Vx9ivocn2wio3uincwh8

結婚

CATEGORY | 結婚

ブーケは造花と生花どっちが人気?ウェディングにおすすめしたいメリットを紹介!

2018.10.04

最近のウェディングでは造花のブーケが人気だそうです!ブーケは生花が常識!と思っていた方、造花ブーケはお値段も安いし、色も鮮やかに仕上がることなどで人気が高まっています。生花ブーケと比べて造花ブーケのメリットやおすすめ点、オーダー方法などをご紹介します。

  1. ウェディングのブーケは造花と生花どっちが人気?値段は?メリットは?
  2. 【ウェディングのブーケは造花と生花どっちが人気】1.生花のメリット
  3. 【ウェディングのブーケは造花と生花どっちが人気】2.生花のデメリット
  4. 【ウェディングのブーケは造花と生花どっちが人気】3.造花のメリット
  5. 【ウェディングのブーケは造花と生花どっちが人気】4.造花のデメリット
  6. 【ウェディングのブーケは造花と生花どっちが人気】5.結論としてどっちがおすすめ?
  7. 【ウェディングのブーケは造花と生花どっちが人気】6.オーダーメイドも可能な造花ブーケ
  8. 【ウェディングのブーケは造花と生花どっちが人気】7.造花の値段は?
  9. 【ウェディングのブーケは造花と生花どっちが人気】8.造花の保存方法
  10. 【ウェディングのブーケは造花と生花どっちが人気】9.素敵な造花ブーケ
  11. まとめ
ウェディングのブーケと言えば、生花で作られているのが常識でしたが、最近では造花を使ったウェディングブーケを希望する人も多いそうです。一般的に考えれば、人生最大の素敵な瞬間なのに造花なんて・・・と思いますが、造花のほうがメリットがいっぱいあるそうなんです。お値段が安いのはどっち?メリット、デメリットは?オーダーの仕方などは?本物のお花=生花と、作り物のお花=造花、どっちが人気なのか徹底検証してみました。
造花だとちょっと安い感じがしてしまうので、やっぱり生花のほうがいいわ!という方、ウェディングブーケを生花にするメリットをご紹介します。生花で作ったブーケは、花の本来の美しい色や雰囲気、香りなどを楽しめます。ウェディングと言う厳粛な時に本物の華やかな雰囲気を与えてくれます。
では、生花のデメリットはなんでしょうか?生花のデメリットは、生きているお花なので、維持するために水が必要になってきます。そのため、花が枯れないように水を含ませているのでちょっと重さが出てしまいます。
生きている花なので、前日まで現物を確認することができません。もちろんオーダーの時点でどんなものがよいのか希望は出せますが、出来上がって来て「あら、違う・・・」なんてことになる可能性もあります。また、ウェディングの時期によっては希望の花がなかったり、好きな花はしおれやすいのでブーケには利用できないなどの花の種類の制限があります。
造花は、生きている花ではないので、わりと自由にデザインができます。お値段も生花に比べて安いので、万が一気に入らなくても作り直してもらうことも可能です。また、最近の造花は進歩していて、シルクでできているものは、生花と見分けがつかないほど美しく仕上がっています。造花なので、いつまでも保存できることもメリットのひとつです。ウェディングの日よりも前に仕上げれば、写真などを前撮りすることもできますし、ウェディングが終わったあともそのまま美しい姿なので保存することもできます。
同じようなブーケを作る場合、生花に比べると造花のほうがお値段も安いのがメリットです。また、水に浸けておく必要がないのでブーケ自体は、生花に比べて軽いので、長時間花嫁さんが持っていても疲れることはないです。海外挙式を考えている人は、生の花ではないので、海外への持ち出しも可能です。
技術が進歩してとても美しいブーケが作れるとは言っても、造花はやはり作り物なので、近くでみると造花だとわかってしまう場合もあります。特にあまりにもお安いものを選ぶとちょっと悲劇になってしまうかもしれませんね。あと、造花は生花に比べてみずみずしい雰囲気や香りはありません。本物にこだわる人にはおすすめできないです。

