Uazngynwyxalfsu5x9sc

映画

CATEGORY | 映画

クリスマス映画といったらこれ!カップル・家族で見たい定番映画は?

2019.11.14

【クリスマスの定番映画】クリスマスといえば、おしゃれなディナーやイルミネーション!しかし、大切な日だからこそ、恋人や家族だけでゆっくり映画などを観て過ごしたいですよね。今回は、2018年におすすめのクリスマス定番の洋画・邦画をご紹介します。

この記事に登場する専門家

Zyeidugthwnbgcj6xk3f

vivre編集部

編集者M

美容・コスメ・100均が好きな現在子育て中のワーママ。
趣味は娘とカフェ巡り。現在、DIY記事が気になりすぎてDIYに挑戦しようかと迷い中の日々。

  1. 【クリスマスの定番映画はこれ!】アニメ・恋愛・コメディ
  2. クリスマスの定番映画①ロマンティックな恋愛映画【ラブ・アクチュアリー】
  3. クリスマスの定番映画②家族でみたい【素晴らしき哉、人生!】
  4. クリスマスの定番映画③人造人間との純愛が切ない【シザーハンズ】
  5. クリスマスの定番映画④失恋した時に勇気が出る【ホリデイ】
  6. クリスマスの定番映画⑤定番中の定番!【ホーム・アローン】
  7. クリスマスの定番映画⑥前向きになれる恋愛映画【クリスマスの願い事】
  8. クリスマスの定番映画⑦邦画ならではの温もりを感じる【7月24日通りのクリスマス】
  9. クリスマスの定番映画⑧12人の男女が織りなすラブストーリー【大停電の夜に】
  10. クリスマスの定番映画⑨ナイトメアー・ビフォア・クリスマス
  11. クリスマスの定番映画⑩子供に見せたい【スノーマン】
  12. クリスマスの定番映画⑪何度も見たくなる恋愛映画【めぐり逢えたら】
  13. クリスマスの定番映画⑫大切な人とみたい【天使のくれた時間】
  14. クリスマスは定番の映画をお供に過ごそう!

クリスマスには定番の映画がたくさんありますね。洋画、邦画にかかわらず、アニメ・恋愛・コメディなど家族やカップルにおすすめの映画をご紹介します。初めて観るものから、何度でも観たくなるものまで冬はゆっくり映画鑑賞をお楽しみください。 アニメもファンタジー色が強いものがクリスマスにはぴったりです。 そして恋愛xコメディもクリスマスには欠かせません。

関連記事

ラブ・アクチュアリーは、2003年に公開された恋愛ラブ・コメディ。クリスマスを題材にした洋画です。ロンドンが舞台となっており、男女19人、それぞれの物語がオムニバス形式で進行していきます。様々な年代の恋物語が、キュンとさせてくれるデートムービー!どの主人公にも共感を覚えてしまいますよね。毎年クリスマスシーズンに観るという人がいる程、人気の映画です!

映画「素晴らしき哉、人生!」は、1946年に公開されたクリスマスの定番映画。クリスマスイブの1日を描いたストーリーです。人生で大切なのは何かを考えさせてくれる最高の洋画。映画のあとは元気な気持ちになれます!いつ観ても色あせない名作といえるでしょう。本作は、本国アメリカでも、クリスマス映画の定番となっています。ぜひ家族で観たい映画です。

ジョニー・デップ演じる主人公・エドワードは、発明家の博士によって作られた人造人間。化粧品セールス・ペグの訪問により、エドワードは人間の娘に恋をしていきます。綺麗な心を持つ人造人間・エドワードと人間の少女の純愛を描いた洋画です。恋愛映画が大好きなあなたにおすすめします。

Jvswrmzjqbls3jptpezj
引用: https://www.instagram.com/p/Bs_-eb0l89k/

映画「ホリデイ」は、失恋した2人の女性が、家を交換するホーム・エクスチェンジをすることで、新しい人生を切り開いていくというラブストーリーです。メインキャストは、キャメロン・ディアス、ケイト・ウィンスレット、ジュード・ロウ、ジャック・ブラックという豪華な顔ぶれ。定番のコメディ要素のある恋愛物語です。

