Jsft3ra7ztzkyroqghyq

DIY・ハンドメイド

CATEGORY | DIY・ハンドメイド

パラコードの編み方のコツ!初心者でも簡単にオリジナルグッズが作れちゃう!

2019.03.23

カラフルで可愛いとパラコードを使ったグッズが人気です。複雑そうに見える編み方ですが、初心者でもできるコツはあるのでしょうか。パラコードを使って作れるキーホルダーなどのオリジナルグッズや初心者でも簡単にできる編み方、上手に作れるコツなどを見てみましょう。

  1. パラコードとは
  2. 初心者でも簡単なパラコードの編み方
  3. 【初心者でも簡単】パラコードの編み方とコツ①ソロモンステッチ
  4. 【初心者でも簡単】パラコードの編み方とコツ②平編み
  5. 【初心者でも簡単】パラコードの編み方とコツ③ジッパー編み
  6. 【初心者でも簡単】パラコードの編み方とコツ④8の字編み
  7. 【初心者でも簡単】パラコードの編み方とコツ⑤クロスステッチ平編み
  8. 【初心者でも簡単】パラコードの編み方とコツ⑥Corkscrew
  9. 【初心者でも簡単】パラコードの編み方とコツ⑦スネークノット編み
  10. 【初心者でも簡単】パラコードの編み方とコツ⑧ケルティックバー
  11. パラコードで作れる可愛いオリジナルグッズ
  12. 【パラコード】可愛いオリジナルグッズ①ブレスレット
  13. 【パラコード】可愛いオリジナルグッズ②ストラップ
  14. 【パラコード】可愛いオリジナルグッズ③首輪・リード
  15. 【パラコード】可愛いオリジナルグッズ④ドリンクホルダー
  16. 【パラコード】可愛いオリジナルグッズ⑤キーホルダー
  17. 【パラコード】可愛いオリジナルグッズ⑥ピアス
  18. 【パラコード】可愛いオリジナルグッズ⑦時計のベルトに
  19. 【パラコード】可愛いオリジナルグッズ⑧持ち手をアレンジ
  20. まとめ:カラフルで可愛いオリジナルグッズを作ろう!
パラコードとは「パラシュートコード」の略です。第二次世界大戦中にパラシュートのラインとして使われていただけあって、今日でもその丈夫さが魅力の一つ。キーホルダーなど持ち運びしやすい形にして登山などのアウトドアに持っていくと言う人も多くいます。
もう一つの魅力はそのカラフルで豊富な色使い。好みの物を組み合わせてオリジナルグッズを作れると、アウトドアだけじゃなく日常で使用するのにも人気です。
引用: https://yy5zymc9.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2016/05/7strand100_n_00.jpg
本場アメリカ製のパラコードはナイロン製ですが、近年では安価なポリエステル製のパラコードも出回っています。ファッションアイテムとして使用する分にはどちらを使っても問題ありませんが、見た目と実用性を兼ねてアウトドアのお供に持っていきたいなら材質選びにこだわりましょう。
編んだパラコードを結ぶときは結び目を火であぶって固めるので、結び目をほどけばまた1本のロープに戻ります。パラコードをアウトドアに持っていけば、急に靴紐が切れた時や荷物を結んだりする時にも重宝するので大変便利です。

