Bvyxxtte6dwugi1sa6zd

趣味・アウトドア

CATEGORY | 趣味・アウトドア

タッセルの作り方のコツと材料!いつもの手芸に可愛いワンポイントをプラス!

2018.08.29

手芸好きでもタッセルは初心者と言う方にも簡単な可愛いタッセルの作り方のコツをご紹介します。材料はお家にある糸でも作れます。バッグなどにタッセルをワンポイントとして付けるとおしゃれですよね。タッセルの材料と作り方のコツをご紹介します。

  1. 手芸初心者でもわかる可愛いタッセルの簡単な作り方のコツと材料
  2. 【手芸初心者必見!タッセル作り方のコツ&材料など】1.タッセルとは?
  3. 【手芸初心者必見!タッセル作り方のコツ&材料など】2.材料
  4. 【手芸初心者必見!タッセル作り方のコツ&材料など】3.基本のタッセルの作り方
  5. 【手芸初心者必見!タッセル作り方のコツ&材料など】4.革のタッセルの作り方
  6. 【手芸初心者必見!タッセル作り方のコツ&材料など】5.リボンのタッセルイヤリングの作り方
  7. 【手芸初心者必見!タッセル作り方のコツ&材料など】6.フォークで簡単タッセルの作り方
  8. 【手芸初心者必見!タッセル作り方のコツ&材料など】7.おしゃれなチャームの例
  9. 【手芸初心者必見!タッセル作り方のコツ&材料など】8.おしゃれなピアスなどアクセサリーの例
  10. 【手芸初心者必見!タッセル作り方のコツ&材料など】9.おしゃれなインテリアの例
  11. まとめ
タッセルは、バッグのチャームで人気ですが、その他にもインテリアの中でクッションやテーブルライナー、カーテン留めなどにも使われています。トラディショナルな雰囲気があり、ゆらゆらと揺れる姿は上品で可愛いですよね。また、ピアスやイヤリング、ネックレスなどにも使うことができるので、自分で作れるといろいろな場面で応用ができます。今回は、タッセルの作り方と材料、使い方のコツや応用編などをご紹介します。
引用: https://media-01.creema.net/user/138116/exhibits/1180007/1_3cca4d194b98335f2542ed6fb90c4c805473e0de_583x585.jpg
タッセル(tassel)とは、日本語で言えば房飾りのことで、布の端につけられる飾りのことです。クッションの四隅にふさふさの糸の束が付いているのをみたことがあると思います。それがタッセルですね。また、タッセルローファーには、革靴の甲の部分に革でできたふさふさが付いています。
引用: https://media-01.creema.net/user/384160/exhibits/1157943/0_7a3bb51acacbbd9d203768bc9d16a1b0_583x585.jpg
タッセルの材料はなんでも大丈夫です。一般的には糸を使いますが、糸の太さも細い糸を使うとさらさらっとそれそれの糸が揺れるタッセルができ、太い糸を使うと全体にゆらゆらとするタッセルができます。毛糸でも可愛いタッセルができるし、革を使っても作れます。
材料は、タッセルの元になる糸以外は、ハサミがあれば作れます。タッセルの種類によっては、厚紙や定規などがあると便利です。
正統派のタッセルは、細い糸を何回も巻いてボリュームがあり、サラサラとしたタイプのタッセルです。材料は、100均のレース糸を使っています。他の材料は、8mm玉以上のビーズ、レース用のかぎ針、10cmの厚紙、メモ用紙、マスキングテープ、ボンド、つまようじなどがあるとよいです。
細かいコツなども要所要所で教えてくれているので、とても参考になる動画ですよ。タッセルの束を結んでいるところは、レース糸をかぎ針で編んで可愛い形にしていますね。
引用: http://www.cmacs.jp/32256/mexico/php/shop/upfile/1526286511_01.jpg
糸のタッセルはさらさらとして可愛いですが、革のタッセルで手作りすると本格的なタッセルができます。革で作る場合、革を扱う材料がいろいろと必要なので、材料を揃えなければいけませんが、出来上がったものを見るとまるでお店で売っているタッセルのようでうれしくなります!
革素材は、糸とは違ってボンドの付け方などにもコツがあるので、その点なども丁寧に説明してくれている動画です。この動画をアップした人はプロの革職人で、材料が揃ったレザータッセルキットも購入できます。
引用: http://www.cmacs.jp/32256/mexico/php/shop/upfile/1526286511_02.jpg
引用: https://d3f1ki38kz3ug0.cloudfront.net/img/goods/L/re1126a.jpg
タッセルはイヤリングにしてもかわいいですよね。リボンを材料にしたタッセルの作り方です。材料はリボンとビーズを使っているので、ビーズを作る時に必要な道具などがあると簡単に作れます。
画像でも作り方を説明してくれています。材料など詳しくはこちらで確認できますよ。リボンの色によって雰囲気が変わるリボンタッセルは、リボンを柄ものにして、ビーズの雰囲気を変えるとまた違う雰囲気のものができるので、ワンポイントにいろいろと活用できそうですよ。

