Fbbnzzdn6nffzfproh4s

ドライブ

CATEGORY | ドライブ

日光の紅葉おすすめ2018最新版!いろは坂などの各名所の見頃はいつ?

2018.09.02

2018年に日光でおすすめのいろは坂などの紅葉スポットについてご紹介します。日光は東京から日帰りで絶景の紅葉が楽しめる場所として人気を集めています。そんな日光でおすすめの紅葉の名所や2018年の見頃の時期、またドライブにおすすめの名所についてもお届けします。

  1. 【2018年日光の紅葉おすすめ名所は?】中禅寺湖
  2. 【2018年日光の紅葉おすすめ名所は?】竜頭の滝
  3. 【2018年日光の紅葉おすすめ名所は?】戦場ヶ原
  4. 【2018年日光の紅葉おすすめ名所は?】湯滝
  5. 【2018年日光の紅葉おすすめ名所は?】日光田母沢御用邸記念公園
  6. 【2018年日光の紅葉おすすめ名所は?】龍王峡
  7. 【2018年日光の紅葉おすすめ名所は?】神橋
  8. 【2018年日光の紅葉おすすめ名所は?】華厳の滝
  9. 【2018年日光の紅葉おすすめ名所は?】日光・イタリア大使館別荘記念公園
  10. 【2018年日光の紅葉おすすめ名所は?】いろは坂
  11. 【2018年日光の紅葉おすすめ名所は?】まとめ
日光の紅葉の名所としておすすめは中禅寺湖です。中禅寺湖は標高1270メートルにあり、自然にできた湖の中では日本で一番高い位置にある湖として知られています。中禅寺湖は標高の高い山の中にあるため大自然を満喫することができます。紅葉をすぐ近くで感じることができ、また湖に映った紅葉は美しく違った紅葉を楽しむことができます。
中禅寺湖は遊覧船に乗船することもでき、遊覧船から眺める紅葉は格別で山々の紅葉が織り成す景色は絶景です。また湖畔を散策することができるのでさまざまな紅葉を堪能することができます。中禅寺湖の紅葉見頃時期は10月中旬~10月下旬で車で訪れることもできるのでドライブがてらに中禅寺湖の紅葉狩りに出かけるのもいいですね。

