Zwppydz8qhxq1inwxvc8

風水

CATEGORY | 風水

家相図の見方!方位を気にした間取りで欠け(凶)を避ける!風水との違いも!

2018.09.30

玄関を中心とした家相図の見方によって方位を気にした間取りで欠けを避けることが出来ます。 家相図の見方や方位を理解して鬼門を避けるようにしよう。 また、風水との違いもしっかり理解しよう。 この記事に興味のある人は、是非読んでみてください。

  1. 家相図の見方!方位を気にした間取りで欠け(凶)を避ける!風水との違いも![家相図]
  2. 家相図の見方!方位を気にした間取りで欠け(凶)を避ける!風水との違いも![家相図の見方]
  3. 家相図の見方!方位を気にした間取りで欠け(凶)を避ける!風水との違いも![家相図の方位]
  4. 家相図の見方!方位を気にした間取りで欠け(凶)を避ける!風水との違いも![方位を気にした間取り]
  5. 家相図の見方!方位を気にした間取りで欠け(凶)を避ける!風水との違いも![欠け(凶)を避ける]
  6. 家相図の見方!方位を気にした間取りで欠け(凶)を避ける!風水との違いも![鬼門]
  7. 家相図の見方!方位を気にした間取りで欠け(凶)を避ける!風水との違いも![玄関]
  8. 家相図の見方!方位を気にした間取りで欠け(凶)を避ける!風水との違いも![中心]
  9. 家相図の見方!方位を気にした間取りで欠け(凶)を避ける!風水との違いも![風水との違い]
  10. 家相図の見方!方位を気にした間取りで欠け(凶)を避ける!風水との違いも![まとめ]
引用: https://i.pinimg.com/564x/b7/f9/7a/b7f97a1e9c55f738db9f90cd63674f02.jpg
家相図とは、家の占いになります。具体的に言うと、家の建てた位置やテレビやベッドの奥位置や方角によって、その家と住人の運勢を占うと言うものです。風水に似ていると言われますが、風水とは少し違うので一緒にしない方が良いです。そして、今回の記事では、家相図の見方について紹介します。
引用: https://i.pinimg.com/564x/aa/f8/18/aaf818948f0a749ca3a3186311602cfb.jpg
家相図の見方が分からないと言う人はたくさんいます。家相図さえ何か分からない人もいるので、家相図を知らなかったと言う人や家相図の見方が分からないと言う人も心配する必要はないです。なぜなら、この記事を読めば家相図の見方を理解することが出来るからです。家相図に興味のある人は、是非この記事を読んでみてください。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/b4/a4/74/b4a47482619fc59e00e0a0c6e1424a08.jpg
家相図の見方は、まずしっかり東西南北がどこか把握します。家によって北や南が変わるので注意してください。東西南北が把握できたら家の中心を探します。大体でいいので、家の中心を見つけることが出来たら、家相図を図が示している東西南北に合わせます。これが家相図の見方になります。
注意しなければいけないのが、家の中心を間違ってしまうと家相図の意味が無くなってしまうので注意してください。家相図で分かることは、鬼門がどこかということです。鬼門とは、災が起こりやすい方向を意味しています。家相図を見るとその鬼門がどこの方向にあるのか分かるということです。家相図の見方は基本的には簡単ですが、しっかり家の中心を探したり、東西南北をしっかり把握しないという難点もあります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/c4/3b/c4/c43bc4ff89f491a2a95bce4f221afab9.jpg
家相図の方位は、東西南北に分かれます。家相図は、どこに何も置けば運勢が上がって、どこに置くと運勢が下がるのかということが分かります。特に、鬼門はしっかり分かるので、鬼門が分かったらその方位には、あまり物などを置かないようにした方が良いです。
鬼門とは、簡単に言えば最悪な運勢ということなので、何が起きるか分からないです。鬼門から避けるためにも鬼門の方位には、大切な物などは置かないようにしてください。それだけでも鬼門から避けることが出来ますし、災いが起こることも回避できます。しっかり覚えておいてください。
引用: https://i.pinimg.com/564x/b5/57/29/b5572967f601e8e635138a50f2378182.jpg
家の方位を気にした間取りは大切です。方位には、良い運勢と悪い運勢がはっきり分かれているので家相図を知っている以上は、家の間取りなどを気にした方が良いです。例えば、テレビが南の方位においてあったとしたら、その家の場合、南はあまり運勢が良くないなどと家相図が示す場合があります。
