Qpexrj6dcl6lri68ao74

アイロン

CATEGORY | アイロン

お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説!

2018.09.30

お札はシワになりやすいので、アイロンのかけ方を知ってシワを伸すことをおすすめします。 アイロンのかけ方や温度を知ればまっすぐにお札のシワを伸ばすことができます。 特に温度はポイントになります。 また、水やスチーム、ホログラムの機械も紹介するので要チェックです。

  1. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![お札]
  2. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![お札とアイロン]
  3. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![アイロンのかけ方]
  4. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![アイロンの温度]
  5. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![アイロンはスチーム以外で]
  6. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![シワをまっすぐにするポイント]
  7. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![ホログラム]
  8. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![ホログラムの機械]
  9. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![ホログラムとアイロン]
  10. お札にアイロンをかけてシワ伸ばしを!かけ方・温度のポイント解説![まとめ]
お札はずっと財布の中に入れておくとシワになります。お札がシワになるのが嫌いという人もたくさんいます。また、お会計などをする時に、シワのついたお札で会計をするよりも綺麗なお札で会計をしたほうが気持ちがいいです。さらに、お札は人の目に付きやすいので、常に綺麗な状態にしておくことをおすすめします。
そして、今回の記事ではお札のアイロンの掛け方について紹介します。アイロンをかける事でまっすぐでシワのないお札にすることが出来ます。アイロンのかけ方以外にもスチームやホログラムについても紹介します。お札のアイロンかけ方に興味のある人は、是非この記事を読んでみてください。

関連記事

そもそもお札にアイロンをかけて大丈夫なのかと心配になる人はたくさんいます。しかし、アイロンの温度を調整すればお札にアイロンをかけても大丈夫です。シワの多いお札にアイロンをかければまっすぐでシワが一つもないお札に様変わりします。
シワの多いお札を持っているよりも綺麗なお札を持っていたほうが見栄えがとても良いです。お札がシワになる理由は、長い間使わずに財布の中にしまっておくと自然とお札にシワが出来てしまいします。特に折りたたみ式の財布は、お札を折って入れないといけないので、シワを避けることだ出来ないというデメリットがあります。
お札にシワをつけたくないなら長財布を使うことをおすすめします。長財布であれば、お札をおらずにそのまま財布の中に入れることが出来ます。しかし、注意をして欲しいのは、長財布でもシワは出来るのでしっかり注意してください。財布の中は定期的にチェックする習慣を付けることをおすすめします。その習慣が身につけば、シワのついたお札を持つこともなくなります。
アイロンのかけ方は、まず一枚のタオルの上にお札を置きます。次に水の入った霧吹きでお札の両面に水をかけます。水をかけ終わったら用意していたタオルで軽く挟みます。そして、最後に低音のアイロンでお札を綺麗に伸ばします。これでシワが一つもない綺麗なお札になります。
1 / 4