Ojykag48rshtoetwshww

子供

CATEGORY | 子供

かぎ針で出来るマフラーの簡単な編み方!初心者さんでも!手編みのデザインも紹介!

2018.09.22

簡単なかぎ針のマフラーの手編みの編み方や初心者にも簡単なデザインの編み図などをまとめました。基本の編み方から、簡単に編むことができる子供用、プレゼントにぴったりなメンズ用など様々な編み方が揃っているので、寒い冬に向けてかぎ針編みのマフラー編みにトライしたい人は、必見ですよ。

  1. かぎ針の手編みマフラーの簡単な編み方Part.1|必要な材料・針と糸の持ち方
  2. かぎ針の手編みマフラーの簡単な編み方Part.2|基本の編み方(鎖編み)
  3. かぎ針の手編みマフラーの簡単な編み方Part.3|基本の編み方(細編み)
  4. かぎ針の手編みマフラーの簡単な編み方Part.4|基本の編み方(中長編み)
  5. かぎ針の手編みマフラーの簡単な編み方Part.5|基本の編み方(長編み)
  6. かぎ針の手編みマフラーの簡単な編み方Part.6|細編み・子供用マフラー
  7. かぎ針の手編みマフラーの簡単な編み方Part.7|長編み・超極太糸の子供用マフラー
  8. かぎ針の手編みマフラーの簡単な編み方Part.8|中長編み・メンズマフラー
  9. かぎ針の手編みマフラーの簡単な編み方Part.9|長編みと鎖編み・マフラー
  10. かぎ針の手編みマフラーの簡単な編み方Part.10|長編み・スヌード
  11. まとめ
X8xbgq5uc6vd6mab9gvh
まずは、かぎ針を使ったマフラー作りに必要な材料と針と糸の基本の持ち方についてご紹介します。

かぎ針

かぎ針には太さがあり、編みたいデザインや毛糸の太さに応じて変えていきます。太めの毛糸ではざっくりしたデザインのマフラーを、細い糸では硬くスッキリしたデザインのマフラーを編むことができます。初心者は太めの糸でざっくりしたデザインがおすすめです。
また、かぎ針の素材は、金属製や竹製などがあります。金属製は滑りが良く編みやすいので初心者でも使いやすいのが特徴です。ただし、細い糸になると糸が針から外れやすく力加減がやや難しくなります。一方竹製はしなやかさが特徴で、金属アレルギーの人でも使うことができます。太い糸用の大きなかぎ針は、金属製では重たくなるので、軽いプラスチックで作られているものも多くあります。

物差し・メジャー

作品の寸法を測ったり、ゲージを測るときに使います。

毛糸

毛糸の太さやデザイン、色によってガラリと雰囲気が変わるので、作りたいマフラーデザインのレシピに合わせてチョイスしてくださいね。マフラーの場合は、1玉だけでは足りないので、購入時に必要な玉数を確認しておくようにしましょう。

針と糸の持ち方

基本の針の持ち方です。糸は利き手じゃない方の手で小指と薬指の間に挟み、中指と人差し指の間を通して、人差し指にかけます。そしてその糸端を人差し指と親指で挟んで持ちます。かぎ針は、利き手で鉛筆と同じように持ちます。この手の形に慣れることが、綺麗なマフラー作りに大きく関わってくるので、しっかりチェックしてくださいね。

関連記事

V6swk0ovvpgdidjdzmyb
かぎ針編みの中でもっとも基本の編み方が、鎖編みです。その名の通り鎖状に細く編む編み方で、これができないとどんな作品も上手に作ることができません。全てのかぎ針編みの基本になるので、初心者はまずこちらの編み方を習得してくださいね。編み図では楕円型で表されます。

動画でチェック!

かぎ針の先に引っ掛けた糸を輪っかの間から引き抜くという過程を繰り返しますが、糸を引っ張りすぎると、かぎ針を輪っかに通すことができず、緩すぎると綺麗な仕上がりになりません。かぎ針初心者にとって、上手にかぎ針の先の部分に糸を引っ掛ける事と、ちょうど良い力加減を身につけることの練習にもなりますよ。
Liedz25ivzsqqnyilws6
鎖編みの次に覚えたいのが、細編みです。鎖編みでは一本の細い棒状にしかなりませんが、細編みでは厚みをプラスすることができます。マフラーなど多くの編み物に欠かせない編み方です。編み図では、「+」で表されます。

動画でチェック!

鎖編みを応用したような編み方です。2回の引き出しで1つの工程になるので、一度感覚を掴めばテンポよく編んでいくことができます。1回目の引き出し時にかぎ針に残しておくべき輪っかを抜かないよう力加減を調整することがポイントです。
Pbtdqka3wbgwil9hyzyf
マフラーの編み方でもよく出てくる編み方です。細編みよりもさらに引っ掛ける糸の数が増えるので、初心者はなかなか覚えにくいかもしれません。鎖編みと細編みを覚えてから、こちらの中長編みを覚えるようにすることをおすすめします。編み図では、細長い「T」字で表されます。

動画でチェック!