関連記事

竜頭の滝は日光市にある滝で、滝つぼの近くには大きな岩があることで滝が二つに分かれていてその様子が竜の頭に似ていることから名付けられたと言われています。滝を包み込むように広がる木々の赤色や黄色に色付けられた様子は絶景でおすすめです。
竜頭の滝へドライブで出かけた場合紅葉の季節は混雑しますが、駐車場から竜頭の滝までは近い場所にあるため日帰りドライブで訪れるのもおすすめです。滝にはお茶屋さんも隣接しているので団子を食べながらゆっくり滝を見ながら紅葉を楽しむと贅沢な気分を味わうことができますよ。竜頭の滝の紅葉の見頃時期は10月中旬からです。
戦場ヶ原は男体山が噴火して湯川がせき止められ、土砂がたまってできた湿地地帯として知られています。戦場ヶ原ではハナショウブなどの高山植物を楽しむことができ、また紅葉の季節には湿原一面を赤く染める草紅葉などが見られると人気を集めています。
戦場ヶ原は小道になっているためハイキングでの紅葉狩りがおすすめです。戦場ヶ原の紅葉の見頃の時期は10月上旬頃から中旬頃で自然の中をハイキングしながら紅葉を楽しむことができます。また東北自動車道から日光宇都宮道路を通って国道120号のいろは坂を過ぎるドライブコースがおすすめです。
湯滝は日光市の西部にある湖湯の湖から流れ落ちる滝で奥日光三名滝の1つに数えられる人気の滝です。高さ約70mか、幅は最大で約125mとその迫力に思わず息を飲んでしまいそうになります。岩壁を末広がりに流れ落ちる姿は圧巻で、また優雅ささえ感じられます。
湯滝には滝を間近に感じることができる遊歩道が整備されていて、迫力のある滝を体感することができます。滝を包む木々の紅葉とのコントラストが美しく紅葉の絶景スポットとして人気を集めています。紅葉の見頃の時期は10月中旬から10月下旬までで日帰りでぜひ訪れてみてください。
日光田母沢御用邸記念公園は、東部日光駅にある庭園と歴史的な施設がある公園として有名です。人気観光スポットとして有名な日光東照宮から徒歩10分ほどの距離にありますが、観光客で賑わう日光東照宮と異なり閑静で風光明媚な場所にあります。
日光田母沢御用邸記念公園は季節ごとに絶景の庭園を楽しむことができ、また建物の中から見える庭園も計算されつくしているので絶景を一望できます。日光田母沢御用邸記念公園は日光観光の中でも穴場スポットと言えます。ゆっくり紅葉を堪能することができるので、日帰り旅行や観光で訪れた際はぜひ立ち寄ってみてください。
龍王峡は鬼怒川温泉と川治温泉の中間に位置し、鬼怒川沿いには自然研究路と呼ばれる遊歩道が整備されていて、約6km散策することができます。龍王峡は白い岩肌が特徴で紅葉と鬼怒川の水面とのコントラストが美しく訪れる人を魅了します。
龍王峡駅から徒歩10分のところには虹見の滝があり、龍王峡の見どころの1つとなっています。龍王峡の紅葉の見頃の時期は10月下旬から11月上旬までで壮大な虹見の滝と紅葉を楽しんでみてはいかがでしょうか?
神橋は日本の三大奇橋の1つに数えられ、日光を観光するなら外してはいけない日光観光のシンボル的存在の橋です。大谷川に架かる神橋は鮮やかな朱塗りでアーチ形の姿が美しい橋です。
紅葉の季節になると神橋の周りの木々が赤色や黄色に染められて、美しい神橋をより一層引き立ててくれます。神橋の紅葉の見頃の時期は11月上旬から11月下旬にかけてで日光の日帰り観光でぜひ訪れていただきたいおすすめの観光スポットです。
華厳の滝は袋田の滝、那智の滝と並ぶ日本3大名滝の1つに数えられる滝として有名で、高さ97メートルの断崖から滝つぼまで落下する姿は圧巻で大迫力があります。エレベーターで滝つぼの近くまで下りることができ、迫力のある華厳の滝の爆音や水しぶきを間近で感じることができます。美しい紅葉と迫力ある滝のとのコラボは訪れる人を魅了してくれることでしょう。
華厳の滝は明智平展望台からの景色が素晴らしく一度は訪れるべき場所と言えます。華厳の滝の見頃の時期は10月中旬から10月下旬までで日帰りドライブでぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?
イタリア大使館別荘記念公園は中禅寺湖の湖畔にあり、明治時代の外交官の旧別荘として有名です。散策路を歩くと鮮やかな紅葉に思わず胸が打たれてしまいます。湖に向いたベンチに座ると中禅寺湖と紅葉と空のコントラストが美しく時間が過ぎるのを忘れてしまいそうになります。
イタリア大使館別荘記念公園は、和の雰囲気よりも洋の雰囲気が漂い海外にいるような気分を味わうことができます。紅葉の見頃の時期は10月中旬から下旬にかけてで日帰りでも十分楽しむことができる紅葉の絶景スポットです。のんびりした時間を過ごしたいという方におすすめの紅葉スポットです。
紅葉の絶景スポットは山の中やお寺や神社の境内が多く、通常徒歩で散策しなければいけませんが、日光のいろは坂はドライブがてらに紅葉を楽しむことができる人気スポットとなっています。日光いろは坂は日光市から中禅寺湖を結ぶ観光道路で全長16kmとドライブで紅葉を楽しむには絶好です。
日光いろは坂は43個ものカーブがあり、日本の道100選に選ばれていてどの季節に出かけても素敵な景色を楽しむことができるドライブコースですが、特に紅葉の時期は日光一の名所と言っていいほど人気です。紅葉の見ごろの時期になると多くの観光客が訪れるため、通常10分で通り抜けることができるドライブコースも約1時間以上かけてノロノロ進むため車内からもゆっくり紅葉を楽しむことができますが、もっと落ち着いて紅葉を楽しみたい場合は第二いろは坂の終点にある明智平へ行かれることをおすすめします。いろは坂の紅葉の見頃時期は10月中旬~11月上旬で日帰りドライブにぜひ訪れてみてください。

関連記事

日光でおすすめの紅葉スポットについてご紹介しましたがいかがでしたか?日光は都心からのアクセスも良く、ドライブコースとしてもおすすめです。日光の自然が織り成す絶景の紅葉をぜひ訪れてみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BaYirSon2OP/?tagged=%E6%97%A5%E5%85%89%E3%81%AE%E7%B4%85%E8%91%89