Esu3gk0k8hfodm3o4bt5

100均

CATEGORY | 100均

ビジューピアスの作り方!初心者でも簡単に可愛いオリジナルピアスが作れちゃう!

2018.09.18

皆さん、初心者でも簡単にオリジナルのビジューピアスを簡単に作れる作り方をご存知ですか。ハードルが高く、購入している方も多いのではないでしょうか。一度作り方を覚えて仕舞えば、初心者でも誰でも接着剤など100均の道具で簡単に可愛いオリジナルのビジューピアスを作ることができますよ。

  1. 初心者でも簡単!【オリジナルビジューピアスの作り方】誰でも簡単に作れるの?
  2. 初心者でも簡単!【オリジナルビジューピアスの作り方】必要な道具、材料は?
  3. 初心者でも簡単!【オリジナルビジューピアスの作り方】①ビジューパーツを用意する
  4. 初心者でも簡単!【オリジナルビジューピアスの作り方】②ビジューパーツ同士をくっつけていく
  5. 初心者でも簡単!【オリジナルビジューピアスの作り方】③UVレジン液を乾かす
  6. 初心者でも簡単!【オリジナルビジューピアスの作り方】④プラスチックの土台からビジューを外す
  7. 初心者でも簡単!【オリジナルビジューピアスの作り方】⑤透かしパーツをくっつける
  8. 初心者でも簡単!【オリジナルビジューピアスの作り方】⑥金具をくっつけていく
  9. 初心者でも簡単!【オリジナルビジューピアスの作り方】⑦完成!!
  10. 初心者でも簡単!【オリジナルビジューピアスの作り方】ビジューピアスとイヤリングの違い
  11. まとめ
皆さん、誰でも簡単に可愛いオリジナルのビジューピアスを作ることができるのをご存知ですか。ビジューピアスは、市販で購入すると安くても1500円ほどはしますよね。しかし自分で道具を揃えると、誰でも簡単に手作りすることが出来ちゃいます!しかも、接着剤などの道具や材料も100均で揃えることができます。
作り方も簡単ですし、接着剤などの材料や道具も一度揃えてしまえば、毎回購入する必要もないので、安くて可愛い自分好みのビジューピアスを作ることができます。また、自分で作れば、自分だけの特別なものを身につけることができますよ!
今回は、100均でも購入することができる接着剤などの道具をはじめ、作り方まで全てご紹介していきますね。

関連記事

必要な道具や材料は100均でも揃えることができます。まずは、手作りする上で必ず必要なものをご紹介していきますね。

ビジューパーツ

お気にりのビジューパーツを用意しておきます。ビジューパーツは、手芸屋さんでも購入することができますが、なんと100均でも購入することが可能です。100均だと、初心者の方でもためらうことなく、チャレンジできますよね!

速乾UVレジン液

こちらの「速乾UVレジン液」は、ビジューパーツ同士をくっつける際に使用します。接着剤で代用できなくもないですが、レジン液を使用した方が、強度も増し、綺麗に仕上がります。また、UVレジン液は、瞬間接着剤に比べると、乾くのが少し遅いので、速乾性のものを選ぶことをおすすめします。

プラスチックの板

こちらは、ビジューパーツ同士をくっつける際に土台として使用します。プラスチックの土台は、クリアファイルでも食材などを入れるプラスチックのコンテナでも代用することができます。

つまようじ

つまようじは、レジン液を使って、ビジューパーツ同士をくっつける際に使用していきます。

透かしパーツ

透かしパーツは、ビジューピアスを作る際の土台的な役割をはたします。100均でも購入することが出来ます。また、フラワー型やサークル型、スクエア型など、いろいろな形のものが売られていますので、作りたいビジューピアスのイメージにあったものを選ぶようにします。

接着剤

接着剤は、お気に入りのパーツと金具部分を接着する際に使用するので、金属がくっつく接着剤を選ぶようにします。100均でも瞬間接着剤など、金属に使用できるものが売られています。