動画で見てもわかる通り、かぎ針に残る糸の輪の数が多く、上から下から糸を引っ掛けて、最後に一気に針を引き抜きます。一気に引き抜くときに輪っかに針が引っかかりやすく、引っかかりを直そうと糸を持っている手を離してしまうと、どこまで編んだかわからなくなってしまうので、初心者は感覚を掴むまでやや緩めに編む練習をすると良いですよ。
Vcmq9vjqfzrmhp5oqepi
一度の工程が多く、鎖編み3目分の高さなので、一気に厚みを出すことができる編み方です。こちらもマフラーの編み方でよく出てくる編み方です。何本分引き出したか忘れがちなので、初心者はしっかり数えながら編むようにすると良いですよ。編み図では、細長い「T」字に斜め線が入った記号で表されます。

動画でチェック!

立ち上がりの鎖編みを3目編み、2本分引き出し、もう一度糸を引っ掛けて全て引き出すというステップです。最初は混乱しやすいので、動画をなんども見て覚えてくださいね。
Klsfsistoomsmycmaqbv
ここからは実際のかぎ針を使ったマフラーの編み方をご紹介します。初心者が最初に作るマフラーは、小さい子供用がおすすめです。中でもふわふわした糸を使えば、網目のいびつさも気になりにくいので、初心者でも綺麗なマフラーを編むことができます。こちらの動画のマフラーは、鎖編みと細編みで編むことができますよ。
ふわふわした毛糸は100均で購入することができます。2玉しか使わないので、初心者にもぴったりな大きさです。糸がふわふわしていてカラフルなので、細かな目の大きさが気にならず、綺麗に編むことができますよ。子供用なので緩めに柔らかく編むことがポイントです。
Gvonrww5yu9emrwvhoeh
こちらも子供用のマフラーです。極太の毛糸を使ってざっくり編むタイプのデザインになっています。ざっくりしたマフラーは初心者にぴったりです。先ほどの子供用マフラーと異なり、こちらは長編みを使っています。
こちらの動画で使っている毛糸も100均です。100均には可愛い毛糸がたくさん売られているので、マフラーを編みたいと思っている人は、ぜひチェクしてくださいね。極太毛糸で作る子供マフラーは素材感があるボリューミーなデザインが可愛いですよ。編み図もあるので、とてもわかりやすい動画です。
Hgtiozmbqxdebqtscieo
少し慣れてきたくらいに挑戦したいのが、メンズマフラーです。恋人へのプレゼントにもぴったりですね。中長編みで畝りのあるデザインのメンズマフラーは、1色でも、とてもハイクオリティな仕上がりに決まります。
手作りとは思えないおしゃれなメンズマフラーですが、意外と簡単に作ることができます。シンプルなのでどんなファッションにも合わせやすく、おしゃれ好きな男性へのプレゼントにもぴったりです。基本的には中長編みを繰り返していく作り方なので、慣れれば簡単です。極太毛糸やふわふわ毛糸とは違って、網目の大きさが目立ちやすいので、一定に綺麗に編む練習にもなりますよ。動画内で編み図も紹介されているので、参考にしてくださいね。
Ehmafkt8trnakvw1b3pn
長編みと鎖編みを組み合わせると、レースのようなおしゃれなデザインのマフラーを編むことができます。基本的には長編みが続き、ところどころ鎖編みを入れてレースのような輪のデザインを編んでいきます。1色の毛糸でもとてもファッショナブルになるので、メンズよりもレディースマフラーにおすすめです。ナチュラルなファッションにぴったりですよ。
使う糸は網目が綺麗に見える細めの糸がおすすめです。リネン糸を使ってサマーストールにしても素敵ですね。編み図が細かいので、網目を数えながら編んでくださいね。
Qzb6ye4z2rfs3sstqdqa
マフラーの端と端を繋げてヌードにしてもおしゃれで素敵です。こちらの動画では、長編みを使ったスヌードの作り方を紹介しています。また2色の糸を使っているので、よりおしゃれなデザインで仕上げることができます。かぎ針編みに慣れてきたら、糸替えの練習にもなるので、ぜひトライして見てくださいね。
マフラーと違ってスヌードは解けたりせず、よりアクティブな雰囲気になるので、メンズにも人気があります。ざっくり感がおしゃれなので、やや太めの毛糸を使うとファッショナブルで素敵なスヌードになりますよ。編み図もしっかり解説されているので、とてもわかりやすい動画です。

関連記事

Igaenkggmvarthqnhxur
編み物初心者にもおすすめな、かぎ針編みの基本から簡単なマフラーの編み方をご紹介しました。4つの基本的な編み方を覚えれば、1色でもおしゃれに決まるマフラーの編み方がたくさんありましたね。一番最初にマフラーを作るときは、網目が気になりにくい極太毛糸やふわふわの毛糸がおすすめです。2玉で作ることができる子供用から始め、慣れてきたらメンズやレディースマフラーに挑戦してみてくださいね。糸替えができるようになると、よりデザインの幅も広がりますよ。