Ump8omc823wyrcmxkphz

レシピ

CATEGORY | レシピ

銀杏の食べ方まとめ!割り方・焼き方・茹で方は?レンジと封筒で簡単処理?

2018.09.04

銀杏のおいしい食べ方を、今回はわかりやすくまとめました。銀杏の割り方・焼き方・茹で方や、レンジや封筒で簡単に処理する方法、また、銀杏中毒についても詳しく解説します。それでは、銀杏のおいしい食べ方や、レンジや封筒で簡単に処理する方法について特選してご紹介します。

  1. 銀杏のおいしくて簡単な食べ方は?
  2. 生の銀杏をレンジで簡単に処理する食べ方!割り方・焼き方・茹で方も!①銀杏の下処理
  3. 生の銀杏をレンジで簡単に処理する食べ方!割り方・焼き方・茹で方も!②封筒&レンジでの食べ方
  4. 生の銀杏をレンジで簡単に処理する食べ方!割り方・焼き方・茹で方も!③フライパンで炒る食べ方
  5. 生の銀杏をレンジで簡単に処理する食べ方!割り方・焼き方・茹で方も!④銀杏の中毒について
  6. 生の銀杏をレンジで簡単に処理する食べ方!割り方・焼き方・茹で方も!⑤銀杏の冷凍保存
  7. 生の銀杏をレンジで簡単に処理する食べ方!割り方・焼き方・茹で方も!⑥揚げ銀杏
  8. 生の銀杏をレンジで簡単に処理する食べ方!割り方・焼き方・茹で方も!⑦銀杏の炊き込みご飯
  9. 生の銀杏をレンジで簡単に処理する食べ方!割り方・焼き方・茹で方も!⑧銀杏入り豚ニラ玉炒め
  10. まとめ
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f7/f74875981d739c8a3fff694fd938d423_t.jpeg
秋の味覚、銀杏は、ホクホクしていて香りがよくおいしいですね?今回は、銀杏のおいしい食べ方を、いろいろとレクチャーして行きます。銀杏の簡単な食べ方として、電子レンジで過熱処理する方法があります。他には、フライパンで炒る方法や、銀杏を揚げる方法もありおいしくいただけます。ただ、時短を考えると、レンジが1番おすすめになります。これから、銀杏の食べ方や簡単でおいしいレシピ、銀杏の中毒性についてもご紹介して行きます。

関連記事

引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/4d/4df04458e82d28eaedc89de43639492b_t.jpeg
銀杏は、地面に落ちた実を拾います。つぎに、バケツ等の容器の中で果肉を腐らせてから、水でよく洗いながし種を取出します。匂いが強いですので、厚手のビニール手袋をしましょう。つぎに、大きなザルに銀杏を並べて、天日干しにします。晴れれば表で干して、雨なら室内に戻してを一週間ほど繰り返して干します。最後に殻の色が真っ白になった頃に、銀杏をストーブの周りに広げてさらに乾燥させます。 数個の銀杏を割って中に水分がなければ完成です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/b5/b5fcd6527e7dcd01abf0f12955fd1b59_t.jpeg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ff/ffe29c342740b209ab6ee48de2a2d479_t.jpeg
レンジで破裂しないようにするめ、銀杏の殻をハンマーなどを使って軽く割れ目を入れます。割れ目を入れた銀杏を封筒に入れ、封筒から銀杏が飛び出ないように、封筒の口を2回以上しっかり折ります。電子レンジ500Wで60~90秒ほど加熱します。 2、3個の銀杏が、ポンッとはじけたら出来上がりです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/5d/5d191756bc55d1f4978b5d1952dc32aa_t.jpeg
また、銀杏の薄皮は口当たりがよくありませんが、食べても害はありません。しかし、料理には薄皮を剥いた方が、きれいな盛り付けで料理を堪能できます。茶碗蒸しや松茸の土瓶蒸しなどに銀杏を使う場合は、薄皮を剥き秋の艶やかな色彩を楽しみたいてすね。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/09/096d29adbbc0cc91d38eaa62b5762d61_t.jpeg
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/57/5733a397fc8bca7e0c31f61cdc8e8d0a_t.jpeg
銀杏のおいしい食べ方として、フライパンで炒る方法があります。電子レンジでは熱の加減が難しく、加熱しすぎると銀杏が破裂したり固くなったりして、おいしく銀杏のテイストを堪能するレベルには達しません。手間はかかりますがフライパンで炒る方が、柔らかく香ばしい味わいで、おいしくいただけます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/96/962f698969ee3d3abb1ab134ee0763f3_t.jpeg
フライパンで炒る方法には、銀杏の殻を剥いて炒る方法と、殻にヒビを入れて殻ごと炒る方法があります。味わいがおいしいのは、銀杏の殻を剥いてフライパンで炒る方法です。フライパンでローストされた銀杏の実が香ばしく、とてもおいしい秋の味覚を堪能できおすすめです。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/fe/fee4ff7cda35e5286e8dc11f353bc422_t.jpeg
銀杏は中毒性があることは、誰もが知っています。その、中毒性について、ここでは詳しくご紹介します。銀杏には、ギンコトキシンと4-0-メチルピリドキシンと言われる毒素が含まれています。銀杏を食べてから、食後1時間ほどで中毒症状が出て来ます。食後12 時間後に中毒症状が出たケースもありますので、注意が必要です。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/98/98113a9a7f74f7d93c38f04bb7643e8d_t.jpeg
銀杏に含まれる先の2つの毒素のうちのひとつのギンコトキシンは、ビタミンB6と似た働きを体内でします。そして、大量に体内に入るとビタミンB6の役割を奪い、大切なビタミンB6の働きをマヒさせます。その結果、ビタミンB6不足になり神経の状態が悪くなり、身体は興奮してしびれやマヒ、てんかん発作などを引き起こします。ビタミンB6が働かなくなることで、血液を身体中に運べなくなり、血行不良を引き起こし体調が悪化してしまいます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/b2/b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_t.jpeg
中毒症状は、呼吸困難・マヒ・痙攣・不整脈・意識を失う・腹痛・ゲリ・便秘・めまい・ふらつき・発熱・嘔吐・手足のしびれなどを起こします。中毒症状が出たら銀杏を吐き戻さず、病院に行きましょう。吐き戻すと、マヒや痙攣を悪化させてしまいます。病院でビタミンB6を投与してもらえば、1日以内に回復できます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/09/0903c7a724e7fc4793431245cf0f6ccb_t.jpeg
銀杏を1回に食べてよい数は、子供が3個、大人は20個までといわれています。中毒を発祥する最低ラインは、子供が7個・大人は40個とされています。その数を超えて食べないように注意しましょう。また、子供に対しては、肝臓が未発達で解毒作用が弱いので、まったく食べさせないこととも言われています。銀杏中毒では亡くなるケースもありますので病院に行き、すぐに治療を行うようにしましょう。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/fb/fb5f7ac2fb3089df0ee95c6d682ffc7d_t.jpeg
wikipedia

