Hfyfiyl4l7hff7ke8ibq

対策

CATEGORY | 対策

ヘッドホン+メガネだと痛い!対策や痛くないおすすめのヘッドホンも!

2019.03.29

メガネ+ヘッドホンを長時間しているとテンプル部分が邪魔になり、フレームが痛いですよね。今回はそんなヘッドホン+メガネで痛い思いをしないおすすめ対策をご紹介。少しの対策で変わるので参考にしてみて下さい。歪みの心配もなく開放型と密閉型で痛くないおすすめ製品も!

  1. メガネが邪魔?ヘッドホンしてると痛い!耳が痛くならないための対策まとめ
  2. メガネが邪魔?ヘッドホンしてると痛い!耳が痛くならないための対策①【痛くなる原因は?】
  3. メガネが邪魔?ヘッドホンしてると痛い!耳が痛くならないための対策②【痛くないヘッドホンの選び方】
  4. メガネが邪魔?ヘッドホンしてると痛い!耳が痛くならないための対策③【ヘッドホンを変えてみる】
  5. メガネが邪魔?ヘッドホンしてると痛い!耳が痛くならないための対策④【ワイヤレスヘッドホンにしてみる】
  6. メガネが邪魔?ヘッドホンしてると痛い!耳が痛くならないための対策⑤【メガネを交換してみる】
  7. メガネが邪魔?ヘッドホンしてると痛い!耳が痛くならないための対策⑥【メガネの装着順を変えてみる】
  8. メガネが邪魔?ヘッドホンしてると痛い!耳が痛くならないための対策⑦【イヤーパッドを交換する】
  9. メガネが邪魔?ヘッドホンしてると痛い!耳が痛くならないための対策⑧【ヘッドバンドカバーを付ける】
  10. メガネが邪魔?ヘッドホンしてると痛い!耳が痛くならないための対策⑨【骨伝導イヤホンにする】
  11. メガネが邪魔?ヘッドホンしてると痛い!耳が痛くならないための対策⑩【歪みが出た場合は?】
  12. まとめ
皆さんの中にはメガネをしながらヘッドホンをかけて長時間youtube動画の鑑賞やゲームをしたり、音楽を聞いたりしている人などをされている方もいっぱいいらっしゃると思います。しかし、楽しいはずの数々の音の娯楽。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61MQR8I9yTL._SL1010_.jpg
メガネをしながらヘッドホンをかけて長時間作業したり動画を見てると、耳がジンジンしてきて痛くなるし、ヘッドホンの重さで疲れたり、メガネのテンプル部分の力が弱いとヘッドホンの側圧の強さに耐えられずに歪みが出たりする場合もあるんですよね。
最悪メガネを修理に出さなくてはいけなくなります。ちょくちょく調整するというだけでめんどうです。今回は耳が痛くないヘッドホンや対策、ヘッドホンに合うおすすめのメガネなどもご紹介していきます。

