Amrpyfvkyivkqvmjuces

メイク

CATEGORY | メイク

ベビーパウダーメイクの使い方とおすすめの活用法紹介!メンズやメイク等の美容にも!

2018.09.30

赤ちゃんに使うベビーパウダーですが、実は身体の汗を吸収してくれる使い方の他にも美容やメイクなどにも活用法があるんです。ベビーパウダーの爽やかな香りはメンズにもおすすめ!ベビーパウダーのおすすめの使い方や簡単ですぐに使える活用法などをご紹介します。

  1. 赤ちゃんの汗だけじゃない!ベビーパウダーの使い方、おすすめの活用法紹介!
  2. 【ベビーパウダーの使い方おすすめの活用法】1.ベビーパウダーとは?
  3. 【ベビーパウダーの使い方おすすめの活用法】2.注意!毛穴につまる?
  4. 【ベビーパウダーの使い方おすすめの活用法】3.注意!吸い込むと身体にわるい?
  5. 【ベビーパウダーの使い方おすすめの活用法】4.ファンデーションやフェイスパウダーに
  6. 【ベビーパウダーの使い方おすすめの活用法】5.部分メイクの仕上げに
  7. 【ベビーパウダーの使い方おすすめの活用法】6.洗顔にも
  8. 【ベビーパウダーの使い方おすすめの活用法】7.即席美容パックにも
  9. 【ベビーパウダーの使い方おすすめの活用法】8.ドライシャンプーに
  10. 【ベビーパウダーの使い方おすすめの活用法】9.消臭剤として
  11. まとめ
ベビーパウダーと言えば赤ちゃんの汗もを防ぐためにパタパタとはたいてあげるイメージがありますが、赤ちゃんだけではなく、大人にも活用法があるんです。美容面でも役にたち、メイクやメンズなどにも使える方法があるんです。赤ちゃんの肌にも使えるベビーパウダーなので安心ですよね。そんな大人の身体やメイクにも使えるベビーパウダーの活用法をご紹介します。

関連記事

赤ちゃんの身体に使うものなのでベビーパウダーと言います。主に赤ちゃんの汗も予防やおむつかぶれなどにパウダーをはたいてサラサラにするのが目的です。赤ちゃんは、大人よりも汗腺の数が多いそうなので、汗もができやすいんですね。
ベビーパウダーの主な原料は、タルクと言う鉱物の一種と、コーンスターチなどの植物のでんぷんです。タルクは滑石という天然の鉱物なので、硬いのか?と思われがちですが、砕くととても柔らかく滑らかな粉状になります。またタルクは、ファンデーションやパウダー状のメイクアップ化粧品などにも配合されている成分です。ベビーパウダーは、細かい粒子が水分を吸い上げて、水分バランスを整える働きがあり、身体の温度を適度に保ってくれます。また、身体の表面を滑らかにしてくれる効果もあります。
コーンスターチには、消炎作用や鎮静作用、抗菌作用、皮膚軟化作用などがあるそうなので、赤ちゃんの汗もなどに効果があるんですね。メイク用品にも使用されています。
赤ちゃんに使えるベビーパウダーですが、使い方をあやまるとよくないことになります。それは、細かい粒子なので毛穴に詰まりやすいということです。とは言っても、ベビーパウダーの原料のタルクは、メイク用品にも使われているので、それほど心配することはないですが、つけすぎるとダマになったりするので気をつけましょう。また、ベビーパウダーだけつけているから洗わなくても大丈夫!なんて思ったら大間違いです。毛穴につまらないようにしっかりと洗い流すようにしてください。
ベビーパウダーの容器にも注意書きがあるように、ベビーパウダーは、吸い込むと呼吸障害を引き起こすことがあるので赤ちゃんの顔に使う時には注意が必要と書かれています。ベビーパウダーを吸い込まないように気をつけてください。赤ちゃんの場合は特に気をつけなければいけませんが、大人ならば多少ならば身体に悪影響があるほどとは言えないそうですが、やは気をつけるに越したことはないですよね。
吸い込むと身体に影響があると言うよりも、大量に吸い込むと呼吸障害になる可能性があると言うことです。特に大人でも喘息を持っている人は気をつけた方がいいですよね。呼吸器に問題がある人などは、パウダータイプのベビーパウダーではなく、固形タイプのもの使うとよいかもしれませんね。
ファンデーションが重く感じるのであまり使いたくないと言う人は、BBクリームやCCクリームを使っている人も多いですよね。BBクリームなどには美容液なども入っているので、肌には良いかもしれませんが、カバー力が弱かったりするので、やはりファンデーションを使わなくてはならないと考えてしまいますが、ここでベビーパウダーの登場です!
下地クリームやBBクリーム、CCクリームなどを塗ったあとに、コンシーラーでシミなどの気になる部分を補正したり、コントロールカラーで顔色を整えて、最後にベビーパウダーで表面を整えると皮膚が滑らかに見えるのできれいに仕上がります。BBクリームとベビーパウダーでファンデーションの代用にしてもいいですし、お化粧直しの時にフェイスパウダーとしてベビーパウダーを使うのもよいですよね。ベビーパウダーは細かい粒子なので、メイク崩れしにくいそうですよ。
粒子の細かいベビーパウダーは部分メイクの仕上げにもよいです。また、ベビーパウダーを使うことによって部分メイクが長持ちします。

