Bioiezrajkkjlkhyshdw

料理

CATEGORY | 料理

茶碗蒸しは電子レンジで簡単おいしい!マグカップで爆発なし!

2019.09.15

茶碗蒸しは、電子レンジで簡単においしく作ることができるのをご存じですか?今回は、電子レンジで簡単でおいしい茶碗蒸しを作る方法と、レシピをまとめました。めんつゆや白だしを使い、おいしく仕上げます。これから厳選した電子レンジのおいしい茶碗蒸しをご紹介します。

この記事に登場する専門家

Z5dipwega9eqdl6ylhvv

vivre専属ライター

ぽっちゃりガール

食べ歩きとゲームが趣味のアラサー女子。日々、手作り料理をしています!

  1. 電子レンジで簡単においしい茶碗蒸しを作るには?
  2. 茶碗蒸しが電子レンジで爆発しない方法
  3. 電子レンジで作る簡単でおいしい茶碗蒸しの失敗しないコツについて
  4. 電子レンジで作る簡単でおいしい茶碗蒸しレシピ①簡単すぎっ!レンチン茶碗蒸し
  5. 電子レンジで作る簡単でおいしい茶碗蒸しレシピ②レンジで簡単!めんつゆで具なし茶碗蒸し
  6. 電子レンジで作る簡単でおいしい茶碗蒸しレシピ③茶碗蒸し☆松茸のお吸い物の素
  7. 電子レンジで作る簡単でおいしい茶碗蒸しレシピ④レンジでコンソメ・チーズ茶碗蒸し
  8. 電子レンジで作る簡単でおいしい茶碗蒸しレシピ⑤そら豆の茶碗蒸し
  9. 電子レンジで作る簡単でおいしい茶碗蒸しレシピ⑥レンジ洋茶碗蒸し
  10. まとめ

茶碗蒸しは、なめらかな口当たりに仕上げることが良しとされています。プリンよりも柔らかく、口溶けがするほどの、汁物に近い食感で作ります。蒸し器で作らずに電子レンジで作る場合は、その口当たりのなめらかさを損なわないように作りましょう。それには、茶碗蒸しの卵液は必ず漉します。卵液をなめらかにし、過熱後の口当たりが良く仕上がります。ごわついた茶碗蒸しは美味しくありませんから、丁寧な一手間は惜しまないようにすることが、おいしい茶碗蒸しを作るコツと言えます。

関連記事

茶碗蒸しを電子レンジで過熱しているときに、そろそろ卵液が固まってきた頃になると、茶碗蒸しが爆発することがあります。市販の茶碗蒸しを温めなおしているときにも、よくこの爆発は起こります。では、どうしたら爆発せずに済むでしょうか?それは、電子レンジのワット数と関係があります。500Wや600Wの過熱では、熱と圧力が卵液にかかり過ぎてしまい、爆発する場合がしばしばあります。

茶碗蒸しが爆発しないワット数は、200Wが理想的です。卵液もなめらかに美味しく仕上がるワット数でもあります。お使いの電子レンジのワット数が調節できない場合は、微過熱や弱、小のメモリで過熱をしてみましょう。解凍の手前くらいのワット数が、卵調理には合っています。

余談ですが、電子レンジで目玉焼きを作る場合にも、この解凍の手前くらいの200W程度のワット数なら、爆発はしません。卵1個の場合ですが、表面が固く膜を張ってしまうので数ヵ所穴をあけたラップはかけますが、あとは9分くらい過熱し、放っておいても綺麗な目玉焼きが作れるワット数です。卵料理には、200Wが良いということを覚えておきましょう。

引用: https://mi-journey.jp/foodie/wp-content/uploads/2018/03/1804_81_chawanmushi_16.jpg

電子レンジで茶碗蒸しを作る時に、ラップのかけ方には気をつけなければなりません。ラップを茶碗蒸しの器に隙間無く被せてしまうと、卵液に圧力がかかり圧力鍋の原理で、過熱が進み過ぎてしまいます。その場合には、なめらかな茶碗蒸しに仕上がらず、中にすがあいてしまい、ごわついた食感になってしまいます。茶碗蒸しの表面も穴があいている状態になり、盛り付けとしても美味しくは見えなくなります。

そんなことにはならないように、茶碗蒸しの器にはラップをふんわりとかけ、爪楊枝などでラップに穴を数ヵ所あけましょう。そうすることで余計な圧力が卵液にかからず、きれいでなめらかな茶碗蒸しができあがります。電子レンジだとしても、火加減には気をつけなければなりません。茶碗蒸しの過熱しすぎには、充分に注意しましょう。

Tqmjg51vjlw6tzdk7gat
M74dskpstm3fiybhrpbm
卵液は必ずこす事でなめらかになります レンチン時間は少なめから始めて ゆるかったら1分ずつ足していくと良いです

電子レンジで簡単に作る、白だしかめんつゆで味付けをしただけの時短茶碗蒸しです。卵と水に、白だしかめんつゆを加えて、お吸い物としてちょうどいい味にします。その卵液を、レンジで過熱して出来上がりです。具には、三つ葉やかまぼこを加えて作れば、香りの良い茶碗蒸しになります。また、土鍋ではなく、マグカップで作っても簡単に作れておすすめです。

