Mggjteloqbbenpzgo9hm

ライフスタイル

CATEGORY | ライフスタイル

お年玉相場・平均まとめ!親族の子供の年齢別!袋や渡し方・お返しも!

2018.09.19

この記事では、お年玉相場や平均、親族の子供の年齢別について紹介します。 この記事を読めば、お年玉相場や平均、親族の子供の年齢別についてよく知ることができます。 !袋や渡し方、お返しについても紹介します。 興味のある人は、是非記事を読むと良いです。

  1. お年玉相場・平均まとめ!親族の子供の年齢別!袋や渡し方・お返しも![お年玉]
  2. お年玉相場・平均まとめ!親族の子供の年齢別!袋や渡し方・お返しも![お年玉の相場]
  3. お年玉相場・平均まとめ!親族の子供の年齢別!袋や渡し方・お返しも![お年玉の平均]
  4. お年玉相場・平均まとめ!親族の子供の年齢別!袋や渡し方・お返しも![親族の子供の年齢別]
  5. お年玉相場・平均まとめ!親族の子供の年齢別!袋や渡し方・お返しも![小学生]
  6. お年玉相場・平均まとめ!親族の子供の年齢別!袋や渡し方・お返しも![中学生]
  7. お年玉相場・平均まとめ!親族の子供の年齢別!袋や渡し方・お返しも![高校生]
  8. お年玉相場・平均まとめ!親族の子供の年齢別!袋や渡し方・お返しも![お年玉の袋と渡し方]
  9. お年玉相場・平均まとめ!親族の子供の年齢別!袋や渡し方・お返しも![お年玉のお返し]
  10. お年玉相場・平均まとめ!親族の子供の年齢別!袋や渡し方・お返しも![まとめ]
引用: https://i.pinimg.com/564x/cc/56/db/cc56db94970d52c176d5576139f8567d.jpg
お正月の楽しみの一つと言えばお年玉です。子供達はお正月にはお年玉がもらえるとワクワクしていることでしょう。そして、今回の記事では、お年玉の相場や平均について紹介します。各ご家庭によって、お年玉の金額は違います。5000円という家庭もあれば1万円という家庭もあります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/db/2c/2f/db2c2feee853e0f113c156599e6bef9d.jpg
このようにお年玉は各ご家庭で金額が全く違います。お年玉を渡す側としては、どれくらいの金額が普通なのかということを知りたいことでしょう。この記事ではそういった事をしっかり紹介しています。
引用: https://i.pinimg.com/236x/cf/60/a4/cf60a493679ce2dcf0cd7394ed53e76d.jpg
また、お年玉の金額の相場や平均だけでなく、お年玉の袋や渡し方、お返しについても紹介しています。興味のある人は是非この記事を読むと良いでしょう。お年玉の金額は、平均的な金額で渡したいという人は多いので、この記事をしっかり参考にすると良いです。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/b1/71/03/b1710374483f369986a2a111ca48d481.jpg
お年玉の相場は5000円から1万円くらいが妥当になります。しかし、これはあくまでも相場なので実際には5000円以下の金額のお年玉もあれば、1万円以上のお年玉もあります。なぜお年玉の相場が5000円から1万円になるのかというと、数字的に区切りが良いからです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/1e/c4/89/1ec489c01a309081b14fbde4c45e6a2e.jpg
中途半端な金額を渡すよりもしっかり区切りの良い金額を渡したほうが渡す側ももらう側もスッキリするからです。家庭によっては、小銭がお年玉に入っている人もいる事でしょう。しかし、その小銭の多くは500円玉などしっかり区切られた金額になっていることが多いです。
お正月は今年の1年間をしっかりとした1年間にするための行事です。そして、その行事に対してお年玉は付きものです。そのお年玉の金額が半端な額であった場合、色々とスッキリしないでしょう。そういうことにならないように。自然とお年玉の相場が5000円から1万円という区切りの良い金額になっているのです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/66/5b/ed/665bed2bcba93d09d04ab1dac75a6cfd.jpg
お年玉の平均は5000円から1万円という金額になっています。これはあくまでも平均なので、各ご家庭によってお年玉の金額は違うことでしょう。しかし、渡す側としては、平均的な金額を渡したいと考えている人は多いので、5000円から1万円をお年玉として渡す人が多い傾向にあります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/4c/0f/8f/4c0f8f9540f5db4ec85f85901243666e.jpg
特に両親はそういった所しっかり把握していることが多いです。おじいちゃんやおばあちゃんは比較的に高い金額をお年玉としてくれる傾向にあります。それは可愛い孫の為と思っていることが多いからです。さらに、親族からもお年玉をもらうことは多いことでしょう。
親族も平均的な金額のお年玉を渡す傾向にあります。このように、おじいちゃんとおばあちゃん以外は、比較的に平均的な金額をお年玉として渡している傾向が多いです。金額が高すぎても甘やかしすぎていると思うし、少なくてもそれはそれで厳しくしている印象になってしまうので、お年玉の金額というものは結構難しい判断になります。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e3/ab/7b/e3ab7bd79130a05ecac391a273e3d093.jpg
