V6ferbi9rnpo8wncu9a4

フェルト

CATEGORY | フェルト

オリジナルワッペンの簡単な作り方!フェルトでかわいいキャラクターワッペンも自作!

2019.03.27

かわいい刺繍などのワッペンが欲しい!そんな時には、フェルトなどを使って簡単!自作のオリジナルワッペンを作ってみましょう。今回はオリジナルワッペンの作り方を紹介します。刺繍ワッペンからキャラクターものまで、簡単なものからちょっと本格的なものまで作り方を紹介します。

  1. 簡単!オリジナルワッペンの作り方:刺繍ワッペンを作れるの?
  2. 簡単!オリジナルワッペンの作り方:100均材料で刺繍ワッペンを作れる
  3. 簡単!オリジナルワッペンの作り方:自作刺繍ワッペンの作り方①絵を描く
  4. 簡単!オリジナルワッペンの作り方:自作刺繍ワッペンの作り方②刺繍する
  5. 簡単!オリジナルワッペンの作り方:自作刺繍ワッペンの作り方③フェルトをカットする
  6. 簡単!オリジナルワッペンの作り方:自作刺繍ワッペンの作り方④両面接着芯を接着する
  7. 簡単!オリジナルワッペンの作り方:自作刺繍ワッペンの作り方⑤物に貼る
  8. ワッペン作りのアイデア:①刺繍はしないワッペン
  9. ワッペン作りのアイデア:②もこもこワッペン
  10. ワッペン作りのアイデア:③ビーズ刺繍キラキラワッペン
  11. ワッペン作りのアイデア:④かぎ針編みモチーフワッペン
  12. ワッペン作りのアイデア:ワッペンの利用方法
  13. 簡単!オリジナルワッペンの作り方:まとめ
ワッペンはシャツや帽子、バックなどに貼るととてもクールで、カッコいいアイテムです。でも、ワッペンと言うと細かい刺繍があるものだったりして、「コンピューターミシンが無いから無理」というイメージを受けがちです。
でも、ミシンがなくても刺繍ワッペンや、ワッペンを思ったよりも簡単に作ることができます。自作でオリジナルが作れるのであれば、好きなキャラクターのワッペンやかわいい、カッコいいワッペンを作ることができます。その作り方を紹介します。

関連記事

Pzlfeof69gon6hfsjxcb
引用: https://www.instagram.com/p/BpE82pbAGxQ/
初めてワッペンづくりに挑戦するのに、成功するかどうかもわからないからあまりお金をかけたくない、とりあえず安く作りたいという人におすすめなのが、100均材料でワッペンを作る!です。
①刺繍針:3本どりの刺繍にピッタリな針は7号なので、7号の刺繍針を入手するといいです。②刺繍糸:ダイソーなどではセットになって売っていることもあるので、必要な色をそろえましょう。③両面接着芯:アイロンの熱でつけるタイプの接着芯、ワッペンとつける相手のものをくっつけてくれるものです。品揃えのいい100均なら売っています。
④フェル:ワッペンの土台となるものです。ここに刺繍するものなので、作るワッペンの大きさに合わせたものを購入しましょう。⑤チャコペン:水で消せるチャコペンや時間がたてば消えるチャコペンなんかも100均で売っています。⑥トレーシングペーパー:図案を写し取るのに使います。
⑦刺繍枠:刺繍枠が無くても刺繍はできますが、あった方が布を張っていてくれるので、刺しやすいし完成がきれいなのであった方がいいアイテムです。以上の材料は全部100均で入手可能な材料です。手芸用品の品ぞろえの良い100均なら、1件で揃うアイテムです。
刺繍をする時に、微妙な色のコントラストを楽しみたい、色にとことんこだわりたい場合は、100均ではなく手芸屋さんで手芸糸を入手するのをおすすめします。