関連記事

元々は兵士の奥さんがお守りとしてパラコードを編んで持たせたのが初めだと言われていますが、パラコードの編み方には色々な種類があります。
好きな色のパラコードを好みの編み方で編む事で自分好みのオリジナルグッズが作れるのが人気のパラコード。基本となる編み方を覚えてオリジナルのグッズを作ってみましょう。初心者でも簡単に編める編み方とそのコツをいくつか見ていきましょう。
まずは基本のソロモンステッチです。コブラステッチとも言われます。同じ色で編んでも可愛いのですが、慣れるまでは異なる2本のパラコードを使うのがおすすめです。上になるコードを決めておけば混乱せずに編めるので初心者でもわかりやすいです。カラフルな色遣いを楽しみましょう。
ソロモンステッチと同じような見た目ですが、中にもう1本、芯となる紐を使っています。
引用: https://617mi5y4.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2017/10/22.jpg
たるみやゆるみを解消するために、途中で編んだ部分を上に詰めたりしながら全体のバランスを整えて固く編んでいくのがキレイに仕上げるポイントとなります。金具をつけてキーホルダーやストラップにする場合は、金具のギリギリまで編みます。
見た目がファスナーのような事から名前がついた「ジッパー編み」。細身のデザインに仕上がります。
しなやかに曲がるので、女性の腕に似合うブレスレットなどのアクセサリーにしても可愛いですね。。キーホルダーやストラップなど幅広く使えるデザインです。
編み方としては簡単ですが、網目を揃えてキレイに編もうとするとコツがいる編み方です。
きつすぎず緩すぎないように全体のバランスを見ながら編んでいきます。編み始めをコルクボードなどにピンで固定して平らなところで編むのがコツです。
クロスしたバッテン模様が可愛い「クロスステッチ平編み」です。複雑そうに見えますが、クロスする紐のもっていき方を理解すればそれほど難しくはありません。8の字編み同様、固定して全体を見ながら編むのがキレイに仕上げるコツです。
他の編み方とは雰囲気がガラッと変わる編み方です。カラフルな2色のパラコードで色の差をハッキリと出すのがおしゃれです。パラコードを2本ともバックルに通して固定しているので編みやすいですね。
丸みを帯びたブレスレット状に編めるスネークノット編み。1本のコードを折り曲げて編んでいく方法です。
少し難しい3本のパラコードを使ったケルティックバーの編み方にも挑戦してみましょう。三つ編みのような編み方が可愛いですね。人とは違ったオリジナルグッズを作りたい人に。カラフルに仕上げるのがおすすめです。
編み方だけでもたくさんあるパラコードですが、アウトドアに持ち運びやすいキーホルダーやストラップ以外にも様々なオリジナルグッズが作れます。
パラコードで作れるオリジナルグッズにはどのようなものがあるのかを見てみましょう。
定番のブレスレットですが、カラフルに仕上げたり渋い色味で格好良く決めたりと好みの色味で作れるだけじゃなく、そのまま結んだりバックルをつけたりとアレンジがいくらでも広がります。
Iv3qtlonpptxtlcl2mbp
引用: https://www.instagram.com/p/BUz4b8KFUhL/
バックルをつけずに長さを調節できるブレスレットならプレゼントにもピッタリです。
ごつい見た目なのであえて華奢なチャームをつけて女性らしくアレンジするのも可愛いですね。
キーホルダーやストラップにすればリュックやカバンなどにつけて持ち運ぶのも簡単です。大量のパラコードを持ち運べるのでアウトドアにも便利です。
長さを変えればカメラにつけるストラップにも。丈夫なパラコードを使ったストラップなら大切なカメラを落とす心配もなくて安心です。
大切な愛犬の首輪やリードを手作りするのにもパラコードが使えます。市販品ではなかなか好みの物を見つける事ができないリードや首輪も、カラフルで可愛いオリジナルグッズを作る事ができます。
愛犬の首輪とお揃いのブレスレットをつけて散歩をするのも可愛いですよね。
アウトドアに便利なドリンクホルダーも作れます。必需品を持ち運ぶものをパラコードで作っておけば、いざと言う時に助かりますね。
アウトドアで持ち運ぶのに便利なキーホルダーですが、日常使いするだけならこんな可愛らしい形にもアレンジできます。
下駄の鼻緒風にしたキーホルダーにも。普通の紐で作るのとは一味違います。
パラコードのカラフルさを生かしておしゃれなピアスも作れます。ピアスだけじゃなく色んなアクセサリーにもアレンジできそうですね。
腕時計のベルト部分をパラコードで手作りすればオリジナル感満載です。
アウトドアで使うグッズの持ち手をアレンジする事も。持ち手をパラコードで巻いてアレンジすれば、自分好みに仕上がるだけじゃなく持ちやすくなると言うメリットもあります。

関連記事

カラフルで可愛いパラコード。紐の種類だけじゃなく、編み方やアレンジの仕方もたくさんありますので自分の好みに合ったオリジナルグッズが作りやすいですね。
色を変えれば男女どちらでもおしゃれに使えますし、大切なペットとのお揃いコーデにもしやすいパラコード。お気に入りができたら、自分だけで使うのではなく誰かにプレゼントしてみるのも良いですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://yy5zymc9.user.webaccel.jp/wp-content/uploads/2016/05/7strand100_n_00.jpg