Qpexrj6dcl6lri68ao74

アイロン

CATEGORY | アイロン

お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説!

2018.09.30

お札はシワになりやすいので、アイロンのかけ方を知ってシワを伸すことをおすすめします。 アイロンのかけ方や温度を知ればまっすぐにお札のシワを伸ばすことができます。 特に温度はポイントになります。 また、水やスチーム、ホログラムの機械も紹介するので要チェックです。

  1. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![お札]
  2. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![お札とアイロン]
  3. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![アイロンのかけ方]
  4. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![アイロンの温度]
  5. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![アイロンはスチーム以外で]
  6. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![シワをまっすぐにするポイント]
  7. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![ホログラム]
  8. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![ホログラムの機械]
  9. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![ホログラムとアイロン]
  10. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![まとめ]
お札はずっと財布の中に入れておくとシワになります。お札がシワになるのが嫌いという人もたくさんいます。また、お会計などをする時に、シワのついたお札で会計をするよりも綺麗なお札で会計をしたほうが気持ちがいいです。さらに、お札は人の目に付きやすいので、常に綺麗な状態にしておくことをおすすめします。
そして、今回の記事ではお札のアイロンの掛け方について紹介します。アイロンをかける事でまっすぐでシワのないお札にすることが出来ます。アイロンのかけ方以外にもスチームやホログラムについても紹介します。お札のアイロンかけ方に興味のある人は、是非この記事を読んでみてください。

関連記事

そもそもお札にアイロンをかけて大丈夫なのかと心配になる人はたくさんいます。しかし、アイロンの温度を調整すればお札にアイロンをかけても大丈夫です。シワの多いお札にアイロンをかければまっすぐでシワが一つもないお札に様変わりします。
シワの多いお札を持っているよりも綺麗なお札を持っていたほうが見栄えがとても良いです。お札がシワになる理由は、長い間使わずに財布の中にしまっておくと自然とお札にシワが出来てしまいします。特に折りたたみ式の財布は、お札を折って入れないといけないので、シワを避けることだ出来ないというデメリットがあります。
お札にシワをつけたくないなら長財布を使うことをおすすめします。長財布であれば、お札をおらずにそのまま財布の中に入れることが出来ます。しかし、注意をして欲しいのは、長財布でもシワは出来るのでしっかり注意してください。財布の中は定期的にチェックする習慣を付けることをおすすめします。その習慣が身につけば、シワのついたお札を持つこともなくなります。
アイロンのかけ方は、まず一枚のタオルの上にお札を置きます。次に水の入った霧吹きでお札の両面に水をかけます。水をかけ終わったら用意していたタオルで軽く挟みます。そして、最後に低音のアイロンでお札を綺麗に伸ばします。これでシワが一つもない綺麗なお札になります。
注意しなければいけないのが、お札のキラキラと輝いている部分はホログラムで、アイロンをかけると変色してしまうので、あらかじホログラムは避けておくか、ホログラムの所にアイロンをかけたとしても短時間にするようにしてください。
アイロンの温度は、低音が一番おすすめです。アイロンは、性能によって温度も変わってきますが、どんなアイロンでもお札にアイロンをかける際は、低音でアイロンをかけるようにしてください。
誤って低音以外の温度でアイロンをかけてしまうのお札が使い物にならなくなってしまうので、その辺りはくれぐれも注意するようにしてください。また、あらかじめ水をお札につけて、軽く拭いてからアイロンをかけるようにした方がお札も綺麗になります。
お札にアイロンをかける場合は、スチーム以外の設定でアイロンをかけるようにした方が良いです。スチーム以外なら何でも良いです。また、温度はしっかり低音に設定してください。スチームでお札にアイロンをかけてしまうと大惨事になりかねないので、お札にアイロンをかける際は設定を確認するようにした方が良いです。
スチームにしなくても、お札にアイロンをかける際は、水の入った霧吹きでちょうど良い具合に濡らして軽く拭いてからアイロンをかけるので、わざわざスチームにする必要がないです。
シワをまっすぐにするポイントは、お札にアイロンをかける前に、しっかり水で濡らして、軽くついた水分を拭いてからアイロンをかけると綺麗でまっすぐなお札になります。アイロンは瞬時に濡れているものを乾かしてくれるので、シワが出来る暇もないです。たまに財布の中にあるお札を見て、シワがたくさんついていた場合は、しっかりアイロンをかけて綺麗でまっすぐなお札にすることをおすすめします。
ホログラムは、お札のキラキラしている部分のことを言います。ホログラムがしっかりしていないと偽札と間違われてしまうケースがあります。特に、アイロンをかける際は、ホログラムに十分な注意を払う必要があります。
アイロンをホログラムにかけると変色してしまうので、どうしてもホログラムの部分にアイロンをかけなければいけないという場合は、短時間で済ませるようにしてください。短時間ならホログラムが変色する心配もなくなります。
ホログラムは機械によって作られています。ホルグラムは、ちゃんとしたお金である証明でもあります。このホログラムが少しでもおかしいと偽札と判断されます。偽札は犯罪になるので覚えておいてください。ホログラムを作る機械は、とても大きな機械で、一日に何千何万とお札を作り出しています。
この機械がなければ、偽札が世の中に広がってしまうので、そういった意味ではホログラムの機械はとても大切な存在になります。ホログラムの機械がある以上は、どんなに巧妙な偽札があっても本物のホログラムの機械で作ったものと比較すればしっかり区別できます。それだけホログラムの機械の能力は高いということです。
ホログラムにアイロンをかける際は、しっかり短時間で済ますように心がけてください。長時間ホログラムにアイロンをかけてしまうと、ホログラムが変色をしてお札自体が使い物にならなくなってしまうので、十分な注意が必要になります。
お札が本物であるかどうかはホログラムを見て判断することが多いので、ホログラムに異常があると偽札と判断されてしまいます。くれぐれもホログラムに異常を起こさないようにアイロンをかけてください。また、まっすぐで綺麗なお札にする場合は、ホログラムにアイロンをかけるのは避けられないので、注意してください。

関連記事

今回の記事では、お札のアイロンのかけ方について紹介しましたが、お札にアイロンをかける際は、色々と注意が必要ということがこの記事を読んで分かります。お札は人目に付きやすいので、しっかりシワのない綺麗なお札である状態が好ましいです。そのような状態をピン札と呼びます。
ピン札は結婚式のお祝儀などによく使われるお札です。アイロンのかけ方さえ分かっていれば、すぐに綺麗なピン札にすることができるので、お札のアイロンのかけ方を覚えておいて損はないです。今自分が持っているお札をピン札にしたいという人は、この記事に書いてあるアイロンのかけ方をしっかり参考にして、お札を綺麗なピン札にしてください。