関連記事

まず、下絵を書きます。そして、それをフェルトにチャコペンでしっかり書きます。絵を描くのが苦手な人や、お気に入りのキャラクターをワッペンにしたい場合には、トレーシングペーパーでその図案を写し取るのがおすすめです。そして、それをチャコペーパーでフェルトにうつすのがおすすめです。
フェルトに図案を書き終えたら(うつし終えたら)とりあえず下準備は完了です。
図案がかけたら、いよいよ刺繍を刺していきます。刺繍をするのに使うステッチに特に決まりはありませが、輪郭線部分はバックステッチやアウトラインステッチを使い、中を埋めていく時にはサテンステッチやロング&ショートステッチを使うのがおすすめです。
内側を埋めていくのには、線の太さや面の広さによってサテンステッチやロング&ショートステッチを使い分けるのがおすすめです。最初はあまり多くのステッチができなくても、慣れてきたら色々なステッチに挑戦していきましょう。
色々なステッチができれば、作品の幅も広がります。
フェルトを最初から丸やハート形、作るキャラクターの形に切り取って、ブランケットステッチをかけて内側に図柄を刺繍してハート型や丸型、キャラクター型のかわいいワッペンを作るのもおすすめです。
ステッチし終わったら、刺繍をしたフェルトの周りを5ミリくらいになるようにして、カットします。フェルトを切る際には、刺繍糸を切ってしまわないように、外側のラインに沿って丁寧にカットします。
フェルトなので切り口がほつれてくることはそうそうないかもしれませんが、おしゃれを兼ねてまわり1周をステッチをかけるのもおすすめです。売っているワッペンでも、縁に刺繍が施してあるのも少なくありません。
仕上げとして、両面接着芯を付けます。両面接着芯はセリアなどの100均でも入手することができます。ワッペンの裏面に両面接着芯を貼れば、アイロン接着ができるワッペンが完成します。接着芯を貼ると、刺繍の糸が交差している裏面も隠れます。接着芯を貼る際には刺繍糸が横などにはみ出していないかしっかり確認してから貼りましょう。
出来上がったワッペンをTシャツや、バッグ、帽子などにアイロンで接着します。これで、ただの無地のアイテムもカッコいい・かわいいワッペンでオリジナルデザインになります。また、好きなキャラクターのワッペンで、オリジナルのグッズが作れます。
慣れればキャラクターものでも、デザインからも自作のオリジナルワッペンも複雑でない物であれば簡単に作ることができます。簡単な図柄のものであれば1時間かからずに簡単に完成します。
Y4ghehe8abb2dhz4nmw9
引用: https://www.instagram.com/p/BrfdpGhAWzI/
刺繍でワッペンを作るのは難しそうという人におすすめなのが、フェルトワッペンです。こちら、フェルトワッペンを作るのがおすすめです。刺繍のステッチができなくても、少しの針使い(もしくは、裁縫じょうずを使って針の不使用)で作ることができます。
フェルトで形を切ることができれば、お子さんと一緒にペタペタボンド付けでもワッペンが作れます。好きなキャラクターのかわいいワッペンを親子で作るのもおすすめです。
普通の手作りワッペンもいいけど、ちょっと変わったワッペンを手作りしたい人におすすめなのが羊毛フェルトなどで作るふわふわ、もこもこのワッペンです。もこもこワッペンはかわいいし、オリジナリティーあふれているので個性的なのが作りたい人におすすめです。
ちょっと立体的なビーズやスパンコールを使ったキラキラのワッペンも、おすすめの手作りワッペンです。ビーズ刺繍や、スパンコール刺繍でキラキラのかわいいアイテムを作ることができます。これなら、何かにつけておけば目立つこと間違いないしの個性的なアイテムです。
かぎ針編みで作った小さなモチーフも、ワッペンにすると立体的でかわいいしアイテムになりそうです。毛糸なので接着に少し気を付ける必要がありますが、個性的なオリジナルワッペンができます。
作ったワッペンをさっそく使ってみましょう。ワッペンの使い道は…無地のTシャツに貼る、帽子に貼る、洋服の破れた個所を隠すのに使ってみる、無地のエコバッグをキャラクターバッグにする…などです。
その他、パーカーやコートなどにつけても個性的でオリジナルな洋服が完成します。
額などに入れて、部屋の装飾にしてもおしゃれなインテリアになります。自分の部屋に合うおしゃれなワッペンを作って飾っておくのもおすすめです。
貼り付けずに裏をつけて、キーホルダーにして使うのもおすすめです。穴を開けて、カンを入れてキーポールチェーンを通せば、世界で一つのオリジナルキーホルダーになります。
オリジナルワッペンは、比較的簡単に作れて世界で一つだけのアイテムなので、是非ワッペンを手作りして、作ったワッペンで、オリジナルグッズを作ってみましょう!