Jtati9icre4guogtxr0n

洋服

CATEGORY | 洋服

おしゃれなスーツ【メンズ・レデイース】着こなし術!かっこいいブランドも!

2018.09.29

メンズ・レディースファッションで、外すことのできないのがスーツ。着こなしもかっこいいスーツ姿、結婚式など公の席だけでなく、カジュアルな場でも小物も武器におしゃれなコーデをしたいもの。今回は、おしゃれなブランド品も含め、メンズ・レディーススーツのご案内です。

  1. 最強のスーツスタイル
  2. おしゃれなメンズ・レディーススーツ、選び方や着こなし術:①「秋冬の3つのトレンド」
  3. おしゃれなメンズ・レディーススーツ、選び方や着こなし術:②「スーツの種類」
  4. おしゃれなメンズ・レディーススーツ、選び方や着こなし術:③「衣替えの時期は」
  5. おしゃれなメンズ・レディーススーツ、選び方や着こなし術:④「冬用スーツ」
  6. おしゃれなメンズ・レディーススーツ、選び方や着こなし術:⑤「冬場のスーツのお手入れ」
  7. おしゃれなメンズ・レディーススーツ、選び方や着こなし術:⑥「シーン別の着こなし方」
  8. おしゃれなメンズ・レディーススーツ、選び方や着こなし術:⑦「おすすめのブランド」
  9. おしゃれなメンズ・レディーススーツ、選び方や着こなし術:⑧「秋冬のトレンドスーツ」
  10. おしゃれなメンズ・レディーススーツ、選び方や着こなし術:⑨「寒い時期にはコートも必需品」
  11. おしゃれなスーツをバシッと着こなし!かっこいいですね
ビジネスマンやビジネスウーマンなら、仕事上スーツは必要不可欠ですよね。様々なシーンで、着ることの多いスーツですけど、その人の着こなし方1つで、清潔感や誠実さなどが表現できるんです。更に、その時のトレンドがプラスされることによって、オシャレな印象も加わり、最強のスーツスタイルをゲットできます。TPOによって変化をつけて、スーツ楽しむ余裕も持ちたいものです。今回は、秋冬のスーツに関してまとめてみました。
▼2018年秋冬トレンド傾向▼ 『数シーズン続いている英国調やクラシックの流れが加速。しかしズバリの英好調を表現するのではなく、イタリアの持つ軽さや色気の部分をミックスし、英国にはないイタリアの気軽さを取り入れた“ソフトブリティッシュ”“イージーブリティッシュ”がポイントとなる。』

関連記事

【カジュアルシーンでも結婚式のようなフォーマルシーンでも、小物もバッチリ、かっこいいブランドスーツで決めましょう。】今年の秋冬は、3つのトレンドを見逃してはいけません。しっかりとチェックしておいて、ご自分のファッションコーデにも活用しましょう。

<COLOR-カラー>

引用: https://www.global-style.jp/enjoy-order/wp-content/uploads/2018/09/18FallWinterTrend20180907-3.jpg
カラーにおいてのトレンドは、ブラウン・キャメル系を中心にして、マスタードやオレンジなどの暖色系をさりげなくミックスさせています。
落ち着き感があり、柔らかな雰囲気を醸し出すブラウンは、秋冬のスーツカラーとしても人気がありますが、季節感のある装いのアクセントとしても活躍。グレーのようなシックなイメージで着られます。キャメル・マスタード・オレンジなどの暖色系は、暗めな印象になりがちな秋冬のスーツスタイルに明るさを加えてくれます。

<FABRIC-ファブリック>

引用: https://www.global-style.jp/enjoy-order/wp-content/uploads/2018/09/18FallWinterTrend20180907-4.jpg
ファブリックのトレンドテーマは、英国チェックやソフトツィード、コーデュロイや別珍などの素材がポイントです。
秋冬素材の代表として人気が出てくる“ツイード素材”、暖かく防寒性が高いという特徴があります。今季はそこに、軽さと滑らかさのある生地「ソフトツイード」がトレンド。イタリアのロロピアーナやカノニコ、英国生地ブランドなどが上げられます。英国チェックで、遊び心のあるスタイルがトレンドです。

主にファッションアイテムとして冬に用いられる「コーデュロイ」。コットンやウールを原料として作られ、畝(うね)織りがあるのが特徴。カラーの優しい雰囲気は、秋冬の季節に華やかさをプラスしてくれます。別珍とは、綿のビロード(パイル織物の1つ)は、綿・絹・毛などで織り、表面に毛羽(けば)や輪奈(わな)を出した、滑らかで光沢のある織物。

<STYLING-スタイリング>

引用: https://www.global-style.jp/enjoy-order/wp-content/uploads/2018/09/18FallWinterTrend20180907-6.jpg
スタイリングのトレンドは、ブラウン系ワントーンや同系グラデーション、これが今年の秋冬の旬なスタイルです。
「ワントーン」「同系グラデーション」は、統一感のある旬なスタイリングの1つとして楽しみたい。たまには、好きな色のみでオシャレを楽しむのも良いですよね。ベストをプラスしたスリーピーススタイルでは、ベストのグラデーションカラーにし、遊び心のあるスタイリングもオススメです。

