Zehnhfcuweaejp2dyhoq

財布

CATEGORY | 財布

秋に財布購入、金運・風水は大丈夫?買い換え時期やポイント、◎色も!【2018】

2018.10.03

財布を買い替えたいけど秋でもいいの?金運が上がる色、気をつける風水はあるの?と疑問に思われている方も多いのではないでしょうか?今回は、秋に財布を購入するときの金運・風水のポイントや、購入する時に知っておきたい色や素材の効果、時期をご紹介します。

  1. 財布の買い替え・購入時期は風水に関係あるの?
  2. 【秋に財布を購入する時の金運&風水のポイント2018】秋に新調してもいい?
  3. 【秋に財布を購入する時の金運&風水のポイント2018】日付にこだわる
  4. 【秋に財布を購入する時の金運&風水のポイント2018】黄色・金色
  5. 【秋に財布を購入する時の金運&風水のポイント2018】ピンク・赤色
  6. 【秋に財布を購入する時の金運&風水のポイント2018】白・黒・グレー
  7. 【秋に財布を購入する時の金運&風水のポイント2018】青・緑
  8. 【秋に財布を購入する時の金運&風水のポイント2018】茶色・ベージュ
  9. 【秋に財布を購入する時の金運&風水のポイント2018】素材にこだわるなら?
  10. 【秋に財布を購入する時の金運&風水のポイント2018】使う前の一手間
  11. 秋に財布を買いそびれた!そんなときは?
  12. 【まとめ】
財布を買い替えようと思ったとき、いつからこの財布を愛用しているんだろうと思うことはありませんか?財布を買い替えるなら、よく耳にする3年という期限もきになりますよね。3年という期間は必ずというわけではなく、定期的に財布を新調した方がいいということなのです。
風水では、3年という期間にとらわれず、早ければ1年、長くても2、3年で買い替えたほうがお金にとっては良いとされています。しかし、3年経っても物持ちが良い方は綺麗に使っている方も多いはずです。3年ごとに買い替えなくても、時期や財布の状態を見て購入を検討してみましょう。財布の色や素材、買う時期や新しい財布を使う前の一手間もご紹介するので、ぜひ参考にされてください。

関連記事

秋という言葉を言い換えると「空き」や「飽き」という言葉があります。こんな言い換えができることから、縁起が悪いと感じている方もいるのではないでしょうか?「空き」は財布の中が空いて何も入らない状態になるのではないかと不安になる方もいるかもしれません。しかし、「秋」という言葉を言い換えるだけではなく、秋そのもののイメージを膨らませてみましょう。
秋は読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋など色々言われますが、その中にも「実りの秋」という言葉もあります。柿や栗、米など収穫がたくさんできる時期でもありますよね。考え方を変えれば、財布を購入するにはもってこいの季節です。ポイントを幾つかご紹介するので、買い替えたいと考えている方はチェックしてから財布を選んでみてください。
秋は9、10、11月のイメージがありますが、その中でもどの時期に、日付を細かく知りたいところですよね。財布の購入に良いとされているのは、「一粒万倍日」「寅の日」「天赦日」の3種類の選日を理解してから買い替える日を決めましょう。ここではそれぞれの日の意味をご説明します。
「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。

