Zhkxthdwe0bp7kzdkwla

レシピ

CATEGORY | レシピ

リキュールおすすめ7選!カクテルレシピで万能!初心者でもできる割り方・飲み方!

2018.09.01

カクテルレシピで万能なリキュール。数多くの種類があるリキュールの中から、初心者の方も美味しく飲めるおすすめの”万能”リキュールをご紹介します。初心者でもできる割り方・飲み方を参考にして、おすすめリキュールの美味しいカクテルレシピに挑戦してみてください。

  1. リキュールの種類ってどれくらい?
  2. カクテルレシピで万能!初心者にもおすすめのリキュール7選!
  3. カクテルレシピで万能!初心者にもおすすめのリキュール①コアントロー(オレンジリキュール)
  4. カクテルレシピで万能!初心者にもおすすめのリキュール②マリブ(ココナッツリキュール)
  5. カクテルレシピで万能!初心者にもおすすめのリキュール③カルーア(コーヒーリキュール)
  6. カクテルレシピで万能!初心者にもおすすめのリキュール④ゴディバ(チョコレートリキュール)
  7. カクテルレシピで万能!初心者にもおすすめのリキュール⑤ヨーグリート(ヨーグルトリキュール)
  8. カクテルレシピで万能!初心者にもおすすめのリキュール⑥カンパリ(ハーブリキュール)
  9. カクテルレシピで万能!初心者にもおすすめのリキュール⑦ディタ(ライチリキュール)
  10. まとめ
リキュールには数多くの種類があり、初心者の方はどのリキュールを飲んだら良いかわからないという方も多いと思います。リキュールの種類は数え切れないほどあるのですが、原料によって大きく4つに分けることができます。1つ目の種類は「薬草・香草系リキュール」で、ハーブや薬草、スパイスを主原料としています。リキュールの起源と言われている種類でもあります。
2つ目の種類はフルーツの果肉や果汁、果皮を主原料とする「果実系リキュール」。嗜好品としての要素が強い種類で、カクテルだけではなくお菓子作りにも使われる人気のリキュールです。飲みやすいリキュールで、様々な割り方、飲み方で親しまれています。
リキュールの3つ目の種類はコーヒーやカカオなどを原料とした「ナッツ・種子系リキュール」です。深い風味と甘みが特徴のリキュールで、食後酒に適しています。また果実系リキュールと同様にお菓子作りに用いられることも多い人気の種類です。
3種類とは別に分類されるリキュールには卵やクリーム、ヨーグルトなどたんぱく質や脂肪分を多く含んだ新しい種類のリキュールがあります。ヨーグルトフレーバーで女性も飲みやすいリキュールや、まろやかな口当たりで人気のエッグリキュールなどがあります。

