Ptksvdv7q3b8y8k5ti7c

洋服

CATEGORY | 洋服

かぎ針編みの記号の編み方と読み方解説!初心者さんや編み図がわからない人必見!

2018.09.24

かぎ針編みは複雑に見えるので「難しい」「わからない」と思っている方も多いでしょう。しかし意外に、「v」などの記号の種類や読み方、編み方をマスターして編み図通りに編めば、初心者でも編むことができます。そこでかぎ針編みの記号の読み方や編み方についてご紹介します。

目次

  1. ◆はじめに~かぎ針編みの記号の編み方と読み方解説!
  2. かぎ針編みの記号の編み方と読み方解説!❶かぎ針編みの考え方
  3. かぎ針編みの記号の編み方と読み方解説!❷基本的な操作
  4. かぎ針編みの記号の編み方と読み方解説!❸最初の目の作り方
  5. かぎ針編みの記号の編み方と読み方解説!❹編み方いろいろ
  6. かぎ針編みの記号の編み方と読み方解説! ①くさり編み
  7. かぎ針編みの記号の編み方と読み方解説! ②細編み
  8. かぎ針編みの記号の編み方と読み方解説! ③中長編み
  9. かぎ針編みの記号の編み方と読み方解説! ④長編み
  10. かぎ針編みの記号の編み方と読み方解説! ⑤長々編み目
  11. ◆まとめ~かぎ針編みの記号の編み方と読み方解説!

写真のようなかわいいかぎ針編みができるようになるとうれしいものです。しかし初心者の方は、細かい作業に気後れしてしまうのも確かです。かぎ針編みは、v字などのいろいろな種類の編み図があるので、それに沿って編んでいけば簡単といえます。今回はこのいろいろな種類の記号の読み方を中心に、かぎ針編みの初心者向けの方法についてご紹介します。

かぎ針編みの方法について簡単に言うと、①右に持った針にかかっている輪に、左手の指にかけた糸を引き抜く ②それを新しい輪にする、の繰り返しです。“右の輪に糸を引き抜くまでの途中で”“いろいろな操作をする”ために、この複雑な美しい模様ができあがります。このいろいろな操作をすることが、初心者の方からするといろいろな種類の編み方があるので難しそうに見えますが、基本的にはどの編み方も同じパターンといえます。

かぎ針編みの記号の読み方が難しいので、この段階で初心者の方は拒絶反応を示しそうです。しかし、頑張ってみましょう。この記号は、JIS(日本工業規格)によって定められているもののため、どの本でも、どの教室でも統一されています。一見難しそうなのですが、ほとんどが編んだときの見た目を記号化したものです。そのため基本的な編み方をマスターすれば、難しい記号も見ているうちにわかるようになってきます。つまり「慣れ」が大切です。

かぎ針編みの編み図は、基本的には編む記号がすべて記載されています。棒針編みの編み図と比較すると、簡単といえます。棒針編みの増し目や減らし目は、数字で指定されているだけのために、編む前に計算が必要です。ところが、かぎ針編みの増し目と減らし目は、全部編み図に書いてあるのです。一見とっつきにくいように感じますが、慣れるとかぎ針編みの図のほうがわかりやすいといえます。

糸端の出し方

まず初心者の方は、基本的な操作からマスターしていきましょう。糸を内側から引き出します。糸玉の中心に指を入れ、糸端を探して引き出します。

糸のかけ方

次に、糸のかけ方が割と難しいのですが、これも慣れなので、糸に触っているうちに自然に指にかけることができるようになります。まず、中指、薬指の内側を通し、糸端を手前に持ちます。次に、親指と中指で糸端側をつまみ、人差し指を立てて糸をピンと張ります。

1 / 4