Oqcwc5kqg5l1rzqnpnaj

100均

CATEGORY | 100均

イヤホンジャックスピーカーの音質は?おすすめをamazonや100均で!

2018.10.03

今回は機械類が苦手な人のためにamazonなどで売っている高音質のイヤホンジャックに接続するタイプのおすすめスピーカーをご紹介します。イヤホンジャックスピーカーは操作が簡単なので機械の苦手な入門用の方にもおすすめです。高音質なものが多いので参考にしてください。

  1. 音質のいいイヤホンジャックスピーカーおすすめは?音質が上がる100均スピーカーの自作DIYも
  2. 音質のいいイヤホンジャックスピーカーおすすめ【①:Felimoa製】
  3. 音質のいいイヤホンジャックスピーカーおすすめ【②:E-Mora製】
  4. 音質のいいイヤホンジャックスピーカーおすすめ【③:サンワダイレクト製】
  5. 音質のいいイヤホンジャックスピーカーおすすめ【④:サンワサプライ製】
  6. 音質のいいイヤホンジャックスピーカーおすすめ【⑤:LOGICOOL製】
  7. 音質のいいイヤホンジャックスピーカーおすすめ【⑥:エレコム製】
  8. 音質のいいイヤホンジャックスピーカーおすすめ【自作】
  9. 音質のいいイヤホンジャックスピーカーおすすめ【自作:100均スピーカーをリメイク】
  10. 音質のいいイヤホンジャックスピーカーおすすめ【自作:段ボールスピーカー】
  11. まとめ
bluetoothスピーカーやコードが不要のワイヤレススピーカーなど増えていますよね。今の時代便利でコンパクトでスタイリッシュなスピーカーが求められていますからね。ただbluetoothスピーカーの場合便利ですが、ペアリングと言われる操作をしなければなりません。bluetoothのような最先端な機械類が苦手な人も多いでしょうね。
しかしその半面イヤホンジャックスピーカーは本体が小型のものも意外と多くイヤホンジャックにコードを接続するだけで簡単にスピーカーが付けられ使用できることが出来るので手間いらずで便利です。

スピーカーの自作やリメイクも

スピーカーユニットだけを購入して自作するという方法もあります。その場合安価で安く付き好みのものを作ることができます。中には100均で売っている300円スピーカーをリメイクしている人も多いですね。
今回はamazonで売っているスピーカー入門におすすめのコンパクトなジャックに接続する形式のスピーカーと簡単に作れる自作スピーカーの方法も少しご紹介していきます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81okAmC95AL._SL1500_.jpg
ジャックに接続するタイプの「Felimoa」のミニポータブルスピーカーは超お手軽なのでおすすめですね。コードがなくそのままジャックにインするタイプのものです。デザインは丸っこい形でちょっとかわいらしい形になっているのでカジュアルにも対応できます。なんと重量は59g。音圧は80dBなので最大音量はそこそこでかいのではないかと思われます。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/810VwzpsjiL._SL1500_.jpg
スマホやタブレット、ノートパソコンなどの3.5mmのイヤホンジャックに刺しこむだけなので操作も簡単です。amazonではかなり安くちょっとしたイヤフォンジャック系のスピーカーが欲しいとなったらコスパもいいですね。音質もそこそこよく、みんなで音楽を聞く時など良いのではないでしょうか。
Felimoa 高音質ミニポータブルスピーカー おしゃれな一体型デザイン イヤフォンジャックスピーカー PCスピーカー スマホスピーカー 携帯 iPhone スマートフォン タブレット ノートパソコン サブウーファー 低音 イヤホン (黒×赤)
価格 ¥ 1,780
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/618QXngKD3L._SL1000_.jpg
クリアなデザインがスタイリッシュでかっこいい「E-More製」の高音質ミニポータブルスピーカーです。PCやスマホのイヤホンフォンジャックに接続するタイプで操作も非常に簡単ですね。高音質を再現するために小型スピーカーを内蔵しています。USBの充電式で連続再生時間は約8時間。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61Nt5Sc%2B9KL._SL1000_.jpg
音圧は90dBなので最大音量はかなり大きいのではないでしょうか。小さいながら最大音量だと低音でパワフルな音が出せるので大音量厨の人におすすめですね。ただ大音量にすると音割れや近所迷惑になるのでする危険性があるみたいなので注意しましょう。大体メーターが20%~30%がちょうどいい音の大きさだと思います。
amazonでは2000円台とコスパも非常に良いですね。コードと一緒に購入する方が多いようです。
E-More 高音質ミニポータブルスピーカー PCスピーカー USB充電 スピーカー サブウーファー  デスクトップ/ラップトップ /タブレットPC /スマートフォン (ブラック)
価格 ¥ 2,099
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71VKktGziYL._SL1280_.jpg
コンパクトなパソコンスピーカーなら「サンワダイレクト製の400-SP067」のスピーカーが良いのではないでしょうか。お値段はamazonでなんと1,000円ちょいで買えちゃいます。非常にコンパクトで「幅:97mm高さ:124mm」でiPhoneよりも小さいサイズのPCスピーカーです。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71--MHnKOnL._SL1280_.jpg
USB電源でコードを3.5mmのイヤフォンジャックに接続するタイプのものになります。ヘッドフォンジャックもあり、深夜にも迷惑のかからない仕様になっています。最大音圧のdB値は載っていませんでしたが4W(2W+2W)なので見た目ながらかなりパワフルな音質になるでしょう。周波数も120Hz~20kHzなので低音域ではでないでしょうね。
サンワダイレクト PCスピーカー USB電源 3.5mmステレオミニジャック接続 ヘッドホン対応 コンパクト 400-SP067
価格 ¥ 1,280
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71V0knXa9gL._SL1280_.jpg
低音域が強くて安いスピーカーなら「サンワサプライ製」の「MM-SPL13UBK」がおすすめです。ケーブルは3.5mmのステレオジャックケーブルでコードを穴に接続するタイプで起動も簡単ですね。合計6W(3W+3W)でパワフルな設計となっています。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/619KnDlfvdL._SL1280_.jpg
最大音量の情報はありませんでしたが、かなり大きな音を流すとクリアな低音域の音が出るので低音域好きの人は良いのではないでしょうか。Hz数は80Hz~20KHzになっているようです。amazonだと2,000円代で購入できるので入門用にどうでしょうか。
サンワサプライ USB電源マルチメディアスピーカー MM-SPL13UBK
価格 ¥ 2,240
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81QZ7SN%2B-VL._SL1500_.jpg
なんとamazonでベストセラー1位のこちらの「LOGICOOL製のZ120BW」。こちらもUSBから電源を供給するタイプで、パソコンなどの3.5mmのステレオミニジャックでイヤホンジャックの穴にコードを接続するタイプになっています。しかも大きさも小さく「幅88mm高さ110mm」です。w数は「1.2w(0.6w+0.6w)」と少ないですがイヤホンジャック形式のスピーカーを探している方にはおすすめですね。最大音量まで無段階調整出来るという点もポイントでしょう。
LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW
価格 ¥ 1,522
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61teuZxfpQL._SL1500_.jpg
見た目がまんま、ビリヤードの球みたいなスピーカーが「エレコム製のASP-SMP050BU」です。これはコードがなく直接スマホのイヤホンジャックなどに接続するタイプのスピーカーです。色もビリヤードの球みたいに赤やオレンジ、紫などがあり、外出先でも挿したままスタイリッシュに接続可能。最大音量まで無段階調整できるつまみがあり音量調整も楽ちん。音質は比較的クリアなタイプ。amazonで値段が1,500円以上2,000円以下ぐらいなので非常に安価です。大きくいい音ですがただ注意点は大きい振動で抜けやすいとのこと。
エレコム コンパクトスピーカー iphone USB充電式 ブルー ASP-SMP050BU
価格 ¥ 1,649
Wvenlr9azerp1jogxqwh
音質のいいイヤホンジャックスピーカーを実現するには自作という方法もあります。スピーカーを自作するにはスピーカーユニットとエンクロージャーが必要です。最悪100均のスピーカーを使ってもOKですよ。中にはプリングルスの箱とか、紙コップとかで自作している人もいます。後は工具のハンダなどでコードを接続していく作業が必要です。

