Dl92dkdhxj1g4gwajqp1

ペット

CATEGORY | ペット

スコティッシュフォールドの黒は高い?とにかくかわいい画像も!

2018.04.20

みなさんはスコティッシュフォールドをご存知でしょうか?その中でも黒いスコティッシュフォールドは珍しいと思います。個体によってはジブリでおなじみの『まっくろくろすけ』そっくりな仔もいるようですよ。今回はそんな黒いスコティッシュフォールドについてみていきましょう。

  1. 黒いスコティッシュフォールドとは!?
  2. そもそもスコティッシュフォールドってどんなネコか知ってますか?
  3. 黒いスコティッシュフォールドの可愛い画像や動画・ブログをご紹介。
  4. 黒いスコティッシュフォールドの性格
  5. 黒いスコティッシュフォールドはどこで買えばいいの?
  6. 黒いスコティッシュフォールドをブリーダーさんで買うには?どこがいい?
  7. そもそも黒いスコティッシュフォールドは値段はいくらか?
  8. 黒いスコティッシュフォールドは普通のスコティッシュフォールドとどこが違うの?
  9. 黒いスコティッシュフォールドの雑種だろうと思われる『ギモ』ちゃん
  10. まとめに
スコティッシュフォールドの毛色はどんな色でも認められています。なので黒いスコティッシュフォールドも普通にいますが、日本国内ではそれほど見たことが無いと思います。
引用: http://fanblogs.jp/noirpooh1/file/DSCF0007.JPG

関連記事

筆者の別の記事でも同じことを書いているとは思うのだが、スコティッシュフォールドの歴史は浅く、1961年(昭和36年)にイギリス・スコットランド中部に位置し、スコットランドの地方行政区画都市ダンディーを擁するテイサイド地域の農家に生まれた一匹の『長毛白猫』の子猫がその起源である。
『スージー』と名付けられたこの♀の子猫は、同時に生まれた他の猫明らかに違っていた。それは、誕生からどれだけ日にちが経っても、月日が流れても『耳が折れた』ままだった事である。
その後、スクスクと成長した『スージー』は1963年に複数の子猫を産んだ。その子猫の中に『スージー』と同じ『折れ耳』を持つ個体が見つかったのだ
こうして『スージー』特有の折れ耳が遺伝する事が確認され、この『折れ耳猫』を計画的に繁殖させるミッションが開始されたのである。
『スージー』と同じく♀ネコであったその子猫は、『ウィリアム・ロス』とその妻『メアリー』の許に引き渡された。夫婦は『スヌークス』という名をその子猫に名付けたと云う。『スヌークス』は『ブリティッシュショートヘア』と交配させ、♂の白い子猫を産んだ。やはり『折れ耳』であったその♂ネコは『スノーボール』と名付けられ、地元の展覧会へと出展されたと云う。
『スージー』の誕生から10年目にあたる1971年(昭和46年)に、数匹の『スコットランド生まれの折れ耳ネコ』が、『ロス夫妻』の妻『メアリー』の手によって、アメリカの遺伝学者『ニール・トッド』の許に移送された。それからは、アメリカで『ブリティッシュショートヘア』と『アメリカンショートヘア』を用いて品種改良が続けられたその『スコットランド生まれの折れ耳ネコ』は、1994年(平成6年)にようやく『スコティッシュフォールド』という種名を受けたうえで、猫種として愛猫協会の公認を獲得したのである。
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-28-af/chiichann22/folder/41172/51/28360551/img_0?1322839128
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-28-af/chiichann22/folder/41172/51/28360551/img_1?1322839128
筆者がおススメするのはこの『黒猫 スコティッシュフォールド Noirのページ』です。『Noirはノワール』と読みます。ただ、このノワールちゃんは2018年02月15日に亡くなってしまいました。14歳11か月22日でした。このブログの筆者さんも書いていますが、『スコティッシュフォールドの平均寿命は10~13才』と決して長くはありません。
引用: http://fanblogs.jp/noirpooh1/file/U1-85ff2.jpg
引用: http://fanblogs.jp/noirpooh1/file/Dscf0030.jpg
次に、『気まぐれお散歩のブログ』です。ブログの筆者さんの実家の黒猫でその名も『愛猫「テト」』。そう。『風の谷のナウシカ』のキツネリスの名前です。『そこはジジだろう!?』と突っ込もうかと思うと、すでにブログの筆者さんが自身でツッコミを入れていますw
引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/marie8nz/20160330/20160330085059.jpg
引用: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/marie8nz/20160330/20160330085146.jpg
引用: http://livedoor.blogimg.jp/okosho/imgs/1/d/1d0a2a64.jpg
『黒ネコ』は『烏ネコ』とか『熊ネコ』と呼ばれる事があります。『不吉の象徴』とか『魔女のネコ』等と云ういわれもない言いがかりをつけられていますが、『甘えん坊』で『穏やかな性格』をしているんです。『見た目』の印象はやっぱり言いがかりで『不吉』と云われてしまいがち。しかし実際には全く違う可愛らしい性格です。ついでに言えば『白ネコ』は賢いネコですが、実は『黒ネコ』も同様に頭が良いネコが多く、飼い主さんの気持ちを汲み取ってくれるとも言われます。『雑種』ではありますが、筆者の家の黒ネコさんは『甘えん坊』で知らない人にはオドオドして姿を隠してしまうものの、ある程度時間を置いたら出てきてすぐに仲良しになってくれるそんな女の仔です。こうした『性格』から、黒ネコを一度飼うとその魅力に引き込まれてしまうのです。ただし、『赤毛』の遺伝子を引いたネコは、『警戒心』が強く、『やんちゃ大好き』な仔になってしまうことがありますのでご注意くだされば幸いです。『見分ける方法』はありません・・・
恐らくペットショップにはほとんど出回らないと思ってください。筆者自身ペットショップで見かけたことはほとんどありませんね。。ブリーダーさんから買うしか方法が無いとなるとおお値段は割高になるかもしれません。。 しかも、ほとんどいない為にブリーダーさんに聞いて『生まれたら値段交渉』するしかないですね。
引用: https://scottish-fold.koneko-breeder.com/breeder/data/daiana/b_cattery_img_1_8c212.jpg
引用: http://blog-imgs-26.fc2.com/r/o/n/ronroncat/kuroore01.jpg
下のようなブリーダーさん直販サイトと云うものがあります。お値段やどんな子猫かがすぐにわかるようになっています。
今見たところだと黒いスコティッシュフォールドちゃんはお値段が25万円前後するようですね。ただし、黒ネコスコティッシュフォールドは日本ではほとんど生まれないようなのでお値段も高くなる時もあるようです。なのでブリーダーさんに『黒スコ』が生まれたら値段はどのくらいしますか?と聞いたほうがいいかもしれません。
どこが違うか!?と問われればほとんど違いはありませんとしか言いようが無いですね。 あえて言えば『性格』と『毛色』・買うための『値段』くらいです。ただ、これらは黒ネコに限らず、どんなネコにもあてはまるので、『違いは無い』と云ったほうがいいかもしれませんね。
この仔も世界的に有名になった黒猫さんですよね。韓国の『ギモ』ちゃんです。黒いスコティッシュフォールドの雑種猫さんだと思われますが、スコティッシュフォールドの特徴を残しています。まるで『となりのトトロ』や『千と千尋の神隠し』に出て来る『まっくろくろすけ』のようですごく可愛らしい仔です。
W7512a4gjpxh3ocpjuu3
引用: https://www.instagram.com/p/BhYiYFUDQQD/?taken-by=1room1cat
Nchtkukvksqghpniiufb
引用: https://www.instagram.com/p/BVB2iVbjmQx/?taken-by=1room1cat
Aor3ke0ndcvm8wfcjuud
引用: https://www.instagram.com/p/BHigWORA6eS/?taken-by=1room1cat