金具

「金具」とは、透かしパーツとくっつけて、ピアスもしくはイヤリングにする部分のことです。
まずは、自分のお気に入りの可愛いビジューパーツを袋から取り出し、取りやすいようにしておきます。ビジューパーツは小さいので、無くさないか不安な方は、小さな入れ物や小皿の上に置いておくことをおすすめします。
ビジューパーツが用意できたら、次は各パーツをくっつけていきます。始めに、用意しておいたプラスチックの板(クリアファイルなどでもオッケー)にUVレジン液を数的垂らしておきます。
続いて、つまようじの先にレジン液を少し付け、ビジューパーツの側面にレジン液を付けていきます。レジン液を付けていく際のポイントは出来上がりをイメージしながら付けていくことです。
レジン液をつける場所は、そのイメージをした際にビジューパーツ同士がくっつくであろう箇所に付けていくようにします。もし、レジン液に空気が入ってしまったら、つまようじで潰すようにします。そうすることで、出来上がりがより綺麗になります。
UVレジン液は、太陽の光によって硬化します。固まるのに必要な時間は、UVレジン液や天候によっても異なりますので、説明書をしっかり読んで、完全に乾かすようにしてください。曇りの日だと、完全に中まで固まっていないこともありますので注意してくださいね。
UVライトをお持ちの方は、そちらを使用することをおすすめします。太陽の下で硬化させるとホコリが付きやすかったりしますので、軽くラップなどをかけるといいですよ。
UVレジン液が完全に固まったら、プラスチックの板から、ビジューパーツを剥がすようにします。この際に、しっかりとレジン液が固まっていないと、うまく剥がすことが出来ないので、始めはゆっくりと剥がすようにしてください。
しっかりと固まっていないのに、剥がしてしまうと、ビジューパーツが壊れてしまう恐れがあるので、固まっているか確認してから、剥がすようにします。
完全に硬化していると、プラスチックの土台からすんなりと剥がすことが出来ます。
ビジューパーツをプラスチックの土台から綺麗に剥がすことが出来たら、次は透かしパーツに作ったビジューを貼り付けていきます。
剥がしたビジューパーツの裏側に、UVレジン液を薄く塗っていきます。続いて、透かしパーツにそちらのビジューパーツをくっつけていきます。
その後は再び、UVレジン液が完全に硬化するのを待ちます。
透かしパーツとビジューパーツがしっかりとくっついたら、透かしパーツの方に接着剤を使ってピアスの金具とくっつけていきます。その際に、たくさんの接着剤を付けてしまうと、乾いた際に接着剤が見えてしまったり、仕上がりがあまり良くないようになってしまいます。
接着剤はたくさん塗らないで、必要最低限のみにすることが綺麗に仕上げるコツです。
⑥でくっつけた透かしパーツの部分とピアスの金具部分が完全に乾き、しっかりとくっついたら可愛いオリジナルのビジューピアスの完成です!
ここまで、「ビジューピアス」の作り方をご紹介していきましたが、「ビジューピアス」も「ビジューイヤリング」も作り方は同じです。最後の金具の部分を、ピアス用でなく、イヤリング用につければ「ビジューイヤリング」の完成です。イヤリングでも問題なく、可愛い仕上がりになりますよ!

関連記事

いかがでしたか。今回は簡単に作れる可愛いオリジナルのビジューピアスに必要な道具から、作り方までをご紹介していきました。自分で作るメリットは、100均でも道具を揃えれたりと、安く仕上げることができるのはもちろん、100パーセント自分の好みにできるところですよね。
はじめは、レジン液がきちんと固まっているかなど、気になることも多くあるかと思いますが、一度作り方やコツを覚えてしまえば、使い切ってしまった道具を買い足すだけで、誰でも簡単に作ることが出来ますよ!ぜひ皆さん試してみてくださいね。最後まで読んでくださって、ありがとうございました。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BnAgSEqAX6D/?tagged=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%94%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%89