関連記事

数多くの種類があるリキュールですが、割り方や飲み方でまた違った味わいを楽しむことができるのも魅力です。ここからはカクテルレシピで万能な、初心者にもおすすめのリキュールをご紹介していきます。初心者の方でも美味しい飲み方ができるリキュールを厳選しましたので、ぜひ美味しい割り方や飲み方でリキュールを堪能してみてください。
多くのカクテルに使われ、お菓子作りにも使用されることの多いリキュール「コアントロー」。オレンジリキュールの一種で、オレンジの皮を蒸留酒に入れ、漬けて作られるリキュールです。自然のオレンジピールが原料に使われm最も香り高いオレンジリキュールとして知られています。コアントローのアルコール度数は40%で、ウイスキーやウォッカと同じくらいのアルコールが強いお酒となっています。
柑橘系のお酒が好きな方に人気のコアントロー。飲み方は、デザートカクテルとして食後酒に飲むのが一般的です。お酒に強い方はレモン果汁を入れてロックで飲むのがおすすめです。またソーダ割りやトニックウォーター割りで飲んでも爽やかで飲みやすくなります。
コアントローを使ったカクテルでおすすめなのがジンベースのカクテル「ホワイトレディー」。割り方は、ジン:コアントロー:レモンジュースを2:1:1の割合で作ります。この割り方でアルコールと甘み、酸味のバランスが取れたカクテルが出来上がります。
ココナッツリキュールの中でも幅広い世代に人気の「マリブ」。強すぎないココナッツの甘い香りはクセになる美味しさ。アルコール度数は21%で、初心者の方も飲みやすいリキュールとなっています。おすすめの飲み方はパイナップルジュースやオレンジジュースで割ったり、ソーダやコーラ、また牛乳で割っても美味しく飲むことができます。色々な飲み方ができるので、自分に合った飲み方を見つけてみるのも楽しいですよ。
カクテル「マリブ・ピニャコラーダ」の割り方は、マリブ:パイナップルジュース:牛乳を1:1:1の割合で作ります。夏らしくパイナップルの香りが広がる飲みやすいカクテルです。
コーヒーリキュールの一種である「カルーア」。コーヒーの風味とコクのある甘みが特徴のリキュールで、アルコール度数は基本的に20%。カルーアと言えば牛乳で割ったカクテル「カルーア・ミルク」の材料として知られ、女性を中心に親しまれているリキュールです。
カルーア・ミルクの割り方ですが、カルーア1:牛乳2~3で割り、牛乳は静かに注ぎましょう。牛乳の上からコーヒーの粉やココアパウダーを少しかけてもさらに美味しくいただけます。
チョコレートの名門「ゴディバ社」により厳選されたカカオから作られたプレミアムチョコレートリキュール。クリームチョコレートの濃厚な味わいと香ばしいカカオの上品な香りを楽しむことができます。アルコール度数は15%で、カクテルベースやデザートのトッピングとして使用される人気のリキュールです。プレミアムチョコレートの味わいを真っ直ぐに感じたい方は氷に入れたグラスに注いでロックで飲むのがおすすめ。
ゴディバで作るカクテルは、ゴディバチョコレートリキュール:シロックウォッカ:生クリームを2:1:1で割った「ゴディバ トリュフルティーニ」がおすすめ。カクテルグラスにチョコレートを添えれば、贅沢なひと時を彩る一杯に。
オランダで生産されているリキュールの「ヨーグリート」。名前の通りにプレーンヨーグルトのフレーバーを持つリキュールで、アルコール度数は16%と比較的低め。また甘口で飲みやすく、主に女性を中心に人気があるリキュールです。オレンジ、グレープフルーツジュースで割っても美味しく、サッパリとソーダで割っても美味しくいただけます。
フルーツジュースで割ればフルーツヨーグルト感覚でゴクゴク飲めるカクテルに。オレンジジュースと合わせた「ヨーグリートオレンジ」の割り方は、オレンジジュース3:ヨーグリート1の割合で作ります。甘すぎず女性も飲みやすいカクテルです。
赤いリキュールとして知られる「カンパリ」。ハーブ系リキュールの中でも有名で、オレンジピールやコリアンダーなど約60種類ものハーブやスパイスを原料として作られています。カンパリは苦味が特徴的なリキュールで、ほのかなハーブの香りが感じられ女性にも人気のリキュールです。アルコール度数は25%で、鮮やかな赤色はまるで宝石のようだとも言われています。
カンパリの人気の飲み方は「カンパリソーダ」。カンパリ1:炭酸水3の割合で割って、お好みでレモンを絞って作ります。カンパリの風味をストレートに味わうことができおすすめです。
ライチの上品な香りと味を世界で初めてリキュールにしたフランス生まれの「ディタ」。ライチの魅力を堪能できるプレミアムなリキュールで、女性たちに愛されるNo.1ライチリキュールです。アルコール度数は21%で、何で割っても美味しく飲めると評判のリキュールとなっています。
上品な味わいの定番カクテル「ディタ グレープフルーツ」は魅惑的なライチの香りとグレープフルーツの相性が抜群。ディタ30mlに適量のグレープフルーツジュースを入れて作る飲みやすいカクテルです。オレンジやソーダで割っても美味しくいただけますよ。

関連記事

カクテルレシピで万能なリキュール。数多くの種類があるリキュールですが、初心者の方も美味しく飲めるおすすめのリキュールをご紹介しました。ぜひお気に入りのリキュールを見つけて、色々な割り方や飲み方を楽しんでみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bm5sAdRgTF8/?hl=ja&tagged=%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB