Gze1nm8t1ekiw90whfwi

ゲーム

CATEGORY | カテゴリー

東京ゲームショウ2018VR・ARゲームレポ!最新情報!発売はある?

2018.09.27

国内最大級のゲームイベント、東京ゲームショウ2018!今回は東京ゲームショウ2018で出展されたVR・ARのレポ情報をご紹介!最新VR・ARからデバイス情報や発売情報など、東京ゲームショウで披露されたVR・ARを詳しくご紹介します♪

目次

  1. 【東京ゲームショウ2018!最新VR・ARレポ情報!】最新VR・AR
  2. 【東京ゲームショウ2018!最新VR・ARレポ情報!】①VRでドライブ体験
  3. 【東京ゲームショウ2018!最新VR・ARレポ情報!】②VR対応のライドマシン
  4. 【東京ゲームショウ2018!最新VR・ARレポ情報!】③VRがより直感的になるデバイス
  5. 【東京ゲームショウ2018!最新VR・ARレポ情報!】④VR×ARの新たなる可能性
  6. 【東京ゲームショウ2018!最新VR・ARレポ情報!】⑤VRの没入感を高めたデバイス
  7. 【東京ゲームショウ2018!最新VR・ARレポ情報!】⑥懐かしのダンスゲームがVRで蘇る
  8. 【東京ゲームショウ2018!最新VR・ARレポ情報!】⑦VTuber必見のアプリケーション
  9. 【東京ゲームショウ2018!最新VR・ARレポ情報!】⑧ARの今後の実用性も期待大
  10. まとめ
Exhibit img
引用: https://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2018/exhibition/common/images/exhibit_img.jpg

9月20日から9月23日までの4日間に渡って開催され、大盛況のうちに幕を閉じた東京ゲームショウ2018。昨年に続いて、今年も話題のコンテンツ「VR(仮想現実)」と「AR(拡張現実)」のブースが設けられ、多くのゲームファンを魅了しました。

1098
引用: https://furikake.doda.jp/imgs/thumb_h2/1098.jpg

今回は、東京ゲームショウ2018で披露された最新VR・ARコンテンツのレポ情報をご紹介します♪デバイスの枠を超えた最新のVR・AR情報や一般発売の情報など、気になる情報を余すことなくご紹介します!

東京ゲームショウに行けなかった方も、最新情報をしっかりとキャッチしてVR・ARブームの波に乗りましょう♪早速ご紹介致します!

01
引用: https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/092201911/01.jpg

没入感を利用したVRドライブ!

02
引用: https://cdn-trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/092201911/02.jpg?__scale=w:400,h:267&_sh=07a0440c40

自動運転のプラットフォームを手掛けているティアフォー、その子会社のシナスタジア、そして車内の内装を手掛けるトヨタ紡織の3社合同で出展、将来の自動運転をイメージとしてVRコンテンツが披露されていました。

03
引用: https://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/092201911/03.jpg

コンテンツの内容は、国営ひたち海浜公園や横浜の街並みなどの有名観光地でのドライブをVRで体験するといったもの。ARでの表示案内など最新の技術も盛り込まれており、一種のエンターテイメントとして確立した内容です。

04
引用: https://cdn-trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/092201911/04.jpg?__scale=w:400,h:267&_sh=0ef0450c30

助手席にはサファイヤというナビゲートキャラが座っており、様々な情報を教えてくれるほか、案内もしてくれる優秀なパートナーという立ち位置になっています。今後自動運転技術が進化し、ユーザーが目にする情報などの変化を想定した内容とのこと。一歩未来を体験できるコンテンツに仕上がっていました。

サファイヤは次世代のカーナビとして、今後様々な形で発売されそうですね!確定情報ではないですが、カーナビの方法や手段というものも、自動運転に合わせて変化していくものと思われます。スマホなどの身近なデバイスから手軽にVR楽しむことができるようになれば、様々なデバイスでのVRとの連動も期待できそうです。

05
引用: https://cdn-trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/092201911/05.jpg?__scale=w:400,h:266&_sh=0860330d40

様々な可能性を感じる技術

広島を中心に企業の教育用VRコンテンツ・シミュレーターを開発しているビーライズと、広島市立大学の脇田教授が共同で開発しているVRによる体感デバイスが展示されていました。

同社はこれまで主に企業を相手としたB2Bでのビジネス展開を行っていましたが、今ではその技術をゲーム業界にも活かそうと、様々なアイディアを提案しています。ライドマシンに関しては既に納入の販売実績があるデバイスで、球体の座面が滑らかで安全な動作を実現しています。

1 / 4