【カジュアルシーンでも結婚式のようなフォーマルシーンでも、小物もバッチリ、かっこいいブランドスーツで決めましょう。】日本で売られているスーツは、季節ごとに種類が変わります。スーツのタイプとしては3タイプ、「春夏もの」・「秋冬もの」・「オールシーズンもの」となります。
それぞれのタイプは季節によって気温や天候の変化が激しい日本でも快適にスーツで過ごすための工夫として作られたもので、各ブランドの店舗では季節ごとに合うスーツが販売されています。

【カジュアルシーンでも結婚式のようなフォーマルシーンでも、小物もバッチリ、かっこいいブランドスーツで決めましょう。】 3タイプあるスーツですが、衣替えはいつ頃すればよいのでしょうか。各タイプの着用期間としては、春夏ものが4〜9月、秋冬ものが10〜3月、オールシーズンものは文字通り1年を通してが目安となります。最近では、気候も不順なっていますし、その年の状況に合わせて入れ替えれば良いですね。
ひとつの目安としては「上司のスーツ姿」を見て決めるのが良いでしょう。 キャリアも長く、取引先へも季節ごとに挨拶へ回る上司の方であれば、季節ごとのスーツの着こなし、衣替えのタイミングなどはビジネスマナーの一つとして身についている世代にあたりますので、特に若い人であれば、身近な上司の存在を参考にするのがいいでしょう。

【カジュアルシーンでも結婚式のようなフォーマルシーンでも、小物もバッチリ、かっこいいブランドスーツで決めましょう。】冬物スーツといえば、冬に即した生地&柄のバリエーションが豊富なこと。冬向きの生地としては、一般的には柔らかくて起毛しやすい紡毛糸が使われます。当然に、保温性に優れていることが特徴ですね。
◆冬用スーツの特徴
外気を遮断し、防寒着としての機能が求められる冬用のスーツ。生地、織り方、素材、仕様などは以下のような特徴をもっています。 ・生地:厚く、重い生地を使用 ・生地の織り方:空気を通さず、体温で温まった空気を逃さないために織り方は細かめ ・生地の重さ(1m平米):260g以上〜 ・素材:ウール、カシミア、綿(100%)、ポリエステル混 ・仕様:スーツの背中の裏地がある「総裏仕様」がメイン ・特徴:保温性、防寒対策に優れた着心地

◆冬用スーツの着こなし方
冬用スーツには、カーディガン、ハイゲージニット、ニットベストを中に着用し、ジャケットを脱いだ時に季節感を感じる着こなしを心がけましょう。 色は無地が基本で、その他は茶色、グレーなどを選ぶのといいでしょう。 さらに季節感を演出したい方はニットタイやウールタイを合わせるとさらに冬を感じさせる着こなしができるので、取り入れてみてくださいね。

【カジュアルシーンでも結婚式のようなフォーマルシーンでも、小物もバッチリ、かっこいいブランドスーツで決めましょう。】冬物のスーツは、夏場と違ってジャケットを羽織っている時間が長くなり、日々のお手入れも大切になってきます。自宅で対処できる、スーツの基本的なお手入れ法です。

ハンガーにかける

ハンガーにかけるだけで、スーツの型崩れを防いだり、軽いシワなら伸ばすことができます。 なおスーツ用のハンガーは、肩ラインに合う、肉厚で丸みのあるものが良いそう。

ブラッシング

着用後のスーツには、目にはみえないたくさんのホコリが溜まっています。 小さなホコリも放置すると、繊維内に入り、虫食いの原因になります。 ブラシを使って、目に見えないホコリまでしっかり落としましょう。 ブラッシングの際、静電気が発生するとスーツに逆に、ホコリがつきやすくなります。 ブラシは静電気が起きにくい、豚毛や馬毛などの天然素材がオススメ。

【カジュアルシーンでも結婚式のようなフォーマルシーンでも、小物もバッチリ、かっこいいブランドスーツで決めましょう。】秋も深まり、10月の声を聞くと衣替えの季節が近くなります。ビジネスシーンからプライベートシーンまでその場に合わせた着こなしは、社会人のマナーとして知っておきたいものです。3つのシーンをチョイスして、それぞれのマナーを踏まえた冬のスーツの着こなし方のご案内です。

就職活動

スーツ選びに関しては、季節に関係なく、お店で「リクルートスーツ」が販売されています。それと購入して、普通に着用していれば問題ないですね。
就職活動時に気をつけて欲しいのは「コート選び」。 できるだけカジュアルなものは避け、冬場の就活でのコートは黒や紺、グレーなどの色のものを選び、面接会場へ向かうのが良いでしょう。

ビジネスシーン

冬の期間にビジネスシーンで着用するスーツは、生地的にも季節感を感じるスーツを選べばOKですね。
スーツに羽織るコートについては、職場や服装のルールによってOK・NGが分かれますので、ご自身の職場のルールに合わせるのが無難でしょう。