イギリスとアメリカのクリスマスを楽しむことができる洋画です!日本のクリスマスとの違いを楽しめます。2人の女性が人生を変えていく過程は、コメディタッチながら観る人も前向きな気持ちにしてくれます。

クリスマスの定番映画の一つといえば、クリス・コロンバス監督の映画「ホーム・アローン」。クリスマスの家族旅行に行く、アメリカ・シカゴ在住の家族の物語。8歳の主人公が取り残され、家族がいない間に一人暮らしを楽しみます。クリスマスに笑いたい人は、「ホーム・アローン」がおすすめです!今作は、マコーレー・カルキンの出世作でもあります。このコメディは何度観ても笑うことができますね!

主人公・サラは、周りに何も言えない臆病な性格。そんなサラが、48時間だけクリスマスの奇跡を与えられることで、仕事や恋に奮闘していくという物語。映画を通して主人公の成長が伝わり、前向きになれます。さらに、アメリカのクリスマスシーズンの雰囲気を堪能することができる作品。日本では、Netflixで観ることできますよ!恋愛や家族関係を見直すくとができるかもしれません。

クリスマスといえば洋画のイメージが強いですが、邦画作品の中でもクリスマスをモチーフとした作品がいくつも作られています。映画「7月24日通りのクリスマス」は、2006年に製作された邦画。この邦画は、長崎を舞台に、恋を実らせようと奮闘する女性の物語です。劇中に有名なクリスマスソングが使用されているので、クリスマス気分を満喫しながら楽しむことができます。

映画「大停電の夜に」は、クリスマスイブの夜に大停電になった東京が舞台の邦画作品。12人の男女が繰り広げるラブストーリー。カップルでもシングルでも楽しめる邦画です。様々な主人公が登場するので、キャラクターに共感しやすいと思います。邦画が好きな人は、ぜひ一度観てほしい映画です!

Mg22cfygt81kc44id9r8
引用: https://www.instagram.com/p/B4zy1F4DwmC/?utm_source=ig_web_copy_link

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」は、ハロウィン・タウンの王様であるジャックがクリスマスに心奪われ、「サンディ・クローズ」として、クリスマスを作り出そうと計画していく物語です。原作・製作は、ティム・バートン。ディズニーで製作された洋画のミュージカル・アニメーションです。ファンタジー色の強いアニメです。

ディズニーランドのアトラクションのホーンテッドマンションが、冬の一時期限定で、ナイトメア・ビフォア・クリスマスになる事は、有名ですが、映画を見たことがない人は是非見てみましょう!

1982年に公開された、名作アニメ映画「スノーマン」。原作は、イギリスの絵本作家レイモンド・ブリッグスの作品です。少年が作ったスノーマンが真夜中に突然動きだすというファンタジー。子どもと一緒に観たいクリスマス映画の一つです。絵本の中に入ったような気分になれるアニメです。

1993年に製作された映画「めぐり逢えたら」は、トム・ハンクスとメグ・ライアンが主演しました。クリスマスの晩にラジオの人生相談から始まった見知らぬ2人の恋を描いた作品です。シンプルな恋愛ストーリーで、何度観ても幸せな気持ちになれる作品です。トム・ハンクスとメグ・ライアンの共演作品では、「ユー・ガット・メール」もおすすめです。

映画「天使のくれた時間」は、名作「素晴らしき哉、人生!」を題材として制作された洋画です。仕事で成功をおさめた男が、昔の恋人との違う人生を体験するというファンタジー映画。元恋人と2人の子どもに囲まれた生活を体験することで、自分を見つめ直す主人公の物語です。家族やカップルなど大切な人とぜひ観てもらいたい作品です。

関連記事

クリスマスの定番映画をご紹介してきましたが、いかがでしたか?アニメ、恋愛、コメディなど洋画から邦画まで、様々な種類の映画でクリスマスが題材とされています。クリスマス映画は、ほっこりとした優しい気持ちにしてくれるストーリーが多いです。 一度観たものでも、また新たな発見があることと思います。 ご自宅でゆったりとした気分で、大切な人と映画をご覧くださいね!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://i.pinimg.com/564x/d9/3d/33/d93d33010c999d412d25eb37a3f2dc4a.jpg