Znxdcrcn6xmorhtfm5ne

代用

CATEGORY | 代用

スライムをシェービングフォームで!おすすめの作り方紹介!ホウ砂なしでふわふわに?

2019.09.16

今回はシェービングフォームを使ったおすすめのスライムの作り方を紹介します。ホウ砂なしでもベタベタにならず、ふわふわに仕上がる作り方です。洗濯糊やシェービングフォームなどで簡単に作れておすすめです。ダイソーの紙粘土やコンタクト液での代用情報などもまとめました。

この記事に登場する専門家

Zyeidugthwnbgcj6xk3f

vivre編集部

編集者M

美容・コスメ・100均が好きな現在子育て中のワーママ。
趣味は娘とカフェ巡り。現在、DIY記事が気になりすぎてDIYに挑戦しようかと迷い中の日々。

  1. 大人もハマる?今人気の手作りスライム!
  2. ホウ砂なしでも簡単に作れる!
  3. シェービングフォームで作るおすすめスライムの作り方~シェービングフォーム+洗濯糊+コンタクトの洗浄液➀
  4. シェービングフォームで作るおすすめスライムの作り方~シェービングフォーム+洗濯糊+コンタクト洗浄液➁
  5. シェービングフォームで作るおすすめスライムの作り方~シェービングフォーム+洗濯糊+コンタクト洗浄液③
  6. シェービングフォームの代用!ダイソーの紙粘土を使ったおすすめスライムの作り方➀
  7. シェービングフォームの代用!ダイソーの紙粘土を使ったおすすめスライムの作り方➁
  8. シェービングフォームの代用!ダイソーの紙粘土を使ったおすすめスライムの作り方③
  9. シェービングフォームの代用!ダイソーの紙粘土を使ったおすすめスライムの作り方④
  10. シェービングフォーム以外でも?おすすめスライムの作り方!
  11. 子供の工作にも!ストレス発散にも!スライムを手作りしよう
引用: http://www.kurashi-honeycomb.com/wp-content/uploads/2016/05/DSC01399.jpg-6.jpg

ぶるぶるでぬるぬる、伸びたり縮んだりして、きもかわいい見た目となんとも言えない手触り。昔から人気のおもちゃと言えば、スライムです。みなさんも、おもちゃ屋さんで一度は買ってもらったことがあるのではないでしょうか?そんなスライムが、家庭にあるもので簡単に作れると話題です。危険な薬品等は一切使わず、子供でも安心して楽しく作れます。小学生の夏休みの自由工作にもよく使われる、簡単&おもしろスライムです。最近ではちょうどよいストレス発散になると、大人にも人気みたいですね。大人も子供も楽しめるスライム作り、挑戦してみてください!

引用: https://img04.ti-da.net/usr/u/r/o/urotanke0214/20130317sk8k.JPG

関連記事

引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61%2BAVFPT1cL._SX425_.jpg

ホウ砂なしで作れるというのは、安全面から注目されています。市販のスライムはホウ砂が入ってるとはいえ、ごく微量なのであまり危険はないようです。しかし子供が作ることを考えると安全性は注意したい点ですね。誤って口に入ったり、傷口に付着したりすると、頭痛や胃腸炎、皮膚の発疹、ひどい時は中毒症状を起こす可能性もわずかながらあるようです。スライム自体は安全なおもちゃですが、注意することに越したことはありません。今回紹介するのはホウ砂なしでの作り方で、ホウ砂なしという面で安全性はバッチリです!

引用: http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/65/67/9218831bca82399551559219a252bafd.png

それでは、シェービングフォームを使ったスライムの作り方を紹介します!用意するものは、シェービングフォーム、洗濯糊、コンタクトの洗浄液の三つです。洗濯糊は「PVA(ポリビニルアルコール)」との記載があるものを必ず選んでください。上手くスライムになりません。これ以外には、特に材料に必要な条件はありません。スーパー、100均、コンビニに売っている市販の商品で問題なく作れます!