まず、一粒万倍日ですが、新しいことを始めたり、お店をオープンするには良いとされている日です。反対にお金を借りたり悪い事が起きると縁起が悪い日なので覚えておきましょう。
「千里を行って千里を帰る」という言葉を聞いたことがありますか?寅の日に用いられる言葉ですが、お金が一度でていってしまっても戻ってくると言われており、寅のシマシマ模様、毛の色は黄色なので、金運アップにとても良い日です。
天赦日は、暦の中で最上級の吉日となっており、結婚や結納、財布を買い替えると良いとされている日でもあります。2018年の秋にある天赦日は9月13日、11月28日の2日間なので、この日を狙うのもおすすめです。
金運アップの色といえば、黄色や金色ですよね。黄色の財布もそのイメージ通りで、金運アップにはおすすめです。しかし、お金のパワーが強まるのは良いことですが、その分出ていってしまうお金も多く、お金の動きが激しくなります。
金色の財布は、金運をアップさせたいと思っている方は購入を考えたことがあるかもしれません。金運といえばやはり金色ですよね。黄色よりもお金のパワーが大きくなり、出入りももっと激しくなります。引き寄せる、離す力が強いようなので、調整をしっかりとする方は購入を考えると良さそうです。
女性はピンク色の財布を持っている方も多いのではないでしょうか?ピンク色は恋愛運でも多く取り入れられる色ですし、何と言っても女の子らしくて可愛いですよね。貯蓄、投資など育てるという意味があり、また人間関係を良好にしたい方にもおすすめです。恋愛運アップにも繋がりますので、金運・恋愛運両方の運気をアップさせたい方はピンクを選びましょう。
炎と言われて最初に思い浮かぶのは何色ですか?赤色という方が多いのではないでしょうか?赤色の財布もピンク同様女性が多く持っているイメージがあり、可愛いデザインのものも豊富です。その反面、お金を燃やしてしまうという力もあるようで、衝動買いをしやすくなるそうなので、衝動買いを普段からしてしまう方は違う色を選んだほうがよさそうです。
お金を借りていて返済したい、新しいスタートをきりたいという方には白がおすすめです。真っ白なものは、清楚なイメージもあり、白いノートやまっさらな状態を表すともいえます。新しい運気、金運を呼び込みたいと思ったときには、汚れが目立って手入れは大変になりますが、白の財布を選びましょう。
付き合い、娯楽でよく飲みに行ってしまう、衝動買いが多い、必要のないものまで買ってしまうという方は黒の財布がおすすめです。黒色には人、物を寄せ付けない力があり、お金を使った後に、使いすぎてしまったと後悔しがちな方にはもってこいの色です。
黒と白のちょうど間の色であるグレーは、白、黒の両方のパワーを持っています。白よりのグレーや黒の方が近いグレーなどブランドや財布によって濃さも色々あるので、白、黒の財布のパワーを理解した上で選ぶようにしましょう。
水の色といえば青ですよね。パステルカラーの水色であれば、気分を上げる効果が期待でき、頑張る分だけ青色の財布が応えてくれ、ネイビーの場合は黒と同じようなパワーを持っています。しかし水で連想できるように、流れるという意味もあるので良いお金の流れ、悪いお金の流れを見極めたりと注意が必要です。
金運だけでなく、全体的に運気をアップさせたい方は緑色がおすすめです。自然の豊富な場所に行くと、癒やされるのと同じで、お金にも癒やされる場が必要です。安定を求めたい方、癒やされたい方、収入や入ったお金をあまり出したくない方は緑にしましょう。
土の色と言うのは言い方が悪いかもしれませんが、土の色である茶色は、お金を育てる効果があります。植物も土が大事ですよね。それと同じように、お金も育ってくれる効果があります。
ベージュや茶色はお金を出さずに蓄えようとしてくれるので、貯金がなかなかできないという方にもおすすめです。また、大人っぽく上品に見られたいという方は、財布の見た目も落ち着きがあるベージュを選びましょう。

牛革

牛革は貯金を増やしてくれる力があります。肌なじみも良く、使っていくうちに味が出てくるのが革の魅力ですよね。お金を使い過ぎたくない、貯金をしたいという方におすすめです。

クロコダイル

クロコダイルはワニの革です。ワニは噛む力が強く、噛み付いた後離さないことで有名ですよね。そんなワニの生態から、お金を逃がさないという意味合いで金運アップにおすすめです。

豚革

豚革は貴重なためあまり見たことがないという方もいるのではないでしょうか?豚革は子孫繁栄や金運アップに効果があり、人間関係に悩んでいる方にもおすすめです。
新しい財布を購入したら、すぐにでも使いたくなりますよね。お金が入ってくる財布にするよう、財布に準備運動をさせましょう。使いたくなっても少し我慢して、少し寝かせて起きます。その際、用意できれば新札、新札が難しければお札(1万円札)を何枚か入れて1、2週間ほど寝かせましょう。
秋に財布を買いそびれたら次の秋まで待たなければいけないかというとそうではありません。買いそびれたときは、春まで待って春に新調しましょう。春は財布が「張る」ほどお金が入るという意味で、新調するにはとてもいい時期とされています。

関連記事

いかがでしたか?新しい財布の色や素材は決まりましたか?秋は風水的にも新調するのにとってもいい時期です。秋に財布を買い替えて、心機一転、金運アップを目指しましょう。