関連記事

痛くなる、だるくなる、メガネの歪みの原因として考えられるのは「①:ヘッドホンの大きさと顔のサイズが合っていない」「②:側圧が強いヘッドホンで耳が圧迫されている」「③:ヘッドホンの重量が重い」「④:メガネのフレームやテンプル部分がでかい」「⑤:メガネのフレームやテンプル部分が弱い」「⑥:音量が大きい」などが考えられるのではないでしょうか。
耳が痛くなったり、頭がだるくなったりする原因としては、単純にヘッドホンの大きさと顔のサイズが合っていなかったり、重かったりすると頭がだるくなります。他にも意外と気づいていない人が多く、音が大きすぎるということがあるようです。
ヘッドホンが小さすぎると側圧が強く耳を圧迫しすぎてメガネのフレームやツルにあたって耳が痛くなります。メガネの歪みの原因としてはヘッドホンの締め付けが強く、メガネのテンプル部分が弱いことが考えられるでしょう。メガネの強さのバランスとヘッドホンの重さのバランスがちょうどいいのを選びましょう。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81D5l%2Bm-1KL._SL1500_.jpg
ヘッドホンには二種類あって開放型(オープンエア型)と密閉型(クローズド型)です。開放型は広々とした設計になっていて、メガネにも合うヘッドホンです。密閉型は、周りの音は聞こえづらく集中でき、音質はいいが耳が痛くなったり、メガネのフレームに歪みが出てくる原因にもなるヘッドホンです。ちなみにヘッドホンは性能が良いものほど重たくなっていく傾向にあるようですね。オープンエア型なら耳が痛くならないワイヤレスヘッドホン(VIEH-10001)がおすすめです。耳を覆うカバーみたいなのが付いているので、痛いのを極限まで減らしてくれます。
VIE STYLE VIE SHAIR 耳が痛くならないワイヤレスエアーヘッドホン VIEH-10001
価格 ¥ 29,157
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61yWhDC0SRL._SL1200_.jpg
そのことを踏まえて痛くないヘッドホンを選ぶには、サイズや重さ、大きさなどを見ていくようにしましょう。耳が痛くて辛いという人は程よく軽くて程よく重いものを。イヤーパッドの部分はハードではなくソフトな布がいいと思います。密閉型で痛くならないヘッドホンのおすすめは「MDR-1AM2B」が良いでしょう。
ソニー SONY ヘッドホン MDR-1AM2 B : ハイレゾ 密閉型 折りたたみ式 ケーブル着脱式/バランス接続 Φ4.4ケーブル同梱 リモコン/マイク付 2018年 ブラック
価格 ¥ 23,959
メガネをかけていて、メガネのテンプルが邪魔したりして痛いという方や、テンプル部分に歪みが出てきたりしている方はおそらく密閉型のヘッドホンをしているのではないでしょうか。密閉型は音が非常にいい分かなりきつく締まるので耳が痛くなり、疲れも出てくるので長時間メガネをかけながらヘッドホンを付けるということには向いていません。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71inQ9dbsJL._SL1000_.jpg
逆に開放型は、頭が疲れにくく、耳があまり痛くないという特徴があります。メガネのツルなどに当たりにくい形状です。ヘッドホンバンドの締まりも言うほど硬くないためメガネのツルの歪みも出にくくなります。問題としては音漏れが激しいことですね。
メガネをかけている方なら開放型のヘッドホンがおすすめです。
ワイヤレスヘッドホンは、コードがない小さいヘッドホンという感じの製品ですかね。元々は赤外線などで接続するタイプが多かったですが、近年ではBluetoothが普及しているため、スマホやパソコンで接続するタイプのワイヤレスが多くなっています。耳の中に入れる感じになるので、耳たぶにはかからないし、メガネのツルの邪魔にならないタイプになります。更にコードがない分スッキリしますね。
Bose SoundSport Free wireless headphones 完全ワイヤレスイヤホン トリプルブラック
価格 ¥ 29,160
引用: https://www.jins.com/jp/client_info/JINSJINS/itemimage/URF-16S-217/URF-16S-217_84_09.jpg
耳が痛い、ツルが邪魔しているという不満の場合メガネを交換してみることもありではないでしょうか。ツルやフレーム、テンプル部分がプラスチック製だったり、装飾がやたら派手だったりすると変な所にあたって痛いということもあります。今回紹介するのはショートテンプルメガネというものです。ショートテンプルメガネは「JINS」というメガネメーカーが出している超小型のメガネです。