関連記事

筆者は愛猫さんが長生きしてくれることを祈って一緒に暮らしています。筆者の場合、愛猫・愛犬は娘・息子だと思って生活しています。

飼う前に自問自答してほしい!

筆者が口を酸っぱくして毎度同じことを言わせてもらっていますが、『本当に飼っても大丈夫ですか?』ネコさんはペットの中でも非常に寿命の長い動物です。個体によっては『20年』生きる仔もいます。ギネス記録によれば『38歳3日』と云うとんでもない記録があります。最近のネコさんでも『34歳』や『30歳』まで生きる仔も普通に出てきています。獣医学の進化により、長寿猫が当たり前になってきているのです。さて、ここで読者の皆さんに問います。本当に『飼えますか?』 『自分が飽きたから』とか『気に入らない』とか『引っ越し先がペット禁止だから』で『捨てる羽目』にはならないですか?その為には・・・

生き物を飼うには覚悟がいります。

最後の最期を看取る事の出来るその覚悟を持たないといけません。そのくらいの覚悟を持たないと『ペット』を飼うことはできないと思ってください。筆者の家のネコさんの場合、毎年予防接種で一匹あたり4500円がかかります。『3種の混合ワクチン(猫ヘルペスウイルス(猫ウイルス性鼻気管炎)・猫カリシウイルス(一種類)・猫汎白血球減少症(猫パルボウイルス感染症/猫伝染性腸炎))』です。他に『猫白血病ウイルス感染症予防が入ると4種の混合ワクチン』、そこに『クラミジア感染症ワクチンが入ると5種の混合ワクチン』、『猫カリシウイルス(3種類)が入ると7種の混合ワクチン』となります。これらを毎年払えますか?『ほっとけばいいや』と云う考えではいけません。そして、『避妊』『去勢』手術が必要です。もちろん、ブリーダーさんになる覚悟があるなら別ですが・・・『避妊』『去勢』手術にはお金がかかります。当たり前ですが・・・

可愛いだけで生き物を飼ってはいけない!

筆者の恋人の家のネコさん(たくさんいるのですが・・・)の中に、一匹だけ『猫白血病』に罹患して隔離している仔がいます。『猫白血病』は残念ながら治りません。死にゆく運命です。すでに先生から『余命』が診断されています。それでも長く生きてほしいと2週間に1度『猫白血病』が表に出てこないように注射を打ちに行っています。毎度毎度体重を確認し、減っていない事に喜びを隠しきれません。この仔の場合2週間に1度8000円近いお金がかかるのです。それだけの覚悟を以て買うかどうかを決めてほしいと筆者は思うのです。