Vlwltvo2cifjxq9xoonx

ファッション

CATEGORY | ファッション

無印良品のスーツケースが優秀!【サイズ・口コミ・ブログ評判】まとめ!

2019.03.29

旅のお供のスーツケースですが、意外と選ぶ時に迷ってしまいますよね?リモワなどが有名なスーツケースですが、無印良品のスーツケースがサイズが豊富で優秀と口コミやブログ評価が高いんです。アルミ製もある無印良品のスーツケースの優秀機能をサイズ別に口コミやブログ評価と一緒にご紹介します。

  1. 無印良品スーツケースサイズ別の口コミ評価は?
  2. 無印良品スーツケースサイズ別の口コミ評価:ストッパー付きハードキャリー35L特徴
  3. 無印良品スーツケースサイズ別の口コミ評価①かなり頑丈で壊れない
  4. 無印良品スーツケースサイズ別の口コミ評価②低価格なのにブレーキストッパー付き
  5. 無印良品スーツケースサイズ別の口コミ評価③内部の容量減少しないフラットフォルム
  6. 無印良品スーツケースサイズ別の口コミ評価④高品質な内部構造
  7. 無印良品スーツケースサイズ別の口コミ評価⑤サイドの底あしと取っ手が付いている
  8. 無印良品スーツケースサイズ別の口コミ評価:アルミキャリー特徴
  9. 無印良品スーツケースサイズ別の口コミ評価①リモワと同じ重量だけど低価格
  10. 無印良品スーツケースサイズ別の口コミ評価:ソフトキャリー特徴
  11. 無印良品スーツケースサイズ別の口コミ評価①収納スペースに困らない
  12. 無印良品スーツケースサイズ別の口コミ評価②片面開きで撥水加工
  13. 番外編:無印良品スーツケースキャリーバックベルト特徴
  14. 無印良品スーツケースサイズ別の口コミ評価まとめ
トラベルグッズのスーツケースは、専門ブランドのリモワが安心で人気も高いですが、実は、リモワよりも優秀として無印良品のスーツケースが選ばれたのを知っていますか?スーツケース専門ブランドのリモワよりも優れている無印良品のスーツケースとリモワのスーツケースとの違いは何なのでしょうか?
無印良品のスーツケースについて種類別に口コミやブログ評価を参考に詳しく調べてみましたので、スーツケースを探している人やどれを選ぶかを悩んでいる人は、リモワなどのスーツケース専門ブランドだけをチェックするのではなく、ぜひ、無印良品のスーツケースもチェックするようにしてくださいね。
無印良品のストッパー付きハードキャリー35Lがトラベルグッズ専門ブランドのリモワなど15製品の中で第1位を獲得しました。無印良品のストッパー付きハードキャリー35Lがどれくらい優秀なのかを特徴を口コミやブログの評価に注目してまとめてみましたので、スーツケースを選ぶ時の参考にしてみてくださいね。
無印良品のストッパー付きハードキャリースーツケース35Lは、かなり頑丈で壊れないことが判明しました。実際に機内持ち込みするようにスーツケースの中に10kgの荷物を詰めて階段から落としたり、5mの高さからコンクリートの地面に投げ落としてみたりしました。
スーツケースの外部には、もちろん傷ができますが、持って歩く時の走行は、全く問題なく、キャリーバーも傷はついても壊れることはありませんした。このチェックは、15製品すべてに実施して、スーツケースの走行ができなくなったり、キャリーバーが壊れたりするスーツケースも多くありました。
海外旅行では、旅先によっては、荷物を雑に扱われることがあるので、スーツケースが頑丈で壊れないという無印良品のスーツケースは、口コミやブログでも高い評価を得ています。
無印良品のストッパー付きハードキャリースーツケース35Lの価格は税込14,900円で、60Lの価格は税込24,900円でブレーキが付いています。ブレーキが付いてないスーツケースは多く、価格の高いブランドのスーツケースでもブレーキが付いてないこともあります。
スーツケースを持ち歩いていると、電車を待っている時や坂道などで、勝手にコロコロとスーツケースが進んでいくときってありますよね。頻繁に起こることではないのですが、ブレーキがついていると、そういった心配がないので安心ですよね。この価格でブレーキが付いているスーツケースは少ないですね。
G8ck0t7z7u3yvmkxnmqq
引用: https://www.instagram.com/p/BYqXLAYBL6f/
無印良品のストッパー付きハードキャリースーツケース35Lは、内部の容量を削らないようにフラットフォルムになっています。飛行機の機内持ち込みのサイズは、幅・高さ・奥行きの長さを足して115cm以内の規定があります。
同じ機内持ち込みサイズのスーツケースなら、少しでも内部の容量が大きいスーツケースがいいですよね。無印良品の無印良品のストッパー付きハードキャリースーツケース35Lは、フラットフォルムになっているので、そういった点では、嬉しいですよね。
無印良品のストッパー付きハードキャリースーツケース35Lは、内部構造が高品質です。スーツケースは、内部を見ると品質が低いかどうかが分かりやすいですが、この無印良品のストッパー付きハードキャリースーツケース35は、内部の部分部分がしっかりと補強されています。