引用: https://i.ytimg.com/vi/oBkHMIJ0luw/hqdefault.jpg
引用: https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/cocokarafine-aoi/prd/ams/img/item/4902806119640_1_L.jpg
引用: https://shop.r10s.jp/lens-deli/cabinet/item/item-care/4987241150236.jpg

材料を準備したら、いよいよ混ぜていきます。順番に混ぜていくだけなので難しいことはありません!楽しく作っていきましょう!洗濯糊を容器に入れ、その4倍の分量のシェービングフォームを入れます。しっかりと混ぜましょう。

引用: https://i1.wp.com/yukimibiyori.net/wp-content/uploads/2017/03/IMG_2607-e1508849498920.jpg?resize=414%2C464&ssl=1
引用: https://i1.wp.com/yukimibiyori.net/wp-content/uploads/2017/03/IMG_2608-e1508849514295.jpg?resize=414%2C488&ssl=1

洗濯糊とシェービングフォームを混ぜ合わせたら。コンタクトの洗浄液を加えます。これを入れるとすぐに固まっていくので、とにかく一生懸命混ぜます。好みの固さになるまで少しずつ加えていくのがコツです。

引用: https://i1.wp.com/yukimibiyori.net/wp-content/uploads/2017/03/IMG_2610-e1508849532106.jpg?resize=414%2C472&ssl=1

ここまでくればスライム本体は完成です。少しベタベタするかもしれませんが、失敗することがほとんどなくふわふわに仕上がります。ここに重曹を加えるとベタベタが抑えられ、さらに肌触りのよいスライムになりますので、試してみてください!色を付けたい場合は、コンタクトの洗浄液を入れて固めたあとに食紅などで着色します。

引用: https://i0.wp.com/yukimibiyori.net/wp-content/uploads/2017/03/IMG_2609-e1508849559157.jpg?resize=320%2C398&ssl=1
引用: https://weboo.link/images/articleimage/outside_586c787fa57031483503743233768.jpg

二つ目に紹介するのは、シェービングフォームの代用として、ダイソーなどの100均で購入できる軽量紙粘土を使用した作り方です。「ミルキークレイ」や「エンジェルクレイ」という商品名で売っているので探してみてください。用意するものは、ダイソーなどの100均軽量紙粘土、重曹、洗濯糊です。洗濯糊は水のりでも代用できます。一つ目に紹介した作り方と同様に、「PVA」の表示があるものを選んでください!

引用: https://www.sweetsdeco.co.kr/data/contents/1/35_29.jpg
引用: https://www.sweetsdeco.co.kr/data/contents/1/35_28.jpg

それでは早速作っていきましょう。まずは軽量紙粘土を容器に入れ、洗濯糊を少しずつ加えていきます。洗濯糊の分量は、おおよそ軽量紙粘土の2~3倍くらいです。洗濯糊に紙粘土を溶かしていきますが、一度に全部混ぜ合わせると溶けにくいようです。少しずつ混ぜながら加えていくのがコツです。

引用: https://i1.wp.com/yukimibiyori.net/wp-content/uploads/2017/09/IMG_7082.jpg?zoom=1.5&resize=300%2C280&ssl=1
引用: https://i2.wp.com/yukimibiyori.net/wp-content/uploads/2017/09/IMG_7083.jpg?zoom=1.5&resize=257%2C300&ssl=1

紙粘土が完全に溶けたら、重層を加えます。重曹は入れすぎるとスライムが固まってしまうようなので、慎重に少しずつ加えていきます。目安として、紙粘土500円玉大のボールに対して、重層はデザートスプーン半分の分量でも十分です。加えて混ぜた瞬間に固まっていきます。一心不乱に混ぜてください!

引用: https://i1.wp.com/yukimibiyori.net/wp-content/uploads/2017/09/IMG_7084.jpg?zoom=1.5&resize=253%2C300&ssl=1
引用: https://i0.wp.com/yukimibiyori.net/wp-content/uploads/2017/09/IMG_7086.jpg?zoom=1.5&resize=283%2C300&ssl=1

まとまってきたら容器から取り出し、少し手でこねます。すると、もちもちスベスベのスライムができあがります。ベタベタすることもなくかなり肌触りがよいです。白以外にも色のついている粘土を使ったり、食紅などで着色したりするのもアリです。混ぜるだけで簡単、危ないものも使わないので小さい子供としても楽しい工作になりますね!