関連記事

お家にある材料で簡単に可愛いタッセルが作れちゃいます。材料は、タッセルにする糸(お好きなもの)、マスキングテープ、ハサミ、そしてフォークです。作り方のコツを要所要所で文字で説明してくれています。かなり細かく説明してくれているので、とっても簡単でわかりやすいです。
フォークの大きさによってサイズを決められますね。デザートフォークなどを使うと超小さなタッセルも作れるので、イヤリングやピアス、ネックレスに使うとワンポイントになってよいですね。
引用: https://media-01.creema.net/user/263727/exhibits/3461903/1_6374f39496374ff7bf59579b6fcc9391_583x585.jpg
麻紐でざっくりと編んだバスケットタイプのバッグに長めのタッセルをつけている例です。シックな色合いが男前っぽい雰囲気なのに、タッセルでフェミニンさをプラスでき、とってもおしゃれですね。長めのタッセルが風でふわっと揺れるところがポイントです。
引用: https://media-01.creema.net/user/244897/exhibits/5531415/0_2b2e83a99178a1eee121d66d2006b165_583x585.jpg
大きめのトートバッグなどには、長さの違う2種類のタッセルを付けるのもおしゃれです。同じ色でも良いですし、違う色で変化を楽しんでもよいですよね。
引用: https://media-01.creema.net/user/5369/exhibits/1149480/2_5231ceb6cbe7297b0a8c9a62510c2711_583x585.jpg
バッグにチャームとしてタッセルを付けるのも可愛いですが、スマフォのケースに付けるのもおしゃれです。うっかりスマフォケースを落としそうになった時にもタッセルが助けてくれるかもしれませんよ。
おしゃれな大人の雰囲気のタッセルも作れます。白と黒にゴールドをプラスしていることで、ゴージャスな雰囲気になりますね。タッセルの上の部分にはビーズでワンポイントにしています。お揃いでネックレスを作ってもおしゃれですね。
革とレジンのコラボでイヤリングを作るのもおしゃれです。タッセルのトップ部分にレジンで好きなデザインのものを作ってくっつけるとか、プラ板で作ればもっと簡単に作れます。タッセルと繋げられる穴も簡単に作れますね。マーブル柄などで大人の雰囲気のあるイヤリングを作ってみてください。
ゴージャスなイヤリングは、タッセルの糸の部分を全てビーズで作っています。かなり手間がかかりますが、ゴーギャス感まんさいです。結婚式やパーティなどのために大作を作ってみてはいかがでしょうか?
引用: https://media-01.creema.net/user/201543/exhibits/1217494/1_b899b1c205fc219dc4dac4b01a81e013_583x585.jpg
マイクロサイズのタッセルを作ってアンクレットにつけてみるのも可愛いです。歩くたびにタッセルがふさふさと揺れるのがおしゃれですね。
タッセルをいくつか並べてガーランドにしても可愛ですね。簡単に作れるのでいっぺんにたくさん作るのも楽しいです。こちらは、アドベントカレンダーの上にタッセルのガーランドをワンポイントにしています。シーズンごとに色を変えていろいろ作って見るのもいいです。クリスマスならば赤や緑、ゴールドなどを混ぜると大人の雰囲気のガーランドになりますね。ハロウィンならば黒と白、オレンジなどで作ってみてはいかがですか?ガーランドのワンポイントに季節ごとのチャームなどをつけてもおしゃれなインテリアになります。
タッセルは、バッグのワンポイントとしてチャームとして使うことで人気ですが、インテリアとしても可愛いタッセルをいくつか並べてバスケットなどにつけても可愛いですね。お部屋の雰囲気に合う色でワンポイントにすると素敵です。

関連記事

いかがでしたか?糸で作るタッセルはお家にある刺繍糸や毛糸などを利用して簡単に作ることもできますし、100均のレース糸などを利用しても可愛いものができますね。バッグのチャームとしてワンポイントにするのもよいですし、アクセサリーとして使ったり、インテリアとして使うこともできます。幅広く活用できる簡単に作れるタッセルを手作りしてみてはいかがですか?
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://media-01.creema.net/user/138116/exhibits/1939213/1_9c24592f411e8547efdc3eebb4d726bf99d4ac22_583x585.jpg