Mgvuqgentbijlrsumufi

登山

CATEGORY | 登山

カブトムシの捕まえ方のコツを紹介!ワナの有効な使い方、時間、道具も紹介!

2018.08.23

カブトムシの捕まえ方やコツやワナをご紹介します。有効な餌や時間、そして必要な道具を解説していきたいと思います。雨の日や昼間は捕まえられるのかも解説します。カブトムシの捕まえ方やコツ、ワナを覚えて是非捕まえてみてくださいね!

  1. カブトムシの捕まえ方やコツ、ワナは?有効な餌や時間、道具は?昼間、雨の日はどう?
  2. カブトムシの捕まえ方やコツ、ワナは?有効な餌や時間、道具は?昼間、雨の日はどう?:ベストな時間
  3. カブトムシの捕まえ方やコツ、ワナは?有効な餌や時間、道具は?昼間、雨の日はどう?:ポイント
  4. カブトムシの捕まえ方やコツ、ワナは?有効な餌や時間、道具は?昼間、雨の日はどう?:昼間や雨の日
  5. カブトムシの捕まえ方やコツ、ワナは?有効な餌や時間、道具は?昼間、雨の日はどう?:まとめ
夏といえばカブトムシですよね!大人から子供まで楽しく遊べるアウトドアなのではないでしょうか。しかし、カブトムシの捕まえ方を知らなければ、捕まえるどころか見つけることすら危ういかもしれません。しっかりと捕まえ方を勉強しましょう。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/550/auto/aa/gm/article/4/2/7/0/0/6/800__kabu1_1_andoanmasaki.jpg
ワナや木の見定めをしっかりとすることでカブトムシを簡単に捕まえることが出来るのです。そしてしっかりと時間や種類を守ることが重要なポイントになるのです。闇雲に森の中を探しているだけではカブトムシを見つけることは出来ません。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/4/2/7/0/4/7/201806151813/10527000009.jpg
しっかりと場所や、環境そして捕まえるのであればワナをしっかりと整えることで夏の風物詩であるカブトムシを捕まえることが出来るでしょう。それではカブトムシの捕まえ方をご紹介していきたいと思います。
この時間に限った話しではありません。もちろん昼間や雨の日でも見つけることは出来ることもあるでしょう。しかしベストな時間をいうのであれば夕方、17時〜からの時間がカブトムシを見つけるベストな時間だと言えるでしょう。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/550/auto/aa/gm/article/4/2/7/0/4/7/800__kabu2_2_andoanmasaki.jpg
何故かと言うと夜が明けてしまうと土の中にカブトムシが隠れてしまいます。逆に言えば昼間にカブトムシを見つけるためには土を掘る必要があるのです。なので木の上で探したいのであれば17〜23時あたり、夜であれば0時〜5時あたりまでがベストでしょう。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/550/auto/aa/gm/article/4/2/7/0/4/7/800__kabu2_5_andoanmasaki.jpg
しかし、自然が相手なのでこれに限った話しではありません。これ以外にも見つけることはできるでしょう。しかし夜に行ったほうが確率は高いでしょう。夜なのでお子さんは親御さんと一緒にカブトムシ探しに向かってくださいね。
見つけるポイントとしては樹液の周りで見つけることが出来るでしょう。樹液がある木で見つけることが出来るカブトムシですが、樹液だけでなく、樹液周りにもいる可能性があります。しっかりと周りを観察することが重要になります。
引用: http://ko-kosuge.jp/wp/wp-content/uploads/2017/08/037-1.jpg
そういう樹液周りにいなくても数分後にカブトムシが集まってきたということもあります。一箇所だけ見て回るのでは無く、何度か見て回ることで集まって来る可能性がありますのでしっかりと何度か周りを観察してあげることで見つけることが出来るでしょう。
引用: http://ko-kosuge.jp/wp/wp-content/uploads/2017/08/031.jpg
樹液周りにワナを仕掛けると効率が良いでしょう。予め用意した樹液やはちみつを塗るのも良いでしょうし、果物を吊るしておくようなワナを昼間の間から仕掛けておくと良いでしょう。事前に樹液がどうかみておくとワナの設置場所やワナは必要かわかるかと思います。
引用: http://ko-kosuge.jp/wp/wp-content/uploads/2017/08/040-1.jpg
どうしても雨の日や昼間にカブトムシを採集したい!という方は木を一通りみた後に木の根あたりの土を掘ってみるとカブトムシが見つかる可能性があります。昼間や雨の日は土の中に隠れていることが多いので土の中を昼間は探してみましょう。
引用: https://imgcp.aacdn.jp/img-a/550/auto/aa/gm/article/4/2/7/0/4/7/201706091617/800__orig__kabu2_4_andoanmasaki.jpg
土の中を掘る時は、カブトムシを傷つけないように気をつけながら土を掘るようにしましょう。万が一カブトムシを傷つけて死なせてしまっては意味がないでしょうし、土を掘った場合は必ず掘ったままではなく必ず戻して置きましょう。
引用: https://hirorin49.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_256/hirorin49/E382ABE38396E38388E383A0E382B7.jpg?c=a1
以上のことから、カブトムシ探しは夜、樹液の周りでカブトムシを探すほうが効率が格段と高くなるでしょう。どうしても昼間しかいけない、雨の日しか行けないと言う場合を除いては夜にカブトムシを獲ったほうが数も見つけやすさも上でしょう。

関連記事

引用: https://i0.wp.com/ikedanaoya.com/wp-content/uploads/2017/05/6b96ff36d5ffe4a91fdac0b0196ebbc5.jpg?zoom=2&resize=300%2C234&ssl=1
いかがでしたでしょうか。見つけるポイントは少なくすぐ覚えられるのでこの夏行ってみてはいかがでしょうか。カブトムシは何も知識なしだと見つけることすら出来ない場合がありますが、ちょっとした知識を覚えて置くことで見つけられます。是非参考にして下さい!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://hirorin49.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_256/hirorin49/E382ABE38396E38388E383A0E382B7.jpg?c=a1