親族の子供にお年玉をあげるケースは多いでしょう。親族の子供にあげるお年玉の金額は、高くなく少なくもない普通の金額がベストになります。しかし、そんな金額を分かる人はいないでしょう。そういう場合は、世の中のお年玉の平均金額に合わせれば問題ないです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/3e/20/9d/3e209da0b2fdea468cb25f32b48d19bf.jpg
世の中のお年玉の平均金額は、5000円から1万円になるので、その範囲の金額をお年玉として渡せばいいでしょう。また、お年玉は年齢別によっても金額が変わってきます。平均金額が5000円から1万円だったとしても渡す相手の年齢によって金額を変えなければいけないのかという悩みが出てきます。年齢別に金額を変える人もいますし、全て同じ金額にする人もいます。その辺りのことは自分の判断で決めれば大丈夫です。
引用: https://i.pinimg.com/564x/fd/5b/35/fd5b358445fa56d8a7e5d3fe557bfd47.jpg
小学生のお年玉の平均は3000円から4000円になります。小学生の場合、そんなにお金を持っていなくても全く問題ないので、3000円から4000円の金額が妥当になります。むしろ小学生にしては高い金額になります。しかし、これはあくまでも平均なので、小学生でも1万円をもらっている人はたくさんいます。それは各ご家庭でお年玉の金額は違うので、当然の事と言えるでしょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/e3/a4/85/e3a4856ec9fdad937d149fb9f7c598a0.jpg
中学生のお年玉の平均は3000円から5000円になります。中学生になるとお金の価値もしっかり分かってくるので、平均の金額も小学生よりかは高くなります。中学生になると自立心に芽生える人も出てくるので、お金があるに越したことはないと判断して、3000円から5000円の金額をお年玉として渡す人が多い傾向にあります。
しかし、中学生でもお金はそんなに必要ではないです。何だかんだで、親に欲しいものを買ってもらう人が多いです。そのためお年玉が貯金をする中学生が多いです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/7c/6e/a6/7c6ea6d62cb1973f45cf65c9d8177c5e.jpg
高校生のお年玉の平均は、5000円から1万円になります。高校生くらいになると完全に自立心に芽生えるので、親に頼ることを極端に嫌がるようになります。そして、自分でバイトをしてお金を得る人も出てきます。親を頼ることは嫌がると言ってもお年玉はしっかりもらいます。
なぜなら、お金だからです。お金はあるに越したことがないですし、お年玉ならお正月の恒例なので、親に頼っている感があまりにないという理由からお年玉をもらう高校生は多い傾向にあります。高校生だけでなく、大学生でもお年玉をもらう人はたくさんいます。必ずしも皆同じようにお年玉をもらっているとは限らないということです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/30/ba/87/30ba87a9d58731e03d60eba05eeeb9a7.jpg
お年玉の袋は、お正月の雰囲気に合う袋で渡した方が良いでしょう。結構お年玉の袋は適当に選んでいる人が多い傾向にありますが、お年玉の袋もとても大切です。また、年齢別によって、お年玉の袋も変わります。小学生はキャラ物のお年玉袋が多いです。
引用: https://i.pinimg.com/564x/2f/fc/d7/2ffcd72143bfb35ca2b1cb061c32effb.jpg
中学生から高校生はしっかりとしたシンプルなお年玉袋になります。年齢別によって金額が変わるように、お年玉の袋も年齢別に変わるということです。お年玉の渡し方は、一言「明けましておめでとう」と言ってお年玉の入った袋を渡します。何も言わずに渡すよりか一言言って渡した方が、渡す方ももらう方も気分が良いでしょう。
引用: https://i.pinimg.com/564x/94/4e/04/944e040bf05e5a6ecde2400007b10750.jpg
お年玉のお返しは、立派な大人になるということです。多くの両親や親族は、子供の健やかな成長と立派な大人になってほしいと願っている人がほとんどになります。そのような想いを抱きながらお年玉を渡している人は多くいます。その想いに何かでお返しをするのではなく、立派な大人になることがお年玉のお返しになります。

関連記事

引用: https://i.pinimg.com/564x/d4/53/de/d453dee7d13347e2aa0492026d1d4f06.jpg
今回の記事では、お年玉の相場や平均について紹介しましたが、少しはお年玉の相場や平均について知ることができたことでしょう。お年玉を渡さないという人も中にはいますが。子供がいる以上は少しでも良いのでお年玉をあげるようにしましょう。
それは大人の役目であり、優しさです。お年玉をもらった子供はとても嬉しそうな笑顔を見せることでしょう。渡す金額に迷った場合は、しっかりこの記事を参考にしましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/YUKI86_okanekodomo15144308_TP_V.jpg