関連記事

生花のメリット、デメリット。そして造花のメリット、デメリットを比べてみると、それぞれに良いところと悪いところははっきりとしていますが、ウェディングの日程や計画などによってどちらが良いか選ぶのをおすすめします。また、ウェディングは生花のブーケを持って、披露宴では造花のブーケを使うなど、使い分けるのもおすすめですよ。
造花のブーケをオーダーする方法は、イージーオーダー、セミオーダー、フルオーダーなどいろんな方法があります。既にできている造花ブーケの中から選ぶのがイージーオーダーです。カタログの中から選ぶのでイメージしやすいですしとっても簡単ですよね。イージーオーダーでも微調節などを受け付けてくれる場合もあります。セミオーダーの場合は、サンプルの中から好きなものを選び、オーダーする時点でオリジナルに変更したい部分を伝えるオーダー方法です。お花の色や材料などをカスタマイズできます。フルオーダーは、自分がイメージしている画像などを持って行ってデザインしてもらうオーダー方法です。
こだわりがある人は、フルオーダーでとことん自分の好きなようにオーダーするのもよいですし、値段を抑えたい人はイージーオーダーで微調節をしてもらう方法もよいですね。
造花のブーケは、生花のブーケに比べてお値段は安いことが多いです。同じような大きさや華やかさならば、造花のほうがお値段は安いです。そのため、華やかなブーケにしたいけれど、値段を抑えたいと思っている人には造花をおすすめします。また、衣装に合わせてブーケをいくつか持ちたいと思っている人にもおすすめです。生花のブーケをいくつも作るとなるとかなりお値段も大変ですし、生の花を維持するのも大変です。でも、造花ならばそんなことは気にしないでいいのがいいですよね。
一生に一度のウェディングなので、ブーケも一生記念に保存しておきたいと思う人も多いと思います。そう人には生花の場合、押し花にして残す、ドライフラワーにして残す、またはプリザーブドフラワーとして残す方法などがありますが、どれもブーケのお値段にプラス費用がかかってしまい、とても安いとは言えません。一生に一度のことだから大丈夫!と言う方にはそういう保存方法もおすすめですが、造花の場合は、ブーケスタンドにかけるだけで、どこにでも飾ることができます。横にウェディングの写真などを飾って、素敵なウェディングの空間をインテリアの中に入れることもできます。
まん丸でかわいいバラをあしらった造花ブーケです。バラの開き加減が造花ならではで、バランスの取れたブーケに仕上がっていますね。色の希望も自分でオリジナルオーダーできるので、もうちょっとピンクにしたいとか、グリーンを多くとか、好きなようにオーダーできるのが造花ブーケのよいところです。
造花ブーケの場合、生花のブーケに比べて色を鮮やかに作ることができます。色をいっぱい使ってめりはりのある華やかなブーケにすることも可能なんですね。
造花のリースブーケならば、ウェディングが終わったあとも玄関やお部屋にリースとして飾ることもできます。リースをバッグのように両手で持つと、ウェディングドレスと合わせて清楚な雰囲気が出てとっても素敵です。

関連記事

いかがでしたか?一生に一度のウェディングなので、自分の好きなブーケを持ちたいですよね。季節的に好きな花が手に入らないとか、しおれやすい花だったりする場合は造花のブーケを選ぶことも選択肢に入れることをおすすめします。海外挙式や長時間持っていても軽いので手が疲れない造花のブーケは、技術の進歩により生花にほぼ近い感じにまでなっています。でも、そうとは言っても造花なので生花ほどみずみずしさはなく、お花の香りもしないので、本物志向の方は生花のブーケがおすすめです。生花と造花、それぞれの良い部分を生かして、素敵な思い出深いウェディングにしてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bm8ZBY_HHl_/?tagged=%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%B1