マグカップに卵液と椎茸を加えてレンジへ。あとは、過熱をすれば、おしゃれなマグカップ茶碗蒸しの出来上がりです。また、マグカップは、大きく厚いので、電子レンジの電子が過熱され過ぎずほどよく熱が入り、爆発しにくい構造とも言えます。土鍋も同じく厚いので、過熱し過ぎずおいしい茶碗蒸しが出来上がります。

引用: https://img.cpcdn.com/recipes/2516992/280x487s/9b170cccdafa28d6cfbd6fae4193c611.jpg?u=7766960&p=1554119522

マグカップで作る茶碗蒸しは、とても可愛くおしゃれなので、洋風なメニューとのテーブルコーデとも合います。イタリアンやフレンチの食事の時に、茶碗蒸しは食べたいという場合は、マグカップで茶碗蒸しを作れば、食事の雰囲気ともよく合います。普段使いのお気に入りのマグカップと白だしやめんつゆで、いつでも気軽に茶碗蒸しを作ってみましょう。また、急ぐときは、具なしでも美味しくいただけておすすめです。

Flnjxqiebfwydgpul3ga
Xjxfhb75yaua5oy7lg4f
サランラップを使うとごみが出るので、洗って何度も使える点からタッパーの蓋を利用しています。 子供達が具なしの茶碗蒸しが好きなので基本は具なしですが、蒲鉾やカニカマ、三つ葉や柚子を入れると更に美味しいです。

めんつゆを使って簡単に作れる、具なしの茶碗蒸しです。卵に水を加えて、めんつゆをプラスします。よくかき混ぜて漉したら、容器に入れてフタをしレンジで過熱して出来上がりです。具なしでも、とてもめんつゆの味わいが利いて、おいしくいただけます。具なしでは物足りないという時は、三つ葉や椎茸など、お好みの具材を加えてレンジで過熱しましょう。簡単で楽チンに作れる、具なしのプレーンな茶碗蒸しは、気軽に作れて一品足したいメニューとしてもおすすめです。また、白だしで作っても美味しくいただけます。めんつゆか白だしかのテイストは、その日のお好みでどうぞ!

G62imirhmasobglilguz
Yxdp2sfh9tojwgkdzaud

めんつゆや白だしに代わって、市販のお吸い物の素でも美味しい茶碗蒸しが簡単に作れます。卵と水に市販のお吸い物の素を加えよくまぜたら、レンジで過熱して出来上がりです。めんつゆや白だしに比べて、一人前の分量の味見をしないで済みますので、1番手軽に作れる時短茶碗蒸しと言えます。また、お吸い物にドライフードの野菜が入っていますので、具なしで作っても便利です。忙しい時には、おすすめの電子レンジ茶碗蒸しでおすすめです。

Fqmnog406exuxv8nx3ob
Itdkddt2gpej3fwmrg32
表面がグツグツし出したら、温め過ぎないようにこまめに確認する。私のレンジだと1分40秒がギリギリです。1分30秒だとまだ真ん中が固まっていないかなって感じです。

卵液にコンソメとチーズで味付けをした、洋風茶碗蒸しです。具材も、ウインナーをスライスして加えます。洋風なスープとしてもいただける味わいなので、時間がない時は具なしでも美味しくいただけます。パンやパスタによく合う、美味しいコンソメ・チーズ風味の茶碗蒸しです。

N8jnjhgkyz8ewf8jogzj
Jyxyqgimhq58xnijhois
具材もそら豆のみなので、素材の美味しさが存分に味わえます。

冷凍そら豆を使って、簡単に作れる電子レンジ茶碗蒸しです。そら豆はホクホクして美味しいですね。子供から大人まで大好きな豆です。冷凍のそら豆なので、卵液を作ったらフリーザーから出して加えるだけで、すぐに美味しいそら豆茶碗蒸しが味わえます。家族が喜ぶ、そら豆を使ったオリジナリティのあるおすすめの魅力的な茶碗蒸しです。

Ag28w7nwhtwehwaavikk
Spwxqrkwfqq17wyu23bp
レンジについてて下さい。卵が膨らみ始めたらすぐ止める事。 機種や器、個数によってはどうなるかわかりません。 最初はある程度火が通り始めたらw数を落として、様子を見ながら作った方が無難でしょう。 お好みで砂糖を入れたらまるでプリンの様な。

牛乳と卵で卵液を作った、洋風のおしゃれな茶碗蒸しです。ミルク風味なので、シチューやキッシュのようなテイストになり美味しいです。茶碗蒸しが仕上がる少し前に、チーズを加えても美味しくいただけます。洋食のメニューにおすすめの、簡単でおしゃれなミルクテイストの洋風茶碗蒸しです。

関連記事

今回は電子レンジで作る、美味しい茶碗蒸しについてご紹介しました。レンジで茶碗蒸しを作るコツや一手間を忘れずに、ご紹介したいろいろなレシピの茶碗蒸しを作っていただけたら嬉しいです。肌寒い夜には、温かい茶碗蒸しを食卓でいただいて、心や身体の芯まで温まりましょう。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/vp/688c9b42d9966068259c386aa335f406/5C055905/t51.2885-15/sh0.08/e35/s640x640/16110261_1566430160051153_6172933237845786624_n.jpg