだけ好かれている証拠。男性もその点はよく理解しています。そして、好きな人に好きになってもらえるだなんて本来なら奇跡に等しいこと。非常に嬉しいことです。束縛系彼女のことを嬉しいと思う男性はそのあたりに重きを置いているのだと思われます。例えば飲み会の帰りを心配されるのも、それだけ相手が自分を好きだと思ってくれている証拠だと考えれば楽に受け止められるものなのかもしれません。
続いてご紹介する束縛系彼女を持った男性の心理は「彼女の気持ちを独占したい」というもの。どちらかというとご当人も束縛系彼氏だった場合に見られる傾向でしょうか。あえて束縛されることによって相手の気持ちが自分に向いていることを確認するタイプの男性にこの傾向は多いような気がします。飲み会の帰りがいつか確認されるというのも、ある意味飲み会が終わるまで待っていてくれていると思えば涼しいものだ、というような心理でしょうか。飲み会に限らず、束縛を受けること自体を愛情のしるしとして受け止めているのかもしれませんね。
続いてご紹介する束縛系彼女を持った男性の心理は「束縛されると付き合っていることを実感できる」というもの。付き合っているのなら2人の時間を共有したいもの。相手が自分に時間を使ってくれていると思うことで付き合っていると実感する男性は多いようです。飲み会の帰りを気にするのはそれだけ相手が自分に時間を割いてくれている証拠。自分が飲み会で楽しんでいる間も彼女には気を遣わせていられるという自信の表れが、束縛系彼女を持った喜びに変換されているのかもしれません。
続いてご紹介する束縛系彼女を持った男性の心理は「束縛される自分がかっこいいと思っている」というものです。基本的に男性は女性の前でかっこつけたい生き物。しかも相手が好きな女性とあればその気持ちもひとしおです。女性の側から激しく束縛されるということは、それだけ自分がかっこいいという自信につながるので、男性としては嬉しい、という心理になるよう。例えば飲み会の帰りを心配されるケースをとってみても、自分がかっこいいからよその女にとられないか心配になっていると思えば気分がいいもの。自分の自信につなげているのかもしれませんね。
続いてご紹介する束縛系彼女を持った男性の心理は「こんなに女の子から好かれるの初めてだ!」というもの。これまであまり女性経験がなかった人に見られる傾向ですね。束縛を女性からの愛情だと考え、こんなに愛情をもらったのは初めてだ! と感激してしまうパターンのようです。確かにこれまで女性経験があまりなかったことから考えれば、束縛されてしまうことは少し刺激が強い体験になってしまうのかもしれません。
続いてご紹介する束縛系彼女を持った男性の心理は「彼女には俺しかいないんだな」と思う、というものです。自分のために必死になっている彼女を見て、自分が彼女にとってのオンリーワンであることを実感する、という心理でしょうか。男性はとても独占欲が強い生き物なので、彼女からの束縛に対してこの手の前向きな解釈をしてしまう人は案外多いのかもしれません。飲み会の帰りを心配されるケースを例にとっても、この子には俺しかいないんだと思えば自然とかわいく思えてくるもの。前向きフィルター恐るべし、というところです。
続いてご紹介する束縛系彼女を持った男性の心理は「やきもち? かわいいなぁ」と思う、というものです。とにかく嫉妬してもらえることが嬉しいのでしょうか。この場合も先述の前向きフィルターがかかっている可能性が考えられます。女友達と遊ぶことを咎められようが、飲み会の帰りを心配されようが、もう彼女の行動すべてが「かわいい」となってしまっている男性に束縛という二文字は浮かんでこないものなのでしょう。この場合もやはりフィルター恐るべし、というところでしょうか。
この章の内容はできれば束縛彼女である彼女さんに読ませてあげてください。
束縛を嬉しいと感じる男性の心理、ご理解いただけたでしょうか。これを読んで安心した、と思っているあなた、それではまだまだです。これまでの記事を読んで感じたこと、ないでしょうか? 何か引っかかったことは? 
実は、束縛を嬉しいと感じる男性の心理にはすべて男性側の幼さがあるのです。男性側が女性経験が少ないがゆえに女性からされる愛情表現が(たとえ過剰なものであれ)全て嬉しく感じてしまう。束縛を嬉しいと感じる男性には皆共通して幼さがあるのです。そしてこの幼さは2人の関係にとって危険を孕みます。何故なら幼さはいずれなくなるからです。人は皆成長します。成長した時、あなたの愛が重たいと感じるようになれば、もう2人の関係は終わりなのです。束縛を嬉しいと感じる彼氏を持った喜びに浸るのは構いませんが、いつまでも続くものだと思わないようにしましょう。

関連記事

束縛を嬉しいと感じることは悪いことではありません。しかし束縛の上に成り立つ愛情は危ういものだということを知るようにしましょう。常に自分の心に聞くようにしてください。その報告は必要な報告なのか。その愛情は正しい愛情なのか。常にチェックするようにしてください。そうでないと自分も相手を束縛し、相手も自分を束縛し、という束縛の共依存のような関係に陥ってしまいます。それはそれで幸せならいい、という考え方もあるのかもしれませんが、しかしあまり健康的な関係であるとは言えません。
一方で束縛を重たい、と感じているのであれば、それはあなたが正常な男性である証拠です。おかしいのは束縛をしてくる相手の女性の方。しかし、それでも一度は愛した女性です。束縛が重たすぎるから、と別れてしまう前に、一度2人で真剣に話し合う場を設けましょう。もしかしたら、彼女さんも話せば分かってくれる人かもしれません。もしかしたら、あなたの愛情が彼女さんを変えることがあるかもしれません。一縷の望みに賭けてみるのもありでしょう。あなたの愛が相手の女性に届くことを祈っています。
束縛系彼女を持ったあなたの悩みは尽きないことでしょう。悩んでいない、という方はこれから悩む日が来るかもしれません。その日に備えて、いろいろと準備をしておくことは悪いことではないはず。彼女の束縛に浮かれていないで、あなた自身はちゃんと地に足をつけて考えるようにしましょう。合言葉は一つです。その愛情は、本当に愛情なのか? ただの支配欲ではないのか? そういう疑問を、常に心に抱くようにしておきましょう。いずれ気づく日が来るかもしれません。それは愛情ではなく、支配欲だったということに。そうなってからでは遅いので、この記事を読んだ男性が少しでも彼女の愛に敏感になってくれればうれしいです。