引用: https://i2.wp.com/yukimibiyori.net/wp-content/uploads/2017/09/IMG_7088.jpg?zoom=1.5&resize=225%2C300&ssl=1
引用: https://i1.wp.com/yukimibiyori.net/wp-content/uploads/2017/09/IMG_7090.jpg?zoom=1.5&resize=300%2C212&ssl=1

関連記事

最後に紹介するのは、さらに意外な材料を使ったスライムの作り方です。一つ目は「片栗粉」です。用意するものは液体洗濯洗剤、洗濯糊、片栗粉です。洗濯糊に片栗粉を溶かし、そこに少しずつ洗濯洗剤を加えると固まってきます。まとまってきたら手でこねて完成です。好みの固さになるように、分量を調整してください!上手くいくとかなりふわふわに仕上がります。

引用: https://i0.wp.com/yukimibiyori.net/wp-content/uploads/2017/04/IMG_2927.jpg?zoom=1.5&resize=300%2C225&ssl=1
引用: https://i1.wp.com/yukimibiyori.net/wp-content/uploads/2017/04/IMG_2930.jpg?zoom=1.5&resize=250%2C300&ssl=1

また、食器用洗剤、コーンスターチ、ベビーオイル(サラダ油)で作る方法もあります。コーンスターチに食器用洗剤を少しずつ加えて手で混ぜます。そこにオイルを加えていき、柔らかさと粘り気がでるまでまとめていけば完成です。柔らかすぎたらコーンスターチを、固すぎたら洗剤やオイルを足して、お好みの固さに調整してください。言えにあるもので簡単にできあがります!

引用: https://i2.wp.com/yukimibiyori.net/wp-content/uploads/2017/07/IMG_5619.jpg?zoom=1.5&resize=225%2C300&ssl=1
引用: https://i2.wp.com/yukimibiyori.net/wp-content/uploads/2017/07/IMG_5622.jpg?zoom=1.5&resize=300%2C225&ssl=1
引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/be/Slime_02471_Nevit.jpg/250px-Slime_02471_Nevit.jpg

ホウ砂なしで、シェービングフォームで作るスライムはいかがでしたか?ダイソーの紙粘土でも代用できるのは意外だったのではないでしょうか!市販のスライムは、あのベタベタする独特の触り心地がなんとも言えずおもしろいのですが、シェービングフォームや軽量紙粘土を使ったスライムは、ベタベタ感は抑えられていて、ふわふわの柔らかさを楽しめそうです。安全性は問題ないので子供たちとの楽しい工作の時間に使うのもよし、大人も握ったり揉んだりしてストレスを発散するのに作ってみてはどうでしょうか!

ホウ砂なしで作れるというのも、子供のいるお父さん・お母さんにはとても嬉しいことですね。夏休みの自由研究にも最近人気の手作りスライムです。各材料の分量の微調整がなかなか難しそうですが、ベタベタになってもふわふわになってもそれぞれ楽しそうな感じがしますね。ベタベタは一応失敗ですが、それはそれで子供にはもちろん、大人も子供に戻ったような懐かしい気持ちになれそうです。ふわふわにするのは分量の調節がちょっと難しそうですが、泡のようなふわふわ感を再現出来たら、達成感もすごいことになりそうです!

引用: https://www.happy-kichizokun.jp/blog/media-031/wp-content/uploads/2016/06/skip_girl.png
引用: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fblog-imgs-45-origin.fc2.com%2Fe%2Fn%2Fj%2Fenjoyclover2%2FDSCF4551.jpg&twidth=1200&theight=1200&qlt=80&res_format=jpg&op=r

どのレシピでも、用意するものは家にあるもので揃います。もしなくても近所のスーパーやコンビニで安価に準備出来ますね。紙粘土もダイソーなどの100均ですぐに手に入ります。シェービングフォームでも、代用の紙粘土でもおもしろいスライムが作れるので、試してみてください!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://love-with.com/wp/wp-content/uploads/2017/12/25_1-1118x538.jpg