関連記事

無印良品のストッパー付きハードキャリースーツケース35Lは、底あしと取っ手が付いています。スーツケースは横に置くことが多いので、底あしがあると意外と便利で役立ちます。取っ手は、荷物の上げ下ろしにあると楽に上げ下ろしができます。
20,000円以下のスーツケースだと、底あしや取っ手が付いいるほうが珍しいので、無印良品のスーツケースは、とてもおすすめですね。口コミやブログでも上げ下ろしがしやすく使いやすいと高評価です。
無印良品のアルミキャリースーツケースの特徴を調べてみました。おしゃれで使えば使うほど愛着がわくアルミキャリースーツケースは、ビジネスマンに人気が高いですよね。
無印良品のアルミキャリースーツケースの口コミやブログ評価また、リモワとの違いなどに注目して無印良品のアルミキャリースーツケースについて調べてみました。
無印良品のアルミキャリースーツケースは、リモワと同じ重量ですが、お買い得価格になっています。口コミやブログでも、見た目も悪くなくて使いやすそうという声が多いようです。
リモワのスーツケースの購入に迷っている人やアルミのスーツケースを探している人は、価格の低い無印良品のアルミキャリースーツケースを使ってみるものおすすめです。
スーツケースのソフトタイプは、軽い素材で作られていて、傷が付きにくいので、ハードタイプより、ソフトタイプのスーツケースが好きだという声も多いですよね。そんなソフトタイプの無印良品のソフトキャリースーツケースの特徴をまとめてみました。
無印良品のソフトキャリースーツケースは、使わない時は、厚みを半分にして収納できるように設計されています。ですので、収納スペースの場所を広く取ることがないので、どこにでも収納することができます。
空港や旅行中にスーツケースを人がいるところで開ける時にソフトタイプは、片面開きできるので、場所を取らずに荷物の出し入れができるのが嬉しいですよね。無印良品のソフトキャリースーツケースも同様に片面開きなので、スーツケースを開く場所を取りません。
さらに撥水加工をしているので、水をはじくので、旅行先で雨や雪にあってもスーツケースが汚れたりシミになったりする心配がないので、安心ですね。
無印良品のスーツケースキャリーバッグベルトは、長さの調整ができて、無印良品のスーツケースに合わせた優しい3色展開なので、無印良品のスーツケースを購入する時は、ぜひ、ベルトも一緒も持っておきましょう。無印良品のキャリーバックベルトがおすすめ理由をみていきましょう。
1つ目、キャリーバックベルトは、中身の飛び出し防止してくれることです。スーツケースを預ける時は、カギを閉めたり、ロックをかけたりしませんよね。旅行先によっては、スーツケースの扱いがひどくて中身が飛びててしまう場合もあります。そんな時にベルトをしておくと防止してくれます。
2つ目、キャリーバックベルトは目印になることです。スーツケースが他の人と同じ場合や似ている場合がありますよね。そんな時もベルトをしておくと目印になって安心です。
3つ目、キャリーバックベルトは、防犯を防いてくれることです。スーツケースの中身を盗難するには、出来るだけ短時間で行いたいので、ベルトが付いていると、外すのに時間がかかりそうなので、最初から盗難する対象にならない確率が高くなります。
無印良品スーツケースサイズ別の口コミ評価をまとめてみました、旅のお供として使うスーツケースは、長く使えるものがいいですよね。そんな人には、見た目もシンプルで頑丈な無印良品のスーツケースがおすすめです。
トラベルグッズ専門ブランドのリモアのスーツケースも素敵ですが、無印良品のスーツケースも負けていませんので、ぜひ、チェックしてみてくださいね。

関連記事