アイメイク

アイメイクの場合、マスカラを塗ったあとに綿棒などに軽くベビーパウダーをつけて、まつげに軽くつけてもう一度マスカラを塗ります。ボリュームがアップして、目力がアップします。ベビーパウダーをつける時には目に入らないように気をつけてくださいね。
アイシャドーを塗った後も同じように軽くベビーパウダーをぽんぽんとつけるとカラーが長持ちします。
眉にも効果ありです。眉は朝塗っても夕方にはしっかりと落ちている・・・なんて経験がある人は多いと思います。眉にはファンデーションなどがたまりやすい場所でもあります。油分が余分に付いているので眉メイクが落ちやすい原因でもあります。ファンデーションなどのベースメイクをしたあとにベビーパウダーを軽く眉になじませてから眉メイクをするとしっかりと長持ちします。

リップメイク

口紅を塗ったあとにベビーパウダーを軽くはたいて、その上にリップグロスを塗ると口紅が長持ちします。また、マットに仕上げたい時には、リップグロスを塗らずに、口紅のあとにベビーパウダーをポンポンとなじませるだけにするとマットな質感に仕上がります。タルクが表面に膜を作るので、口紅も長持ちします。でも、つけすぎると乾燥した唇に見えたり、シワが目立ったりするのでほどほどにしましょう。
ベビーパウダーには、皮膚軟化作用や殺菌作用などの効果があるので美容にもよいです。いつも使っている洗顔料とベビーパウダーを混ぜると即席のスクラブ洗顔ができます。市販のスクラブ洗顔よりも粒子が細かいので肌を傷めることなくきれいにお肌のお掃除ができます。特にニキビや吹き出物で悩んでいる人には、ベビーパウダーの殺菌作用に注目ですよね。いつも使っている洗顔料にティースプーン1杯ほどのベビーパウダーを混ぜていつもと同じように手のひらで泡立てて、泡で優しく洗ってください。簡単美容法です。

関連記事

ベビーパウダーを使ってパックをする美容法もあります。肌の古い角質を取って皮膚表面を整える効果が期待できます。方法は、ベビーパウダーとヨーグルトを用意します。無糖のプレーンヨーグルト大さじ1にベビーパウダー小さじ2ほどを混ぜ、それを顔に塗ります。完全に乾く前、半乾き状態の時にぬるま湯で洗い流してください。完全にパリパリになるまで乾かすと肌の水分も取ってしまうので注意です。即席美容パックのあとは肌が白くなったような気がしますよ。
ベビーパウダーには殺菌作用もあるので、ドライシャンプーとして活用することもできます。これはメンズ諸君にも活用できるので必見です。災害などの時や入院している時など、シャンプーをこまめにできない時などに活用すると便利です。方法は、ベビーパウダーを手に取り、頭皮の皮脂をベビーパウダーに吸い取らせるように頭皮にもみこみながら髪全体になじませます。そのあとはくしやブラシでしっかりと髪をとかします。髪の短いメンズは、少量から試してみてください。一度にたくさんつけると髪が真っ白になってしまいます。
赤ちゃんの汗もに使うベビーパウダーなので、大人にも同じような効果を期待できます。特に汗っかきのメンズにぜひ試していただきたいのが、汗を書いたあとに赤ちゃんと同じようにベビーパウダーを身体にパタパタとつけます。ベビーパウダーには消臭効果もあるので、嫌な汗のにおいもなくなります。汗臭いメンズはいただけないですよね。
汗臭い靴の中の湿気やにおいも取ってくれます。使い方は、リネンなどの布袋にベビーパウダーを入れたものを2つ作ります。それぞれを靴の中に入れておきます。これで、靴の中の湿気をベビーパウダーが吸収してくれて、においもなくなりますよ。
いかがでしたか?赤ちゃんのためのベビーパウダーですが、美容やメイクなどいろんな方法で活用できますよね。ベビーパウダーの香りはとても自然で爽やかなイメージがあるので、メンズにも使えます。消臭効果や殺菌効果のあるベビーパウダーをいろいろと活用してみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BoLpIAjhLBm/?tagged=babypowder