スピーカー自作のメリット

スピーカー自作のメリットは自分に合う物が作れることにつきます。「こういう色やサイズはこれくらいがいい」といった色やサイズを自分好みに出来るという点があります。パーツ自体が安いので市販より安く済む可能性がある。自作の良いところですよね。
ダイソーやセリアなどの100均に売っている300円スピーカーを改造して音質改善アップを図る方法です。必要材料と道具は結構いります。素材は吸音素材やフェルト、MDFなどを使います。
ボンドやL字差金などの基本工具。電動工具などは円状にカットできる工具(ホールソー、ジグソーなど)や木材を切る工具(ノコギリや丸鋸など)。他にも細かく切レ目などを付けることができる工具。電動ドリルなどの基本の電動工具が必要となります。
なので、こちらは工具などが揃っている中級者向けのDIYになりますね。100均という素材は安いですが、リメイクするのに少しハードです。ただ100均のスピーカーを使うと音程がなめらかでクリアな感じになります。道具など揃っているDIY中級者は100均のスピーカーのリメイクはやってみても良いのではないでしょうか。
なんと自宅にありそうなもので簡単に自作スピーカーが出来ます。ただiphoneなどのスマホぐらいのサイズ専用です。素材は段ボール・紙コップ・ラップの芯・ビニールテープ・ガムテープで作れちゃいます。作り方はラップの芯の真ん中にスマホが横に入る大きさ穴を切り込みます。そして紙コップを両サイドに付けます。後はラップの部分がスピーカーになるように段ボールを設計して作るだけです。そうしてスマホを鳴らすと音がかなり上がります。
これならイヤホンジャックもコード自体ないのでじゃまにならないし、ペアリングなどのめんどい操作は一切なしで大音量で楽しめますね。使う工具もカッターだけで気軽に出来るので気になる方は暇つぶしがてらに自作してみてはいかがでしょうか。
いかがだったでしょうか。今回はイヤフォンジャックの穴に接続するタイプのスピーカーをご紹介しました。bluetoothやwifiなどの通信機器に慣れていない方って日本にはまだまだたくさんいると思います。そんな時に便利なのがイヤフォンジャック形式のスピーカーですよね。スマホ、パソコン、タブレットのジャックに挿すだけで簡単に操作が可能なので逆に便利です。最新機器に慣れていない方などにイヤフォンジャック形式のスピーカーは接続に簡単なので試してみてはどうでしょうか。

スピーカーについてもっと知りたいあなたへ

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BMJBj_wg2qA/?tagged=%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC