Rueanpsn6y3alun5p3np

言語

CATEGORY | 言語

ドイツ語のかっこいい単語やフレーズ!数字やありがとう、挨拶はどう言う?

2018.09.12

ドイツ語での挨拶や会話を聞いているだけで、そのフレーズや単語の発音がかっこいいと感じられます。そんな憧れからドイツへ行ってみたいと思う人もいることでしょう。今回は、ドイツ語での「ありがとう」や「こんにちは」などの挨拶、かっこいいセリフやフレーズ・ドイツ語の数字をご紹介します!

  1. ドイツ語でのかっこいいフレーズや単語などのセリフをご紹介!
  2. ドイツ語でのかっこいいフレーズや単語などのセリフをご紹介!①ありがとう/Danke・ダンケ
  3. ドイツ語でのかっこいいフレーズや単語などのセリフをご紹介!②おはよう/GutenMorgen・グーテンモルゲン
  4. ドイツ語でのかっこいいフレーズや単語などのセリフをご紹介!③こんにちは/Gutentag・グーテンターク
  5. ドイツ語でのかっこいいフレーズや単語などのセリフをご紹介!④こんばんは/GutenAbend・グーテンアーベント
  6. ドイツ語でのかっこいいフレーズや単語などのセリフをご紹介!⑤自己紹介
  7. ドイツ語でのかっこいいフレーズや単語などのセリフをご紹介!⑥さようなら/AufWiedersehen・アウフ・ヴィーダーゼーエン
  8. ドイツ語でのかっこいいフレーズや単語などのセリフをご紹介!⑦ドイツの語数字一覧
  9. ドイツ語でのかっこいいフレーズや単語などのセリフをご紹介!⑧ドイツ語一覧
  10. ドイツ語でのかっこいいフレーズや単語などのセリフをご紹介!まとめ
かっこいいドイツ語を覚えて話せるというのは、誰もが憧れることではないでしょうか。英語をはじめ、外国語を学びたいと思ってもなかなか話せるまではいかないと、挫折してしまう人も多いことでしょう。しかし、ネイティブに会話できないまでも、ちょっとしてフレーズを使うだけでも会話は成立するものです。なによりドイツ語の単語や挨拶を使うだけでもかっこいいと感じられます。ドイツ観光や、ドイツの方と会話する場合でもちょっとした「ありがとう」や「こんにちは」といった挨拶や単語を使うだけでも距離が近づけるのではないでしょうか。
他国の言語を覚えてみたいと思うのは、その国の言葉に興味を持つことです。まずはドイツ語の「ありがとう」や「こんにちは」などの挨拶や簡単なフレーズから学んでみてはいかがでしょうか。そこで今回は、ドイツ語の挨拶や簡単なフレーズなどをご紹介いたします。
ドイツ語で「ありがとう」は「Danke・ダンケ」となります。日本語と同じですがドイツ語も使う相手によって丁寧度が変わってきます。この「Danke・ダンケ」は自分と同等、あるいはそれ以下の立場の人に使うレベルの丁寧度といえます。つまり「ありがとうね」くらいのフレンドリーな意味あいとして使うお礼です。立場が上の人に用いる場合にはもちろん敬語的な活用をしなければいけません。
上記にはそれぞれのシチュエーションや使う相手によって変わる「ありがとう」をご紹介しています。ドイツ語でさりげなく「ありがとう」と言えたらかっこいいですよね。
ドイツ語で「おはよう・おはようございます」は「Guten Morgen・グーテンモルゲン」となります。朝一の挨拶は日本でも同じように大切です。朝の挨拶で「グーテンモルゲン」というセリフを吐くだけでもかっこよく感じます。きっと良い一日を送れることでしょう。ドイツ旅行の際や、ドイツの方に朝の始まりの挨拶「Guten Morgen・グーテンモルゲン」を使ってみてください。
英語での朝の挨拶はご存知のとおり「Good morning・グッドモーニング」ですが、ドイツ語の「Guten Morgen・グーテンモルゲン」となんだか少し似ていますよね。

関連記事

ドイツ語で「こんにちは」は「Guten tag/グーテンターク」となります。さわやかに「こんにちは」と挨拶できるのも大切なコミュニケーションです。その「こんにちは」をドイツ語で交わすことができればかっこいいことでしょう。ぜひドイツ語での「こんにちは」である「Guten tag/グーテンターク」で挨拶してみてください!
挨拶の中でも一番幅広く用いることができる「こんにちは」のドイツ語「Guten tag/グーテンターク」を覚えておくだけでも、ドイツの方ともコミュニケーションがとれるでしょう。
ドイツ語で「こんばんは」は「Guten Abend・グーテンアーベント」となります。日本語で「こんばんは」と挨拶するだけの言葉もドイツ語にするとかっこよく感じますよね。夜に出会った人とおしゃれに「Guten Abend・グーテンアーベント」と挨拶することができれば、相手との距離も近づきそうです。それを聞いた周囲の人からもかっこいいと思われること間違いなしです!
ドイツ旅行などで、ご当地でのディナーを楽しむこともあるでしょう。そんなときに出会ったドイツの方に「Guten Abend・グーテンアーベント」と言えたらかっこいいですね。まずはお店の方などにも気軽に使えそうです。
人間関係を築くうえで、自己紹介は大切な挨拶です。自分の名前を伝えるためにも知っておかなければならないドイツ語といえます。では、ドイツ語で自分の名前を伝えるにはどう言えばいいのでしょうか。オーソドックスな自己紹介は英語での「My name is ○○/マイ・ネーム・イズ○○」で例えるとドイツ語では「Mein Name ist ○○/マイン・ナーメ・イスト・○○」となります。
なんだかドイツ語にするだけでかっこいい度が上がった気がしますね。そして自己紹介の例文や発音の仕方も感覚的に英語に似ている感じがします。
そして出会った人との締めくくりとして重要なのが、別れの挨拶である「さようなら」です。この「さようなら」をドイツ語にすると「Auf Wiedersehen・アウフ・ヴィーダーゼーエン」となります。ドイツ語で「さよなら」と言えるだけで、日本でも同じようにその人とのその後の関係も良好に保てることでしょう。別れ際にかっこよく「Auf Wiedersehen・アウフ・ヴィーダーゼーエン」を使ってみてください」
ちなみに同じ別れの挨拶である「おやすみなさい」はドイツ語で「Gute Nacht/グーテ・ナハト」となります。
他国語を知るにあたって、挨拶などと同じように重要なのは、その国の数字の表現と発音を覚えることです。さまざまなコミュニケーションでは数字は必ずと言っていいほど必要となります。逆に言えば数字を伝えることができなければ大切なことも伝えられないといっても大袈裟ではありません。その国の人とコミュニケーションをとるためには挨拶と数字を覚えておけば最低限のやり取りができます。
ドイツ語での数字一覧は上記を参考にしてください。ドイツ旅行をする際には、数字を覚えておけば買い物や、お食事でも便利です。
ドイツ語を覚えるには、まずドイツ語のアルファベットと発音を知ることが一番の近道です。かっこいいドイツ語のアルファベットと、その発音のマスターから目指してみてください。
当然のことながら、アルファベットが読むことができれば、文章もなんとなく読むことができます。読むことができれば意味を調べることも簡単になります。
いかがでしたか?今回はドイツ語での最低限知っておきたい挨拶や数字をご紹介してきました。最低限度のフレーズでも、ドイツ語でコミュニケーションをとることができればかっこいいはずです。そこから興味を持つことができれば、ドイツ語をマスターすることに近づくことでしょう!

関連記事

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bm-yScvnTKh/?tagged=%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84