結婚式・結婚式二次会

冬に行われる結婚式、一般常識としての服装で問題ありません。ただし、コートの選び方には注意をしましょう。
基本的にコートはクロークで預けることがほとんどだと思いますが、あくまでもお祝いの席ですので、出席者の方から場に適した着こなしができていると見られるように「フォーマルなもの」を選ぶようにしましょう。

FABRIC TOKYO

ネットでオーダースーツ・シャツを1着から作れるビジネスウェアブランド「FABRIC TOKYO」。 機能性生地を多く取り扱っており、「防シワ加工」「ウォッシャブル」などのケアの手間が少ないスーツは、忙しい毎日を支えてくれるおすすめの商品です。 また、ITを駆使したスマートオーダーシステムにより、一度店舗で採寸すれば、あとはオンラインだけで自分にぴったりの1着を注文することができます。

HANABISHI

引用: https://image.customlife-media.jp/201707/7dcc34a2-08bb-4fee-a026-8f49722fd449.png
メイドインジャパンのスーツを1着39,000円〜よりオーダーできるオーダースーツ専門店「HANABISHI」。 長く愛用できる上質な定番生地、日本人の体型に合うシルエット、そしてオーダースーツ専業店として培われた高い縫製力が特徴です。 「フィッター」と呼ばれるプロからの丁寧なカウンセリングに定評があり、スーツに詳しくない初心者でも、スーツを選ぶ楽しさを味わえる老舗店です。

麻布テーラー

定番生地から高級生地まで、約3,000種類ものラインナップ扱う人気店「麻布テーラー」。 紳士服業界で、仕立て服を意味する「ビスポーク(Be Spoken)」の精神をもつ麻布テーラーでは、生地選びからシルエット、オプションなど、一人一人のお客さまとの対話を大切にし、理想の一着を仕立てていくのが特徴です。 生地や裏地など、選べるオプションのバリエーションが非常に豊富なため、個性を出すこだわりの1着をオーダーしたい方におすすめです。

引用: https://www.global-style.jp/enjoy-order/wp-content/uploads/2018/09/18FallWinterTrend20180907-8-1.jpg
【カジュアルシーンでも結婚式のようなフォーマルシーンでも、小物もバッチリ、かっこいいブランドスーツで決めましょう。】ダブルブレスト・ピークドラペル・チェック・ピッチの広いストライプなどが、2018年秋冬スーツのトレンドです。

ダブルブレスト

引用: https://www.global-style.jp/enjoy-order/wp-content/uploads/2018/09/18FallWinterTrend20180907-7.jpg
ダブルブレストは、秋冬用スーツで良く使われるトレンドです。シングルのスーツと比較してみれば、かなり重厚感を感じますね。近年では、ダブルスーツの形もスマート化してルーズさもなく、かなりスタイリッシュな形になったものがトレンドです。更には、ダブルを強調させるデザインの「ピークドラペル」やブラウン系のダブルスーツなど、トレンド感が増しています。

チェック&ストライプ

引用: https://www.global-style.jp/enjoy-order/wp-content/uploads/2018/09/18FallWinterTrend20180907-8.jpg
数シーズン続いている“英国調”。英国クラシックを彷彿させる柄「チェック柄」に注目。特に「グレンチェック」「ウィンドウペンチェック」は、明るさに関係なく、トレンド感のある装いになります。

引用: https://www.global-style.jp/enjoy-order/wp-content/uploads/2018/09/18FallWinterTrend20180907-11.jpg
【カジュアルシーンでも結婚式のようなフォーマルシーンでも、小物もバッチリ、かっこいいブランドスーツで決めましょう。】コートにおけるトレンドテーマとしては、ダッフル・ダブル・バルカラー・ベルテッド・ラグランなどが挙がってきますね。これらはコートの種類で、全体的なシルエットに特徴のあるのが、ダッフルやダブル、そして、細かなデザインに特徴のあるコートが、バルカラー・ベルテッド・ラグランなどとなります。
引用: https://www.global-style.jp/enjoy-order/wp-content/uploads/2018/09/18FallWinterTrend20180907-12.jpg
◇特に注目のコート◇ バルカラー:折り衿の衿型の一種で、上衿の幅が広く、下衿が小ぶりにできている衿型。 ベルテッド:ベルトの付いたデザイン。ラグラン:袖がたっぷりに裁断され、袖付けの縫い目が両方の袖ぐりから達し、ゆったりフィット。 

関連記事

今回は、秋冬物スーツに関して、様々にご紹介をさせていただきました。メンズもレデイースもスーツ姿ってかっこいいですよね。ビジネス・プライベートに関わらず、バッチリと決めたスーツ姿でさっそうと登場して、周囲の皆さんの注目を集めてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://dol.ismcdn.jp/mwimgs/b/8/670m/img_b8f07dfd30bb1ebf025182e378951a5527674.jpg