そうした場合は、テレビを運勢の良い位置に移動するようにしてください。位置を移動するだけで運勢も変わってくるので、少し面倒臭いとは思いますが位置を移動させるようにした方が良いです。また、間取りは家の中心なども分かるので、しっかり間取りを見て家の中心を把握してください。家の中心が把握できれば、家相図も見やすくなります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/99/eb/2a/99eb2a7426b9c82d18659440df29d4bd.jpg
家相図を見ると鬼門や欠けと言った方位がすぐに分かります。鬼門や欠けの方位には、決して物などは置かないようにしてください。特に大切なものはおかないようにした方が良いです。また、くつろぎスペースにするのも控えた方が良いです。
鬼門や欠けの方位は、そこの方位を向いているだけでも運勢が下がります。鬼門や欠けを避けるためにも大切な物などは置かないように心掛けてください。その心掛けがあるとナイトではこれからの生活においてとても変わってきます。あまりそういうことは気にしないという人も一度騙されたと思って試してみてください。
引用: https://i.pinimg.com/564x/2e/b8/5e/2eb85e643d9a4a4f4e21be6865b301bf.jpg
家相図は、鬼門の方位がしっかり分かる図となっています。鬼門の方位を知っていれば、運勢を下げる心配もなくなります。鬼門の方位が分かったなら必ず避けるように心掛けてください。また、大切な物を置いたり、鬼門の方位を向いて生活したりはしないようにしてください。それだけを意識して避けるだけでも運勢が大きく変わってきます。信じ難いという人は、一度試してみてください。
引用: https://i.pinimg.com/564x/5f/d9/69/5fd9694c3c9f807581ce4af4e5eff6bf.jpg
家相図の中でも玄関の位置はしっかり把握した方が良いです。玄関の位置は鬼門になりやすい方位なので、しっかり家相図を見る必要があります。家相図をしっかり見れていないで、鬼門が玄関だった場合、運勢は自然と下がっていきます。玄関が鬼門だと分かったからといって、必ずしも鬼門を避けることが出来るとは限らないです。
しかし、玄関にはあまり物などを置かないようにすると鬼門から避けることは出来ます。家相図を見る場合は、最初に玄関の方位を確認するようにしたら良いです。そうずれば、玄関の方位を見落とす心配もなくなります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/fa/39/c5/fa39c5663e17f4fb331cef774362662c.jpg
家相図は、家の中心で見る必要があるので、しっかり家の間取りを見て、家の中心を把握する必要があります。しっかり家の中心が分からないと家相図を見ることも出来ないので、家相図を見る場合は、必ず家の間取りをチェックするように心掛けてください。家の間取りを見て、中心がしっかり分かったら家相図を見るようにした方が良いです。なぜなら、鬼門や欠けの方位がしっかり把握できるからです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/53/3b/b1/533bb1ecaf27aa2d2f078af2bb7441e5.jpg
家相図と風水は似ていますが、実は全く違います。家相図の場合、家の中などを中心に運勢を決めますが、風水の場合は、家の中ではなく、その家の土地や周りの自然などを素材として運勢を決めます。家相図よりも風水の方がスケールの大きい運勢の決め方になります。家相図と風水は同じと勘違いしている人も多いですが、家相図と風水は全く違うのでしっかり覚えておいてください。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/cf/83/bc/cf83bcea5e5b3370196b88bd6fae0362.jpg
今回の記事では、家相図の見方について紹介しましたが、家相図は鬼門や欠けなどの運勢の悪い方位というのがしっかり分かるので、一度家相図を試してみると良いです。どこの方位が鬼門や欠けなどかということを知っているだけでも運勢アップに繋がります。
なぜなら、鬼門や欠けの方位が分かれば、その方位にはなるべく避けるようにするからです。鬼門や欠けを避けることが出来れば、自然と運勢も上がっていきます。信じ難い話に聞こえますが、信じ難いという人は、一度家相図を試してみることをおすすめします。何事も経験をしないと分からないということはよくあります。
これから家を引っ越す予定のある人は、しっかり自分が引っ越す間取りの見て、家の中心を把握して家相図で鬼門や欠けの方位はどこにあるのかということを知っておくと良いです。家相図を試す場合は、しっかりこの記事を参考にしてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK86_inakanonatu_TP_V.jpg