銀杏中毒 ぎんなんはギンコール酸などを含み、漆などのようにかぶれなどの皮膚炎を引き起こす。触れてすぐには発症せず、長期間継続して実に触れ続けた結果発症した例もある[要出典]。イチョウの乾葉が防虫剤として用いられるのは、こうした成分が葉にも含まれているからである[24]。 また、食用とする種の中身にはビタミンB6の類縁体4-O-メチルピリドキシン (4-O-methylpyridoxine, MPN) が含まれている[25]が、これはビタミンB6に拮抗してビタミンB6欠乏となりGABAの生合成を阻害し、まれに痙攣などを引き起こす。大人の場合かなりの数を摂取しなければ問題はないが、1日5 - 6粒程度でも中毒になることがあり、特に報告数の70%程度が5歳未満の小児である[26]。太平洋戦争前後に中毒報告が多く、大量に摂取したために死に至った例もある。 一方で喘息等の症状に対する鎮咳去痰作用など薬草としての効力もあり、前述の難破船に遺された銀杏も薬の原料として送られたものであるといわれている。

G4f4tmmrvjhui7lhyxas
Svjn4xjsxtr6ge5ccmps
銀杏を冷凍保存する方法です。銀杏は冷凍することで、半年程度は保存ができますので、料理に使う分量だけいつでも取り出して使ってみましょう。
Ec3tdzrvnhb0nzvsfr0e
A8rnh462esvluoytwnss
揚げ過ぎると固くなってしまいます。 火力は弱火で!炒った銀杏もいいけど、揚げた銀杏も美味しいよ〜

銀杏を揚げると、ホクホクとして甘味が出ておいしくなります。銀杏の青臭さが取れて、おいしいおつまみになります。日本酒とはよく合いますので、晩酌の肴にするとおいしくいただけます。ただし、おいしいからと言って、食べ過ぎには注意をしましょう。
R1bcrusremoop1rzjmvo
At4xulgqepzjroa8jcim
銀杏は、『よく乾燥して粒が大きく、殻につやのある白いもの』を選んでね。 注意したい事は…銀杏を食べ過ぎて銀杏中毒(ビタミンB6の欠乏状態)にならない様、小さなお子さんには与えず、大人も1日10粒程度に抑えた方が良さそうです!

銀杏の炊き込みご飯は、秋になると食べたくなる、おいしい炊き込みご飯です。少し苦味のある銀杏の味わいが、通といえる大人のご飯ですね。同じ秋の味覚の、秋刀魚をおかずにしても美味しくいただけます。
引用: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/da/da7c0fc996765a63f2c13e547d3631d0_t.jpeg
Q8rfuj3pnsrfpvtwslvj
Zlkqspekoalx8kqqc4br
火通りの順を考慮します。 料理酒の塩分を考慮して水を使いました。 注:幼児に銀杏は控えられるが賢明でしょう。   大人も年の数ほど食べるなと云われます。

銀杏と豚肉を、オリーブオイルでいためた栄養満点の料理です。材料をすべて合わせてフライパンひとつでできる、主婦にはうれしい手軽な料理になっています。秋の味覚として、おすすめのおいしい銀杏料理です。

関連記事

銀杏の食べ方について、今回はまとめました。秋の味覚の銀杏を手に入れたなら、存分にそのおいしさを堪能しましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/f7/f74875981d739c8a3fff694fd938d423_t.jpeg