引用: https://www.jins.com/jp/client_info/JINSJINS/itemimage/URF-16S-217/URF-16S-217_84_01.jpg
メガネを装着しながらヘッドマウントディスプレイがかけれるぐらい横幅の大きさやフレームやテンプルの長さが短いです。装着すると言うより付けるといったほうが近いですね。ツルの部分は大体こめかみぐらいで止まります。ショートテンプルメガネなら一緒にヘッドホンを付けてもフレームやツルが邪魔にならないのでショートテンプルメガネはおすすめです。一万円以内という値段の安さなので試すという意味でもおすすめですね。
Tmlikemfpbk7i4m8vdug
メガネでヘッドホンをする時は装着順を考える必要があります。先にメガネをかけてヘッドホンを付けると更に圧迫されるのでメガネのフレームやツルが邪魔になります。最悪メガネのテンプルに歪みが出てくる可能性があります。そのため最初にヘッドホンをつけ、その後にメガネの位置を調整するのが良いかと思われます。ヘッドホンとこめかみの隙間にメガネの先つる部分をすっぽりと差し込む感じでしょうか。
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/714plis%2BvqL._SL1100_.jpg
メガネでヘッドホンをしても痛くない対策としては、イヤーパッドのクッションに変えてみましょう。イヤーパッドがハード系の布ならクッションを交換するのもおすすめです。クッションタイプにするとふわふわ感が出て耳当たりがいいという口コミもありました。
ヘッドホンカバー 不織布 防塵3.14" - 5.11" (8cm - 13cm) イヤーパッドのヘッドホン用(2ペア)ブラック
価格 ¥ 1,239
引用: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/619UeDeg9WL._SL1100_.jpg
ヘッドホンは長時間使っていると頭に大きな負担がかかって、頭が痛くなってきます。そこで、頭が痛くないようにするための対策としてはヘッドバンドカバーの装着がおすすめです。ヘッドバンドはメッキやプラスチックでできていたりするので、結構痛いですよね。ヘッドバンドカバーを付けるとだいぶ楽になりますよ。
Geekria ヘッドバンド カバー Sony ソニー MDR1A, MDR-1ADAC, MDR-1ABT, MDR-1AM2, MDR-1R, MDR-1RNC, MDR-1RBT, MDR-1RMK2 等 ヘッドホン 用 簡単なインストール
価格 ¥ 1,199
ヘッドホンではありませんが、耳が痛くないようにするための最終手段としては骨伝導イヤホンの変更がおすすめです。骨伝導イヤホンは耳の穴に付けないで、肌にあて、骨で音楽を聞くという謎のイヤホンです。もはや21世紀のアイテム(笑)従来のイヤホンだとケーブルが邪魔になるタイプの製品が多いたかったですよね。骨伝導イヤホンはコードがないワイヤレスタイプが多いため首周りや肩周りもスッキリします。
骨伝導イヤホンを付けると、耳を塞がないで曲を聞けるイヤホンとなるため、耳の負担はかなり減る道具だと思います。音楽を聞いてても外の音が聞こえるためスポーツをしている方がよくしているようですね。音漏れはしますが、外の音も拾えるので単純におすすめ製品です。(笑)
ヘッドホンの側圧が強すぎて、メガネに歪みが出た場合は、素直に専門ショップに行って直してもらったほうが良いですね。多少なら自分でも調整できるようですが、使う工具や技術もいります。自分で調整すると壊してしまう恐れもあるので、素直に専門ショップに行きましょう。
メガネには「テンプルエンド」と呼ばれる種類のメガネがあって、テンプル部分を自分で曲げられる物もあるみたいですね。

関連記事

O5m0waxths1r9mnwe9vj
いかがだったでしょうか。メガネでヘッドホンを付けていて耳が痛くなった経験がある方は上記のことを試してみても良いのではないでしょうか。単純にメガネとヘッドホンの装着順から試してみて、カバーなど購入ではなくDIYしてもいいかと思います。道具などを購入するのは最終手段ですね。ただ骨伝導イヤホンとワイヤレスヘッドホンはコードが邪魔になるということはないので、それだけでも長時間ヘッドホンを付ける人には十分価値のあるものかと思います。ワイヤレスヘッドホンは安いので5,000円台のも多くあるので、最初は安価なものから試してみることがおすすめです。
完全ワイヤレス スポーツイヤホン IPX5防水 片耳 両耳とも対応 左右独立型 Bluetooth イヤホン マイク内蔵 ハンズフリー通話 小型 軽量 iPhone Android 対応 防汗防滴 Meilunz NB7 (ブラック)
価格 ¥ 3,500